« 2011年2月19日 | トップページ | 2011年2月21日 »

2011年2月20日

2011年2月20日 (日)

群馬、埼玉県境の2遺体、建設会社社長ら5人再逮捕へ 傷害致死容疑で22日にも(20日)

群馬、埼玉県境の神流湖で男性2人の遺体が見つかった事件で、両県警と新潟県警の合同捜査本部は、このうち調理師、茂田井行洋さん=当時(33)=への傷害致死容疑で、新潟県南魚沼市の建設会社「藤和」社長、更科朗容疑者(36)と土木作業員の男4人を22日にも再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者が20日までに明らかにした。5容疑者はこれまで土木作業員佐野航さん=同(19)=への傷害と、2人に対する死体遺棄の疑いで逮捕されており、22日は死体遺棄容疑の勾留期限。

 捜査関係者によると、5容疑者は共謀し、昨年2月28日、同社事務所で茂田井さんに殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。茂田井さんら2人は藤和の従業員寮に住んでいた。捜査本部は、更科容疑者らの供述などから、佐野さんも同日に同じ事務所で暴行を受け、死亡したとみている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110220/crm11022021500011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺未遂のNHKカメラマンがメール記録消去 石川県警で復元へ(20日)

金沢市の主婦(27)が行方不明になった事件で、石川県警が聴取したNHKの外部委託カメラマンの30代男性が、携帯電話のメール記録を消去していたことが20日、県警への取材で分かった。

 県警は、男性が数年来の知人だった主婦とメールでも連絡を取り合っていたとみており、記録の復元を進めるとともに消去した理由を聴く。主婦の携帯電話は見つかっていないという。

 男性は県警による聴取後の18日朝、金沢市内の実家で自殺を図り意識不明の重体だったが、県警は20日、意識を回復したことを明らかにした。男性はうなずくことができる程度の状態だが、快方に向かっているという。

 主婦は6日夜「(男性に)お金を返してもらいに行く」と母親に告げ、外出した後に行方不明となった。両親が7日、捜索願を出した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110220/crm11022021420009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生後まもない乳児遺体、裸で空き地に(20日)

20日午後3時50分頃、鳥取市滝山のJR山陰線脇の空き地で、裸の乳児を近くの男性が見つけ110番した。

乳児は病院に運ばれたが、死亡が確認された。鳥取署は死体遺棄などの容疑で調べている。

 発表によると、乳児は生後まもない身長約50センチ、体重約2700グラムの男児。雪の残る地面に放置されていた。目立った外傷はなく、同署は解剖して死因を調べる。

 現場はJR鳥取駅の東3キロの住宅街。近所の人によると、空き地は住宅跡地で周囲より2メートルほど高く、人目につきにくいという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

泥酔プロレスラー、タクシー運転し緊急逮捕 仙台(20日)

 宮城県警仙台中央署は20日、プロレスラーの野沢一茂容疑者(34)を窃盗の疑いで緊急逮捕したと発表した。野沢容疑者は同日午前2時ごろ、仙台市青葉区中央2丁目の路上で、タクシーの運転席に乗り込み、数十メートル運転して盗んだ疑いがある。

 同署によると、野沢容疑者は「NOSAWA論外」のリングネームで活動中。同日夕に開かれる試合のために、仙台入りしていた。酒に酔ってタクシーに利用客として乗ったが、ホテルが分からなくなり、運転手に絡み始めたため、運転手が車を降りて110番通報。その隙に、野沢容疑者がタクシーを盗んだという。野沢容疑者は無免許だったという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

36歳男、意味不明の供述 女性殺害容疑で逮捕(20日)

北九州市小倉北区のマンションで若い女性が死亡していた事件で、小倉北署は20日、殺人の疑いで同区の職業不詳の男(36)を逮捕した。同署によると、男は容疑を認める一方、意味不明なことを供述しているといい、責任能力の有無を慎重に調べる。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、19日に同区長浜町のマンションの一室で、女性の腹部を刃物で数回刺し、死亡させた疑い。同署は、女性がこの部屋に住む20代の会社員とみて身元確認を急ぐとともに、遺体を司法解剖して死因を調べる。

 同署によると、男は「女性の部屋に入り被害者を見つけると、持っていた包丁で腹部を多数回刺した」と供述している。周辺への聞き込みの結果、男が浮上。現場に荒らされた形跡はなく、同署は動機や被害者との関係を捜査している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

政府広報について

【治安解説】
212

20日朝の新聞に政府広報「あしたのニッポン」が折り込まれていた。第何号と書いていないので、初めてなのだろうか。新聞の半分の大きさで4ページのフルカラー印刷。

 1面の見出しを見ると「保存版」と書かれた詐欺や悪質商法に注意を呼びかけている。振り込め詐欺の特集のつもりで、全家庭に配布しているのなら膨大な金額になるだろう。

 はっきり言って、これほど「無駄」なことはない。こんな広報紙は、警察が手を変え品を変え何度も地域特性に合わせて、時には自治体が啓発の広報紙をさんざん発行しているからだ。

 それになんの特徴もない一般的な政府広報の配布。あの「2位じゃだめなんでしょうか」という、今世紀最大のパフォーマンスを見せた女性議員さんよ。これ必要ですか?

 チラシは勿論だが、警視庁は、元女性警察官を再雇用、高齢者の自宅を回ってもらい、被害に遭わないよう助言などをする「女性防犯アドバイザー(仮称)」制度を来年度から始めるという。そのほかにもボランティアでOBなどが既に家庭訪問している。

 各県警も対策にアイデアを駆使し、大変な苦労をしているのです。無駄な広報を発行するならこうしたボランティアに対して補助をするとか、民生委員に対する補償を考慮するなどやり方がいっぱいあるだろう。なぜ? この政党はちぐはぐな事ばかりするのかな。

Bye1

 警視庁管内で、小金井市の無職女性(86)が1300万円の振り込め詐欺被害に遭ってしまった。
 毎日新聞電子番などによると手口は、孫を装った男から「電車内に会社の小切手が入っているかばんをなくした。取引先に支払う時間が迫っているので、何とかしてほしい。同じ会社の人が取りに行くので、金を渡してほしい」などと電話があり、女性宅近くの公園に会社の「上司」や「同僚」を名乗る男2人が現れ、女性は3回にわたって計1300万円を渡したという。

 この手口、新たな手口です。3回とも取りに来るなんて、大胆すぎる行動であり、広報の徹底が必要のようだ。
  首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 女性殺害容疑で男逮捕(20日)

19日夜、北九州市のマンションの室内で20代の会社員とみられる女性が腹部を刺されて死亡しているのが見つかり、警察は、同じマンションに住む36歳の男を殺人の疑いで逮捕し、女性と面識があったのかどうかなど詳しいいきさつを調べています。

19日夜9時ごろ、北九州市小倉北区長浜町にあるマンションの4階の部屋で、この部屋に住む20代の会社員とみられる女性がベッドの上で腹部を刺されて死亡しているのが見つかりました。警察が殺人事件として周辺の聞き込みなどを進めた結果、同じマンションに住む職業不詳の36歳の男が事件に関わった疑いのあることが分かり、事情を聴いたところ容疑を認めたということで、20日朝早く、殺人の疑いで逮捕しました。警察によりますと、男は、女性の部屋の1つ下の3階に住んでいて、調べに対し、「女性の部屋に入り、包丁のような刃物で数回刺した」と供述する一方で、意味の分からない話もしているということです。女性は独り暮らしだったということで、警察は、男が女性と面識があったかどうかなど詳しいいきさつを捜査するとともに、刑事責任を問えるかどうかについても調べを進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110220/k10014172691000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川・金沢市主婦不明事件 主婦、預けた金の返還求めカメラマンに会いに出かける(20日)

石川・金沢市で20代の主婦が行方不明になっている事件で、主婦は、預けた金の返還を求めて、自殺を図ったNHKの委託カメラマンに会いに出かけていたことがわかった。
この事件は、金沢市に住む27歳の主婦が、2月6日夜に外出してから行方不明になっているもの。
捜査関係者によると、この主婦は、事情聴取後に自殺を図ったNHK金沢放送局の委託カメラマンに、投資目的で数百万円の金を預けていたが、配当が滞ったため、預けた金の返還を求めに、会いに出かけていたことがわかった。
警察は、カメラマンの口座に数百万円の現金が振り込まれていることを確認していて、2人の間に金銭をめぐるトラブルがあったのではないかとみている。
2人は、携帯電話のメールで頻繁に連絡を取り合っていたとみられ、警察は、消去されていたカメラマンのメールの記録の復元を進めている。
カメラマンは一命を取り留め、警察は、回復を待って事情を聴くことにしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00193375.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・目黒区夫婦殺傷事件 警視庁、事件の目撃者などを立ち会わせ実況見分(20日)

東京・目黒区で1月、80代の夫婦が男に襲われ夫が殺害された事件で、警視庁は、20日朝から事件の目撃者などを立ち会わせて実況見分を行った。
この事件は1月10日、東京・目黒区の大原道夫さん(87)が、福島県の自称無職・木村義昭容疑者(65)に刃物で刺され、殺害されたもの。
警視庁は20日午前9時すぎから、大原さん夫妻を助けようとした男性らの立ち会いのもと、木村容疑者や目撃者に見立てた捜査員を現場に立たせ、当時の状況を再現するなどして、実況見分を行った。
警視庁は、木村容疑者の供述の裏づけを行うなど、事件の全容解明を進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

重体患者より「先に診ろ」…院内暴力が深刻化(20日)

香川県内の医療機関で、職員が患者から暴力や暴言を受ける被害が深刻化している。先月には県内で、傷害や暴行の疑いで逮捕される患者も相次いだ。

 これらの「院内暴力」に対処するため、ここ数年、専門部署を設置したり、警察OBを常駐させたりする病院も増えている。

 県も今年度、暴力の予防に重点を置いたマニュアルづくりに乗り出しており、医療現場での対策強化が進んできている。

 ◆深刻化

 「何で俺を先に診察せんのや」。先月初旬、ある病院の救急処置室。路上で倒れ、救急車で運ばれてきた男が声を荒らげ、男性医師に突っかかった。病院には当時、心肺停止状態の別の患者がおり、その処置を優先したことに激高した。

 職員や看護師6人が取り押さえようとしたが、男は医師の胸を数十回突き飛ばし、病院が警察に通報。男は暴行容疑で逮捕された。

 別の病院でもその数日後、「質問が気に入らない」と、職員の顔を殴った男が傷害容疑で逮捕された。

 「早く処置をしろと言って胸ぐらをつかんだり、備品を蹴ったりするのは日常茶飯事」「看護師の首を絞め、殺すぞとすごむ患者までいる」……。複数の病院の担当者がそんな現場の現状を明かす。ある病院が職員約100人を対象に院内で調査したところ、4割が「患者から、身体的暴力を受けた」との結果が出た。

 県によると、県立の4医療施設では、2~3年前から医師や看護師への暴言が目立ち始め、次第にエスカレートしているという。最近では、被害に悩んで辞職した看護師も出ている。担当者は「理不尽な暴力にじっと耐えている職員も多く、把握できているのは氷山の一角。本当の被害は計り知れない」とため息を漏らす。

 ◆対策

 院内暴力の深刻化を受け、ここ数年、対策を本格化させる病院が出てきている。県立中央病院では2008年、マニュアルをつくった。騒いだり、必要のない治療を強要したりした患者には、院長が退去を命令できることなどを盛り込んだ。昨年には初めて、警察官を講師に、院内暴力の対処法講座も開いた。

 高松赤十字病院は05年、院内暴力などのトラブル対策を担う「医療安全推進室」を設けた。各科の待合室には「脅迫的言動をした患者は診療を断る」などと書いたポスターを張り出した。

 両病院と、香川大医学部付属病院では、3~5年前から、県警OBの職員が常駐。警察とも緊密に連絡を取れる態勢を整備した。

 ◆予防へ

 県は今年度、予防に重点を置く県立病院共通のマニュアルづくりも進めている。「見せる警備」を行う▽待ち時間を短縮し、待合室を静かにして、患者をいらだたせないようにする――といった内容で、3月末までに完成させ、来年度から県立の各医療施設で運用することを目指している。県立病院課は「院内暴力がこれ以上ひどくなれば、医療が崩壊しかねない。先手を打ち、食い止めたい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:三重銀星川支店の女子行員3人、被害を未然に防止 /三重(20日)

桑名市星川の三重銀行星川支店(鈴木博美支店長)で先月、厚生労働省の職員をかたる男に「お金が戻るから」と指示され訪ねてきた女性を行員3人が説得、「振り込め詐欺」の被害を未然に防いでいたことが分かった。同支店では「高齢者を狙う新しい手口が次々と出てくる。おかしいなと思ったらまず身近な人に相談を」と呼びかけている。

 同支店によると、先月中旬、チラシを持った女性が「どうしたらいい」と来店し、行員の高橋ひとみさん(26)と森田登紀さん(46)が応対した。85歳だという女性が「厚労省の職員から電話で『10月に、お金が返ってくる内容の手紙を出した』と言われた」と見せたチラシの裏に、同支店の住所とともに、振り込み先の別の銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号、相手の電話番号と名前など、女性が記したメモが書いてあった。

 高橋さんらは、同行本部から送られてきた「還付金詐欺」の内容とピタリと当てはまるため、機転を利かし詳しく話を聞いた。女性はお金が戻ってくると信じており、鈴木支店長も加わり3人で本部からの文章を見せるなどして、お金を振り込まないよう約30分間にわたり説得した。

 最初は「これは振り込め詐欺とは違う」と言っていた女性も最後には「娘に相談する」と言って帰ったという。鈴木支店長は「私たちが対応したことで、被害に遭わずよかった」と話していた。

 桑名署管内では昨年、振り込め詐欺の被害が8件発生し、約642万円の被害があった。【沢木繁夫】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110219ddlk24040192000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性死亡:36歳の男を殺人容疑で緊急逮捕 北九州市(20日)

北九州市小倉北区長浜町のマンションで20代女性の遺体が見つかった事件で、福岡県警小倉北署は20日、同区の職業不詳の男(36)を殺人容疑で緊急逮捕した。調べに「腹部を刺した」と容疑を認める一方「神様の話をしたい」などと意味不明な供述を繰り返しているという。

 容疑は19日夜、女性が住むマンション4階の一室に侵入し、包丁のようなもので女性の腹部を数回刺して殺害したとしている。周辺の聞き込み捜査などから男が浮上した。

 調べでは、部屋の鍵が開いたままで、室内が荒らされた形跡はなかったという。凶器は見つかっていない。同日午後9時ごろ、女性が血まみれで倒れているのを訪ねてきた知人の男性が発見し110番していた。当時、死後数時間が経過していたとみられる。【西嶋正法】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110220k0000e040012000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・小平市で車4台焼く火事、男性死亡 (20日)

19日午後、東京・小平市で軽ワゴン車など4台が焼ける火事があり、男性1人が死亡しました。

 警視庁などによりますと、19日午後6時20分ごろ、東京・小平市上水本町で、「空き地に停めてある軽ワゴン車から煙が出ている。爆発音がした」と近所の男性から119番通報がありました。火はおよそ20分後に消し止められましたが、この火事で、合わせて車4台が焼けたほか、軽ワゴン車の近くで男性が倒れているのが見つかりました。男性は病院に運ばれましたが、全身にやけどをしていて、まもなく死亡しました。

 この軽ワゴン車には普段、70歳くらいの男性が寝泊まりしていて、現場にはカセットコンロのガスボンベが落ちていたということです。警視庁と東京消防庁は、男性の身元の確認を急ぐとともに、火事の原因をさらに詳しく調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4654471.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性死亡:マンションの一室、血まみれで…北九州(20日)

19日午後9時5分ごろ、男性から「女性が血を流して倒れている」と福岡県警に110番があった。県警小倉北署員が北九州市小倉北区長浜町のマンション4階の一室に駆けつけると、この部屋に住む20代の女性が血まみれになって倒れていた。既に死亡しており、県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めた。

 調べでは、男性は女性の知人で、部屋を訪ねてきて女性を見つけたという。

 腹部に複数の刺し傷があるとみられ、事件と自殺の両面で、男性から事情を聴いている。

 近くに住む女性(75)は「救急車やパトカーなどが10台ほど止まっており心配していた。静かな所なので事件なら怖い」と不安そうに話していた。

 現場はJR小倉駅の東約700メートルの国道199号沿いで、周辺は倉庫や事業所、民家などの密集地。【西嶋正法、高橋克哉】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110220k0000m040073000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金沢主婦不明:投資の配当金受領で外出か(20日)

金沢市の20代の主婦が行方不明になっている事件で、主婦は、交友関係がある30代のNHK委託カメラマンの男性との間で、投資話を巡って金銭トラブルになっていたことが19日、石川県警金沢西署捜査本部の調べで分かった。主婦は連絡が途絶えた6日夜、カメラマンから配当金を受け取ることになっていたとみられ、捜査本部はこの時に何らかのトラブルになった疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、カメラマンは仲間数人と会社を設立するための資金を集めていたという。主婦はカメラマンから高配当の投資話を持ちかけられ、数百万円を預けて資産運用を依頼していたらしい。

 2人は数年前から知り合い。主婦は6日夜、両親にカメラマンの名を告げ、「お金を返してもらう」と言って車で外出。そのまま連絡が取れなくなった。

 カメラマンは捜査本部から任意で事情聴取を受けた後の18日、金沢市内の実家で自殺を図り、意識不明の重体のまま。【宮本翔平】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110220k0000m040076000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

こんなにたくさん何に使う 包丁26本盗まれる 愛知(20日)

19日午後0時50分ごろ、愛知県春日井市六軒屋町の大型商業施設「ザ・モール春日井」から、「大量の包丁が盗まれた」と春日井署に通報があった。開店中の売り場から26本の包丁(計約10万1千円)がなくなったといい、同署は窃盗容疑で調べている。

 同署によると、同日午前11時ごろ、同店地下1階の雑貨売り場の従業員が、商品棚に陳列してあった「三徳包丁」や「セラミック包丁」、「牛刀」などがなくなっているのに気づいた。商品はいずれもパッケージに入っていた。

 同店の営業時間は午前10時~午後9時で、開店時に異状はなかった。売り場には2人の従業員がいたが、不審な人物には気づかなかったという。同署は開店後に盗まれたとみて、防犯カメラの映像などを分析している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

線路に駅員突き落とした疑い、男を逮捕 名古屋・栄駅(20日)

名古屋市営地下鉄の駅員に暴行を加えて職務を妨害したとして、愛知県警は19日、住所不定、無職冨田元雄容疑者(63)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕し、20日未明に発表した。

 中署によると、冨田容疑者は19日午後10時10分ごろ、同市中区の市営地下鉄東山線栄駅のホームで、駅員の男性(34)の顔を拳でなぐり、線路に突き落とした疑いがある。また、同駅の駅長室に同行を求められた際、同じ駅員の下半身を殴るなどの暴行を加えた疑いがある。駅員は顔に軽傷を負った。突き落とされたのは、電車が通過した直後だったという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀の団地物置に拳銃と実弾?入りバッグ(20日)

19日午後1時半頃、佐賀市の公営団地内で、「拳銃のようなものが入ったバッグを発見した」と男性から110番があった。

佐賀県警佐賀署員がバッグの中を調べたところ、自動式拳銃とみられる1丁と数発の実弾らしきものが見つかった。同署は本物の可能性が高いとみて鑑定する一方、銃刀法違反容疑などで調べている。発表によると、駐車場にある物置の床下にバッグが押し込んであったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ教諭相次ぐ…被害の4割、勤務先の子(20日)

全国の公立小、中、高校と特別支援学校で、児童買春や盗撮などのわいせつ行為により教員が懲戒処分を受けるケースが相次いでいる。

 1999年度に懲戒処分は97人(うち懲戒免職56人)だったが、その後、増加傾向をたどり、ここ数年は、150人前後で推移。2009年度は10年前の1・4倍に増え、懲戒免職も2倍近くに上った。被害者は、勤務先の児童・生徒が4割を占めた。各教育委員会は処分基準の厳格化など、再発防止に取り組むが、十分な成果は上がっていない。

 文部科学省が47都道府県と18政令指定都市の計65教委を通じて調査した結果、09年度にわいせつ行為で処分された教員は138人。内訳は懲戒免職100人、停職24人、減給9人、戒告5人。懲戒処分には至らない訓告や諭旨免職も15人いた。09年度の事例(訓告、諭旨免職含む)を見ると、被害者が、勤務先の児童・生徒だったケースが63件(41・1%)で、対象行為は「体に触る」が55件(35・9%)、「性交」が33件(21・5%)、「盗撮・のぞき」18件(11・7%)など。中学教員が57人と最多で、高校教員46人、小学教員38人と続く。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

消火機材 盗難400点超「命に関わる犯罪」(20日)

火災発生時に地元住民が初期消火で使う機材を収容した屋外の消防ホース格納箱から、消火栓とホースをつなぐ金属製のスタンドパイプやホースの筒先が盗まれる被害が昨年末から大阪、京都、兵庫の近畿2府1県で相次いでいることが19日、分かった。3府県で少なくとも400点以上が盗まれており、警察当局は原材料である銅を狙った「金属盗」とみて窃盗容疑で捜査している。初期消火の遅れは甚大な被害につながる可能性が高く、消防関係者は「住民の生命に関わる許しがたい犯罪」と憤っている。

関連記事

記事本文の続き 消防ホース格納箱は高さ約1メートル、幅60センチほどの金属製の赤い箱で、路地などに設置されている。中に納められているスタンドパイプは、手が届きにくい地中の消火栓とホースをつなぐ機材で、スムーズな消火活動を助ける。また筒先がなければ、ホースから安定した放水ができない。いずれも初期消火には欠かせない。

 最初に被害が確認されたのは、昨年11月7日。兵庫県丹波市で、消防団が定期点検中に見つけた。市内では、約35カ所の格納箱から筒先、スタンドパイプなどがなくなっており、周辺自治体でも確認したところ、加西、三木など県内7市1町で同様の被害(計約200点)があった。

 京都府南丹市でも昨年11月上旬、全国火災予防運動に合わせた点検で盗難が発覚。12月中旬までに、筒先とパイプなど163点(約180万円相当)がなくなっていた。大阪府富田林市でも今年1月末、45点(約78万円相当)が盗まれていたことが分かった。

 格納箱は地元自治会が管理し、火災時にすぐ消火活動ができるよう、鍵はかけていない。被害は真(しん)鍮(ちゅう)(銅と亜鉛の合金)や砲金(銅とスズの合金)製のものに集中し、取引価格が比較的低いアルミ製のものは盗まれていないという。

 盗難被害を受け、各自治体は、地元自治会に補助金を出すなど、機材の再配備を進めている。しかし、南丹市は「格納箱に鍵はかけられないし、目立たない場所に置くと、有事に見つけられないかもしれない」といい、再発防止策に苦慮しているのが現状だ。

 丹波市消防本部は「管内は郡部が多いので、消防隊が駆け付けるまでに時間がかかる。住民の初期消火は命綱なのに、許しがたい」と話している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月19日 | トップページ | 2011年2月21日 »