« 2011年1月31日 | トップページ | 2011年2月2日 »

2011年2月1日

2011年2月 1日 (火)

延滞金名目で現金詐取容疑、4人を逮捕 (1日)

「携帯電話の有料サイトの登録料が支払われていない」などと嘘を言い、奈良県の女性(46)から延滞金などを名目におよそ200万円を騙し取ったとして、警視庁は無職の森山仁明容疑者と太田紀三男容疑者ら男4人を逮捕しました。

 取り調べに対し4人は容疑を否認していますが、警視庁はこのグループが同様の手口で、全国各地の190人からおよそ2億6000万円を騙し取っていたとみて調べています。(01日18:34)

Annlogo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4639744.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出会い系で知り合った男性公務員に強盗致傷(1日)

出会い系サイトで知り合った福島市の男性公務員を殴り、財布を奪うなどしたとして強盗致傷などの罪に問われた住所不定、無職、我妻明彦被告(28)と山形県米沢市窪田の無職、石川あゆ被告(29)の裁判員裁判で、山形地裁は1日、我妻被告に懲役8年8月(求刑懲役11年)、石川被告に懲役5年6月(同懲役7年)の判決を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 伊東顕裁判長は判決理由で「場当たり的だが、被害者が警察に届けないと想定するなど卑劣な側面もある」と指摘した。

 判決によると、2人は別の男女2人と共謀。山形県米沢市で昨年6月19日、男性=当時(50)=を呼び出して鉄パイプなどで殴って3週間のけがを負わせ、現金約4万円入りの財布を奪うなどした。男性は事件後に自殺した。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

工具転売目的で9府県350件の車上狙い 被害6000万円(1日)

 奈良県警捜査1課などは、愛知、京都、兵庫など9府県で、工具の転売目的で約350件の車上狙いを繰り返したとして、窃盗容疑で大阪市浪速区恵美須西3の1の4、会社員、吹田誠被告(37)と住所不定、無職上田洋被告(28)を奈良地検に追送検し、捜査を終結したと1日、発表した。

関連記事

記事本文の続き 追送検容疑は、昨年2~6月、駐車中のトラックなどの車内から電動ドリルなどの工具や現金を盗んだ疑い。被害総額は約6400万円に上る。

 県警によると、両被告は約520件の窃盗を自供したが、裏付けできた350件について送検した。盗んだ工具は、大阪市西成区の露天商に転売していた。

 両被告は昨年4月、大阪府大東市で工具を盗んだなどとして、窃盗罪などで奈良地裁で公判中。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元浮気相手方鍵穴に接着剤?…鹿児島市職員逮捕(1日)

鹿児島県警は1日、鹿児島市紫原、同市職員川原俊洋容疑者(39)を建造物損壊、住居侵入容疑で逮捕した。

 発表によると、川原容疑者は1月28日午前11時頃、市内の介護士の女性が住むアパートに侵入し、玄関ドアの鍵穴に瞬間接着剤のようなものを流し込んで壊した疑い。「別れた腹いせにやった」と容疑を認めているという。

 川原容疑者には妻がいるが、昨年11月まで女性と交際。女性は今年1月、アパートの階段に中傷ビラが貼られたり自転車が壊されたりしたことから、県警に相談していた。

 川原容疑者は、この日は「県庁に行く」と伝えて市役所から外出。女性宅の監視カメラに犯行に及ぶ姿が映っていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位。レベル)

万引きは認知症が要因

【治安解説】
212

 年間認知件数15万件台で推移している万引きだが、最近はお年寄りによる行為が多くなっていることが話題になっているが、その原因のひとつとみられるのに孤独感があった。

 ところが、日本自動車連盟の発行するJAFMATEの今年1、2月号に気になる記事があった。

 この号からスタートする新連載企画「認知症は怖くない」のなかで、認知症と万引きに関するひとつの説が掲載されている。

 鳥取大学医学部保健学科教授で医学博士の浦上克哉氏の論文だが、認知症には4つの型があり、その中で前頭側頭型認知症にかかると、「万引きなど行動に抑止がきかなくなる」というのだ。

 同認知症は脳の前頭葉や側頭葉が萎縮する〝病気〟で、特徴は興味・感心が薄れると会話中でも立ち去ってしまうという症状になるという。

 抑制がきかなくなると欲しい物を万引きしてしまうという。さらに交通事故の危険性もあることから早めの治療が必要になる。始末が悪いのは若年性で70歳未満に多いという。

 万引きは犯罪だが、認知症が原因となると責任能力はどうなるのか。一般の扱いと異なってくる。扱いが簡略化されているだけに警察の扱いのマニュアルに影響もでるだろう。

 東京都豊島区内でひったくりなどを繰り返していたとして、警視庁少年事件課は窃盗の疑いで、同区に住む私立校1年の少年(16)ら15~16歳の男子中高生4人を逮捕した。同課によると、4人は「スリルがあった」「メイド喫茶に行く金が欲しかった」などと容疑を認めているという。親は「打ち首獄門」である。首都東京体感治安は、獄門にすることで「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

警視庁氏名手配

Tky2011020104351_3

東京都港区で昨年11月、住所・職業不詳の松江護さん(27)が全身 に傷を負って死亡した事件で、警視庁は新たに、国井一善(30)、世間瀬淳(29)の両容疑者ら、いずれも住所不定、職業不詳の男4人について監禁容疑で逮捕状を取り、1月31日に公開指名手配した。既に共犯の男3

Tky2011020104321

人が逮捕、起訴されている。ほかに公開手配されたのは、矢沢征爾(29)、金丸誉司丈(27)の両容疑者。愛宕署捜査本部によると、国井容疑者らは昨年11月29日午後9時ごろ、港区新橋3丁目付近で、松江さんを車に押し込み、翌30日午前0時ごろに静岡県三島市内に着くまでの間、

Tky2011020104301

車内に監禁した疑いがある。

 捜査本部は、松江さんが、グループの拠点とされるビルの部屋や車内で容疑者らから暴行を受けたとみている=朝日新聞電子版http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Tky2011020104271

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市マンション幼児2人放置死事件 大阪地検、母親を殺人の罪で起訴する方針(1日)

大阪市のマンションで2010年、2人の幼い子どもを放置し殺害したとして母親が逮捕された事件で、大阪地検は、刑事責任能力があると判断し、母親を殺人の罪で起訴する方針を固めた。
風俗店の従業員だった下村早苗容疑者(23)は2010年、長女・桜子ちゃん(当時3)と長男・楓ちゃん(当時1)を、大阪市西区の自宅マンションに置き去りにして死亡させたとして、殺人の疑いで逮捕された。
大阪地検は、裁判員裁判を見据え、およそ5カ月間にわたり、下村容疑者の精神鑑定を実施した結果、下村容疑者には主立った精神障害はなく、刑事責任能力を問えると判断した。
下村容疑者は、子どもたちにわずかな食事しか与えず、部屋にも鍵をかけていたことなどから、大阪地検は、死亡するのは間違いないと認識していたとして、拘置期限となる2月4日にも殺人罪で起訴する方針。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192269.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県警:母国語で防犯情報 メディアと提携(1日)

愛知県警は1日、国内にある外国語メディアと提携し、県内に多いブラジル人やペルー人などの南米人向けに防犯情報などを提供する「外国語メディア・セーフティネットワーク」を始めた。母国語のポルトガル語とスペイン語で情報を伝える。県警によると、この種の取り組みは全国で初めて。

 提携したのは、全国で約6万世帯が契約する南米人向けCS放送局「IPCワールド」(東京都)や、発行部数約10万部の無料雑誌「alternativa」を発行する日伯友愛(神奈川県)、インターネットラジオ局を運営するNPO法人「ABT豊橋ブラジル協会」(愛知県豊橋市)など4社1団体。

  •  県警国際警察センターが犯罪の発生傾向や交通安全教室などのイベント、法令改正などの情報を提供。報道の必要性は提携先が判断する。提携先も不審者などの安全情報を県警に伝える。【秋山信一】

    Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110201k0000e040077000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

合言葉は「ぶっとび」少年4人が連続ひったくり(1日)

 東京都豊島区内でひったくりなどを繰り返していたとして、警視庁少年事件課は窃盗の疑いで、同区に住む私立校1年の少年(16)ら15~16歳の男子中高生4人を逮捕した。同課によると、4人は「スリルがあった」「メイド喫茶に行く金が欲しかった」などと容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 4人は昨年7月以降、同区内でひったくり計10件と犯行に使用するためのオートバイ盗計15件を繰り返していたとみられ、被害総額は約100万円という。

 逮捕容疑は、昨年10月22日午前0時35分ごろ、同区千川の路上で、帰宅途中の女性会社員(50)にオートバイ2台で近付き、現金計約2万5千円の入ったボストンバッグを盗んだなどとしている。

 同課によると、4人は「ぶっとび」という隠語をひったくりの意味として仲間内で使っていた。地元の区立中学の先輩後輩という。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通整理誘導で踏切侵入、列車に衝突され男性死亡 新潟(1日)

1日午後0時10分すぎ、新潟県津南町上郷寺石のJR飯山線大根原踏切で、普通列車(1両)がライトバンに衝突、ライトバンを運転していた男性が間もなく死亡した。

 JR東日本新潟支社と十日町署によると、踏切には警報機と遮断機があったが、事故当時は故障していたため、修理中で、交通整理にあたっていたJR社員が踏切に誘導したところ事故が起きたという。同署が男性の身元や事故原因を調べている。

 JR飯山線は1日午後4時現在も運転を見合わせており、復旧のめどは立っていない。乗客7人にけがはなく、JRはタクシー輸送した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部補宅に空き巣、現金や通帳盗む(1日)

兵庫県警は31日、大阪府警の男性警部補(44)宅に空き巣に入り、盗んだ貯金通帳から金を引き出すなどしたとして、東大阪市俊徳町、無職岡野準司(38)、住所不定・無職中村克樹(45)両容疑者を窃盗容疑などで、大阪市西成区橘、韓国籍の無職洪博章容疑者(53)を有印私文書偽造・同行使、詐欺の各容疑で、それぞれ逮捕した。

 発表によると、岡野、中村両容疑者は昨年10月21日午後2時~同3時25分、東大阪市内の警部補宅に侵入し、現金16万円と郵便貯金の通帳と印鑑を盗んだ疑い。3人は同日共謀し、同市内の郵便局から3万5000円を引き出した疑い。

 調べに対し、岡野、中村両容疑者は「金は盗んだが、貯金の引き出しはしていない」と容疑を一部否認し、洪容疑者は容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コースター転落死で、警視庁が東京ドーム側を家宅捜索(1日)

東京都文京区の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で1月30日、コースターから会社員倉野内史明さん(34)が転落死した事故で、警視庁は1日午前、施設を運営・管理する会社「東京ドーム」の本社(同区)など3カ所について業務上過失致死容疑で家宅捜索を始めた。関係資料を押収し、施設側の安全管理に問題がなかったか調べる。

 ほかに捜索に入ったのは、遊園地の事務所(同区)とコースターの輸入元「インタミン・ジャパン」(杉並区)。

 捜査1課によると、事故は30日午後0時40分ごろ、「スピニングコースター舞姫」で発生。倉野内さんは知人ら3人と乗り、四つ目のU字カーブで投げ出されて約8メートル下の地面に転落した。

 同課やドームシティによると、客が前部にある安全バーを自分で腰付近まで下ろすと、カチッという音が鳴ってロックがかかる。ロックは降り場の直前で機械的に解除するまで外れることはないが、ロックがかかっていなくても運転はできるという。

 担当の従業員が客1人ずつについて手で触り、ロックを確認する決まりになっている。しかし、倉野内さんが乗った際は従業員の手による確認が行われなかった疑いが強いという。

 施設側が社員に配布している運行マニュアルには「安全バーがしっかりと倒されているか確認」との記述があるだけで、具体的にどう確認するのか方法や手順は記されていない。施設側は、安全確認を担当するアルバイトの人たちには、手で触って確認するよう社員が口頭で指導してきた、と説明している。

 捜査1課は、捜索で押収した資料の分析や関係者の事情聴取を通じて、こうした指導の経緯など同社の安全管理の実態を解明する方針だ。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の死者、81人に 「平成18年豪雪」以来のハイペース 消防庁集計(1日)

雪下ろし中の転落など、昨年11月1日から今年1月31日までの大雪による死者は13道県で81人に上ることが1日、総務省消防庁の集計で分かった。戦後2番目の死者数を記録した「平成18年豪雪」以来のペースで、65歳以上の高齢者が53人と6割超を占めている。

 消防庁によると、屋根の雪下ろしや除雪作業中に死亡した人が60人に達し、次いで落雪などが12人、雪崩6人など。都道府県別の死者は新潟の19人が最も多く、北海道15人、秋田11人、山形9人などとなっている。

 全国のけが人は重傷389人、軽傷582人で、民家が破損する被害も発生している。

 平成18年豪雪(平成17年12月~18年3月)では152人が死亡した。戦後、大雪の死者が最も多かったのは「昭和38年1月豪雪」の228人。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110201/dst11020110340007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

家出中の女子高生を同居させみだらな行為、容疑の男を逮捕/川崎(1日)

 県警少年捜査課と麻生署は31日、児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)の疑いで、川崎市麻生区岡上、自営業の男の容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年11月21日から12月27日にかけて、滋賀県長浜市に住む私立高校1年の女子生徒(15)を自宅に同居させ、みだらな行為をさせた、としている。

 同署によると、スカウトをしていた同容疑者は、新宿の路上で、家出中の女子生徒と知り合った。「わいせつ行為目的で同居させた」と供述しているという。

47newslogo1

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1101310014/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市若葉区でスクーターに乗った男が軽自動車に窓を開けさせ現金16万円を奪い逃走(1日)

千葉市若葉区で31日午前、スクーターに乗った男が走行中の軽自動車に近づき窓を開けさせて、運転していた女性の髪を引っ張るなどして、現金入りの封筒を奪い逃走した。
31日午前9時半すぎ、千葉市若葉区で黒色のスクーターに乗った男が、走行中の軽自動車に近づき、助手席の窓を開けるよう指示した。
車を運転していた女性が窓を開けると、男は女性の髪を引っ張るなどして、助手席にあったショルダーバッグから、現金16万円の入り封筒を奪って逃げたという。
男は黒のダウンジャケットにジーンズ、黒のフルフェースのヘルメットをかぶっていたという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192230.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢妻の首絞めた疑い 94歳夫を逮捕 高知(1日)

高知南署は31日、同居する妻(88)を絞め殺そうとしたとして、殺人未遂の疑いで夫の無職、池春雄容疑者(94)=高知市百石町=を現行犯逮捕した。妻は高知市内の病院に運ばれたが、意識不明の重体。

 逮捕容疑は31日午後8時10分ごろ、自宅の寝室で妻の首をロープのようなものや手で絞めて、殺そうとした疑い。同署によると、「妻の病気や今後の生活に悩んでいた」などと話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110201/crm11020101030000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

露ルートのリーダー格に逮捕状 自動車窃盗団(1日)

外国人窃盗団の拠点とされる兵庫県姫路市内の解体作業場「ヤード」でロシア人2人が逮捕された事件で、兵庫県警が窃盗容疑で新たにリーダー格のロシア人の男(32)の逮捕状を取ったことが31日、捜査関係者への取材でわかった。男はすでに帰国しており、県警は国際刑事警察機構ICPO)を通じてロシア捜査当局に協力を求める方針。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、男は昨年11月9~10日、姫路市大津区の路上で、近くの男性所有の乗用車1台を盗んだ疑いが持たれている。

 男は、逮捕されたロシア人2人の入国を手引きし、ヤードに持ち込まれた盗難車を輸出するために解体させており、海外で高値で取引される国産RV(多目的レジャー車)を主に狙う窃盗団のリーダー格とみられる。

 県警は昨年11月、このヤードを古物営業法に基づき市と合同で立ち入り調査した際、盗難車のエンジン11台を確認。ヤード内にいたロシア人2人を窃盗容疑で逮捕し、その後の捜査でリーダー格の男を特定した。

 県警は、ヤードの敷地を男に貸していた解体業者を盗品等保管容疑で書類送検しており、国内で暗躍しているロシア人窃盗団の全容解明を進める。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性が刺され重体、無職男を殺人未遂容疑で逮捕(1日)

 元交際相手の女性をナイフで刺したとして、奈良県警高田署は31日、同県御所市三室、無職吉田勝紀容疑者(58)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、吉田容疑者は31日午後6時45分頃、同県葛城市の路上に駐車した車の中で、知り合いの女性(40)の首などをナイフで数回刺した疑い。女性は病院に運ばれ、意識不明の重体。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

列車内2泊は1000人、高速立ち往生200台(1日)

日本海側の大雪による交通機関の混乱は31日午後も続いた。

 最大7本の特急列車が立ち往生した福井県内のJR北陸線は徐々に復旧したものの、名古屋発富山行き「しらさぎ15号」など2本が深夜現在も停車したままで、乗客約1000人が車中で2夜目を迎えた。

 少なくとも150台の車が動けなくなっていた国道8号は、出動要請を受けた陸上自衛隊員らの除雪作業が進み、同日夜、通行止めが解除された。しかし、30日夜から渋滞が続く北陸自動車道では31日深夜になっても、なお約200台の立ち往生が続いた。

 気象庁によると、31日午後6時現在の積雪は福井県南越前町で236センチで、観測史上最大を記録した。1日の北陸地方は冬型の気圧配置が次第に緩む見通し。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コースター転落死:「安全バーがグラグラ」同乗者が証言(1日)

東京都文京区の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で小型コースターから羽村市の会社員、倉野内史明さん(34)が転落死した事故で、隣席の知人男性が「倉野内さんの安全バーがグラグラしていた。固定されていないように見えたが、大丈夫だと思った」と話していることが分かった。バーが固定されていれば事故は起きなかったとみられる。警視庁捜査1課は、運営会社「東京ドーム」の管理体制に問題があった可能性もあるとみて、業務上過失致死容疑で捜査している。

 捜査1課などによると、倉野内さんは「スピニングコースター舞姫」に知人の男女3人と同乗。バーは乗客自身が手前に引き、その後、アルバイトの女性係員が目視と手で触って固定状況を確認する手順だったが、係員は4人のバーを触って確認していなかった。

 同社はバーが固定されない大柄な乗客の利用は断っていると説明するが、運用マニュアルには記載されていなかった。倉野内さんは体重130キロ以上と大柄だったため固定できなかったとみられる。

 東京ドームは30日の会見で「固定状況は必ず手で触って確認するよう指導していた」と説明。しかし係員は調べに「安全バーをちらっと見たら締まっているように見えた。これまでも触らずに見て確かめるだけの時もあった」と話している。捜査1課は近く、業務上過失致死容疑で同社を家宅捜索し、指導状況などを確認する方針。

 一方、文京区は31日、建築基準法に基づき東京ドームに対し、原因究明のための調査とコースターの使用中止を勧告した。期間は、安全対策や再発防止策を完了するまで。同園は事故後から自主的に営業を休止している。

 区によると、このコースターでは昨年5月9日、営業中に部品の一部が高さ約4.5メートルから落下し、従業員の背中に当たり軽傷を負う事故があった。区は2日後、同社に対し、再発防止を求める行政指導を行っていた。

 また国土交通省は31日、走行型の遊戯施設がある全国の遊園地の管理者に対し、運行管理規定の順守と安全バーやシートベルトの装着確認を徹底するよう文書で通知した。【山本太一、山田奈緒、石原聖】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110201k0000m040127000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月31日 | トップページ | 2011年2月2日 »