« 同級生切りつけ:国籍巡りいじめ 神奈川の中学校(28日) | トップページ | 「父の国籍で嫌がらせ」 小田原市立中の同級生切りつけ(29日) »

2011年1月29日 (土)

池田敏春監督:三重沖で死亡 映画「人魚伝説」(29日)

三重県志摩市大王町の大王崎灯台沖の海上で10年12月、男性の遺体が漂流しているのが見つかり、県警鳥羽署は28日、男性は東京都練馬区の映画監督、池田敏春さん(59)と判明したと発表した。同署は事故と自殺の両面から調べている。

 池田さんは10年6月18日、インターネットの簡易ブログ「ツイッター」で「伊勢志摩の夕日の中で死にたい」と記していた。

 夫を殺された主人公の復讐(ふくしゅう)劇を描いた「人魚伝説」(84年)は志摩市大王町波切で撮影、第6回ヨコハマ映画祭で監督賞を受賞した。

 同署によると、遺体は昨年12月26日、大王崎灯台沖約80メートルで発見され、近くの女性が110番通報した。服を着ておらず、運動靴を履いていたという。司法解剖の結果、同25日夜に死亡したとみられ、死因は骨盤骨折による出血死だった。

 池田さんは山形市出身。早稲田大卒後、74年に日活撮影所に入社。80年に「スケバンマフィア・肉刑(リンチ)」でデビュー。最後の作品は、中学教諭の夫婦愛を主題にした「秋深き」(08年)だった。【大野友嘉子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110129k0000m040153000c.html

 

« 同級生切りつけ:国籍巡りいじめ 神奈川の中学校(28日) | トップページ | 「父の国籍で嫌がらせ」 小田原市立中の同級生切りつけ(29日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50714322

この記事へのトラックバック一覧です: 池田敏春監督:三重沖で死亡 映画「人魚伝説」(29日):

« 同級生切りつけ:国籍巡りいじめ 神奈川の中学校(28日) | トップページ | 「父の国籍で嫌がらせ」 小田原市立中の同級生切りつけ(29日) »