« 2011年1月25日 | トップページ | 2011年1月27日 »

2011年1月26日

2011年1月26日 (水)

増える「オレオレ詐欺」を防げ 全銀協が啓発行事(01(26日)

 全国銀行協会は26日、都内で振り込め詐欺防止のための啓発イベントを行いました。

 今回のイベントでは、医者でタレントの西川史子さんが「1日振り込め詐欺防止隊長」を務め、金融業界や警察関係者などと振り込め詐欺を防ぐ方法を紹介しました。振り込め詐欺全体の件数は減っているものの、高齢者に被害者が多い、いわゆる「オレオレ詐欺」については、件数と1回あたりの被害金額が増加しているため、特に注意を呼びかけました。全国銀行協会では、26日から約1カ月間を振り込め詐欺撲滅のための強化期間と位置づけ、全国の銀行などで振り込みの際の再確認を呼びかけていきます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・日立市のコンビニに刃物男、現金約10万円奪い逃走 12月と1月で3回目の強盗被害(26日)

茨城県で、連続コンビニ強盗とみられる現場を防犯カメラがとらえた。
26日午前2時前、茨城・日立市末広町のコンビニで、刃物を持った男が金を出せと店員を脅し、レジの現金およそ10万円を奪って逃走した。
逃げた男は、20~30代、身長175cmくらいのやせ形だという。
このコンビニは、1月5日と2010年12月20日にも強盗被害に遭っている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191923.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不法入国:中国籍の容疑者逮捕 指紋変え別人になりすまし(26日)

両手の人さし指の指紋を変え別人になりすまして入国したとして、神奈川県警外事課などは26日、中国籍で東京都板橋区中板橋の職業不詳、鄭春生容疑者(46)を出入国管理法違反(不法入国・不法在留)容疑で逮捕した。県警によると、鄭容疑者は07年に同法違反容疑で逮捕され、中国に強制送還されていた。人さし指の指紋は精巧に別の指紋に変えられており、県警は従来の手口にない高度な手術を施した可能性があるとみて調べる。

 逮捕容疑は08年12月8日ごろ、中国・ハルビンから「鄭春升」名義の旅券で新潟空港から入国、不法に滞在したとしている。入国審査の指紋認証をかいくぐったとみられる。鄭容疑者は「自分は鄭春升だ」と容疑を否認しているという。

 県警によると、鄭容疑者は昨年10月、バイクの無免許運転をしたとして取り調べを受けた。人さし指の指紋の渦の形が不自然だったため確認すると、他の指の指紋などが07年の逮捕時のものと一致した。【吉住遊】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110127k0000m040094000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「阪神選手のスーツ盗難」女性通報、実は狂言(26日)

兵庫県西宮市の甲子園球場近くの路上で、会社員の女性(48)がプロ野球阪神タイガースの球団事務所に納品するスーツを盗まれたと110番し、甲子園署が捜査していた問題で、スーツが電車内で見つかり、女性の通報はうそだったことが26日、同署への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 甲子園署によると、女性は「駅でなくしたことに気付いたが、盗まれたことにしようと思った」と説明。同署は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで女性から事情を聴く。

 同署によると、スーツは24日に阪神梅田発の特急電車内で乗務員が発見、駅に遺失物として届け出た。女性は「24日午後3時半ごろ、阪神電鉄甲子園駅から球団事務所に向かう途中で盗まれた」と通報していた。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)

凶器の行方は

【治安解説】
212

 山口県宇部市の路上で学校から帰宅途中、小学校2年生の女児(8歳)が刃物で切られた事件で、県警は殺人未遂容疑で無職の山田昌宏容疑者(23)を逮捕した。

 ところが調べに対して「女児と面識はない。人を切ったり刺したりはしていません」と容疑を否認しているという。ポイントはこの事件の凶器が未発見であり、解決の最大のポイントなりそうだ。

 逮捕に至る経緯は、目撃情報から似顔絵を作成して犯人を追っていたのと、現場から血痕が容疑者の住むマンションまで続いていたから特定したものと見られる。

 目撃情報も重要な証拠であり、本人もケガをしていれば、まさに、DNA鑑定が大きな決め手となるだろう。

 問題は県警が家宅捜索して包丁を押収したというから、現場からは未発見なのだろう。良く考えれば、犯行後、本人は凶器を自宅に持って帰るか?疑問が残る。

 この事件、通学路での街頭犯罪であり、付近の住民に与えるショックは大きい。ましてや、動機の分からぬ事件となれば、なおさらだ。
 しかも、女児はうつ伏せに倒れ、上半身には黒いポリ袋がかけられていたという。人形か何かを殺害した後で被害者への心配りをしたつもりだろうか。ニタニタしながら人形に恋する青白い顔した男…あ~ぁ気持ち悪。一日も早く犯人を特定し、原因を究明して初めて住民は精神衛生上で安心できる事件であり、「犯人検挙」だけでは、住民のケアにはならない。同様の事件が発生するたびに、前兆、予兆がなかったのか気になる。

 ところで、性犯罪者やDVの加害者にGPSの常時携帯を義務づけようという宮城県の条例制定の話題だが、例によって反対者が騒いでいるという。共同通信によると仙台市長は「性犯罪は再犯率が高いということは分かるが、(結論を)急ぎすぎてはいけない課題。慎重に対応すべきだ」と懸念を示したという。

 また栗原市長は「地域の安全はコミュニティーがしっかりしていれば守れるはず」。さらに登米市長も「唐突な印象だ…監視ではなく犯罪が起こりにくい環境づくりでは」と述べたという。

 民主主義である以上、議論は多いに結構。だが、反対者の言っていることは理想であり、もし、「性犯罪が起こりにくい環境づくり」なんてできれば、それはまさに「理想郷」でしょうね。宇部市の事件もあり、ちと、愚痴ってみたくなりました。御免shock

 東京大田区のビルで26日未明、帰宅途中の飲食店従業員の女性が2人組の男に棒のようなもので殴られたうえ、現金、約2万円が入ったバッグを奪われる強盗事件が発生。近くの路上ではこの2時間前にも特徴が似た2人組による、強盗未遂事件が起きているという。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」に危険信号。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲食店従業員女性、殴られ現金奪われる (26日)東京・大田区で

26日未明、東京大田区のビルで帰宅途中の飲食店従業員の女性が2人組の男に棒のようなもので殴られたうえ、現金が入ったバッグを奪われました。

 警視庁によりますと午前3時半頃、大田区大森北にある、ビルの階段踊り場で帰宅途中の飲食店従業員の女性(49)が突然、2人組の男に棒のようなもので顔を数回殴られ、現金、およそ2万円入りのバッグを奪われました。

 女性は額に軽いケガをしました。

 2人組はともに年齢は20代後半から30代で身長はおよそ170センチだったということです。

 近くの路上ではこの2時間前にも特徴が似た2人組による、強盗未遂事件が起きていて、警視庁は関連を調べています。

Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4634743.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「イモビカッター」販売、窃盗幇助容疑を初適用 男逮捕(26日)

自動車のイモビライザー(防犯用電子式ロック装置)を解除する器具「イモビカッター」を販売し、自動車盗グループの盗みを手助けしたとして、愛知県警は26日、京都市在住の電子機器販売業の男(60)を窃盗幇助(ほうじょ)などの疑いで逮捕した。捜査関係者が明らかにした。オークションサイトなどで横行するカッターの販売に同容疑を適用するのは全国初という。

 カッターの所持や売買を直接取り締まる法律がないなかで、県警はカッターが窃盗ツールとして蔓延(まんえん)し始めている実態を問題視。これまでにも自動車メーカーの登録商標を無断で張り付けた器具をネット販売した男を商標法違反の疑いで摘発した事例はあったが、盗み自体に関する容疑での立件に踏み切ったとみられる。

 捜査関係者によると、男の逮捕容疑は昨年3月、インターネットオークションで自動車盗グループのメンバーにカッター1個を2万6千円で販売し、イモビライザーの解除を容易にして、自動車盗を手助けしたというもの。サイトでは、クラウンやセルシオなど適応車種を示し、数十秒でロック解除ができるとうたっていたという。

 県警は同年6~7月、このグループのメンバー4人を窃盗容疑で逮捕。県警のこれまでの説明によると、グループはカッターを使い、セルシオやクラウン、ハリアーなどトヨタのイモビライザー装着車ばかり36台(総額1億1千万円相当)の盗みに関与していたとされる。

 メンバーの一人が、購入先について供述したことなどから、男の関与がわかった。県警は同年11月、窃盗幇助の疑いで男の自宅を家宅捜索し、カッター2個を押収していた。男はこれまでの調べに対して、「カッターは、中国からインターネットを通じて1個数千円で買った。これまでに約300個転売した」と説明しているという。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

胴元ついに逮捕…野球賭博3ルート流れ解明困難(26日)

野球賭博問題の発覚から約8か月。

 警視庁の捜査はようやく賭博を行っていた「胴元」にたどり着いた。逮捕された4人のうち3人は元力士。賭博に関与した現役力士らも近く、賭博容疑で書類送検される見通しで、再生と信頼回復に向けた取り組みを進めている相撲界の“賭博汚染”の根深さを浮き彫りにした。ただ、背後で賭博を取り仕切っていたとされる暴力団組織の直接的な関与については、資金の流れの特定などが難航しており、いまだに十分な実態解明には至っていない。

 捜査関係者によると、大相撲の野球賭博は、〈1〉元幕下力士・古市満朝被告(38)(公判中)の母・米子(63)と弟・貞秀(34)両容疑者〈2〉元幕下力士の藪下哲也(29)、山本俊作(35)両容疑者〈3〉力士のトレーナー――の3ルートで行われていた。

 このうち、古市親子のルートは貞秀容疑者がハンデを決定。携帯電話やメールで力士らから注文を受け、米子容疑者が勝ち金の振り込みなどを行っていた。

 一方、藪下、山本両容疑者のルートは山口組弘道会系暴力団が取り仕切っていたとされ、2人は胴元の暴力団側が決めたハンデを力士らに伝える「中胴」の役割を担っていたという。この暴力団の組長は2009年8月に死亡している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「地デジ点検」装い民家訪問 3万円盗んだ男を逮捕(26日)

栃木県警足利署は25日、窃盗の疑いで、同県足利市新山町、自称契約社員、斎藤義和容疑者(46)を逮捕した。容疑を認めている。

 調べによると、斎藤容疑者は25日午前11時40分ごろ、同県小山市内の無職女性(89)宅を訪ね、大手家電量販店の店員を装って「地デジにしないと、テレビが見えなくなる。点検します」などといって上がり込み、作業をするふりをしながら、すきをみて現金約3万円を盗んだ疑い。

関連記事

記事本文の続き 足利署によると、斎藤容疑者は「一人暮らしの高齢者を狙い、同様の手口で栃木、群馬、埼玉3県で100件近くやった」と自供しているという。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

建築現場から盗み繰り返しか(26日)

横浜市内のアパートの建築現場から洗浄機能付きの便座などを盗んだとして、44歳の無職の男が逮捕されました。
警察によりますと男は「これまでに同様の盗みを1000件余り繰り返した」と供述しているということです。
逮捕されたのは横浜市神奈川区の無職、上野和幸容疑者(44)です。
警察の調べによりますと、上野容疑者は今月14日の夜から翌日の朝にかけて横浜市瀬谷区のアパートの建築現場に忍び込み保管されていた洗浄機能付きの便座5台、クッキングヒーター5台、あわせて41万円分を盗んだ疑いが持たれています。
警察によりますと、上野容疑者は、以前から横浜市の質屋を月に3、4回、訪れ、大手電機メーカーの社員を名乗ってエアコンやインターホンなどを金に換えていたということです。
警察によりますと上野容疑者は、容疑を認めたうえで「平成14年から神奈川県内のアパートや住宅の建築現場で1000件余りの盗みを繰り返した」と供述しているということです。
警察News_pic1は、裏付けを進めています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003627941.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元力士ら4人を逮捕 賭博の胴元になった疑い 警視庁(26日)

 大相撲の野球賭博事件で、警視庁は26日、力士らから賭け金を集めたなどとして、元十両力士古市貞秀(34)=千葉市=、母の古市米子(63)=大阪府交野市=、元幕下力士薮下哲也(29)=石川県能登町=の3容疑者を賭博開帳図利容疑で、元幕下力士山本俊作容疑者(35)=大阪市=を同幇助(ほうじょ)容疑でそれぞれ逮捕した。賭博の利益を得る目的で力士らの賭け金をとりまとめていたことが裏付けられ、胴元の立場にあったと判断した。

 元大関琴光喜関(34)=解雇=に対する恐喝を契機に昨年春表面化した大相撲の野球賭博問題は、恐喝事件の捜査を経て、賭博の立件に至った。

 また、警視庁は、これら胴元側に賭け金を払っていたとして、現役力士や相撲部屋の後援会員らについて賭博容疑で近く書類送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、古市米子容疑者は、賭け金が振り込まれる口座を管理するなどしていたとされる。

 この問題では、親方や力士ら三十数人が日本相撲協会に賭博への関与を自己申告。警視庁組織犯罪対策3課は昨年7月、相撲部屋などを賭博開帳図利容疑で一斉に捜索し、押収した携帯電話のメールの解析や、口座の金の流れなどを捜査してきた。その結果、胴元側の元力士らに賭け金が渡っていたことが証拠上裏付けられたという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場に容疑者の血痕か 山口・女児切りつけ(26日)

山口県宇部市の路上で小学2年の女児(8)が刃物で切りつけられた事件で、現場付近に女児以外の血痕が残っていたことが26日、捜査関係者への取材でわかった。血痕は、現場から殺人未遂容疑で逮捕された無職山田昌宏容疑者(23)が住むマンション付近まであったという。県警は、山田容疑者が現場でけがをした可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、県警が犯行現場の周辺を捜索した結果、路上で女児とは別の血液が検出された。血痕は点々と残っており、現場から南に約100メートル離れた山田容疑者のマンション付近まであった。マンション内でも見つかった。

 山田容疑者宅の家宅捜索では、複数の包丁が押収されている。県警は、山田容疑者が自宅から包丁を持ち出し、人通りの少ない狭い路地で、女児が1人の時に襲い、何らかの原因でけがを負って、すぐに自宅に戻った可能性が高いとみている。

 一方、山田容疑者は「人を切ったり刺したりはしておりません」と容疑を否認している。当日の行動については話をそらし、重要なことになると口を閉ざす、と県警は説明している。県警は26日午後、山田容疑者を山口地検に送検する。

 女児が通う市立新川小学校は26日朝、前日に続いて全校集会を開いた。庄本周史校長が、女児が被害に遭った事件の容疑者が逮捕されたことなどを説明した。児童らはこの日の朝も保護者に付き添われて登校した。週内は同伴登校を続けるという。

 県警の発表によると、山田容疑者は24日午後3時半ごろ、宇部市島2丁目の路地で、下校中の市立新川小学校2年の女児の顔や首など十五、六カ所を刃物で切りつけ、大けがをさせた疑いが持たれている。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋被告、自分で下唇切る整形手術…ハサミで(26日)

千葉県市川市で2007年3月、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で殺人などの罪で起訴された市橋達也被告(32)の逃亡中の行動が、26日に出版された市橋被告の手記で明らかになった。

 手記「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」(幻冬舎)によると、市橋被告が市川市の自宅マンションから捜査員を振り切って裸足で逃げ、09年11月に逮捕されるまで、行動は青森から沖縄まで二十数都府県に及んだ。途中、大阪などで土木作業などで金を稼ぎ、身の危険を感じると、沖縄の離島に潜伏し、魚やヘビを取って食べるなどしたほか、「リンゼイさんが生き返ると思った」と四国で遍路道を歩いたことも。また、市橋被告が自らハサミで下唇を切るなどして整形を試みたことも記されている。

 捜査関係者の話では、市橋被告は千葉県警の調べに対し、事件の詳細や逃亡生活についてほとんど語ることはなく、手記の出版を知った県警が最近になって離島に捜査員を派遣するなどしたという。

 手記では、印税をリンゼイさん遺族に渡すか公益のために使うとしているが、リンゼイさんの父ウィリアムさんは代理人を通じ、「まだ法廷に立ってもいない市橋被告が、手記の執筆、出版を許されたことに嫌悪感を感じる。手記は家族をさらに傷つけるだけで、私たちが望むのは公正な裁きだけだ」とコメントした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁が「山口組・弘道会対策会議」を開催(26日)

警察庁は26日、指定暴力団山口組と中核を担う2次団体「弘道会」に対する取り締まりを強化するため、全国の警察本部の暴力団対策関係課長を集め、「山口組・弘道会対策会議」を開いた。中枢幹部や資金源となっている関係企業、共生者の取り締まり徹底などを指示した。

関連記事

記事本文の続き 同会議は昨年9月にも開催されている。今回は4月に山口組6代目組長、篠田建市受刑者(68)=通称・司忍=の出所が迫っていることを受け、改めて徹底取り締まり方針を示すために開催された。

 警察庁の安藤隆春長官が会議の冒頭で「社会が一体となった暴力団排除の気運が高まっており、山口組、弘道会を弱体化、壊滅させる千載一遇の好機」と指摘。「まさに今が暴力団対策の勝負の時。山口組、弘道会の弱体化、壊滅を現実のものにしてほしい」と訓示した。

 具体的には、あらゆる法令を駆使し、次世代を担う若手幹部を含めた中枢幹部の検挙徹底▽組織的犯罪処罰法や課税通報、暴力団排除条例の活用による資金の永続的な遮断▽社会全体による暴力団排除の推進-などが指示された。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「地デジ点検」装い民家訪問 3万円盗んだ男を逮捕 (26日)

 栃木県警足利署は25日、窃盗の疑いで、同県足利市新山町、自称契約社員、斎藤義和容疑者(46)を逮捕した。容疑を認めている。

 調べによると、斎藤容疑者は25日午前11時40分ごろ、同県小山市内の無職女性(89)宅を訪ね、大手家電量販店の店員を装って「地デジにしないと、テレビが見えなくなる。点検します」などといって上がり込み、作業をするふりをしながら、すきをみて現金約3万円を盗んだ疑い。

 足利署によると、斎藤容疑者は「一人暮らしの高齢者を狙い、同様の手口で栃木、群馬、埼玉3県で100件近くやった」と自供しているという。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

20代女性の下着脱がせ下半身触った鍼灸師を逮捕 「治療行為」と否認(26日)

女性客の治療中に下半身を触るなどのわいせつな行為をしたとして、警視庁麻布署は準強制わいせつの疑いで、東京都品川区大井、マッサージ・鍼灸師、寺田勝容疑者(65)を逮捕した。同署によると、寺田容疑者は「治療行為だ」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年3月13日、港区六本木の指圧・マッサージ店「按鍼道(あんしんどう)」で、客の20代の女性を治療中に、下着を脱がせて、下半身をさわるなどのわいせつ行為をしたとしている。

 同署によると、寺田容疑者は竜按(りゅうあん)と名乗り、同店を開業。個室で鍼治療や、マッサージなどを行っていた。女性は昨年10月に同署に被害届を出した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110126/crm11012612240153-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国12カ所に拠点を移しながら振り込め詐欺を繰り返していたグループの主犯格の男を逮捕(26日)

全国12カ所に拠点を移しながら振り込め詐欺を繰り返していたグループの主犯格の男が警視庁に逮捕された。
このグループの1人は、「30億円稼いだ」と供述しているという。
詐欺の疑いで逮捕された柳 直樹容疑者(33)は、長崎県に住む60代の女性に息子に成り済まして電話をかけ、「会社の金を株に投資して損を出してしまった。困っているので金を振り込んで」と言って、現金およそ200万円を振り込ませ、だまし取った疑いが持たれている。
柳容疑者のグループは、全国12カ所に拠点を移しながら、21人の被害者からおよそ8,500万円をだまし取った疑いがあり、柳容疑者は、このグループのリーダーとみられている。
また、メンバーの1人は警視庁の調べに対し、「30億円を稼いだ」と供述しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191860.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「確実に勝ち馬分かる」と情報料、詐欺容疑で8人逮捕(26日)

 確実に勝てる競馬の八百長レースがあると偽り、情報料名目で現金をだまし取ったとして、大阪府警は25日、東京都内の男女4人を詐欺容疑で逮捕した。また、兵庫県警も同日、同様の手口で情報料をだまし取ったとして別のグループの男女4人を同容疑で逮捕した。

 それぞれの発表によると、大阪府警が逮捕したのは東京都西東京市の会社員東健太容疑者(30)ら。逮捕容疑は昨年11月、競馬の八百長レースがあるように装い、都内の男性から情報料として計約190万円をだまし取ったという内容。

 兵庫県警に逮捕されたのは東京都港区の会社役員、豊田重幸容疑者(36)ら。2009年11月、「馬主と競馬関係者が密約を結んだレース情報を提供する」などとうそをつき、兵庫県尼崎市の女性から情報提供料として15万円を詐取した疑いが持たれている。

 県警によると、豊田容疑者らはダイレクトメールなどで情報を提供すると呼び掛けていた。会社の口座には、全国の約200人から計約4千万円の入金があったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国の未払い賃金立て替え制度を悪用 詐欺容疑で6人逮捕(26日)

 倒産企業の未払い賃金を肩代わりする国の制度を悪用して約2850万円をだまし取ったとして、神奈川県警は25日、東京都大田区の元指定暴力団山口組系組員で自称タクシー運転手小西裕容疑者(50)ら6人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。ほかに右翼団体幹部ら8人の逮捕状をとっており、神奈川、東京、北海道の関係先十数カ所の家宅捜索を始めた。小西容疑者は容疑を否認しているという。

 暴力団対策課によると、小西容疑者らは2009年3月、事業を既に停止していた大田区の土木建築会社に17人の従業員が勤務していたかのように装い、この会社が倒産したと偽って届け出。厚生労働省所管の独立行政法人「労働者健康福祉機構」(川崎市)に半年分の未払い賃金の立て替えを申請し、同機構から約2850万円をだまし取った疑いがある。小西容疑者がこの会社の名義上の社長で、従業員として名前を貸していた男らも逮捕された。

 悪用された国の制度は「未払賃金立替払制度」で、企業倒産で賃金が支払われなかった労働者に、国が未払い賃金の8割を立て替える。厚労省によると、05年度以降、支払総額は毎年増加しており、09年度は前年度比34.5%増の約334億円に上った。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不動産会社役員、元部下に刺され死亡…奈良(26日)

25日午後6時45分頃、奈良県生駒市辻町の雑居ビル2階の不動産会社で、同社役員松尾健司さん(67)(奈良市松陽台4)が、男に胸や腹部を刃物で刺されたと110番があった。

生駒署員が、現場の北約2キロの路上で乗用車内にいた生駒市谷田町、不動産業大植一徳容疑者(48)に事情を聞いたところ、車内に凶器とみられる包丁(刃渡り約20センチ)があり、犯行を認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。松尾さんは市内の病院に運ばれたが、約1時間40分後に死亡。同署は殺人容疑に切り替え、調べている。

 捜査関係者によると、大植容疑者は「以前、松尾さんが経営する会社に勤務していた。借金があり、トラブルになっていた」と話しているという。

 現場は近鉄東生駒駅北約200メートルのビルやマンションが立ち並ぶ一角。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「むしゃくしゃした」 教会への放火容疑で男を逮捕(26日)

自分が住む神戸市灘区の天理教弘栄分教会に火をつけたとして兵庫県警灘署は25日、現住建造物等放火の疑いで、無職の金伸和容疑者(46)を逮捕した。

 灘署によると教会約740平方メートルのうち約110平方メートルを焼いたが、けが人はなかった。金容疑者は「ごみ箱のティッシュにライターで火をつけた。むしゃくしゃした」と容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は25日午後2時40分ごろ、同教会に放火したとしている。

 灘署によると教会にはほかに十数人が生活していた。灘署員が現場にいた金容疑者を不審に思い、事情を聴いたところ火をつけたことを認めた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲食店強盗、牛丼の「すき家」狙い撃ち?!(26日)

 平成22年に全国で発生した飲食店への強盗事件のうち、半数近くの57件が大手牛丼チェーン「すき家」を狙った犯行だったことが25日、警察庁のまとめで分かった。21年に急増したコンビニ強盗は前年比約2割減になったものの、依然として723件と侵入強盗のトップで、深夜に営業する店舗の防犯対策強化が課題になっている。

関連記事

記事本文の続き 警察庁などによると、すき家を狙った強盗は21年も飲食店トップの24件で22年はさらに2倍以上に増加した。飲食店を狙った侵入強盗は計121件。すき家の被害が突出していた。2位は同じ牛丼チェーンの吉野家の7件、食券方式の松屋は0件だった。

 すき家が標的になる理由は、深夜に店員が1人になる時間帯がある▽ほかの牛丼店と比べてカウンター内部に入りやすい構造▽郊外型の店舗が多く逃走しやすい-などがあげられるという。被害額が数十万円に上るケースもあり、報道で知った模倣犯が相次いだとみられる。

 被害の多発を受け、愛知など複数の県警が昨年、運営会社のゼンショー(東京都港区)に防犯ベルや赤色灯の設置などの対策を要請。警察庁も昨年11月、個別の企業に対しては異例の改善要請を行ったという。

 ゼンショーの担当者は「犯人に裏をかかれる可能性があり、具体的な内容は公表できないが、防犯対策は講じた。その結果、今月には岐阜県で犯人が逮捕され、余罪も自供したと聞いている」と話している。

 警察庁のまとめでは、昨年1年間の強盗事件は4029件で前年比10・7%減少。うちコンビニ強盗は723件で、その他の店舗を狙った侵入強盗は470件だった。飲食店以外では、レンタルビデオ店14件、古物店12件、インターネットカフェ7件と深夜営業の店舗が目立っている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児連れ去り容疑で男逮捕 山口県警(26日)

山口県警宇部署は25日、小学2年の女児(8)の顔や首を刃物で切りつけ重傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで同県宇部市島の無職、山田昌宏容疑者(23)を逮捕した。「女児と面識はない。人を切ったり刺したりはしていません」と容疑を否認している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は24日午後3時半ごろ、同市島の路上で下校途中の女児の顔や首など約15カ所を刃物で切りつけ、全治1カ月以上の重傷を負わせたとしている。

 県警によると、事件直後に現場から小太りの男が立ち去るのが目撃されており、似顔絵を作って捜査。山田容疑者と特徴が似ていたことから、25日午前から任意で事情を聴いていた。山田容疑者は取り調べには素直に応じているが、事件当日のことになると話をはぐらかすとしている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

3歳児死亡:父親が町役場に子育て不安相談 愛知県武豊(26日)

愛知県武豊町の吉田卓司さん(41)方で死亡しているのが見つかった長男大晟(たいせい)ちゃん(3)は死後約1~2日とみられることが、県警半田署による司法解剖で分かった。死因は特定できなかった。

 一方、吉田さんが昨年3月、同町役場に「妻(41)の体調があまりよくなく子育てに不安がある」と相談していたことが同役場への取材で分かった。【三鬼治】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110126k0000m040151000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月25日 | トップページ | 2011年1月27日 »