« 目黒夫妻殺傷:「助けが来て金奪えず」 容疑者が供述(15日) | トップページ | 新潟・長岡工業高専男女死傷事件 重体の男子学生が書いた遺書のようなものが見つかる(15日) »

2011年2月15日 (火)

十両力士や暴力団幹部ら9人書類送検へ 野球賭博容疑(15日)

大相撲の野球賭博事件で、警視庁は、胴元側の元十両力士・古市貞秀(34)と元幕下力士・薮下哲也(29)の両容疑者ら=賭博開帳図利容疑などで逮捕=に賭け金を支払ったとして、単純賭博の疑いで、客の山口組系暴力団幹部(46)や十両力士ら計9人を一両日中にも書類送検する方針を固めた。14日、捜査関係者への取材でわかった。一連の賭博事件にからみ、現役力士が立件されるのは初めて。

 捜査関係者によると、暴力団幹部ら4人は2010年5月15日のプロ野球交流戦の賭博で計23万円を、十両力士ら6人は09年4月17日~5月25日にプロ野球公式戦の賭博で計108万円を、それぞれ賭け金として支払った疑いが持たれている。暴力団幹部は、元大関琴光喜関らを脅したとして恐喝未遂罪などに問われ、現在公判中という。

 これまでの警視庁の調べに、元琴光喜や元大嶽親方ら33人は賭博に関与したことを認めたという。同庁は残る親方ら二十数人についても裏付けを進めており、暴力団が密接に絡んだ角界の野球賭博を解明し、3月中にも東京地検へ書類を送る方針だ。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 目黒夫妻殺傷:「助けが来て金奪えず」 容疑者が供述(15日) | トップページ | 新潟・長岡工業高専男女死傷事件 重体の男子学生が書いた遺書のようなものが見つかる(15日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十両力士や暴力団幹部ら9人書類送検へ 野球賭博容疑(15日):

« 目黒夫妻殺傷:「助けが来て金奪えず」 容疑者が供述(15日) | トップページ | 新潟・長岡工業高専男女死傷事件 重体の男子学生が書いた遺書のようなものが見つかる(15日) »