« 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) | トップページ | 全国最大規模のキャバクラ運営会社に強制捜査(12日) »

2011年1月12日 (水)

不法就労助長の疑い 脱北者逮捕(12日)

北朝鮮を脱出した、いわゆる「脱北者」の女が、インターネットで仕事を探していた韓国人の女性を、顔のマッサージの店だとだまして日本に入国させ、東京・上野の風俗店で働かせたとして、不法就労助長の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、脱北者で、東京・上野で違法に風俗店を経営していたコウ・ホンヨン容疑者(54)です。コウ容疑者は、去年9月から先月にかけて、観光などの資格で日本に入国した韓国人の23歳の女性ら4人を自分の風俗店で働かせていたとして、不法就労助長の疑いが持たれています。警視庁の調べによりますと、コウ容疑者は、病気の母親の手術費用を稼ごうとインターネットで仕事を探していた韓国人の23歳の女性らを、女性向けの顔マッサージの店の仕事だとだまして、日本に入国させたうえで、帰りの航空券を取り上げて、性的なサービスを伴う風俗店で働かせていたということです。

警視庁の調べに対し、コウ容疑者は容疑を認めているということです。警視庁は、先月、韓国人の23歳の女性についても、資格外の活動をしていたとして逮捕しましたが、だまされて無理やり働かされていた人身取り引きの被害者と認定して釈放し、国連の機関と協力して韓国に帰国させています。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110112/k10013361831000.html

 

« 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) | トップページ | 全国最大規模のキャバクラ運営会社に強制捜査(12日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50568593

この記事へのトラックバック一覧です: 不法就労助長の疑い 脱北者逮捕(12日):

« 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) | トップページ | 全国最大規模のキャバクラ運営会社に強制捜査(12日) »