« 銀座の窃盗容疑で、鹿児島で起訴の男2人を再逮捕(12日) | トップページ | 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) »

2011年1月12日 (水)

商品CFD装い詐欺容疑 高齢者300人から十数億円か(12日)

金や原油の価格変動を投資対象とする商品差金決済取引(商品CFD)を装い、高齢者から現金をだまし取っていた疑いが強まったとして、大阪府警は12日、大阪市西区にあった投資会社の設立発起人の男(38)ら会社関係者8人から詐欺容疑で事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は2008年6月~09年1月、国際リード投資やクレディシティ、ユニバーサルトレードなどの社名で投資会社を次々に設立。男らは09年ごろ、これらの会社が扱う金や原油の商品CFDに投資すれば高い利息を得られるなどと偽り、大阪府や京都府の高齢女性4人から計約1200万円をだまし取った疑いなどが持たれている。

 不動産登記などによると、3社はいずれも大阪市西区に事務所を構えたが、設立から1年程度で事務所を閉じ、現在は事実上廃業している。府警は、取引には実態がなかったのに、当初は利益が出たように装うなどして顧客を信用させ、約300人から十数億円を集めたとみて裏付けを進める。

 顧客らは、投資した金の返還を求める訴訟を大阪、神戸両地裁などに起こしている。

 顧客の代理人弁護士や訴訟資料などによると、兵庫県の90代女性は08年12月、自宅を突然訪れた国際リード投資の社員に「年利10.62%の有利な取引がある。貯金感覚で出資を」と誘われ、総額3452万円を支払った。しかし、09年3月、別の社員に「会社が倒産したので今後は配当できない」と電話で告げられたという。

 投資会社を設立した男は昨年10月、朝日新聞の取材に「客からは契約時に『説明を受け理解した』という申し出書をもらっている。客がリスクを理解していない場合は契約していない」と話していた。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 銀座の窃盗容疑で、鹿児島で起訴の男2人を再逮捕(12日) | トップページ | 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品CFD装い詐欺容疑 高齢者300人から十数億円か(12日):

« 銀座の窃盗容疑で、鹿児島で起訴の男2人を再逮捕(12日) | トップページ | 歌舞伎町で覚醒剤所持、京成バス運転手を逮捕(12日) »