« 茨城の20歳女性衰弱死 同居の姉を殺人の疑いで逮捕(22日) | トップページ | 茨城・龍ケ崎の20歳女性死亡は暴行、虐待 殺人容疑で姉ら3人逮捕(23日) »

2011年1月22日 (土)

性犯罪やDV前歴者をGPSで監視検討、全国初(22日)

 宮城県は22日、再犯の恐れが強い性犯罪の前歴者らに、所在を常時監視する全地球測位システム(GPS)端末の携帯を義務づける条例の検討を始めた。

 DNA資料の提出も義務づけ、従わない場合に罰金を科すことも盛り込む。3月末までに条例化できるかを判断し、2011年度内の成立を目指す。海外でGPSの導入例はあるが、基本的人権とのかねあいから議論を呼ぶのは必至だ。

 県の案によると、女性や13歳未満の子どもへの

強姦

(

ごうかん

)

などで懲役、禁錮刑を受けた者にGPS装置の携帯を義務づける。家庭内暴力(DV)で裁判所から被害者への接近防止などの保護命令を受けた加害者も対象とする。

 また、DNA採取が令状や任意提出で対象となっていない性犯罪の逮捕者にも、DNA資料の提出を義務づけるとしている。

 

« 茨城の20歳女性衰弱死 同居の姉を殺人の疑いで逮捕(22日) | トップページ | 茨城・龍ケ崎の20歳女性死亡は暴行、虐待 殺人容疑で姉ら3人逮捕(23日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50657043

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪やDV前歴者をGPSで監視検討、全国初(22日):

« 茨城の20歳女性衰弱死 同居の姉を殺人の疑いで逮捕(22日) | トップページ | 茨城・龍ケ崎の20歳女性死亡は暴行、虐待 殺人容疑で姉ら3人逮捕(23日) »