« 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月7日 »

2011年2月6日

2011年2月 6日 (日)

警視庁、個別訪問で振り込め詐欺注意(6日)

 振り込め詐欺の被害が増加する中、警視庁は地域住民と協力し、一人暮らしの高齢者の自宅を個別訪問して注意を呼びかけました。

 東京・世田谷区では6日、警視庁と地域住民が協力して、振り込め詐欺の被害に遭いやすい一人暮らしの高齢者の自宅を訪れ、詐欺の手口や対策を伝えました。また、品川区では警察官のバンドが音楽を演奏し、注意を呼びかけました。

 振り込め詐欺の被害額は去年1年間でおよそ32億円に上り、警視庁は「少しでも不審に思った時は110番通報してほしい」と話しています。(06日16:46)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4643581.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

水死の知人宅に放火容疑で無職の男を逮捕、佐賀(6日)

佐賀県警は6日、知人男性宅に放火したとして非現住建造物等放火容疑で、住所不定、無職、佐藤順一容疑者(54)を逮捕した。出火の約10時間前に男性は自転車事故で死亡しており、鳥栖署が詳しい経緯を調べている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、4日午後5時半ごろ、佐賀県みやき町原古賀、無職、那須正弘さん(60)方に火を付け、木造平屋建て住宅など計約50平方メートルを全焼させた疑い。鳥栖署によると容疑を認めている。

 那須さんは4日午前7時半ごろ、自宅から約440メートル離れた町道の側溝にうつぶせに倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。死因は水死だった。

 目立った外傷はなく、近くに自転車が放置されており、鳥栖署は那須さんが酒に酔って自転車に乗り、誤って側溝に落ちて深さ10センチの水で窒息したとみている。その後の火災を受けた捜査で、1人暮らしだった那須さん宅に数カ月前から時折寝泊まりしていた佐藤容疑者が浮上したという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車いす女性と夫、ひき逃げで死亡…男が出頭(6日)

6日午前9時10分頃、茨城県高萩市安良川の国道461号で、車いすを押して横断していた同市高浜町、無職神長三次さん(76)と、車いすに乗っていた妻せつ子さん(73)が乗用車にはねられ、三次さんは頭部を、せつ子さんは胸をそれぞれ強く打ち、間もなく死亡した。

 運転手は乗用車を乗り捨てて逃走した。約1時間20分後、知人に付き添われた男が高萩署に出頭し、「車で人をはねた」と話したため、同署で詳しく事情を聞いている。

 近くを散歩していた男性(62)は、はねた車から降りた男が事故直後、現場で携帯電話をかけたり、倒れた三次さんに自分のジャンパーをかぶせたりしていたのを目撃したといい、「バーンという音で振り向いたら、男性が道路に倒れ、女性が歩道まではね飛ばされていた」と話していた。現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、付近に信号機はなかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)

この時期の放火犯

【治安解説】

212

 カラカラ空気の続く東京・江東区で6日未明、住宅の玄関などが燃える不審火が3件相次いだが、警視庁は現場の近くにいた30代の男の身柄を確保して事情を聴いている。

 午前4時45分ごろ、江東区・亀戸で住宅の勝手口から火が出ているのを通行人が見つけて119番通報。すぐに消し止められたが、この15分ほど前には、400メートルほど離れた住宅で玄関の扉が燃えるなど、わずか40分の間に半径およそ300メートルの範囲で、3件の不審火が相次いだ。

 犯人なら、空気の状態から現住建造物放火だけでなく殺人未遂を付けたいくらいだ。

 警察庁によると昨年1年間に全国で発生した放火事件は1191件で前年の1306件に比べて8.8㌫、115件減少した。
 検挙件数は895件で検挙率は75.1㌫。前年より5.2ポイントアップしている。

 都道府県別発生状況によると1位は大阪で151件、2位東京の90件、3位福岡の72件、4位埼玉県の66件、5位千葉県の65件、6位は北海道と愛知県の50件となっている。

 カラカラの天気だもの、捕まってよかったが、捕まらないとオチオチ寝てもいられない状況に追い込まれたかも…よって体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭お家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

※ 7日、目の手術のため病院に行ってきます。数時間で済むと思いますがだめな場合はブログ休みますのでご了承ください。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審火3件、放火容疑で男逮捕へ (6日)

6日未明、東京・江東区で住宅の玄関などが燃える不審火が3件相次ぎました。警視庁は現場の近くにいた30代の男から事情を聴いていて、まもなく放火の疑いで逮捕する方針です。

 午前4時45分ごろ、江東区・亀戸で住宅の勝手口から火が出ているのを通行人が見つけて119番通報しました。

 火はすぐに消し止められ、けが人はありませんでしたが、この15分ほど前には、400メートルほど離れた住宅で玄関の扉が燃えるなど、わずか40分の間に半径およそ300メートルの範囲で、あわせて3件の不審火が相次ぎました。

 警視庁は現場の近くにいた30代の男が関与をほのめかしたため、現在、事情を聴いていて、まもなく放火の疑いで逮捕する方針です。(06日11:02)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4643388.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダンベル付きロープに長男を縛り付けた虐待で母親らを逮捕 兵庫県警(6日)

約20時間にわたり、ダンベルを付けたロープを手足に縛り付けて長男(3)にけがを負わせたとして、兵庫県警芦屋署は6日、傷害の疑いで、母親で無職の永井ルリ子容疑者(30)=芦屋市伊勢町=と、内縁の夫で会社員の金子信也容疑者(45)=同=を逮捕した。永井容疑者は「けがはさせたが、しつけのためだった」と一部容疑を否認している。

 同署によると、両容疑者は「台所を歩き回って物を食べたり、机にあるものを落としたりして危ないと思い、仕方なく何度かしつけをした」と供述。同署は日常的に虐待していた疑いがあるとみて詳しく調べる方針。

 逮捕容疑は4日午後10時ごろから5日午後6時半ごろにかけ、片端に10キロのダンベルを付けたロープを長男の両手首、両足首に縛り付けたまま自宅の寝室に放置。長男に皮下出血など、約1週間のけがを負わせたとしている。

 同署によると、共通の知人を通じて虐待を疑った永井容疑者の弟(28)が5日夕に永井容疑者宅を訪問。ロープで縛られた長男の状況を確認したため、110番通報した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110206/crm11020609140003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

永田洋子死刑囚の死因は多臓器不全(6日)

5日夜に65歳で死亡した元連合赤軍幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚を収容していた東京拘置所は6日、永田死刑囚の死因を多臓器不全と推定されると発表した。

 同拘置所によると、永田死刑囚は昭和59年に脳腫瘍と診断され、手術など医療措置がとられたが、最近では脳委縮と誤嚥(ごえん)性肺炎などで治療中だった。意識障害がある状態だったという。

 永田死刑囚は昭和47年2月に逮捕。その後、約39年の大部分を拘置所で過ごした。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110206/crm11020609530004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴ積んだトラック盗む 窃盗容疑で岩手の男逮捕(6日)

福島県警白河署は6日までに、3千万円相当のリンゴが積まれた大型トラックを盗んだとして、窃盗の疑いで、岩手県洋野町大野、農業、石橋修一容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は5日午後7時5分ごろ、福島県西郷村小田倉大清水の東北自動車道上り線で、リンゴを積んだ青森県黒石市の男性(40)の大型トラックを盗んだ疑い。

 白河署によると、石橋容疑者の軽トラックが男性の大型トラックに追突。近くで話していたところ、石橋容疑者が大型トラックに乗り込んで逃げた。

 男性の通報を受けた警察が、栃木県那須塩原市東原の東北自動車道上り線で大型トラックに乗った石橋容疑者を発見した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110206/crm11020611420005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「発火装置」も…千葉・睦沢町周辺で不審火24件(6日)

千葉県睦沢町で、枯れ草などが燃える不審火が3件相次ぎました。先月末からの周辺での不審火は24件目となり、一部の現場からは発火装置のようなものも見つかっています。

 5日午前11時40分過ぎ、睦沢町に住む女性から「枯れ草が燃えている」と119番通報がありました。火は約30分後に消し止められましたが、土手の枯れ草約400平方メートルが焼けました。また、午後にも近くの空き地2カ所で枯れ草が燃える火事がありました。けが人はいませんでした。警察によると、睦沢町と隣接する一宮町などでは、先月29日からの8日間で、人気のない土手や空き地での不審火が24件相次いでいます。また、2カ所の現場からは、たばこにマッチ棒十数本をテープで巻きつけた発火装置のようなものが見つかっています。警察は、連続放火事件とみて捜査しています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・習志野市で母親の頭をなたで殴り殺害したとして50歳の男を現行犯逮捕(6日)

千葉・習志野市で、50歳の男が母親の頭をなたで殴り、殺害したとして現行犯逮捕された。
無職・福島俊明容疑者(50)は、5日午後0時40分ごろ、習志野市の自宅で、同居している母親・仲さん(79)の後頭部をなたで殴り、殺害した。
福島容疑者は10数年前から引きこもりだったということで、調べに対し、「母から仕事をするように言われて、カッとなった」などと供述しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192522.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性ミイラ化遺体、佐賀の山中で見つかる(6日)

5日午後2時15分ごろ、佐賀県多久市東多久町の山中で狩猟をしていたとみられる男性から「遺体を見つけた」と連絡を受け、森林組合職員が110番した。駆け付けた県警小城署員が付近を捜索し、ミイラ化した女性の遺体を発見した。

 小城署によると、遺体は40~60歳とみられ、目立った外傷はない。身長164センチで、茶色のジャンパーと紺色のもんぺを着用。付近にはスーパーのレジ袋や睡眠薬の空容器が落ちていた。小城署は身元確認を急ぐ。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110205/dst11020523090019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コースター転落死:手でバー確認「客の苦情でやめた」(6日)

東京都文京区の遊園地・東京ドームシティアトラクションズのコースター転落事故で、運営会社の社員が警視庁捜査1課の聴取に「乗客から苦情があり、安全バーを手で触って確認する作業をやめるようになった」と説明していることが分かった。下腹部をバーで押されるのを嫌がる乗客とのトラブルを避けた可能性がある。6日で事故から1週間。会社の安全管理体制が業務上過失致死容疑の捜査の焦点になっている。

 捜査1課は1日、運営会社・東京ドームを家宅捜索し、事故があった「スピニングコースター舞姫」の仕様書を押収した。ドイツから輸入したインタミン・ジャパン(杉並区)が00年3月ごろに渡した文書とみられる。捜査1課などによると、仕様書には「目視した後、不確実と映る場合は手で触って確認したり、修正を行うよう係員に指導してください」と記載されていた。

 東京ドームは01年2月作成の運用マニュアルに手による確認方法は含めていなかったが、当初は口頭で必要性が引き継がれていた。だが、会社関係者は「最近になってやめた」と説明したという。

 バーは乗客が手前に引き、ロックがかかる仕組み。係員が押して確認する場合、下腹部に痛みを感じた乗客から苦情が出ることがあったという。

 事故では羽村市の会社員、倉野内史明さん(34)が高さ約8メートルから転落死した。バーが掛かっていなかったとみられている。倉野内さんは体重130キロ以上と大柄で、女子大生のアルバイト係員は「バーをちらっと見たら締まっているように見えた」と話しているという。

 捜査1課は、係員らへの指導やマニュアルに問題があり、その背景には安全管理の意識の低さがあったとの見方を強めている。【山本太一、内橋寿明】

 ◇「優れた技術者だった」…倉野内さんの葬儀しめやかに

 倉野内さんの葬儀が5日、東京都瑞穂町の斎場で開かれ、親族や知人ら約200人が突然の別れを惜しんだ。父親が社長を務める電気工事関連会社の課長職だったが、上司の男性(52)は「父親が興した会社を兄と2人で継いでいくはずだったのに」としのんだ。

 倉野内さんは半導体の配線関係部品の見積もりから組み立て、チェックまでを担当。上司は「優れた技術者で性格は穏やかで優しかった。一つ言えば十分かる感じで非常に賢い人だった」、別の参列者も「米国出張をするなど立派な仕事をしていた」と語った。

 葬儀には東京ドームの久代(くしろ)信次社長も参列。遺族側は事故の原因や安全管理体制などを説明する機会を作るよう求めたという。倉野内さんの上司は「我々もものづくりをしており、安全バーが掛からないまま動く遊具なんてありえない。乗客が異常を感じれば知らせられるように警報装置を付けるなどの手段があったはずだ」と憤った。【小泉大士】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110206k0000m040106000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

連合赤軍・永田洋子死刑囚が死亡…病死か(6日)

1971年から72年にかけて大量リンチ殺人などを起こした連合赤軍事件の主犯として、死刑が確定し、東京・小菅の東京拘置所に収容されていた元最高幹部の永田

洋子

(

ひろこ

)

死刑囚(65)が5日夜、死亡したことが法務・検察関係者への取材でわかった。

病死とみられる。

 確定判決によると、永田死刑囚は71年8月、千葉県印旛沼などで仲間2人の殺害を指揮。群馬・榛名山中の山岳アジトに潜伏中の71年12月~72年2月には、「総括」と称し仲間を殴打して極寒の山中に放置するなどの残忍なリンチを繰り返し、女性4人を含む計12人を殺害、遺体を山に埋めるなどした。永田死刑囚は、殺人や死体遺棄などの罪に問われ、82年6月、1審・東京地裁で死刑判決を受け、東京高裁も86年9月に1審判決を支持し、控訴を棄却。93年2月に最高裁で上告が棄却されて、死刑が確定した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパートなど4棟火災、7人けが 東京・荒川(6日)

6日午前0時30分ごろ、東京都荒川区西日暮里1丁目の3階建てアパートの2階から出火、このアパートのほか、隣接する住宅など4棟の計約300平方メートルが焼けた。

 東京消防庁と荒川署によると、この火事で、アパートに住む30~50代の男女7人が煙を吸ったり、窓から飛び降りたりしてけがをし、病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月7日 »