« 行方不明の社員宅に大量郵便物、警察が捜査(11日) | トップページ | 容疑者に数百万の借金か 金品狙いも視野に事情聴く(11日) »

2011年2月11日 (金)

小向容疑者フィリピン永住?帰国キャンセル(11日)

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状の出ているタレント、小向美奈子容疑者(25)が、“逃亡先”フィリピンの首都マニラから、11日に帰国便を予約し、これをキャンセルしていたことが10日、分かった。

関連記事

記事本文の続き 現地からの情報によると、前日(9日)、マニラ市内の航空会社代理店に「小向美奈子」を名乗る女性が現れ、11日に予約していた成田行き航空便をキャンセルしたという。小向容疑者は1月21日に出国、現在もフィリピン国内にいるとみられるが、所在は特定できていない。

 フィリピンには、観光目的なら「査証免除」で21日間滞在でき、小向容疑者の期限は10日で切れることから、10日の帰国が有力視されていた。11日以降は不法滞在となるため、事前に「滞在延長」の申請を終えていたとみられる。

 サンケイスポーツの取材に応じたフィリピン事情に詳しい旅行代理店によると、「滞在期間延長は現地で簡単にできる。代理店を通して38日間の延長ができ、その後も1カ月ずつの延長が可能で、最長1年延長できる」という。

 フィリピンでは「不法滞在者」への罰則規定はあるが、1カ月当たり500フィリピンペソ(約950円)の罰金を払えば済むため、小向容疑者が多額の所持金を持ち込んでいたり、現地支援者がいれば長期ステイが可能。現地で仕事をみつけ、収入が得られれば、フィリピンでの“永住”すら可能となってくる。

 さらに日本とフィリピン間では、国外逃亡した犯罪者を引き渡す国際条約が締結されておらず、現地警察の協力を得るのは困難な状況という。

 10日の帰国はなく、11日以降も不透明。独断なのか、ダレかが知恵をつけたのか。小向容疑者はいま限りなく“安全圏”にいる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 行方不明の社員宅に大量郵便物、警察が捜査(11日) | トップページ | 容疑者に数百万の借金か 金品狙いも視野に事情聴く(11日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50837065

この記事へのトラックバック一覧です: 小向容疑者フィリピン永住?帰国キャンセル(11日):

« 行方不明の社員宅に大量郵便物、警察が捜査(11日) | トップページ | 容疑者に数百万の借金か 金品狙いも視野に事情聴く(11日) »