« 2011年2月4日 | トップページ | 2011年2月6日 »

2011年2月5日

2011年2月 5日 (土)

千葉・習志野市で母親の頭をなたで殴り殺害したとして50歳の男を現行犯逮捕(5日)

千葉・習志野市で、50歳の男が母親の頭をなたで殴り、殺害したとして現行犯逮捕された。
無職・福島俊明容疑者(50)は、5日午後0時40分ごろ、習志野市の自宅で、同居している母親・仲さん(79)の後頭部をなたで殴り、殺害した。
福島容疑者は10数年前から引きこもりだったということで、調べに対し、「母から仕事をするように言われて、カッとなった」などと供述しているという。

(http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192522.html

Logo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:被害撲滅へ園児60人が「詐欺鬼」退治--大河原 /宮城(5日)

大河原署(菅原由弘署長)は「節分」の3日、大河原町立不動保育所(佐山満里子所長)で「詐欺鬼退治豆まき」を行った。約60人の園児は「詐欺鬼」を退治しようと元気いっぱい豆を投げつけ、退散した鬼が警察官に“逮捕”されると歓声を上げて喜んでいた。

 管内では昨年、振り込め詐欺が10件発生し、被害総額も3670万円と大幅に増加したため、被害撲滅対策として企画。被害に遭いやすい高齢者に、園児たちを通じて防犯意識を高めてもらおうと実施した。

 大学生健全育成ボランティア「ポラリス宮城」と防犯ボランティア「みやぎマモルンジャー」の仙台大学生の2人が、「詐欺鬼」となった「赤鬼」「青鬼」に扮(ふん)した。

 ホールに突然、「詐欺鬼」が現れると園児たちは大騒ぎ。すぐさま「鬼は外。福は内」と一斉に鬼をめがけて豆を投げ付け鬼退治。退散した「詐欺鬼」は、駆け付けた警察官に捕まった。その後、園児には、家族らに渡してもらおうと振り込め詐欺に注意を呼び掛けるチラシが配布された。【豊田英夫】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110205ddlk04040051000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

メールで同級生脅迫容疑、女子高生を書類送検(5日)

 同級生に「殺してほしくなかったら、早く死ね」などというメールを携帯電話で送って脅したとして、山形県警が昨年12月、庄内地方の女子高校生1人を脅迫の疑いで山形地検に書類送検していたことが分かった。

県警によると、高校生が携帯電話のメールで相手を中傷したケースを脅迫事件として立件するのは、極めて珍しいという。専門家は「このような事案は、より悪質な嫌がらせに発展してしまう可能性もあって危険だ」と指摘している。

 捜査関係者などによると、女子高校生は昨年、自分の携帯電話を使って、「マジで死んでくんないかな。このメールを嘘だと思わないほうが良いぜ」などというメールを2通送り、同級生の女子生徒を脅迫した疑い。女子高校生は容疑を認めており、反省しているという。

 この2人は顔見知りで、女子高校生はメールを匿名などにせず、自分の名前を明記して送信していた。2人の間に、このメール以外のいじめや嫌がらせなどは確認されていないという。メールにおびえた被害者の女子生徒が親と一緒に県警に相談して発覚した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)

刑法犯件数昭和の時代へ

【治安解説】
212_2

 平成22年の全刑法犯認知件数の確定値が警察庁より発表された。それによると全刑法犯認知件数は158万5856件で前年の170万3044件より6.9㌫、件数にして11万7188件の減少となった。

 この結果、全国の警察が全力を挙げてきた犯罪抑止策は平成14年の285万件から8年で127万件も減らし、数字は昭和57、58年代に戻したことになる。まあ、ここまでくれば、日本の警察官は事件の発生処理に負われていた苦しみから解放され、今後は事件捜査に力点が移される。

 確定値を罪種別で見ると、最も減少したのが窃盗犯で-8万5852件の121万3442件。2位が住居侵入や公務執行妨害、器物損壊などのその他の刑法犯が-2万2305件の24万5952件。3位が知能犯で-8655件の4万4347件となった。

 検挙率は凶悪事件で殺人事件が最も高く94.4㌫、強姦事件が82.5㌫、放火事件が75.1㌫。強盗事件が62.4㌫でした。罪種別・都道府県別などは随時紹介します。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 追伸 なお、小生は7日に目の手術をします。ブロガーより

2人組の似顔絵など公開 福島・二本松の1億円強盗

Tky2011020503031

福島県二本松市のJAみちのく安達二本松支店で現金約1億1千万円が奪われた事件で、男性職員が2人組の男に拉致されたのは、同支店から約3キロ離れた場所だったことが捜査関係者への取材で分かった。県警二本松署は5日夜、2人組の似顔絵と全身の絵を公開し、情報提供を呼びかけている。

 2人組のうち1人は30歳代前半ぐらいで丸顔、太眉、体重100~120キロで身長170センチ前後。もう1人は20歳代くらいのやせ形で身長175~180センチ。情報提供は同署(0243・23・1212)か最寄りの警察署へ。

 捜査関Tky2011020503051係者によると、2日午後7時半ごろ、男性職員が自家用車で帰宅途中、ライトを点滅させる軽自動車にあおられた。男性職員が同支店から西に約3

キロ離れた国道459号の路肩で車をとめると、降りてきた2人組の男に刃物で脅され、2人が乗ってきた車に拉致されたという。

 2人は現金を奪った後もこの車で逃げたとみられる。捜査関係者に

Tky2011020503071

よると、車は「いわき」ナンバーで、白っぽい明るい色だったという。県警はこの車を捜すとともに、盗難車や偽造ナンバーの可能性もあるとみて調べている。

Logo2_2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

選挙事務所突入、殺人容疑で再逮捕へ(5日)

茨城県石岡市で県議会選挙に立候補していた議員の事務所にトラックが突っ込み、男性が死亡した事件で、警察は5日午後にも器物損壊などの罪で起訴された男を殺人の疑いで再逮捕する方針です。

 この事件は去年12月、戸井田和之・茨城県議会議員の事務所にトラックが突っ込み、制止しようとした叔父の利雄さん(当時62)がひかれて死亡したもので、元山口組系暴力団組員の設楽啓一被告(43)がトラックを盗み、事務所の門などを壊したとして、4日に起訴されました。

 設楽被告は逮捕後、取り調べに対し、事件への関与を一貫して否認していますが、警察は設楽被告が利雄さんをトラックでひいて殺害した疑いが強まったとして、5日午後にも殺人の疑いで再逮捕する方針を固めました。

 捜査関係者によりますと、車にしがみついた利雄さんを十分に認識しながら、設楽被告が車を走らせたと判断し、殺人容疑での立件を決めたということです。警察は今後、設楽被告の犯行を手助けした人物がいるとみて調べを進める方針です。(05日11:41)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4642759.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校同窓会名簿で振り込め詐欺か 4件計651万円被害(5日)

名古屋市立緑高校の卒業生の家族を狙った振り込め詐欺の被害が、1月26日から今月3日にかけて4件相次ぎ、卒業生の家族らが計約651万円をだまし取られた。緑署が4日発表した。同窓会名簿が悪用されたとみて捜査している。

 同署によると、主な手口は、卒業生の両親宅に、息子を装った男が「携帯電話が壊れたので、新しい番号に変わった」と電話をかけ、翌日に再び電話で「会社の上司に頼まれて金を振り込もうとしたら間違えた。立て替えてほしい」などと言って、振り込みをさせたという。

 同校卒業生の家族を狙った振り込め詐欺は昨年12月以降、振り込む前に警察に相談して未遂となったケースも22件あった。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

丸めた新聞紙で「刺すぞ」、64歳が強盗容疑課(5日)

 埼玉県警朝霞署は4日、自称住所不定、無職森吉郎容疑者(64)を強盗容疑で緊急逮捕した。

発表によると、森容疑者は同日午前11時頃、同県朝霞市浜崎のJR武蔵野線北朝霞駅構内の健康食品販売店で、店長の女性(54)に向け、丸めた新聞紙を突きつけて「金を出せ、出さないと刺すぞ」と脅し、女性がレジから取り出した現金4万7000円を奪った疑い。

 女性が交番に駆け込み、警察官が間もなくホームにいた森容疑者を見つけた。

 調べに対し、「1月末に製本会社をクビになり、住むところも金もなくなったのでやった」と容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体に複数の刺し傷 新潟の遺棄事件(5日)

新潟県村上市の国道沿いの空き地でブルーシートにくるまれた遺体が見つかった死体遺棄事件で、遺体の腹部などに刃物で刺されたような傷があったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 村上署捜査本部は殺人容疑も視野に捜査。身元の確認を急ぐとともに同日、遺体を司法解剖して死因を調べる。

 捜査本部によると、遺体は65~85歳ぐらいの小柄な女性。腹部など数カ所に出血があり、着衣にも血痕が付着していた。着衣に乱れはなかった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110205/crm11020511220007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査報告書捏造の疑い 大阪府警作成 刑事告発を検討(5日)

大阪地裁の裁判員裁判で男性被告(47)が有罪とされた強制わいせつ致傷事件をめぐり、大阪府警東成署が事件直前の目撃証言を捏造(ねつぞう)して、捜査報告書に記載した疑いがあるとして、弁護側が証拠隠滅罪などでの刑事告発を検討していることが5日、分かった。

 被告は平成21年8月、神戸市内のホテルで、取引先の女性にわいせつな行為をしたとして起訴された。1審大阪地裁判決は懲役4年を言い渡し、被告側が控訴した。

 弁護側によると、捜査報告書は被告が逮捕された1週間後の21年10月22日付で、東成署の当時の巡査部長が作成。事件直前にスナックにいた被告と被害女性について、女性経営者が「被告は高圧的に説教していた」「被害女性は沈痛な面持ちで、いわれるがままの状態だった」と証言したことになっていたという。

 しかし、弁護人が1審公判前に女性経営者に改めて確認したところ「普通の様子で、楽しんでいるようにも見えた。警察にもそう説明した」と捜査報告書の内容を否定したという。

 女性経営者は府警の聴取を受けた後、巡査部長から「検事が後で聞きにきても『楽しんでいるように見えた』といわないで」と電話で口止めされたことも明らかにしたという。

 この事件をめぐっては、被告が捜査段階で作成した「自供書」の内容を、別の警察官が誘導した可能性を1審判決が指摘。公判で誘導を否定した警察官を、弁護側が偽証罪で告発している。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110205/crm11020511510009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

約570人の年金受給者が不明か死亡 厚労省の調査(5日)

高齢者の所在不明問題で、約570人の年金受給者がすでに死亡しているか所在不明であることが厚生労働省の調査で分かりました。

 厚労省によると、去年6月までの1年間に一度も医療機関を受診していない76歳以上の高齢者約34万1000人のうち、すでに死亡しているか所在不明になっている人が572人に上ることが分かりました。厚労省はこの572人について、今月から年金の支給を差し止めることを決めました。差し止められる年金額は総額で約1億2700万円に上ります。厚労省は今回、所在の確認ができなかった約2万人についても引き続き確認を続けていく方針です。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出会い系で出会えないまま「1千万円被害」 男性提訴(5日)

出会い系サイトで相手に会えないまま1千万円余りをだまし取られたとして、利用者の男性が4日、東京都渋谷区のサイト運営会社に対し、約1200万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。昨年7月に愛知県内の弁護士たちが結成した出会い系サイト被害弁護団が携わる初めての訴え。弁護団は「サイト利用者が被害に気付くきっかけになってほしい」と話している。

 訴えたのは、岐阜県内の30代の男性。訴状によると、男性は2009年4月に出会い系サイトに登録し、「24歳の会社員女性」を名乗る相手とメールをやり取りするようになった。1年ほどたつと、相手から男性に会えなかったことが原因で自殺を図ったというメールが届き、さらに母親を名乗る人物から謝罪を求めるメールが送られてきた。

 男性は相手の住所の「情報開示料」名目などで昨年9月までの108回にわたり1090万円をサイト運営会社に振り込んだという。弁護団は、相手が「サクラ」だったとみている。

 弁護団の鵜飼雅成弁護士は「『出会えないサイト』なのは間違いない。訴訟では詐欺だったことをはっきりさせたい」と話している。(上田真由美)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不明の友梨さんをネットで中傷、容疑の男逮捕(5日)

大阪府熊取町で2003年、下校中に行方不明になった吉川友梨さん(16)が、インターネット掲示板で「殺害し、樹海に捨てた」などと中傷された事件で、府警捜査1課は4日、京都市中京区の元派遣社員・大山慎三容疑者(29)を名誉

(

毀損

容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

発表によると、大山容疑者は昨年11月には、「次のターゲットは仙谷官房長官(当時)」とも書き込んでおり、調べに「友梨さんの話を書き込めば、よりインパクトがあると思った」と供述しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性遺体シートに巻かれ 新潟・村上の国道トンネル付近(5日)

4日午前10時45分ごろ、新潟県村上市今川の国道345号の弘法トンネル付近で、通行人から「青いシートに包まれた人間のような大きさの不審物を見つけた」と村上署に通報があった。県警がシートの中を調べた結果、65~85歳ぐらいの女性の遺体で、腹部に複数の外傷があった。県警は死体遺棄事件として同署に捜査本部を設置。傷害致死などの容疑も視野に入れて捜査するとともに、身元の確認を急いでいる。

 捜査本部によると、遺体は比較的小柄な体つきで、服を着ており、血が付いていた。5日に司法解剖する。

 遺体は弘法トンネルそばの旧道に置かれていた。発見者という近所の男性(67)によると、旧道の閉鎖されたトンネル入り口の手前に置かれており、シートで巻かれ、粘着テープで3カ所が留められていたという。

 現場は山形県境から新潟県側に約20キロ入った海岸沿いの集落近く。海岸景勝地の「笹川流れ」が近くにある。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元・春日錦が中心的な役割 「中立」恵那司を利用か(5日)

大相撲の八百長疑惑で、竹縄親方(元幕内、春日錦)が八百長の仲介役とされる三段目、恵那司に対し、星の貸し借りを助言するなど、恵那司とともに中心的な役割を果たしていたことが4日、関係者への取材で分かった。2人が所属する部屋はともに出羽海一門で、親交が深かったとされる。竹縄親方が、番付が低く他の力士と利害関係にない恵那司の「中立性」に目をつけ、仲介役を担わせていた疑いもあり、日本相撲協会は八百長グループが形成されていった経緯についても調査を進める。

 八百長が疑われるメールは竹縄親方と十両、千代白鵬の携帯電話で昨年3~6月に送受信された計46件。このうち竹縄親方が送受信したメール33件中、恵那司とのやり取りは計15件に上る。

 このうち竹縄親方が恵那司に対して送信したメールでは、「明日の海鵬と光龍は消しておいた方が良いよね」(3月17日)「今日の清と豊さんのはどんな感じになっているかな? もし何も無いなら清に貸してある分で消しても良いよね」(5月14日)と勝ち星の貸し借りについて助言。

 一方、恵那司から竹縄親方に対しては、いずれも敬語で「南海さんが貸しているのを豊関に移行してもらいたいみたいで、豊関とあたったらコケてもらいたいみたいです」(5月12日)「少し考えてみます」(5月22日)とする送信履歴があり、他力士の八百長の意向などを報告していることがうかがえる。

 恵那司が所属する入間川部屋は竹縄親方が所属する春日野部屋から独立。両部屋はともに出羽海一門で、2人は角界のはやし歌「相撲甚句」の歌い手として知られるなど接点があり、合同稽古や行事で顔を合わせる機会が多かったという。

 これまで明らかとなっている八百長が疑われる力士は、恵那司以外はいずれも幕内から幕下までの力士。これらの力士との取組がなく、利害関係にない恵那司が八百長の意向を集約して差配していた。一方、複数力士の貸借が絡む八百長の場合は、竹縄親方が調整を図るなど恵那司をサポートしていたとみられる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110205/crm11020501300000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法改造ダンプ:過積載やめます 愚連隊が解散式 千葉(5日)

違法改造ダンプに許容量を超える荷物を積んでいたとして道交法違反(過積載)容疑で摘発された「過積連合愚連隊」のメンバーらが4日、千葉市稲毛区の千葉県警高速隊で「解散式」に臨み、三代目代表の男性(38)が「違法改造や過積載運行をやめる」と宣誓した。県警交通捜査課によると、愚連隊には200台の改造トラックが所属していた。1月26日に改造業者の男ら3人を道路運送車両法違反(不正改造)容疑で逮捕したところ、愚連隊が自主解散を決めたという。

 過積載を巡っては、08年4月に静岡県牧之原市の東名高速道路でトラックから脱落したタイヤが対向車線の観光バスを直撃し4人が死傷するなど、重大事故につながりかねない危険な行為として全国的に取り締まりが強化されている。

 解散式に出席したダンプ運転手らは「これまでも発注元のピンハネで手元にはほとんど残らなかったが、おれたちは文句を言える立場じゃない」「おれたちが残土を運ばなかったらあらゆる工事現場がマヒするが、このままでは食べていけず、仕事を続けられない」「政治もゼネコンも末端が見えてない」と口々に話していた。【駒木智一】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110205k0000m040152000c.html

Logo_mainichi_s1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻所持:JR東海運転士を逮捕 愛知県警(5日)

愛知県警豊橋署は4日、同県新城市東沖野のJR東海運転士、張山大介容疑者(27)を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。容疑は4日、自宅で大麻約5グラムを所持していたとしている。同署によると「7~8年前から使っていた。豊橋市内で外国人から買った」と容疑を認めているという。

 同署によると、張山容疑者は02年にJR東海に入社。09年から豊橋運輸区の運転士になり、現在は東海道線の大垣-浜松間で運転業務をしていたという。【山口知】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110205k0000m040158000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤:使用容疑で名古屋市職員、2人目の逮捕(5日)

愛知県警熱田署は4日午後、同県津島市立込町1の名古屋市環境局中川環境事業所職員、中村泰久容疑者(39)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。同市環境局では、瑞穂環境事業所職員の室田哲也容疑者(41)も同容疑で逮捕されている。

 容疑は今年1月26日~2月4日にかけ、同県内などで覚醒剤を使用したとされる。室田容疑者が「後輩の中村容疑者宅の便所で覚醒剤を使った」などと供述したため、同署は中村容疑者から事情聴取。任意で尿検査をしたところ、覚醒剤反応があり、容疑を認めたため逮捕した。

 両容疑者はともにごみ収集車の運転手。十数年前に同じ環境事業所に勤務し、交遊があったという。

 市環境局は両容疑者が勤務していた事業所の他の職員に対し、覚醒剤についての聞き取り調査を始めた。2職員が逮捕されたことについて、松本善通・市環境局事業部長は「厳正に対処する」とのコメントを発表した。【山田一晶】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110205k0000m040160000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月4日 | トップページ | 2011年2月6日 »