カテゴリー

« 初詣の神社で偽札、カラーコピーか 愛媛(3日) | トップページ | 埼玉・新座市の関越道に何者かが消火器など投げ込み、乗り上げた車2台パンク けが人なし(3日) »

2011年1月 3日 (月)

麻生元首相直筆の看板盗難 炭鉱王・旧伊藤伝右衛門邸(3日)

「筑豊の炭鉱王」と呼ばれた伊藤伝右衛門(でんえもん)の旧邸(福岡県飯塚市幸袋)で3日午前8時半ごろ、正面入り口の木製看板(縦約150センチ、横約26センチ)がなくなっているのを出勤してきた飯塚市職員が見つけ、飯塚署に届けた。盗難事件として調べている。

 同署や市によると、看板は炭鉱で財を成した「筑豊御三家」である麻生家の麻生太郎元首相が「旧伊藤伝右衛門邸」と揮毫(きごう)し、旧伊藤邸が一般公開された2007年4月から入り口の門柱にかけられていた。木ねじで固定されており、何者かが外す際に看板を引っ張った跡が門柱についていた。

 昨年12月31日午後3時ごろ、市職員が建物の戸締まりを確認したときは看板はあったという。3日は午前9時半からの新年特別公開のために8時半ごろ、職員が出勤した。建物に防犯センサーが設置されているが、建物外にはない。所有する飯塚市商工観光課の担当者は「旧伊藤邸は貴重な文化財で市の宝。許せない行為だ」と話している。

 旧伊藤邸は明治30年代、最新の技術で建てられた。伝右衛門の元妻で「筑紫の女王」と呼ばれた歌人柳原白蓮(びゃくれん)はここで10年間の結婚生活を送り、社会運動家の宮崎龍介と駆け落ちした。旧伊藤邸は昨年11月、入場者が50万人を超えた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 初詣の神社で偽札、カラーコピーか 愛媛(3日) | トップページ | 埼玉・新座市の関越道に何者かが消火器など投げ込み、乗り上げた車2台パンク けが人なし(3日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生元首相直筆の看板盗難 炭鉱王・旧伊藤伝右衛門邸(3日):

« 初詣の神社で偽札、カラーコピーか 愛媛(3日) | トップページ | 埼玉・新座市の関越道に何者かが消火器など投げ込み、乗り上げた車2台パンク けが人なし(3日) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ