« 2011年2月24日 | トップページ | 2011年2月26日 »

2011年2月25日

2011年2月25日 (金)

空き巣・ニセ診断士相次ぎ出没…NZ地震現場(25日)

 【クライストチャーチ=作田総輝】ニュージーランド・クライストチャーチの大地震で、被災者の懸命な救出活動が続く中、同市当局は街の治安の悪化に神経をとがらせている。

 耐震診断士を名乗る不審者が家屋を訪問し、空き巣の通報が相次いでいる。同市当局では、隣国の豪州から警察官約400人の派遣を受けるなどして市内の警備を強化している。

 耐震診断士や災害対策本部の職員を名乗る不審者の通報が相次いでいるとして、市当局は25日の定例記者会見で「必ず身分証明書を確認するように」などと市民に異例の呼びかけを始めた。同市などによると、市内では震災直後の22日から、国の震災対策本部(EQC)の職員を名乗るグループが被災地に現れ、避難したため無人になった住宅の中をうかがうなど不審な行動が目立っているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小向美奈子容疑者を逮捕 「知りません」容疑否認(25日)

警視庁組織犯罪対策5課は25日午後、覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑でタレントの小向美奈子容疑者(25)を逮捕した。同課によると、小向容疑者は逮捕状を示された際に「違います。知りません」と答えたという。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男らから違法薬物を購入した疑いが持たれている。

 小向容疑者は平成21年2月、東京地裁で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予期間中。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校生が首切られる 19歳の兄が逃走中 札幌(25日)

北海道札幌市で、男子高校生が首を切られました。この男子高校生の兄が逃走していて、警察が行方を追っています。

 25日午後4時半ごろ、札幌市豊平区で、16歳の男子高校生が包丁で首を切られました。男子高校生は病院に運ばれましたが、命に別条はないということです。男子高校生に切りつけたのは、この高校生の19歳の兄とみられていますが、兄は逃走しています。警察は、殺人未遂の疑いで兄の行方を追っています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本夫婦殺傷、30代男が警察に出頭(25日)

23日、熊本市で起こった夫婦殺傷事件で、30代の男が警察に出頭しました。警察は容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

 この事件は、熊本市の会社役員・右田孝治さん(72)の家で妻の美子さん(65)が鋭利な刃物のようなもので顔や首、胸など十数か所を刺され死亡、夫の孝治さんも重傷となっているものです。

 路上には、およそ300メートルにわたり足跡や血痕が断続的に見つかっていて、血痕が途切れた先にあるコインパーキングの精算機からも血の痕が見つかっていました。

 警察で自宅インターホンのカメラに映っていた男の割り出しなどを急いでいましたが、25日午後4時すぎ、捜査本部のある熊本東警察署に30代の男が出頭してきたということです。警察では容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針です。(25日18:50)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4659176.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車事故増加 千葉・市川市で「自転車条例」を議会提案するなど自治体が本腰入れる(25日)

信号無視に踏切への侵入など、千葉・市川市の現場は無法地帯。一向に減らない自転車事故対策に、ついに自治体が本腰を入れ始めた。
歩行者の間を駆け抜ける大量の自転車。
いつしかこの通りについた別名は「北京通り」。
近所の人は「すごいですよ。『北京通り』って言われてる」、「もうルールなんか全然ないから」などと話した。
自転車ラッシュで有名な、かつての中国・北京の名がついたこの通り。
千葉・市川市の2つの駅へと通じる道で、朝はさながら無法地帯と化す。
続々と赤信号を渡って行く自転車。
後ろからも、次々に信号無視の自転車が来る。
ほかにも、携帯電話をいじりながら自転車に乗っている人もいた。
車道をいっぱいに広がって走る自転車。
タクシー運転手は「こっちはもう大迷惑ですよ。赤信号をどーっと自転車来られたら、たまったもんじゃない」と話した。
遮断機が降り始めたのに、進入してくる自転車。
朝のラッシュ時、ここは車の通行が禁止だが、進入してくる車もあった。
近所の人は「皆さん怖いと思う。歩道の方も車の方も自転車の方もね」と話した。
狭い道でひしめき合う人と自転車。
事故は、頻繁に起きているという。
近所の人は「よく踏切とかで学生がぶつかって、トラブルになっているの見たことありますよ」、「これ(傷あと)そうだよ。自転車でもって引っかけられて。(自転車の人は?)そんなのすっとばして行っちゃうよ」などと話した。
交通事故全体の件数が減少する中、1998年から10年間で、およそ4.5倍と急増している自転車と歩行者の事故。
一部で、自転車レーンの設置は進んでいるものの、その種類もバラバラと対応が遅れている自転車事故対策。
そうした中、自治体から新たな動きがあった。
市川市では、自転車の危険運転防止と安全利用の普及啓発を図る「自転車条例」を、議会に提案している。
車道の左側通行の指導や、保険の加入などを促進させるもので、議会で決まれば、4月から施行される予定。
一方、自転車事故の問題は、東京でも起こっている。
突然、車の前を横切り、クラクションを鳴らされる自転車。
東京・世田谷区の甲州街道と環七通りが交わる大原交差点は、2009年、都内でワースト1となった事故多発交差点。
自転車は2段階右折と定められているが、そんな規則はお構いなし、次々と無謀運転する自転車。
大原交差点では、車両と自転車の接触事故が多発している。
そうした中、東京都も対策に本腰になった。
東京都は「自転車に関する条例の制定も視野に、総合的な政策を検討する」としている。石原都知事は「ただこれはね、国がきちっとした指針を立てないとね。田舎と大都会じゃ条件違いますけどね。う~ん、やっぱり難しいよね」と述べた。
国の動きが鈍い中、新たな自転車対策に動き出す自治体。
深刻な自転車事故の増加を前に、国のさらなる対策が望まれる。

Logo4_4


http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋かをりさん所属事務所に薬莢? 訴訟巡る嫌がらせか(25日)

タレントの眞鍋かをりさんが所属する芸能事務所「アヴィラ」(東京都港区)に、薬莢(やっきょう)とみられる金属片数個が送りつけられていたことが25日、警視庁高輪署への取材で分かった。

 眞鍋さんとアヴィラは契約をめぐって東京地裁で係争中。金属片とともに「(眞鍋さんを)困らせるな」という趣旨の文書が同封されていたことから、同署では、訴訟に関連した嫌がらせの疑いもあるとみて調べている。

 同署によると先週、金属片数個が手紙1枚とともに封書で事務所に郵送されていたのを、事務所の関係者が発見したという。

 眞鍋さんは平成21年、アヴィラの前身事務所の脱税事件に関連して自宅が捜索を受けるなど屈辱的な思いをしたとして、アヴィラなどを相手取り、専属契約が存在しないことを確認することなどを求めた訴訟を東京地裁に起こしている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/crm11022518300018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)

東京の少年事件の特徴

【治安解説】
212

 大阪市内の市立中学1年の男子生徒(13)が24日市内の自宅マンションで継父の腹を果物ナイフで刺して重傷を負わせる事件が発生した。警察は殺人未遂の非行事実で補導し、市こども相談センター(児相)に通告。同センターが少年を一時保護した=読売新聞電子版。では首都東京の少年事件の特徴は…

 警視庁がまとめた都内の少年非行の数字からその傾向を分析すると、犯罪少年、触法少年を含め平成21年中に検挙または補導した刑法犯少年は1万637人で、前年より1055人、11.0㌫増加していることが分かった。

 減少したのは特別法犯少年の540人で前年比46人減、不良行為少年6万5076人で同2687人(4.0㌫)減のみ。他に家出人捜索願いの届け出は9.4㌫、校内暴力発生22.4㌫、少年相談受理件数7.7㌫といずれも増加している。

なかでも大きな特徴は殺人、強盗、放火、強姦の凶悪犯全ての罪種で増加、前年の98件から114件になっている。

 また街頭犯罪(オートバイ盗が9割)の検挙、補導人員は5175人で少年の占める割合が39.2㌫で前年に比べて0.4㌫減少したものの過去5年間では増加傾向にあることが分かった。まもなくまとまる22年の統計では回復に期待したい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校行けと言われ立腹…中1、29歳継父を刺す(25日)

継父(29)の腹を刺してけがを負わせたとして、大阪府警浪速署は25日、大阪市内の市立中学1年の男子生徒(13)を殺人未遂の非行事実で補導し、市こども相談センター(児相)に通告した、と発表した。同センターが少年を一時保護した。

 同署によると、男子生徒は24日午前11時50分頃、大阪市内の自宅マンションで、継父の腹を果物ナイフ(刃渡り10・3センチ)で1回、刺したという。継父は1~2か月の重傷。別の部屋にいた母親(33)が気付き、「夫が子どもと遊んでいたら、ナイフが腹に刺さった」と、119番したという。

 男子生徒と継父、母は昨年5月に同居を始めたという。男子生徒は不登校ぎみで、同署の事情聴取に、「(継父に)学校へ行けと言われて腹が立ち、刺した」と説明しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小向美奈子容疑者逮捕へ マニラから航空機に搭乗 午後8時に到着予定(25日)

タレントの小向美奈子容疑者(25)に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出た事件で、同容疑者が25日午後、渡航先のフィリピン・マニラから成田空港に向かう航空機に搭乗した。同日午後8時に成田空港に到着する予定。その後、警視庁が逮捕する方針。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/crm11022516230015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

末端価格5億4,000万円の覚せい剤を国際郵便で受け取った疑いで中国国籍の32歳男逮捕(25日)

末端価格5億4,000万円の覚せい剤を国際郵便で受け取った疑いで、中国国籍の男が警視庁に逮捕された。
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、中国国籍の傅金駒容疑者(32)。
警視庁の調べによると、傅容疑者は、香港からの国際郵便で送られてきた覚せい剤およそ6kg、末端価格5億4,000万円が入った段ボールを、2月5日、宿泊先の千葉市内の旅館で受け取った疑いが持たれている。
傅容疑者は「日本で荷物を受け取れば、彼女の借金を帳消しにすると言われた。荷物は薬物だろうと思っていた」と供述しているということで、警視庁は、最終的な受取人の特定を急いでいる。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00193728.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、映画監督の男を逮捕 女性のメール無断使用容疑(25日)

知人女性のアドレスを無断で使って電子メールを出したとして警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは25日までに、不正アクセス禁止法違反容疑などで、東京都板橋区中台、映画監督太田真博容疑者(30)を逮捕した。

 警視庁によると、太田容疑者は都内の俳優養成所の事務職員をしていた際に、受講生だった女性(22)のメールアドレスを盗み見。パスワードを類推して割り出し、2008年ごろから、性的な内容や女性の知人のアドレスを聞き出すようなメールを出していたという。「女性に成り済ましてメールするのが面白かった」と話し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は09年9月から約1年間にわたり、女性が登録していたネット会社の無料メールサービスに約380回不正アクセスした上、女性のパスワードを無断で変更するなどした疑い。

 太田容疑者は主に短編映画の制作に携わり、昨年11月には監督した作品が山形国際ムービーフェスティバルのグランプリを受賞している。

 送った覚えがないメールがあるとして女性が昨年9月、警視庁に相談していた。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022501000384.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

聴覚障害児3人の口に粘着テープ、おしゃべり体罰 愛知県立聾学校(25日)

愛知県教育委員会は25日、県立岡崎聾学校(岡崎市)の小学部の男性教諭(47)が、児童が授業でおしゃべりをしたとして、3人の口に粘着テープを貼る体罰をしていたと明らかにした。

 県教委によると、教諭は昨年12月、副担任を務める2年のクラスで、おしゃべりした聴覚障害のある男女3人の児童に「駄目だよ」と注意し、テープを貼った。担任の女性教諭(47)も同じ教室にいたが制止しなかった。

 保護者の問い合わせで発覚。教諭は児童と保護者に謝罪し、県教委は処分を検討している。教諭は「指導が過熱してしまった」と話しているという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/crm11022511440006-n1.htm

Msn_s1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンで児童買春容疑、日本で逮捕(25日)

フィリピンで少女を買春し、児童ポルノ画像を撮影したとして、警視庁は24日、東京都調布市多摩川5、会社員高上裕孝容疑者(64)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春、製造)の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕は23日。発表によると、高上容疑者は2005年11月、フィリピンのホテルで、現地の少女(当時15歳)に6000円を払ってわいせつな行為をし、デジタルカメラで撮影した疑い。同法には海外での行為も罰する国外犯規定がある。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本の人口1億2805万人…増加率は過去最低(25日)

片山総務相は25日午前の閣議で、昨年10月1日に実施した国勢調査の速報値を報告した。日本の総人口は1億2805万6026人で、5年前の前回調査(簡易調査)より28万8032人(0・2%)増えた。

 総務省では「外国人居住者の増加などが影響した」と見ている。国連推計によると、日本の総人口は国別で、前回と同じ10位だった。

 人口増加率は国勢調査を始めた1920年以降で最低で、5年ごとの調査で7回連続の減少となった。

 都道府県別の人口の増加は、東京都の58万5140人増が最大の増加幅で、神奈川、千葉県など大都市部を中心に9都府県で増えた。人口が減ったのは38道府県で、北海道の12万281人減が最大の減少幅だった。栃木、静岡、三重、京都、兵庫、岡山の6府県は増加から減少に転じた。

 世帯数は全国で5195万1513世帯(4・8%増)と過去最多を記録した。しかし、1世帯の平均人数は2・46人(0・12人減)と過去最低を更新し、小家族化の進行を裏付けた。独身世帯や高齢者の単身世帯が増えているとみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

留学生1人無事確認、不明26人に NZ地震(25日)

ニュージーランド地震で、外務省は25日午前、現地に留学していて安否不明だった27人のうち、個人で留学していた女性1人の無事が確認され、安否不明者は26人となったことを発表した。

 女性はクライストチャーチの語学学校「キングズ・エデュケーション」が24日、「状況不明者」として公表していた浅川真弓さんで、日本時間の25日早朝、現地の日本大使館に家族から「無事でした」と連絡があったという。

 外務省はまた、クライストチャーチ在住日本人1558世帯(2820人)のうち、650世帯(1001人)と連絡が取れ、安全が確認されたことも公表。在住邦人からは、これまでのところ、けがなどの被害の情報は寄せられていないという。

 さらに、地震当時、クライストチャーチを訪れていた日本人旅行者1333人のうち、1308人の安全を確認したことも明らかにした。引き続き、残る25人の安全確認を進める。

 旅行者のうち、1110人はツアー客で、旅行社などを通じて比較的早く安全が確認できたが、残る223人は航空券だけ手配した自由旅行者で確認が難航指していた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑居ビル放火?焼損、複数男の怒鳴り声 大阪・浪速(25日)

25日午前1時50分ごろ、大阪市浪速区下寺の雑居ビルから出火、鉄筋コンクリート4階建て延べ約100平方メートルのうち、2~4階の計約30平方メートルを焼損した。けが人はなかった。ビルは無人で火の気もないことから、浪速署は放火の疑いもあるとみて、出火原因を調べている。

 浪速署などによると、1階出入り口は施錠されておらず、自由に出入りできる状態だった。各階とも棚に置かれた書類を中心に燃えており、天井や壁は焦げた程度だったという。

 近所の女性は「火事の直前に複数の男の人がけんかしているような怒鳴り声が聞こえ、目が覚めた。外を見たときはすでにビルの4階から煙が出ていた」と不安そうに話した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/dst11022510470011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バスジャック想定、警視庁が訓練 (25日)

警視庁はバスジャックをした男がサリンを撒いたという想定で訓練を行いました。

 訓練には特殊な防護服を着た機動隊員も参加し、有毒ガスの濃度を確認しながら不審物を取り除いたり、けが人の救助にあたったりしました。

 警視庁は路線バス会社と連携して訓練するなど初動体制を強化しています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4658311.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市ホテル女性変死体事件 女性と覚せい剤を使用した疑いで46歳暴力団組員を逮捕(25日)

2010年12月、千葉市のホテルで女性(39)の変死体が見つかった事件で、この女性とともに覚せい剤を使用した疑いで男が逮捕された。
この事件は2010年12月、千葉市のホテルで風俗店従業員の女性が死亡しているのが見つかったもの。
警察は、女性とともに覚せい剤を使用した疑いで、暴力団組員・伊藤裕之容疑者(46)を逮捕した。
伊藤容疑者は容疑を否認しているが、警察は女性が死亡した経緯についても追及している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00193691.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・渋谷区の飲食店で起きた強盗事件で64歳男を逮捕 同様の事案について余罪調査(25日)

東京・渋谷区の飲食店で1月、拳銃のようなもので店長を脅し現金6万円を強奪した疑いで、64歳の男が逮捕された。
強盗の疑いで逮捕された職業不詳・高橋孝一容疑者(64)は2011年1月、渋谷区道玄坂の飲食店に押し入り、拳銃のようなものを女性店長に見せながら、「おれはヤクザだ、お金を貸してくれ」などと脅し、現金6万円を奪って逃走した疑いが持たれている。
その後、警視庁が周辺の防犯カメラを解析するなどしたところ、高橋容疑者が浮上し逮捕に至ったという。
高橋容疑者は調べに対し、「おれは何も知らない」と、容疑を否認しているという。
東京都や埼玉県内では、3年ほど前から同様の事案が40件近く発生していて、警視庁は高橋容疑者の犯行である疑いが強いとみて調べを進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教員に免職ちらつかせ保護者への謝罪強要 京都外大西高の校長ら送検(25日)

教員に免職をちらつかせて生徒の保護者に対する謝罪を強要したとして、京都府警右京署が、強要容疑で京都外大西高校(京都市右京区)の北村聡校長(54)と石見憲治教頭(48)を書類送検していたことが24日、関係者への取材で分かった。

 関係者などによると、書類送検容疑は、平成21年10月、不適切な生徒指導があったとする内容に基づき、男性教員に「謝罪しなければ解雇する」などと保護者への謝罪を強要したとしている。不適切な生徒指導があったとして昨年2月に契約が更新されなかった教員は、昨年10月に同署に告訴していた。

 北村校長は産経新聞の取材に対し、「一方的に謝罪を強要していない」と書類送検容疑の内容について否定した上で「このような事態に至り、お騒がせしたことを深くおわびする」としている。

 同校をめぐっては、50人以上の教員に残業代などを支払っていなかったとして、京都上労働基準監督署が今月8日、運営する学校法人「京都外国語大学」に是正勧告している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/crm11022501000001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本夫婦殺傷:血痕複数、強い殺意か 駐車場に向け足跡も(25日)

熊本市の会社役員、右田孝治さん(72)方で23日夜に起きた夫婦殺傷事件で、殺害された妻美子さん(65)のものとみられる血痕が複数の部屋にわたって飛び散っていたことが県警への取材で分かった。美子さんは胸や首、背中などを多数刺されており、熊本県警は、犯人が逃げる美子さんを追い回して襲った可能性が高いとみている。

 県警によると、美子さんは1階寝室の床に倒れていた。目立った物色跡はなく、強い殺意を持って襲った可能性があるという。

 一方、右田さんは熊本市内の医薬品卸会社の専務をしており、23日は午後6時前に退社した。自宅と勤務先は車で約20分の距離で、自宅のカメラ付きインターホンの最後の画像には午後6時5分ごろ、50代ぐらいの男が訪ねてきた画像が残っていた。県警は犯人が右田さん方に侵入して美子さんを襲い、更に帰宅直後の右田さんを玄関付近で刺したとみている。

 司法解剖の結果などから、美子さんの死因は出血性ショックで、死亡推定時刻は午後6時半ごろと分かった。凶器は見つかっていないが、傷はいずれも比較的浅く、刃先が短い刃物の可能性が高いという。

 一方、右田さん方から北東に約250メートル離れたコイン駐車場に向かって足跡や血痕が残っていたことも分かった。県警は、犯人が右田さん夫妻を刺した後に車で逃走した可能性もあるとみて、料金精算機の指紋などを調べるとともに血液の鑑定も進めている。右田さんは、調べに「誰に刺されたか分からない」と話しているという。【澤本麻里子、遠山和宏】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110225k0000m040131000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童買春容疑の巡査部長「ほかにも2、3人」(25日)

神奈川県警少年捜査課は22日、茨城県鹿嶋市佐田、茨城県警鹿嶋署地域課巡査部長冨楽和泉

)

容疑者(38)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。

発表によると、冨楽容疑者は2009年1月6日、仲介者の東京都八王子市、無職石森大樹被告(34)(児童福祉法違反などで起訴)に2万3000円を払って、さいたま市内のホテルで同市内に住む埼玉県立高校3年の女子生徒(当時16歳)にみだらな行為をした疑い。冨楽容疑者は調べに対し「石森被告からほかにも2、3人の女の子を紹介してもらった」と供述しているという。

 逮捕を受け、宮腰賢次・県警監察室長は「誠に遺憾で、被害者及び県民に深くおわびする。神奈川県警の捜査の結果を待って、厳正に対処する」と謝罪した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げされ77歳男性死亡 東京・八王子(25日)

 23日午後9時45分ごろ、八王子市元本郷町1丁目の市道で、近くに住む無職吉松豊さん(77)が車にはねられたのを通行人が目撃し、119番通報した。吉松さんは救急車で病院に運ばれたが、まもなく死亡した。車は現場から走り去り、八王子署はひき逃げ事件として道交法違反と自動車運転過失致死の疑いで捜査している。

 同署によると、現場は片側2車線の直線で、吉松さんは道路を横断中。走り去ったのは白い車だったという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

倒壊ビルから47人の遺体 NZ地震、死者102人に(25日)

 【クライストチャーチ=塚本和人】ニュージーランド警察当局は25日、同国南部のカンタベリー地区で22日に起きた地震の死者は102人にのぼったと発表した。行方不明者も約200人としている。また、地元警察当局者は24日、日本人を含む100人以上が閉じこめられたとみられるカンタベリーテレビ(CTV)ビルの倒壊現場を捜索した結果、これまでに計47人の遺体が発見されたことを明らかにした。

 キー首相は24日、死者数は200人にのぼる可能性があるとの考えを示した。

 同当局者によると、CTVビルの現場で見つかった47人の遺体のうち、23人の遺体は24日の捜索で新たに見つかった。さらに、同ビルには60~120人が閉じ込められたままの可能性があるとされる。だが、現場は倒壊が激しく、がれきから出火もしている。がれきの下での生存可能性が急激に低くなるとされる、発生から72時間(日本時間25日午前8時51分)が迫りつつあり、現地では緊迫した状況が続いている。キー首相は同日、報道陣に対し「日本人の生存者がいないかもしれないことを心配している」と述べた。

 日本外務省によると、現地で不明とされる日本人は27人。

 一方、地元当局は同日、地震による4人の死者の身元を公表。このうち2人は地元の9カ月と5カ月の赤ちゃんだったという。

 CTVビルにあった語学学校キングスエデュケーションは24日、同校に所属している学生や職員の名簿を公表した。日本人とみられる名前は45人分あった。このうち23人の行方がわからず、別の4人と連絡がつかなくなっている。計27人の安否が確認されていないことになる。名簿は日本人のほか、タイやインドネシア、韓国などからの多くの留学生も巻き込まれた可能性があることを示している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名前も黙秘、戸惑う裁判員 強盗殺人事件初公判(25日)

強盗殺人などの罪に問われ、取り調べや裁判で一言も話さない被告について、状況証拠だけで有罪といえるかを市民が判断する裁判員裁判が24日、東京地裁で始まった。弁護側は無罪を主張しているが、検察側が死刑を求刑する可能性もある。7日間の審理と6日間の評議を経て、判決は3月15日に言い渡される。

 無職伊能和夫被告(60)は捜査段階で黙秘を続け、初公判で裁判長が氏名や生年月日を尋ねても一切、答えなかった。弁護人は「黙秘権は憲法で認められた権利」と主張したが、戸惑う裁判員もいた。

 起訴状によると、伊能被告は2009年11月15日、東京・南青山のマンションに金目当てで侵入し、室内にいた飲食店経営・五十嵐信次さん(当時74)の首を洋包丁(刃渡り17.5センチ)で突き刺して殺害したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、被告の靴底に五十嵐さんの血液がついていたことや、犯行時間帯に現場付近の防犯カメラに被告らしい人物が映っていたことなどから、被告が犯人だと主張。過去に重大事件を起こして懲役20年の刑を受け、出所後約半年で今回の事件を起こしたと説明した。

 一方、弁護側は「被告は五十嵐さんの部屋には入っておらず、殺害もしていない」と無罪を主張した。出所後の就職はうまくいかなかったが、生活保護を受けており、「生活には困っていなかった」と主張した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月24日 | トップページ | 2011年2月26日 »