« 目黒夫婦殺傷、恵比寿駅周辺に滞在か (19日) | トップページ | 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) »

2011年1月19日 (水)

足跡発見 犯人はスニーカーか(19日)

東京・目黒区の住宅で80代の夫婦が殺傷された事件で、現場の玄関付近から、スニーカーとみられる血の付いた足跡が見つかっていたことが警視庁への取材で分かりました。被害者の夫婦や助けに駆けつけた人の足跡とは異なるということで、警視庁は、犯人のものである疑いもあるとみて捜査しています。

この事件は、今月10日、東京・目黒区上目黒の住宅で、無職の大原道夫さん(87)が、訪ねてきた男にいきなり切りつけられて死亡し、81歳の妻がけがをしたものです。警視庁によりますと、大原さんは買い物から帰宅したあと、百貨店の配送を装って訪ねてきた男に果物ナイフでいきなり切りつけられたとみられています。警視庁で検証を行った結果、現場の玄関付近から、血の付いた足跡が見つかっていたことが新たに分かりました。この足跡は靴底の模様からスニーカーとみられ、大原さん夫婦や、悲鳴を聞いて駆けつけた人の足跡と異なるということです。事件のあと、現場から最寄りの中目黒駅までの少なくとも5か所の防犯カメラに写っていた犯人と特徴がよく似た男も、映像からは白っぽいスニーカーのような靴を履いているようにみえます。警視庁は、スニーカーとみられる足跡が犯人のものである疑いもあるとみて捜査しています

News_pic1_5 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110119/k10013506571000.html

 

« 目黒夫婦殺傷、恵比寿駅周辺に滞在か (19日) | トップページ | 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足跡発見 犯人はスニーカーか(19日):

« 目黒夫婦殺傷、恵比寿駅周辺に滞在か (19日) | トップページ | 男子大生刺傷事件は自作自演 石川・金沢市(19日) »