« 2011年2月9日 | トップページ | 2011年2月11日 »

2011年2月10日

2011年2月10日 (木)

比逃亡の小向美奈子容疑者、闇組織が手引き…海路で上陸か(10日)夕刊フジ

逃亡の手引きをしているのは闇組織か-。フィリピン・マニラに“潜伏中”とみられているタレント、小向美奈子容疑者(25)=覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状=が、11日の成田便のチケットを現地でキャンセルしていたことが分かった。観光ビザが切れる10日までに出国しなければ不法滞在となるが、小向容疑者はこのままマニラに滞在を続けるのか。(夕刊フジ

 関係者によると、マニラにある航空会社の店舗に9日、小向容疑者を名乗る女性が訪れ、11日の成田行きのチケットをキャンセルしたという。その後、新たな便を予約したかどうかは分かっていない。

 捜査関係者によると、小向容疑者は1月21日に出国。渡航先はフィリピン・マニラだった。観光目的による「査証免除」での渡航で、フィリピンに滞在できるのは21日間。1月21日を起点にすると、10日で期限が切れ、その後、延長の手続きを取らなければ、不法滞在になる。

 そもそも、捜査当局が内偵していたとされる小向容疑者は、どうやってマニラに上陸していたのか。

 「指定暴力団などの息がかかった“高飛び”を斡旋する闇組織がパイプを持っているようだ。近年、フィリピン政府は出入国管理を厳しくしているが、“袖の下”として50万ペソ(約120万円)をつかまされ、入国させた係官の不正疑惑を国会で追及した議員もいる」(六本木の事情通)

 昨年、都内でイラン国籍の男らから覚醒剤を購入した疑いがあるとして逮捕状を請求している警視庁では、小向容疑者が帰国次第、同法違反容疑で取り調べを行うが、現時点ではいつ帰国するか不明だ。

 小向容疑者をめぐっては国外逃亡前に北九州での目撃情報もあり、出入国管理が空港より手薄な海路で上陸した可能性もある。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021021090031-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査長、酒気帯びで当て逃げ…父親が身代わりに(10日)

茨城県警は10日、県警警務部兼地域部の男性巡査長(37)を道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告など)の疑いで、巡査長の父親を犯人隠避の疑いでそれぞれ水戸地検土浦支部に書類送検した。

県警は同日、巡査長を懲戒免職処分にした。

 発表によると、巡査長は、昨年12月28日午後5時頃から10時頃にかけ、茨城県牛久市内でビールなどを飲み、軽乗用車を運転。帰宅途中の同10時25分頃、同市内の市道で道路標識柱とガードレールに衝突し、そのまま逃げた疑い。父親は同29日午前4時半頃、巡査長の身代わりになって牛久署に出頭した疑いが持たれている。現場に車両ナンバーが落ちていた軽乗用車は、巡査長が父親から借りていたものだったため、2人を追及したところ、身代わりを認めた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

耳かき店で性的サービス容疑、経営者逮捕 都内初摘発(10日)

耳かき店で性的サービスをさせたとして、警視庁が東京都豊島区北大塚2丁目の「癒処(いやしどころ)イヤーリラクゼーション美美(みみ)」経営、鯉沼隼也容疑者(32)=住所不定=を風営法違反(禁止地域内営業)の疑いで現行犯逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 耳かき店は風営法上の届け出が不要で、厚生労働省は耳かきが医療行為に当たらないとの見解を示しており、警察や行政機関が実態をつかめていない。都内での摘発は初めてという。

 捜査関係者によると、同店はホームページで「風俗店ではない」と宣伝。しかし、女性従業員が客に耳かきをした後、鉄扉付きの別室で性的サービスをしていたという。6日正午ごろ、警視庁生活安全特別捜査隊が踏み込み、鯉沼容疑者を逮捕。鯉沼容疑者は「従業員には性的サービスをしないように指示していた」と容疑を否認しているという。

 同店は2009年10月に営業を始め、耳かきや指圧、アロマオイルマッサージのほか、10分2千円で性的サービスをしていた。1日約15人が来店し、約250万円を売り上げた月もあったという。

 耳かき店は05年ごろから都内や大阪などで急増。09年8月には東京・新橋で、耳かき店の女性従業員に一方的な恋愛感情を抱いた客の男が、女性と祖母を殺害する事件が起きた。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

切符から指紋、犯人特定の手がかりに? 目黒夫妻殺傷(10日)朝日

東京都目黒区上目黒3丁目の無職大原道夫さん(当時87)方で夫妻が殺傷された事件で、警視庁が電車の切符から指紋を採取していたことが、捜査関係者への取材でわかった。犯人の事件前の足取りを追う中で採取したもので、警視庁は容疑者特定への手がかりになる可能性があるとみて調べている。

 事件は10日で発生から1カ月。警視庁は恨みによる犯行の疑いを視野に捜査しているが、夫妻の周辺から目立ったトラブルは見つかっていない。妻瑠璃子さん(81)は「犯人は全く知らない男。夫がやられる心当たりは全くない」と話しているという。

 目黒署捜査本部によると、事件は1月10日午後4時40分ごろ発生。大手百貨店からの来訪を装った男が、玄関に応対に出た大原さんに襲いかかり、刃物で胸や腹、背中を刺し、殺害した。止めに入った瑠璃子さんは男に手で払われ、手や足にけがをした。

 現場の最寄りの中目黒駅では事件直前の午後4時すぎ、犯人に似た男が改札を出るところが防犯カメラに映っていた。捜査本部が沿線の駅などの防犯カメラの映像を解析したところ、それより前の午後1~4時ごろは中目黒に隣接する恵比寿駅周辺に滞在。さらに調べたところ、午後0時半ごろに東京駅の通路で似た男の姿があり、その後有楽町駅を経て日比谷駅で地下鉄日比谷線に乗り、恵比寿駅に来たとみられることがわかった。

 捜査本部はこうした事件前の足取りを調べる過程で、男が改札を通った時間に絞り込んで切符を回収し、その中から指紋を採取したという。

 男は犯行後、玄関の外に置いてあったボストンバッグを持って逃走。午後5時ごろ、中目黒駅で、似た男が東京メトロの券売機で切符を買い、改札を入ってトイレの方向へ歩いていく姿が防犯カメラに映っていた。日比谷線を利用したとみられるが、その後の足取りは途絶えているといい、捜査本部は男がトイレで着替えた可能性があるとみている。映像から、男は身長164~165センチとわかった。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)

進化する犯罪

【治安解説】
212

 ★速報★東京都目黒区上目黒の元会社役員、大原道夫さん(87)夫妻が殺傷された事件で、警視庁目黒署捜査本部は10日、殺人と殺人未遂容疑で福島県いわき市の自称無職、木村義昭容疑者(65)を逮捕した=産経電子版MSN

北海道・函館市で新たな手口の窃盗事件が相次いでいるという。「手伝ってくれないか」と、言葉巧みに運転手をタクシーの外に連れ出したすきに車上荒らしに遭うという。その犯行の一部始終をカメラがとらえていた=フジテレビhttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192672.html

 その手口とは、公衆電話や非通知で配車注文。タクシーが現場に着くと、客とおぼしき人物が、運転席のドアが何者かの手で開けられ、運転手を車の外に誘い出す。その後、運転手が車に戻ると、売上金を入れたバッグが盗まれているという。北海道・函館市では、1月22日から2月6日までの15日間で、タクシーを狙った新手の車上狙いが17件発生している。

 新手口の泥棒と言えば、昨年、大阪で続発した新手の自動車泥棒「カラカラ盗」がある。大阪府守口市で会社経営者の男性が車で帰宅中、後ろのタイヤ付近から「カラカラ」と妙な音が聞こえ、タイヤに異変を感じた男性が車を降り、後輪を確認していると、その瞬間、男が車に乗り込み猛スピードで走り去るという手口だ。

 被害者が聞いたカラカラ音。その正体は、金具のついた長さ15センチ、幅10センチほどの黒いゴム板です。「カラカラ盗」は、車の持ち主が知らないうちにこの装置をタイヤに貼り付け、音を察知したドライバーが車を降りて確認している隙に、車に乗り込み走り去ってしまう。

 こんな事件もあった。東京で平成17年夏ごろだが、主婦が自家用車で自宅に帰ると、男が待っていて近づき「奥さん車から煙りが…」。主婦は驚いていると、男は「ちょっと見てやりましょう」と修理を始めた。30分後、不審に思った主婦が車のディーラーに電話すると、その電話に男が出て、さらに30分の修理。男は汗だくになりようやく終えた。
 そのまま、帰ろうとする男に主婦は「ありがとうございました」と5000円の謝礼を出した。翌日、修理屋に行くと、どこにも修理の後がなく、騙されたことに気付いたが後の祭り…警視庁はこれに〝汗っかき詐欺〟と名付けて犯人を追ったことがあった。

 犯罪は常に進歩します。それを未然に防止するのも警察の仕事。一部の県警で不祥事が続いていますが、警察を信じて、どうか暖かい目で見守ってやってください。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」を維持する。
 家庭や家族にきいんする事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で50歳女性刺される 男が逃走 大阪・淀川区(10日)

 10日午後1時35分ごろ、大阪市淀川区田川2丁目の路上で、「姉がナイフで首を刺された」と弟から119番通報があった。淀川署によると、女性会社員(50)が救急搬送されたが、軽傷とみられるという。女性を刺した男は自転車に乗って逃げた。同署は殺人未遂事件とみて行方を追っている。

 淀川署によると、自転車の男は歩いていた女性の後から近づいたという。女性は近くに住む弟に電話をして助けを求めた。男は黒色の帽子とジャンパーを着用していたという。現場は阪急電鉄十三駅の西約1キロの工場や住宅が密集する地域の一角。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

顔写真公開の「出し子」 逮捕(10日)

振り込め詐欺の被害者が振り込んだ現金を引き出した「出し子」として、警視庁などが男9人の顔写真を公開したところ、寄せられた情報から、このうち1人が東京の17歳の少年だったことが分かり、詐欺の疑いで逮捕されました。

振り込め詐欺の被害が首都圏に集中していることから、警視庁と埼玉・千葉・神奈川の警察は7日、振り込め詐欺の被害者が振り込んだ現金をATM=現金自動預け払い機から引き出した「出し子」として男9人の写真を公開しました。その結果、警視庁が公開した写真の男は小平市に住む17歳の土木作業員の少年だったことが分かり、警視庁は9日、少年を詐欺の疑いで逮捕しました。少年は、59歳の女性に息子を装ってだましの電話をかけたグループのメンバーで、東京・羽村市のコンビニエンスストアで、女性に振り込ませた現金200万円を引き出した疑いが持たれています。警視庁によりますと、公開された写真を見た知人が少年に連絡したことから、少年の父親が犯行を知って警視庁に通報してきたということです。調べに対して少年は容疑を認め「知人から1回2万円の報酬を払うと言われてやった」と供述しているということです。警視庁は、少年が現金あわせて1049万円を引き出したとみて調べています。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110210/k10013979131000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮:警部補が女性客の下着狙う 懲戒処分へ 愛知県警(10日)

愛知県警地域安全対策課の50代の男性警部補が、尾張地方のスーパーで女性のスカート内を盗撮した疑いがあることが10日、県警への取材で分かった。警部補は盗撮行為を認めており、県警は懲戒処分する方針だ。

 県警監察官室によると、警部補は1月、自宅近くのスーパーで買い物かごにビデオカメラを忍ばせ、女性客の下着を盗撮したという。別の客が気づき、警備員を通じて警察署に通報。警部補は任意同行に応じ、盗撮を認めたという。画像は既に消去されていた。

 警部補は地域安全対策課で自主防犯団体の支援を担当し、この日は非番だった。

 女性が被害届を出さなかったため、県警は立件を見送った。県警は調査した上で懲戒処分する。監察官室は「被害届がなく、業務外のことなので公表しなかった」としている。【稲垣衆史】

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区のコンビニに刃物男押し入り、現金およそ5万円奪い逃走 11月から3回目(10日)

東京・世田谷区のコンビニエンスストアに10日朝、刃物を持った男が押し入り、現金およそ5万円を奪って逃走した。このコンビニが狙われたのは、2010年11月から3回目となる。
10日午前5時ごろ、世田谷区梅丘のコンビニに刃物を持った男が押し入り、店員に袋を差し出して、「金を入れろ」と脅し、現金およそ5万円を奪って逃走した。
店員に、けがはなかった。
男は、年齢20~30歳くらいで、上下、黒っぽい服を着ていたという。
このコンビニは、2010年11月と12月に強盗の被害に遭っていて、警視庁は、犯人の特徴や手口などから、同一犯の可能性が高いとみて調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192793.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警報器を強引に設置、業者に業務停止命令(10日)

高齢者の家を訪れ、強引に警報器を設置しては高い支払いを迫る業者による被害が相次いでいることから、東京都などは10日、この業者に業務停止命令を出しました。

 東京都と埼玉県が特定商取引法違反にあたるとして1年間の業務停止命令を出したのは、大阪に本社のある訪問販売会社「イーライフ」です。

 東京都によりますと、イーライフはおととし4月から今月までの間、都内の高齢者の家に名前も名乗らずに勝手に防犯警報器を設置し、家族に確認もとらないまま、1台につき平均にしておよそ48万円の支払いを迫ったということです。

 また、「近所の人は皆つけている」などと、うその説明もしていたということです。

 同じような被害の相談は東京都に43件、埼玉県に18件入っているほか、千葉や神奈川でも相談があるということで、被害総額は数千万円にのぼるとみられています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4646758.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「耳かき」装った性的風俗店を摘発 (10日)

 東京・豊島区の耳かき店が性的マッサージを行ったとして、警視庁に摘発されました。「耳かき店」を装った性的風俗店の摘発は、都内では初めてです。

 風適法違反の疑いで逮捕されたのは、豊島区北大塚の耳かき店「癒処イヤーリラクゼーション 美美」の経営者、鯉沼隼也容疑者(32)で、今月6日、女性従業員に性的マッサージをさせた疑いが持たれています。

 この店では耳かきをするスペースとは別にマッサージ用の個室を設け、入り口を鉄製の扉で区切って外から見えにくくしていたということです。

 取り調べに対し、鯉沼容疑者は「性的マッサージを指示したことはない」と容疑を否認していますが、女性従業員らは「鯉沼容疑者から指示を受けた」と話しているということです。(10日15:35)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4646810.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官わいせつ容疑で逮捕(10日)

千葉県警察本部の自動車警ら隊の隊長が帰宅途中の電車の中で、女性に向けて下半身を露出したとして公然わいせつの疑いで逮捕されました。
隊長は「覚えていない」と供述し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、千葉県警察本部の警視で、自動車警ら隊の隊長、森川雅樹容疑者(57)です。
警察の調べによりますと、森川隊長は、昨夜10時半ごろJR総武線の千葉駅発成田駅行きの快速電車の中で、座席に座っていた23歳の女性に向けて下半身を露出したとして公然わいせつの疑いが持たれています。
女性が、近くにいた男性と一緒に森川隊長に電車を降りるよう促し四街道駅で駅員に引き渡したということです。
森川隊長は千葉市内の飲食店で部下と一緒にビールや日本酒を飲んだあと帰宅する途中だったということです。
調べに対し森川隊長は「覚えていない」と供述し、容疑を否認しているということです。
警察は当時の状況や動機について詳しく調べています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003969421.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

建設会社事務所で発砲、男性1人けが 北九州(10日)

9日午後7時10分ごろ、北九州市小倉北区大手町の建設会社事務所から「男が建物に向けて数発発砲した」との110番通報があった。福岡県警小倉北署が調べたところ、同所の2階建てプレハブの2階事務所に男が押し入り、拳銃を数発発砲して逃げたという。床から跳ね返ったとみられる銃弾が中にいた男性従業員(50)の腹にあたったとみられ、男性は軽傷を負った。

 発砲があったのは東京に本社を置く大手ゼネコンの建設事務所。このゼネコンは2006年から数回、福岡市の支店や手がけたビルなどに発砲される被害に遭っていた。

 逃げた男は黒いヘルメットに黒い服装。事務所の外で別の1人がバイクで待機していたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫に包丁で刺され妻死亡、娘も重傷(10日)

10日午前2時55分頃、札幌市手稲区星置1の5、自営業山本鎮夫容疑者(50)の長女で大学生の萌さん(21)から、「父が、自宅で母と私を包丁で刺した」と110番があった。

札幌手稲署員が駆けつけたところ、家の外で萌さん、1階で母親の由美子さん(55)が、腹部などから血を流しぐったりしており、1階にいた山本容疑者が、「自分が刺した」と認めたため、同署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 由美子さんは、搬送先の病院で死亡が確認され、萌さんも胸など数か所を刺され重傷。

 発表では、萌さんは2階で就寝中に刺されたとみられ、自力で外に逃げてから110番していた。凶器とみられる包丁は室内から見つかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国の暴走族、初めて1万人切る 上下関係や「おきて」の厳しさ敬遠(10日)

昨年1年間で全国の警察が把握した暴走族の構成員数は9064人で、統計を取り始めた昭和50年以降で初めて1万人を下回ったことが10日、警察庁のまとめで分かった。グループに属さないケースが増え、実態の把握が難しくなっているという。

 警察庁によると、構成員の数は昭和57年の4万2510人をピークに減少傾向にあった。構成員の半数以上は上下関係や「おきて」を嫌ってグループに加入せず、数台でのゲリラ的な暴走行為が目立った。暴走族のグループ数も昨年から76減り、507だった。

 一方で、平成14年から減少していた暴走行為への参加人数は1714人増加して3万6961人だった。警察庁は「摘発しても仲間の情報を持っていないケースが多く、実態がつかみにくい」と説明している。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/dst11021010070001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

65歳入院患者「ライターで火」 病院火災 1人重体2人重軽傷(10日)

9日午後11時半ごろ、徳島県鳴門市撫養町立岩元地の「岩朝病院」で、女性の入院患者から「煙が出ている」と119番通報があった。約1時間半後に鎮火したが、いずれも入院患者の男性(78)が全身やけどで意識不明の重体、女性(95)が顔面やけどで重傷、女性(71)が気道熱傷の軽傷を負った。このほか65~97歳の男性1人と女性10人が煙を吸って気分が悪くなるなどして、ほかの病院に搬送された。

 鳴門署は2階病室から出火した可能性があるとみており、市消防本部と合同で10日午前から実況見分を開始。重体となった男性と同室の男性入院患者(65)が「ライターを触っていたら火がついた」などと話しているといい、男性患者から事情を聴いている。

 同署によると、出火当時は38人が入院しており、2階に36人、3階に2人がいたほか、男性医師1人と女性看護師2人が当直に当たっていた。

 病院関係者などによると、同病院は内科、外科など9科があり、療養型病床も併設。建物は鉄筋コンクリート3階建てで、1階は診察室、2階と3階には病室20室(計46床)を配置している。

 現場はJR鳴門駅の南東約1キロの住宅街。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/dst11021010360003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元交際相手の33歳女性に刃物突きつけ、逮捕監禁容疑で無職男逮捕 青森(10日)

9日午後8時15分ごろ、青森県五所川原市松島町3丁目の女性(33)宅で「元交際相手の男が暴れそうだ」と110番があった。五所川原署員が駆け付けたところ、署員を見た男は女性に刃物を突きつけ、脱衣所に立てこもろうとしたが、約10分後に説得に応じて解放。逮捕監禁容疑の現行犯で逮捕された。女性にけがはなかった。

 同署によると、男は弘前市平岡町、無職細川武志容疑者(43)。

 逮捕容疑は、女性に刃物を突きつけ「殺すぞ」などと脅し、背後から羽交い締めにして、脱衣所に連れて行き、鍵を掛け監禁した疑い。

 同署には昨年末から、細川容疑者の暴力について女性から相談が寄せられていたという。女性方は子ども2人との3人暮らし。子どもは逃げ無事だった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021007020005-n1.htm

Msn_s1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不倫の次は57歳千葉県警警視が電車内で下半身露出し逮捕 隊長に異動の直後(10日)

電車内で下半身を露出させたとして千葉県警四街道署は9日、公然わいせつ容疑の現行犯で同県警自動車警ら隊長の警視、森川雅樹容疑者(57)=成田市三里塚=を逮捕した。森川容疑者は千葉市内で同僚と飲酒し帰宅途中だったといい、同署の調べに対し「覚えていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は9日午後10時半ごろ、JR総武線、都賀~四街道駅間を走行中の快速電車の車内で着席していた乗客の無職女性(23)の前に立ち、ズボンのチャックを開けて下半身を露出した疑いが持たれている。女性とほかの乗客が取り押さえた。

 森川容疑者は8日付けで市原署副署長から異動したばかりだった。

 同県警では昨年12月、NHKの20代の女性記者と不倫関係を持った40代の男性警部が戒告処分を受けるなど、不祥事が相次いでいる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021007560006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者ちゃうか」大阪-東京追跡550キロ 生野発砲事件で男を逮捕(10日)

大阪市生野区のマンションで1月、男性が撃たれた発砲事件で、大阪府警は9日、殺人未遂と銃刀法違反容疑で、大阪市浪速区元町、自称自営業、前原雅之容疑者(54)を逮捕、所持していた拳銃1丁と実弾4発を押収した。この事件を担当する府警捜査4課の警部が8日、市内で前原容疑者に似た男を偶然発見。男が乗った東京行きの長距離バスを約550キロにわたって捜査車両で追跡し、逮捕した。

 府警によると、警部は8日午後4時ごろ、大阪市天王寺区付近を捜査車両で走行中、前原容疑者に似た男が乗用車を運転しているのを見つけた。顔と車両の特徴が一致していたという。

 男はその後、大阪・梅田からバスに乗り、9日早朝、新宿に到着、近くのマンガ喫茶に入った。警部は逮捕状を準備し、午後になって店から出てきた男を職務質問し、前原容疑者本人と認めたため、逮捕した。

 逮捕容疑は、1月27日午後10時半ごろ、大阪市生野区鶴橋のマンション1室で、住民男性(54)と覚醒剤の売買をめぐって口論となり、持っていた拳銃で男性の腹を撃ち、肝臓損傷などの重傷を負わせたとしている。また府警は同容疑で、同席していた職業不詳の男(26)の逮捕状を取り、行方を追っている。

 府警によると、前原容疑者は「足元に向けて撃った」と殺意を否認。男性は一時意識不明だったが、現在は回復しているという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021000050000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

情報漏えい 警部補以外にも疑い(10日)

北海道警察本部の組織犯罪対策課の警部補が、風俗店の元経営者から依頼されて男性の犯罪歴について情報を漏らしたとして、地方公務員法違反の疑いで逮捕された事件で、この警部補以外にも複数の警察官が元経営者に情報を漏らしている疑いのあることが警察への取材で分かりました。

北海道警察本部の組織犯罪対策課の警部補、辻本幸夫容疑者(55)は、おととし3月、当時、風俗店を経営していた澤口将一容疑者(45)に特定の男性の犯罪歴を調べて、結果を漏らしたとして、地方公務員法の守秘義務違反の疑いで逮捕され、澤口容疑者も犯罪歴を調べるよう依頼した地方公務員法違反のそそのかしの疑いで逮捕されています。その後の警察の調べで、辻本警部補は、飲食代を肩代わりしてもらったり、電化製品を受け取っていたりしていたことが分かり、情報を漏らした見返りに金品をもらっていた可能性もあるとみて慎重に調べを進めています。さらに澤口容疑者は、辻本警部補以外にも複数の警察官から犯罪歴などの情報を受けていたと供述していることが、警察への取材で新たに分かりました。警察は辻本警部補を含めて数人の警察官が、情報を漏らしていた疑いがあるとみて実態の解明を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110210/k10013969201000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・港区男性暴行死事件 警視庁、監禁容疑で公開手配していた29歳の男を逮捕(10日)

東京・港区で2010年11月、男性が全身に暴行を受け死亡した事件で、警視庁は、監禁容疑で公開手配していた男を逮捕した。
監禁の疑いで逮捕された住所不定・会社役員の世間瀬 淳(よませ・じゅん)容疑者(29)は、2010年11月、職業不詳・松江 護さん(27)に暴行を加え、その後、松江さんを車の中で監禁した疑いが持たれている。
世間瀬容疑者は1月、警視庁から公開手配されていて、9日午後1時すぎ、中央区の路上を歩いていたところを警視庁の捜査員が発見し、逮捕した。
世間瀬容疑者は調べに対して、「車に乗せて連れて行ったことは間違いありませんが、監禁はしていません」と、容疑を否認している。
警視庁は引き続き、公開手配している3人の男の行方を追っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192751.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホスゲン:材料検出 東京・江東のマンション建設現場(10日)

9日午後8時55分ごろ、東京都江東区牡丹2でマンションを建設中の業者から「2日前、作業員の気分が悪くなり、検査業者に調査を依頼したらホスゲンが検出された可能性があると分かった」と119番があった。東京消防庁が現場に特殊部隊を出動させたところ、ホスゲンは検出されなかったものの、その材料にもなる四塩化炭素などの化学物質が検出された。警視庁深川署が詳しい経緯を調べている。

 深川署などによると、7日、工事で地面を掘り起こしている際に作業員が目の痛みなどを訴えたという。命に別条はなかった。近くの住民も避難はしていない。

 ホスゲンは農薬などの原料で、極めて毒性が強い窒息性のガス。第一次世界大戦では毒ガスとして使われた。オウム真理教事件では、ジャーナリストの江川紹子さん宅に噴霧されたことでも知られる。医薬品や農薬、合成染料などの原料や化学反応の試薬など幅広い用途がある。【小泉大士】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110210k0000m040166000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯行5時間前に東京駅に姿 目黒の夫婦殺傷(10日)

東京都目黒区の元会社役員、大原道夫さん(87)夫妻が殺傷された事件で、大原さんを刺した男とよく似た人物が、事件約5時間前にJR東京駅構内の防犯カメラに映っていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。各地から乗り入れるターミナル駅を利用していることから、警視庁目黒署捜査本部は男が大原さんと遠方で接点を持った可能性もあるとみて捜査している。

関連記事

記事本文の続き 事件は10日で発生から1カ月が経過。これまでに親族や仕事をめぐって動機につながるトラブルは確認されていない。一方で、大原さんは大手製紙会社を引退後、複数の企業を経て、平成10年ごろまで大阪府の精密機械会社で役員を務めるなど、幅広い人脈を持っていたという。

 大原さんは搬送前、周囲に「男と面識はない」と話しており、捜査本部は仕事関係で大原さんを知った人物による犯行を視野に、主要駅の防犯カメラ映像を回収、分析して事件後の男の足取りを追っている。

 捜査関係者によると、1月10日正午ごろ、JR東京駅構内の防犯カメラに男の姿があり、隣の有楽町駅の防犯カメラにも映っていた。その後、有楽町駅と地下通路でつながる東京メトロ日比谷駅で地下鉄日比谷線に乗り換えた可能性があるという。

 防犯カメラ映像の解析などによると、男は同午後1時ごろに恵比寿駅周辺に滞在。駅ビル内の喫茶店で時間をつぶすなどした後、同午後4時過ぎに再び恵比寿駅から乗車し、大原さん方の最寄りの中目黒駅に向かったという。

 駅到着後、男は住宅街を歩き回らず、まっすぐ大原さん方に向かい、同午後4時40分ごろ、玄関で大原さんを殺害。妻(81)や助けに入った住民を襲っていないことから、捜査本部は大原さんに狙いを絞っていたとみている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院から出火、1人意識不明 十数人重軽傷 徳島・鳴門(10日)

 9日午後11時半ごろ、徳島県鳴門市撫養(むや)町立岩の岩朝(いわさ)病院(鉄筋3階建て、46床)の2階病室付近から出火。約1時間半後に鎮火したが、鳴門市消防本部などによると、出火当時、院内には入院患者が約40人おり、1人が意識不明の重体、2人が重傷、軽傷者も10人以上いるという。

 病院関係者によると、院内には煙が充満し、入院患者は1階に避難した。重傷者は救急車で、軽傷者はマイクロバスで病院に搬送されているという。鳴門市消防本部によると、「煙が出て苦しい。早く助けに来て欲しい」と入院患者から119番通報があったという。

 病院の近所に住む女性は「外に出ると病院の2階から煙が出ていた。担架で運ばれている人もいる。びっくりした」と話した。入院患者の家族の男性は「患者は毛布や布団で暖をとって病院1階でバスの到着を待っている。早く病院に運んであげたい」と話した。

 現場は、JR鳴門駅から南東約1キロの住宅街。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつメール大量送信処罰へ…改正案今国会に(10日)

政府は9日、わいせつな画像を含む電子メールを大量に送る行為を処罰する規定を設けた刑法改正案を今国会に提出する方針を固めた。

わいせつ画像を添付した迷惑メールを送りつける業者を新たに取り締まりの対象とすることで、こうした行為に歯止めをかける狙いがある。

 現行法は、写真や雑誌、DVDなどを想定して、「わいせつな文書、図画その他の物を頒布、販売し、公然と陳列」する行為を禁止している。電子メールは「物」にあたらないとの解釈から、直接処罰する規定はなかった。

 法改正では、「わいせつな電磁的記録の電気通信の送信による頒布」の禁止規定を新設することで電子メールも対象とする。違反者は2年以下の懲役か250万円以下の罰金とする。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月9日 | トップページ | 2011年2月11日 »