« 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) | トップページ | インサイダー取引疑い スルガ社を強制調査(20日) »

2011年1月20日 (木)

滋賀県警:タクシー会社などと連携 事件情報メールで配信(20日)

強盗やひき逃げなどが発生した際、タクシーやバス会社などに事件の概要をメールで送信し、運転手から情報提供を募る「ドライバーズ・メールシステム」の運用を県警が2月1日から始める。全国初の取り組みで、滋賀県警は「早期の情報収集で事件解決に役立てたい」と期待している。

 「強盗事件発生!犯人は20~30歳くらいのやせ形の男。白い車で守山市方向へ逃走」。配信するメールには事件の発生日時や内容、犯人の特徴や逃走手段などを記し、「どんな小さな情報でも構いません」と通報やメール連絡を呼び掛ける。宅配業や警備業、県内全てのタクシーと路線バス、消防本部の計5業種、54事業所が対象。メール配信を受けた事業所は無線や携帯メールなどで勤務中の運転手に知らせる。県警は「発生現場付近の聞き込みはできても、走り去った車両を見つけるのは困難」と意義を強調する。

 対象の事業所が保有する車両は計約3000台。19日に県警本部であった調印式で、栗本峰男刑事部長は「重要犯罪が発生した時、いかに目撃者を確保するかが捜査を大きく左右する。いろいろな情報を結び付け、早期検挙につなげたい」と語った。昨年10月の草津市の発砲・刺殺事件で、容疑者が逃走時に利用した近江タクシー(本社・彦根市)の横幕信一郎社長(61)は「早朝から深夜まで勤務している利点を生かし、犯罪抑止に協力したい」と話していた。【村瀬優子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110120k0000m040128000c.html

 

« 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) | トップページ | インサイダー取引疑い スルガ社を強制調査(20日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50634226

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県警:タクシー会社などと連携 事件情報メールで配信(20日):

« 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) | トップページ | インサイダー取引疑い スルガ社を強制調査(20日) »