« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) »

2011年2月27日 (日)

押し入れに長女遺体 母親不起訴へ 宇都宮地検(27日)

宇都宮市のアパートで昨年9月、当時2歳の長女が押し入れで布団にくるまれ、遺体で見つかった事件で、宇都宮地検は、傷害致死の疑いで書類送検された母親(22)を不起訴処分にする方針を固めた。24日、捜査関係者への取材でわかった。捜査段階の司法解剖で長女の死因が不詳だったため、最終的に「公判で(傷害致死を)立証するのは難しい」と判断したとしている。

 栃木県警は、自宅アパートの寝室で昨年9月12日午後2時ごろ、押し入れの上段部分(高さ約75センチ)に長女を頭から押し込み、布団でくるんで死亡させた疑いがあるとして、母親を先月20日に書類送検していた。司法解剖で押し込んだ行為と死亡との因果関係がはっきりしなかったが、遺体の発見状況などから窒息死の可能性があるとしていた。県警の調べに対して母親は「(長女が)泣きやまずにいらだった」と供述していた。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押し入れに長女遺体 母親不起訴へ 宇都宮地検(27日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) »