« 犯行5時間前に東京駅に姿 目黒の夫婦殺傷(10日) | トップページ | 東京・港区男性暴行死事件 警視庁、監禁容疑で公開手配していた29歳の男を逮捕(10日) »

2011年2月10日 (木)

ホスゲン:材料検出 東京・江東のマンション建設現場(10日)

9日午後8時55分ごろ、東京都江東区牡丹2でマンションを建設中の業者から「2日前、作業員の気分が悪くなり、検査業者に調査を依頼したらホスゲンが検出された可能性があると分かった」と119番があった。東京消防庁が現場に特殊部隊を出動させたところ、ホスゲンは検出されなかったものの、その材料にもなる四塩化炭素などの化学物質が検出された。警視庁深川署が詳しい経緯を調べている。

 深川署などによると、7日、工事で地面を掘り起こしている際に作業員が目の痛みなどを訴えたという。命に別条はなかった。近くの住民も避難はしていない。

 ホスゲンは農薬などの原料で、極めて毒性が強い窒息性のガス。第一次世界大戦では毒ガスとして使われた。オウム真理教事件では、ジャーナリストの江川紹子さん宅に噴霧されたことでも知られる。医薬品や農薬、合成染料などの原料や化学反応の試薬など幅広い用途がある。【小泉大士】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110210k0000m040166000c.html

 

« 犯行5時間前に東京駅に姿 目黒の夫婦殺傷(10日) | トップページ | 東京・港区男性暴行死事件 警視庁、監禁容疑で公開手配していた29歳の男を逮捕(10日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホスゲン:材料検出 東京・江東のマンション建設現場(10日):

« 犯行5時間前に東京駅に姿 目黒の夫婦殺傷(10日) | トップページ | 東京・港区男性暴行死事件 警視庁、監禁容疑で公開手配していた29歳の男を逮捕(10日) »