« 警察庁が「山口組・弘道会対策会議」を開催(26日) | トップページ | 現場に容疑者の血痕か 山口・女児切りつけ(26日) »

2011年1月26日 (水)

市橋被告、自分で下唇切る整形手術…ハサミで(26日)

千葉県市川市で2007年3月、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で殺人などの罪で起訴された市橋達也被告(32)の逃亡中の行動が、26日に出版された市橋被告の手記で明らかになった。

 手記「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」(幻冬舎)によると、市橋被告が市川市の自宅マンションから捜査員を振り切って裸足で逃げ、09年11月に逮捕されるまで、行動は青森から沖縄まで二十数都府県に及んだ。途中、大阪などで土木作業などで金を稼ぎ、身の危険を感じると、沖縄の離島に潜伏し、魚やヘビを取って食べるなどしたほか、「リンゼイさんが生き返ると思った」と四国で遍路道を歩いたことも。また、市橋被告が自らハサミで下唇を切るなどして整形を試みたことも記されている。

 捜査関係者の話では、市橋被告は千葉県警の調べに対し、事件の詳細や逃亡生活についてほとんど語ることはなく、手記の出版を知った県警が最近になって離島に捜査員を派遣するなどしたという。

 手記では、印税をリンゼイさん遺族に渡すか公益のために使うとしているが、リンゼイさんの父ウィリアムさんは代理人を通じ、「まだ法廷に立ってもいない市橋被告が、手記の執筆、出版を許されたことに嫌悪感を感じる。手記は家族をさらに傷つけるだけで、私たちが望むのは公正な裁きだけだ」とコメントした。

 

« 警察庁が「山口組・弘道会対策会議」を開催(26日) | トップページ | 現場に容疑者の血痕か 山口・女児切りつけ(26日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋被告、自分で下唇切る整形手術…ハサミで(26日):

« 警察庁が「山口組・弘道会対策会議」を開催(26日) | トップページ | 現場に容疑者の血痕か 山口・女児切りつけ(26日) »