« 2011年1月27日 | トップページ | 2011年1月29日 »

2011年1月28日

2011年1月28日 (金)

同級生切りつけ:国籍巡りいじめ 神奈川の中学校(28日)

神奈川県小田原市の市立中学校で26日、1年の女子生徒(12)が同級生の女子(13)の背中を工作用の小刀(刃渡り6.3センチ)で切りつけ、1週間のけがをさせていたことが分かった。市教育委員会が28日発表した。市教委によると、切りつけた女子生徒は昨年10月ごろから、父親の国籍を巡って同じクラスの生徒から言葉によるいじめを受けていたという。

 市教委などによると、女子生徒は26日午前8時45分ごろ、音楽の授業が始まる直前、音楽室で同級生に切りつけた。同級生は右肩付近と、とっさに小刀を握ったため左手中指に切り傷を負った。小田原署は女子生徒を傷害の非行内容で児童相談所に通告した。

 市教委は「授業前も同様のいじめを受けたほか、けがをした同級生と座席をめぐるトラブルが引き金になり、切りつけたようだ」と説明している。女子生徒は同日朝、自宅から小刀を持参したといい、「小刀を見せれば、いじめをやめると思った」と話しているという。【澤晴夫】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110129k0000m040126000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国旗国歌義務化は「合憲」 都教委側が逆転勝訴(28日)

 入学式や卒業式で国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めた東京都教育委員会の「通達」や「校長の命令」は、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するなどとして、教職員ら395人が、従う義務がないことの確認や慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁の都築弘裁判長(三輪和雄裁判長代読)は28日、「通達には合理性があり、思想・信条・良心などの自由を定めた憲法に反しない」などとして1審東京地裁判決を取り消し、教職員側の請求を棄却した。教職員側は上告する方針。

関連記事

記事本文の続き 都教委は平成15年10月、都立高校の校長に国旗掲揚、国歌斉唱やピアノ伴奏の実施方法を通達し、従わなかった教職員を懲戒処分にしていた。

 都築裁判長は通達について「式典の国旗掲揚、国歌斉唱を指導すると定めた学習指導要領に基づいている。一方的な観念を子供に植え付ける教育を強制するものではない」とした。

 判決は、国旗国歌法制定(11年)の前から日の丸が「国旗」、君が代が「国歌」であることは慣習法として確立していたと判断。「一律に起立、斉唱するよう求めた都教育長通達には合理性があり、思想・信条・良心などの自由を定めた憲法に反せず、教育基本法が禁じる『不当な支配』にも当たらない」とした。

 原告側は通達違反を理由にした懲戒処分などの事前差し止めも求めたが、「訴訟要件を満たしていない」と訴えを却下した。

 18年9月の1審東京地裁判決は「原告は起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」としたほか、日の丸と君が代について「第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」として、原告側の主張を全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支

Head_logo1_2

払いを命じた。判決後、都教委側が不服として控訴していた。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

泥酔警官、線路に入り駅員殴った疑い 逮捕翌日には釈放(28日)

 酔って線路敷地内に侵入し、駅員や警察官に暴行しけがを負わせたとして、警視庁は28日、調布署交通課の男性巡査部長(34)を傷害と公務執行妨害の疑いで書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は同日付で辞職した。同庁は現行犯逮捕したが、送検前に釈放していた。

 人事1課によると、巡査部長は昨年12月17日午後11時すぎ、東京都調布市布田3丁目の京王電鉄の敷地内に立ち入り、注意した調布駅の駅員2人を投げ飛ばしたり首を殴ったりした。巡査部長はその場で別の駅員に取り押さえられ、駆けつけた署員に傷害容疑で現行犯逮捕されたが、パトカー内でも署員の首を絞めるなどしたとされる。駅員2人は1週間、署員は5日間のけがを負った。

 立ち入ったのは調布―布田駅間にある、乗務員が電車に乗降するための足場。巡査部長は当時泥酔しており、「駅のホームと思いこんだ」という。勤務後の午後6時ごろから同僚4人と酒を飲み、同10時ごろに別れて帰宅するところだった。

 同署は、送検前の翌日朝に巡査部長を釈放していた。人事1課は「逃亡の恐れがないことや過去の同様事案の扱いに照らし、署長が判断した。釈放前に警視庁本部にも報告していた」と説明している。

 警視庁の桜沢健一警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為。職員の職務倫理の教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無差別殺傷事件を想定、警視庁が訓練 (28日)

 刃物を振り回し、一般車両を奪って逃走する男。警視庁は28日、路線バスを狙った無差別殺傷事件を想定した訓練を行いました。

 訓練には、警視庁の機動捜査隊や自動車警ら隊など、およそ630人が参加し、実際の事件さながらに緊急配備をかけて、逃げた男の身柄を確保しました。

 警視庁は、こうした訓練で初動捜査の体制強化を図りたいとしています。(28日17:56)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4636537.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)

すぐ切れる少年

【治安解説】
212

 〝聖域〟であるはずの学校内で児童同士がナイフで斬りつけるという傷害事件が発生した。動機は単純で「すぐ切れる」という忍耐力のなさが如実に示され、あらためて家庭も含め子供の教育のあり方が問われそうだ。いじめが原因という見方もある。

 事件があったのは、神奈川県小田原市の市立中学校内。26日朝、1年生の女子生徒(12)が、同級生の女子生徒(13)を工作用ナイフで切りつけ、背中などに7日間のけがを負わせた。
 市教委によると、26日午前8時45分ごろ、音楽室内で同級生が「狭いからどいて」と言って机を動かしたところ、切った生徒に机が当たった。生徒はポケットからナイフを取り出し、後ろから切りつけたという=共同通信

 また毎日新聞電子版によると、刺した児童の父親を巡った言葉のいじめだという説もあるが、学校はきちっとした原因を公表してほしい。

 実は、昨年11月までの数字だが、全刑法犯が前年に比べて減少するなか、少年の傷害事件の検挙人員が4461人で前年の4362人に比べて2.3㌫増えている。

 そのなかでも単なる傷害から致死に至った事件での検挙人員は前年の3人から19人に増加している。今回は軽傷だが、刺しどころが悪ければ傷害致死という重大事件になりかねない。

 少年の「すぐ切れる」は今に始まったことではない。
  神奈川県警が少年非行対策に力を入れており、それを紹介しておく。県警ホームページ。http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesd1007.htm#02
 ○ 何かある! いつもと違う 子の姿
 非行に走る前、子どもたちは必ず何らかのサインを発しています。日常の忙しさに追われ、つい子どもだけで食事をさせたり、話しかけられても生返事では、子どもが送っているサインを見落としてしまいます。子どもの「こころの声」に耳を澄ませましょう。
 ○ ここ一番 叱る強さが 子を守る
 子どもは、集団になると軽い気持ちで「良くないこと」と分かっていても、ついやってしまうことがあります。悪いと知りつつ軽い気持ちでやったことが見逃されると、罪悪感なく繰り返してしまうようになりがちです。早いうちに「悪いことは、悪い!」とはっきり伝えることが大切です。
 ○ 親子でも 言葉で伝える 大切さ
 親の経験や失敗談、仕事の苦労話などを聞くことで、子どもたちは親を一人の人間として理解しようとし、また、自分自身の「がんばるエネルギー」とするはずです。 ふだんは親を避けていても、困ったときは相談相手になってもらいたい。それが子どもたちの本心です。子どもと向き合い、しっかり受け止めましょう。
 地域のみなさんへ -よその子も わが子も同じ 地域の子-
○ 子どもの眼 社会の姿を 映し出し
 現代社会は、物にあふれ、限りない欲望を満たすための情報が流れています。このような状況に大人たちが責任を持ち、みんなで声をかけ合って地域ぐるみで社会環境の健全化に取り組みましょう。
○ 見逃さない! 深夜はいかい 酒・タバコ
 子どもたちは、「誰にも迷惑をかけていない。」と言います。しかし、未成年者の喫煙・飲酒は法律で禁止されており、18歳未満の青少年が夜11時以降外出する深夜はいかいは、県条例で制限されています。また、子どもの身体や心への悪影響はもちろんのこと、重大な非行へのきっかけになることも心配されます。大人が「これくらい・・・・」と見過ごすことなく、地域の子どもに「声」をかけましょう。
 そこで一句
 「子供を育てられない奴は子供を産むな」
都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性警官に3回キスして停職6か月(28日)

部下の女性警察官に無理やりキスしたとして、兵庫県警は28日、県東部の警察署地域課の警部補(31)を停職6か月の懲戒処分とするとともに、強制わいせつ容疑で神戸地検尼崎支部に書類送検した。

 警部補は「一緒に勤務しているうちに好意を抱いた。嫌がっているとは思わなかった」などと話しているという。警部補は同日付で依願退職した。

 捜査関係者によると、警部補は昨年11月23日夜と同27日未明、パトカーで管内を巡回中、助手席にいた女性警察官の顔を両手で押さえつけるなどし、3回キスをした疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者不詳で書類送検 東京・板橋区のクレーン落下事故 警視庁(28日)

東京都板橋区のマンション建設現場で平成21年6月、解体中のクレーンが高さ約25メートルから落下し、作業員2人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は28日、業務上過失致死傷容疑で、容疑者不詳のまま書類送検した。同課は、クレーンに故障や欠陥はなく、死亡した作業員(45)が安全確認を怠った自過失の可能性が高いと判断した。

 捜査関係者によると、クレーンは上下2本の油圧式の金属製ピンを支柱の穴に差し込んで固定。本来11センチ差し込むべき下側のピンが5ミリしか挿入されていなかったため、クレーンの重さを支えきれなかったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110128/crm11012813210077-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

校内で中1同級生切りつけ軽傷 神奈川・小田原(28日)

神奈川県小田原市の市立中学校内で26日朝、1年生の女子生徒(12)が、同級生の女子生徒(13)を工作用ナイフで切りつけ、背中などに7日間のけがを負わせていたことが28日、市教育委員会と小田原署への取材で分かった。

 小田原署は26日、傷害容疑で切りつけた生徒を児童相談所に通告した。

 市教委によると、26日午前8時45分ごろ、音楽室内で同級生が「狭いからどいて」と言って机を動かしたところ、切った生徒に机が当たった。生徒はポケットからナイフを取り出し、後ろから切りつけたという。1時間目の音楽の授業が始まる前だった。

 別の生徒が保健室に連絡し、駆けつけた養護教諭が手当てした。同級生は背中と左手にけがをしたが傷は浅いという。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012801000431.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・池袋で住宅が全焼する火事 放火の疑いで31歳無職男を逮捕(28日)

東京・池袋で27日夜、住宅が全焼する火事があり、警視庁は、放火の疑いで31歳の無職の男を緊急逮捕した。
現住建造物放火の疑いで緊急逮捕された阪本豊樹容疑者(31)は27日午後11時ごろ、豊島区池袋の住宅の玄関に置いてあった発泡スチロールに火をつけ、住宅94平方メートルを全焼させた疑いが持たれている。
近所の人は「屋根から炎がバーッと出ていた」と語った。
火災発生からおよそ3時間後、池袋駅前を不審な様子で歩いていた阪本容疑者を警察官が職務質問したところ、「わたしが火をつけました」と認めたということで、調べに対し、「仕事が見つからず、イライラしていた」などと供述しているという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192037.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑:母の白骨遺体と同居…47歳男を逮捕 埼玉(28日)

自宅に白骨化した遺体を放置したとして、埼玉県警東入間署は28日、同県ふじみ野市南台1の無職、田中和夫容疑者(47)を死体遺棄の疑いで逮捕した。同署によると、田中容疑者は「遺体は母親で07年9月13日に亡くなった。離れたくなかった」と供述しているという。

 同署によると、田中容疑者の姉(55)が27日午後1時ごろ、実家を訪れたが鍵がかかっていて中に入れなかった。近所の人から連絡を受けた署員が同日午後3時15分ごろ、性別不明の遺体を見つけた。6畳間の簡易ベッドの上にビニールシートに覆われた状態だったという。同署は、生きていれば85歳になり、田中容疑者と同居していた母親とみて死因を調べる。発見時、田中容疑者は屋内にいた。

 同署によると、昨年11月、ふじみ野市から連絡が取れない高齢者がいるとの情報があり、署員が度々、田中容疑者の自宅を訪れたが接触できなかった。田中容疑者は家賃収入などで生活していたとみられるという。市によると、母親には年金が振り込まれていたという。

【田口雅士】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110128k0000e040035000c.html

Logo_mainichi_s1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「娘の成長撮りたくて」巡査長、署のデジカメ盗んだ疑い(28日)

福岡県警は27日、備品のデジタルカメラを無断で持ち出したとして、小倉南署地域課の男性巡査長(31)を窃盗容疑で書類送検したと発表した。「娘の成長を高性能のカメラで記録したかった」と容疑を認めているという。県警は同日付で巡査長を停職6カ月の懲戒処分とし、巡査長は同日付で退職した。

 発表によると、巡査長は昨年11月4日未明、交番の当直勤務中に同署に立ち寄り、鑑識係の作業室から新品のカメラ本体とストロボを持ち出し、同7日未明、同様にレンズを持ち出した疑いがある。

 12月に署員が備品を点検した際、3点が無いことに気づき、窃盗事件とみて捜査していたところ、今年1月1日、宅配便で3点が同署に届いたという。差出人、受取人とも同署の鑑識係長名義だったが、その後の捜査で巡査長が送り返したことがわかった。「直接返す勇気がなかった」と話しているという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「仕事行ってくる」とひったくり…ホテルに妻子(28日)

女性からバッグをひったくったとして、千葉県警は27日、住所不定、無職松尾太作被告(29)(窃盗罪で起訴済み)を窃盗の疑いで再逮捕した。

 調べに対し、「生活費をかせぐためだった。ほかに40回ぐらいやった」と供述しているという。

 発表によると、松尾被告は5日午後2時15分頃、千葉市花見川区の路上で、自転車に乗っていた女性(61)に原付きバイクで近付き、前かごから現金約45万円などが入ったショルダーバッグをひったくった疑い。

 松尾被告は、昨夏頃から妻や子ども2人と千葉市内のビジネスホテルなどに宿泊し、「仕事に行ってくる」などと言って出かけ、ひったくりを繰り返していたという。

 原付きバイクの座席下の収納スペースなどから、被害品とみられる財布やキャッシュカードなど約660点が見つかっており、県警で余罪を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

依願退職後、仕事なく…元巡査が金庫窃盗容疑(28日)

飲食店に忍び込んで金庫を盗んだとして、兵庫県警飾磨署元巡査の無職島田智樹被告(21)(公判中)が窃盗容疑などで逮捕、起訴されていたことがわかった。

 島田被告は犯行約3か月前に依願退職したばかりで、県警の調べに対し、「新しい仕事が見つからず、以前からの遊び仲間に誘われてやってしまった」と供述しているという。

 捜査関係者によると、島田被告は、無職松田功被告(23)(窃盗罪などで起訴)らと共謀。昨年4月26日未明、明石市のファストフード店に侵入し、事務所内の金庫(約110万円入り)などを盗んだとされる。容疑を認めているという。

 島田被告は2008年10月、県警に採用され、飾磨署に配属されたが、昨年1月、「勉強もしなければならず、警察は自分に合わない」などとして依願退職。次の仕事を探していたが、中学時代からの遊び仲間だった松田被告らから犯行に加わるよう誘われ、見張り役を務めたとされる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

六本木のマンションに死体…住人の男「殴った」(28日)

28日午前7時頃、警視庁麻布署に男性2人が訪れ、「知人の男が人を殺したと言っている」と届け出た。

 同署員が東京都港区六本木にある男(35)の自宅マンションに駆けつけたところ、男性があおむけに倒れて死亡していた。同署では、死亡した男性は東京都内の会社員(44)とみて身元の確認を進めている。

 同署幹部によると、男性の額や手足には殴られたような痕があった。同署は、自宅にいた男から殺人容疑で事情を聞いているが、「27日夜に男性と口論になり、そば打ち棒で頭などを殴った」などと話しているといい、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 死亡した男性は、この男の知人とみられ、同署でトラブルの経緯などを調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり容疑で男逮捕、覚醒剤欲しさ (28日)

覚醒剤を買う金ほしさに、東京豊島区で女性ばかりを狙いひったくりを繰り返していたとみられる無職の男が警視庁に逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、豊島区南大塚の無職・太田一男容疑者で、去年10月、JR大塚駅近くで36歳の主婦から現金5万円入りの手提げカバンをひったくった疑いがもたれています。

 JR大塚駅の近くでは、女性ばかりを狙ったひったくりが去年9月から4件発生していて、駅の防犯カメラの解析から太田容疑者が浮上したということです。

 太田容疑者は、「覚醒剤を月に2回モンゴル人やイラン人から買っていた。覚醒剤を買う金がほしくてひったくりを繰り返していた」と容疑を認めているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/20110127/newseye/tbs_newseye4635527.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市花見川区で女性からバッグをひったくったとして29歳男を逮捕 余罪40件以上か(28日)

千葉市花見川区で女性からバッグをひったくったとして、29歳の男が逮捕された。40件以上の余罪があるとみられている。
無職・松尾太作容疑者(29)は1月5日、千葉市花見川区で、自転車で帰宅途中の女性(61)にバイクで近づき、現金およそ45万円が入ったショルダーバッグを奪って逃走した疑いが持たれている。
調べに対して、松尾容疑者は「仕事をしていなくて、生活に困ってやった」と容疑を認めていて、40件以上の余罪があるとみられている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192009.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木・日光市で口論から妻の車をパワーショベルで破壊した63歳男を現行犯逮捕(28日)

栃木・日光市で27日午後、63歳の造園業の男がパワーショベルで66歳の妻の車を破壊し、男は妻の通報で駆けつけた警察官に、器物損壊の現行犯で逮捕された。
調べによると、男は妻との口論の末に腹を立て、仕事用のパワーショベルに乗り込んで、自宅の駐車場に止めてあった妻の車を破壊したという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192015.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押し買い:被害急増 着物や貴金属、法外な安値買い取り(28日)

着物や貴金属の買い取りを巡るトラブルが全国各地で急増している。「不要な物を鑑定する」と押しかけた業者に強引に法外な安値で買い取られるケースも多い。押し売りと違って、こうした「押し買い」はクーリングオフの対象とならないため、被害の回復は困難。国民生活センターが注意を呼びかけている。【斎川瞳】

 千葉県富里市の50代女性宅に1月中旬、1人の男性が訪れた。「不要な着物があったら鑑定して買い取ります」。女性は着ていない着物数点を差し出し、買い取ってもらった。しかし、翌日になって「やっぱり売りたくない」と考え直し、「売った着物を返してもらいたい」と市消費生活センターに相談した。買い取り業者をめぐる相談は、市内だけでも今月に入って既に5件寄せられている。買い取られた後に取り返そうと思っても、業者と連絡が取れなかったり、「既に転売してしまった」「貴金属は溶かしてしまった」などと言われ、返品させるのは困難だという。

 地域を巡回している民生委員らも「業者からの勧誘電話や訪問があった人が何件もある」と市に報告。県消費者センターの調べでは、柏市や習志野市などでも乱暴な業者による貴金属の強引な買い取り行為が報告されている。国民生活センターによると、10年度に入って被害相談は急増。昨年12月末までに寄せられた相談は全国で814件(前年同期は54件)と、押し買いの被害が広がっているという。

 被害者の多くは、昼間に自宅で過ごすことの多い50代以上の中高年女性。乱暴で執拗(しつよう)な勧誘に恐怖を感じて断れなかったり、買い取り価格を検討する間も与えられずに素早く買い取られてしまうなど、弱さにつけ込んだ強引な手口が目立つ。中には認知症の人を狙ったケースもあった。

 同センターによると、業者が消費者宅を訪問して物品を買い取る行為は、特定商取引法の定める訪問販売に該当しない。このため、クーリングオフを主張して白紙撤回を求めるのは困難。「一度売ってしまったものは、まず取り戻せない」と警告する。「買い取りを希望しない場合は毅然(きぜん)とした態度で断り、強引な場合は警察を呼ぶように」と注意を呼びかけている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110128k0000m040133000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球でも賭博開帳 山本容疑者ら 大相撲野球賭博(28日)

大相撲の野球賭博事件で、いずれも阿武松(おうのまつ)部屋の元力士、山本俊作容疑者(35)=賭博開帳図利幇助(ほうじょ)容疑で逮捕=と薮下哲也容疑者(29)=賭博開帳容疑で逮捕=らがプロ野球以外に、甲子園で行われる全国高校野球選手権大会も賭博の対象としていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。賭博に使われるハンデ表は指定暴力団山口組弘道会系組長(死亡)から受け取っていたとみられる。

関連記事

記事本文の続き 警視庁組織犯罪対策3課は、山本容疑者らが恒常的に賭博を開帳していたとみて、高校野球賭博の実態についても事情を聴く。

 山本容疑者は平成17年3月、組長を通じて野球賭博に参加。18年ごろ組長の薦めで自ら客を集める実質的な胴元となり、同じ部屋に所属していた薮下容疑者や古市貞秀容疑者(34)=同=を誘って角界に賭博を広めていったとされる。山本、薮下両容疑者はプロ野球公式戦の計41試合に総額108万円を賭けさせた疑いで、古市容疑者は6試合で23万円を賭けさせた疑いでそれぞれ逮捕された。

 捜査関係者によると、山本容疑者らは18年から21年の間、春と夏に計7回行われた全国高校野球選手権大会を対象とした賭博を開帳。プロ野球と同様、力士らにハンデを伝えて1口1万円で賭け金を募り、胴元側が1割をテラ銭として受け取っていたとみられるという。

 組対3課は昨年7月、賭博開帳図利容疑で、相撲部屋を一斉捜索。押収した力士の携帯電話のメールを復元して分析した結果、複数の力士の携帯から逮捕容疑となったプロ野球賭博以外にも、高校野球の賭け金に関するやり取りが行われた履歴が確認された。ただ、実際に賭けられた金銭の裏付けがとれないため、立件は見送る方針。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションで男性撃たれ重傷 男2人逃走 大阪・生野(28日)

27日午後10時半ごろ、大阪市生野区鶴橋1丁目のマンションの一室で、友人がけがをしたと男性の声で119番通報があった。府警によると、男性は拳銃のようなもので腹部を撃たれ、重傷という。現場から男2人が逃走したという情報があり、生野署が殺人未遂容疑で捜査している。

 生野署によると、現場に居合わせた男性の友人は、50代ぐらいの男が拳銃を2発発射したと説明しているという。1発を天井に撃ち、続いて男性を撃ったという。男性はマンションの室内で男らと話し合いをしていたとみられている。現場は近鉄鶴橋駅の南約50メートルの住宅街の一角。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童買春・暴言…警官ら63人処分 10年の大阪府警(28日)

 大阪府警で昨年1年間に懲戒・訓戒処分を受けた警察官や職員が、前年より14人多い計63人だったことが朝日新聞の情報公開請求でわかった。このうち4人が児童買春や拳銃所持の疑いで逮捕されるなどし、懲戒免職処分となっていた。

 職務上の行為で処分されたのは前年比12人増の17人で、聴取した男性に暴言を浴びせたとして脅迫罪に問われた東署の警部補(34)=減給処分=も含まれている。不倫など異性関係のトラブルによる処分は26人だった。

 また、速度違反での検挙などで58人が懲戒・訓戒に当たらない注意処分を受けた。この中には、安否確認のために現場に行ったものの、確認が不十分だったために風呂場で亡くなっていた住人を発見できなかった警部補もいた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

TVプロデューサー現行犯逮捕、大麻所持(28日)

自宅に大麻を隠し持っていたとして、警視庁王子署が今月26日、日本テレビ系の番組制作会社「日テレアックスオン」のプロデューサー・原経厳容疑者(45)(東京都世田谷区)を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことが同署幹部への取材でわかった。

同署幹部によると、今月26日に覚醒剤取締法違反事件の関係先として、原容疑者の自宅を捜索したところ、室内から大麻の葉片が見つかった。日テレアックスオンは「逮捕されたのは事実だが、詳細は確認中」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月27日 | トップページ | 2011年1月29日 »