« 2011年1月19日 | トップページ | 2011年1月21日 »

2011年1月20日

2011年1月20日 (木)

偽ドル札使用でも送検 麻薬密輸のタンザニア人(20日)

ヘロインを密輸したとして逮捕・起訴されたタンザニア人の男が、大阪で偽のアメリカドル札を使った疑いで追送検されました。

 書類送検されたタンザニア人のアリー・モハメッド・フセイン容疑者(37)は去年11月、大阪市内のホテルのフロントで、偽の100ドル札を日本円で7945円に両替した疑いが持たれています。フセイン容疑者は、入国した直後に関西空港内の銀行で両替しようとし、偽札の可能性を指摘されていました。警察の調べに対し、「日本での滞在費用としてケニアのブラックマーケットで両替した」と供述し、容疑を認めています。フセイン容疑者は、ヘロイン約700グラムを飲み込んで密輸したとして、すでに起訴されています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・東金の5歳女児殺害、懲役20年を求刑(20日)

 千葉県東金市で2008年9月、保育園児成田幸

)

ちゃん(当時5歳)が殺害された事件で、殺人と死体遺棄、未成年者略取罪に問われた同市、無職勝木諒被告(23)の公判が20日、千葉地裁(栃木力裁判長)であった。

検察側は「女児の命を奪った重大な犯行。遺族の処罰を求める意思は厳しく、軽度の精神遅滞を考慮しても相当な処罰が必要」として、懲役20年を求刑した。弁護側は勝木被告に、裁判手続きなどを理解する訴訟能力がないとして公判停止を求めた。判決は3月4日。

 検察側は論告で「女児の人格を無視して拉致、殺害し、遺体をまるで物のように遺棄した残酷な犯行」と指摘し、「(勝木被告は)法廷での自分の立場や有利不利をわきまえている」として訴訟能力があると主張。また、責任能力も「善悪の判断に従って行動する能力はあった」と述べ、認められるとした。

 これに対し、弁護側は最終弁論で、「抽象的な概念を理解する能力や、利害を見分けて相当な防御を取るためのコミュニケーション能力もない」として訴訟能力がないと訴えた。また、「(幸満ちゃんに)ただ黙っていてもらいたかった」などと殺害時の状況を説明したことを挙げ、当時は「心神耗弱だった」として、殺人については責任能力は限定的と主張した。

 この日、幸満ちゃんの母、多恵子さんが証言台に立ち、「(被告に)軽度の知的障害があることは関係ない。あってもなくても許せない」と話した。遺族側代理人は「被告は命ある限り事件に向き合うべきだ」と無期懲役を求めた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取手バス襲撃:容疑者の精神鑑定へ 責任能力の有無調査

茨城県取手市のJR取手駅西口でバスの乗客14人が無差別に切りつけられるなどした事件で、水戸地検が近く、殺人未遂容疑で逮捕された同県守谷市、無職、斎藤勇太容疑者(27)を精神鑑定するため鑑定留置を請求する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者や弁護人によると、斎藤容疑者は「子供のころからマイナス思考で自己嫌悪や劣等感が積もっていた。事件を起こして人生を終わりにしたかった」と動機を説明しているという。地検は精神鑑定で責任能力の有無を調べる。

 斎藤容疑者は先月17日に男子中学生(14)への殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、今月6日に女子高校生(16)ら3人に対する同容疑で再逮捕された。「殺すつもりで用意した包丁で切った」と容疑を認めているという。【原田啓之、杣谷健太】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110121k0000m040040000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「正当防衛」と無罪 けんかで暴行、東京地裁立川支部(20日)

交通トラブルでのけんかをめぐり、暴行罪に問われた東京都町田市の理容師、内田智和被告(38)の判決で、東京地裁立川支部は20日、正当防衛が成立するとして、無罪(求刑罰金20万円)を言い渡した。

 内田被告は一貫して無罪を主張していた。判決理由で福崎伸一郎裁判官は「馬乗りになられた際に相手を蹴ったが、正当防衛の範囲内」と認定した。

関連記事

記事本文の続き 判決や弁護人の一藤剛志弁護士によると、平成21年11月28日、町田市内で道路脇の病院に寄ろうとした同市の会社員男性(43)の車に後方の内田被告がクラクションを鳴らし、車から降りた2人がもみ合いになった。内田被告は倒されて殴る蹴るの暴行を受け、頭や首、胸などに2週間のけがを負った。

 男性は暴行罪で略式起訴され、罰金10万円の略式命令を受けたが、Head_logo1_7内田被告も在宅起訴された。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

モンスターペアレント

【治安解説】

212

学校の教師に、ヤクザまがいの要求を突きつけるモンスターペアレント-ついに文句を付けられた女子教師が、児童の親を相手に訴訟を起こしてしまった。

 〝事件〟があったのは、埼玉県行田市の市立小学校。事の発端は、児童同士の喧嘩だったという。どっちが虐めたのか虐められたのか分からないが、先生が注意しようと、モンスターの児童の背中を軽く2度触れたのに腹を立て「暴力だ」と警察に訴えたという。

 モンスターは「相手が悪いのに自分の子供に謝罪させようとしている」「最低の先生だ」と再三、再四にわたりクレームを付けたという。こうしたクレーマーに先生は不眠症に陥り、裁判に訴えたもの。

 今回の事件。双方の児童の日常や喧嘩の内容などを詳細に分からないと、判定は難しいが、学校も含めて、なんでこの様に「事」を複雑化するようなギシギシした世の中になってしまったのだろうか。学校の対処法について、考える時代に来ているようだ。東京都などはサポートセンターを設置している。

 モンスターペアレントもそうだが、給食費を払わないで、子供に「無銭飲食」をさせている親もいる。もはや、「親」を教育する学校が必要だ。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー荒らし:少年3人逮捕 窃盗容疑で警視庁(20日)

タクシーに乗車して売上金などを盗んだとして、警視庁少年事件課は20日、東京都立定時制高1年の男子生徒(17)=品川区=ら17~18歳の少年3人を窃盗などの容疑で逮捕したと発表した。3人とも「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。少年事件課は、3人が昨年8月から同様の方法で19件(被害総額約100万円)の盗みを繰り返したとみている。

 逮捕容疑は昨年8月4日午前3時ごろ、品川区でタクシーに乗車中、現金約1万5000円などが入った男性運転手(38)の釣り銭箱を盗んだなどとしている。【伊澤拓也】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110120k0000e040051000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺、昨年45%増 警察官名乗るなど巧妙化(20日)

 お年寄りらにうその電話をかけて現金やキャッシュカードをだまし取る振り込め詐欺が2010年は4418件確認され、前年より1361件、45%増えたことが20日、警察庁のまとめで分かった。被害額は60億4千万円で、前年比で8億4千万円、16%増になっている。

 電話などによる振り込め詐欺は04年に1万4874件を数えた後、警察などが注意喚起を続けて減少傾向になったが、従来の子どもや孫を装ったものから手口が変化し、再び被害が増えたという。

 警察庁によると、特に目立つのは、警察官や「銀行協会職員」を名乗るもの。「警察の者だが、あなたの銀行口座が犯罪に利用されている」「これから銀行協会の職員が行くのでキャッシュカードを預けてほしい」と電話。その後、実際に銀行協会職員を称する者が家を訪れ、偽造の身分証明書を見せた上でキャッシュカードを受け取り、暗証番号を聞き出す。電話帳に電話番号や住所が掲載されているお年寄りがねらわれるケースが多いという。

 こうした手口は09年初めごろから確認されるようになったといい、10年の被害まとめで別枠で統計をとったところ、1333件と電話を使った振り込め詐欺全体の3割を占めた。被害額は19億7千万円だった。

 警察官をかたる振り込め詐欺事件の昨年の逮捕者は151人。外国人は中国人の8人、台湾の4人などが目立つ。事件の相当数は、摘発されにくくするためインターネットを利用したIP電話で中国からかけているとみられ、中国人と日本人が組んだ犯罪グループが中国本土にいるとみられるという。

 警察庁は今後、摘発を強化するため、中国の捜査当局との連携を強化したい考えだ。また、被害予防のため、電話帳に掲載されている高齢者に重点的に注意を呼びかけるとしている。(五十嵐透) http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

目黒夫婦殺傷の犯人?恵比寿から日比谷線か(20日)

 東京都目黒区の大原道夫さん(87)夫婦が自宅で殺傷された事件で、犯人とみられる男が事件の約30分前、東京メトロ日比谷線恵比寿駅の改札口に入る姿が、駅構内の防犯カメラに映っていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 男はその約3時間前から恵比寿駅周辺の喫茶店などで目撃されており、警視庁は、男が大原さんの帰宅時間に合わせて恵比寿駅周辺で時間調整を行い、日比谷線で隣の中目黒駅に行った後、大原さん宅に向かった可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、同庁が恵比寿駅構内などの防犯カメラを解析した結果、事件の約30分前にあたる10日午後4時前、ボストンバッグを持った犯人とみられる男が改札口を通過する姿が映っていた。中目黒駅の防犯カメラには、男が午後4時過ぎに改札口を出る映像も残されており、男は日比谷線で現場に向かったとみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オレオレ詐欺44%増、中国拠点の犯行目立つ(20日)

昨年1年間に全国の警察に届けられた振り込め詐欺のうち、息子や警察官などを装う「オレオレ詐欺」が、前年より1361件(44・5%)増の4418件に上ったことが警察庁のまとめでわかった。

 中国を拠点とするグループの犯行が目立つことから、同庁では中国の捜査当局とも連携して摘発を強化する。

 昨年の振り込め詐欺全体の認知件数は前年比703件(9・6%)減の6637件。被害額は13億6551万円(14・3%)減の82億1361万円で、ともに統計を取り始めた2004年以降で最少となった。手口別では、携帯サイト料金の未納などを装う「架空請求」や税金などの返還をかたる「還付金詐欺」、「融資保証金詐欺」が被害額、件数とも減少。しかし、オレオレ詐欺だけは、被害額が8億4000万円(16・2%)増の60億4000万円となった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルに男性遺体 傷害容疑で知人の男を逮捕(20日)

 埼玉県八潮市大曽根のホテルで昨年9月、室内から男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課と草加署は20日、この男性を殴るなどしたとして傷害の疑いで、住所不定、無職、森本庸介被告(29)=監禁罪などで起訴=を再逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 捜査1課の調べによると、逮捕容疑は、昨年9月8日午後8時ごろ、森本容疑者は埼玉県東松山市内のビジネスホテルの一室で、茨城県笠間市大橋、無職、仲村和幸さん=当時(26)=の顔や腹などを殴ったうえ、電気ポットで沸かした熱湯を尻にかけるなどして軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 捜査1課によると、森本容疑者は犯行後の9月10日、別の男(33)=覚せい剤取締法違反の罪で起訴=の車に仲村さんを乗せ、県内や都内を転々とした後に、八潮市大曽根のホテルに連れて行ったという。11日午前、死亡した仲村さんをホテルの男性従業員が発見した。同課は殴られるなどしたことで仲村さんが死亡した可能性もあるとみて、傷害致死事件での立件を視野に入れて捜査している。

 捜査1課によると、森本容疑者は昨年4月、仲村さんと風俗店での仕事を通じて知り合った。森本容疑者は9月8日から9日にかけて、暴行を加えた後に仲村さんをビジネスホテルに監禁したとして、11月10日に逮捕されていた。同課では2人の間にトラブルがあったとみて調べている。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組系幹部ら4人逮捕 詐欺の疑い(20日)

高知県警は20日、詐欺の疑いで、高知市神田、谷脇修容疑者(46)ら指定暴力団山口組系幹部3人と、高知市はりまや町、自動車販売会社役員、岩村昌哲容疑者(45)の計4人を逮捕した。

 逮捕容疑は平成20~22年、幹部3人は無収入で割賦販売契約を結べないにもかかわらず、岩村容疑者が役員を務める自動車販売会社などを通して、東京都の信販会社に虚偽の勤務先や年収を書いた申込書を提出し、車の割賦販売契約を締結。信販会社から3度にわたり、自動車購入代金計1040万円をだまし取ったとしている。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、4人は容疑を否認しているという。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川で父親を殺害、福島県の警察署に長男出頭(20日)

 神奈川県のアパートで78歳の男性の遺体が見つかった事件で、この男性の47歳の長男が殺人の疑いで逮捕されました。長男は「介護に疲れた」と供述しています。

 廣瀬克己容疑者は18日午前10時ごろ、神奈川県二宮町の自宅アパートで、父親の三男さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれています。警察によると、廣瀬容疑者は犯行後に自ら110番通報し、現場から立ち去っていました。廣瀬容疑者は夜になって福島県郡山市の警察署に出頭し、逮捕されました。警察署の近くには母親の墓があったということです。警察の調べに対し、廣瀬容疑者は「介護に疲れて殺害した」と容疑を認めています。

Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ふられた仕返しで殺害…ネット偽装の元交際相手(20日)

滋賀県守山市岡町のアパートで昨年12月、草津市の奥村尚代さん(24)が殺害された事件で、殺人罪などで起訴された元交際相手の会社員井ノ口義一被告(36)(京都府宇治市)が動機について、「奥村さんにふられ、仕返ししようと機会をうかがっていた」と話していることがわかった。

 井ノ口被告に面会した関係者が、取材に対して明らかにした。昨春に別れて以降、車をつけたり交友関係を調べたりして、奥村さんが犯行現場のアパートにいることを突き止めたという。

 ◆動 機◆

 関係者の話などによると、井ノ口被告は当時、携帯電話会社に勤めており、甲賀市内の系列の販売店に仕事で出向いた際、同店に勤務していた奥村さんと知り合い、2009年11月頃から交際するようになった。

 昨春、奥村さんから別れを切り出されて以降、井ノ口被告は何度か奥村さんに再び交際を求めたが断られ、スタンガンを用意して会おうとしたことも。携帯電話でメールも送ったが、返信がないことに怒りを募らせ、「いつか仕返しをしよう」との思いを強めた。

 ◆犯 行◆

 井ノ口被告が現場のアパートを見張っていた昨年12月17日、部屋の住人男性が外出したのを確認し、部屋のドアノブを回したところ施錠されておらず、室内に侵入した。

 井ノ口被告は玄関近くに潜んで様子をうかがい、台所から玄関に近付いてきた奥村さんをいきなりナイフで1回刺し、倒れたところを馬乗りになって何度も刺した。犯行後、大阪府高槻市に車を乗り捨て、新幹線で福岡に向かったが「特に考えはなかった」という。

 同日夜、JR博多駅近くのホテルに偽名で泊まり、21日朝までホテル暮らしを続けた。20日、携帯電話サイトを通じて殺人容疑で指名手配されたことを知り、夕方のテレビニュースで放映された奥村さんの葬儀を見て、出頭を決意した。

 ◆反 省◆

 奥村さんの名前で、インターネットの会員制交流サイトに日記を書き込む際、井ノ口被告は持っていた携帯電話を使用。携帯電話やネットの知識は豊富で「奥村さんのIDやパスワードを知っていた。犯行後も怒りが収まらず、おとしめようと思った」と話している。

 逮捕直後も怒りや恨みの気持ちは続いていたが、時間がたち、今は「彼女の身勝手さに復讐したいと思ったが、(殺すなんて)自分の方が身勝手だった。申し訳ない」と話している。(鷲尾龍一)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「手渡し型」急増、都内の振り込め被害32億円(20日)

 昨年1年間の東京都内の振り込め詐欺被害は32億500万円に上り、3年ぶりに増加に転じたことが警視庁のまとめでわかった。

 警察官を名乗り、高齢者の自宅までキャッシュカードや現金を取りに行く「手渡し型」が急増し、全体の約45%を占めた。同庁は4月から、結婚などで退職した女性警察官OBを都内の高齢者世帯に派遣して直接注意を呼びかける「訪問作戦」に乗り出す。

 都内の振り込め詐欺による被害額ピーク時の2006年は61億800万円に上ったが、08年から現金自動預け払い機(ATM)周辺に警察官を配置するなどした結果、被害は大幅に減少。09年の年間被害額は、06年の約3分の1の23億1200万円にとどまった。

 しかし、昨年4月頃から、町田署員や銀行協会職員などを名乗り、「あなたの口座が犯罪に使われている」などとだまし、キャッシュカードや現金をだまし取る「手渡し型」による被害が急増。12月の月間被害額は4億700万円に上った。

 被害者の大半は高齢者であることから、「訪問作戦」では女性警察官OB約350人を「防犯アドバイザー」に任命、都内の高齢者世帯約6万数千戸を対象に1軒ずつ訪問、「警察官や銀行関係者がキャッシュカードを受け取りに来ることは絶対にない」と注意を呼びかける。同庁は「元女性警察官ならではのきめ細かい対応を期待したい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スプレー2人組強盗20万円奪う 愛知・豊橋(20日)

20日午前4時半ごろ、愛知県豊橋市下地町のマンションのエレベーター前で、マンションに住む自営業の男性(66)が男2人に背後から突き飛ばされ、スプレーのようなものを顔に吹き掛けられた。男2人は男性が手に持っていた現金約20万円が入った袋を奪って逃げた。豊橋署が強盗事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、男性は店の金を集めて帰宅したところだった。けがはなかった。男2人はいずれも身長約170センチ、黒いジャンパーに紺色ズボン、覆面姿だったという

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺1割減もオレオレは1・5倍に急増(20日)

平成22年の振り込め詐欺の認知件数は6637件と前年に比べ9・6%減少したものの、子供や警察官らをかたる「オレオレ詐欺」は44・5%増の4418件となり、全体の66・5%を占めたことが20日、警察庁のまとめでわかった。詐取されたキャッシュカードで引き出された額を含む実質被害額は約100億8800万円に上っており、依然として深刻な被害が発生している。

 まとめでは、オレオレは全体の3分の2の4418件、被害額は8割近くの約79億2千万円。22年下半期は全体の75%を占めており、さまざまな手口が生まれた振り込め詐欺の“原点回帰”傾向が顕著になっている。

 また、オレオレのうち、最近急増中の警察官や銀行協会職員らをかたる手口は3割の1333件、被害総額は19億7421万円に上った。この大半がキャッシュカードを直接受け取る「手交型」だった。

 一方、オレオレ以外の件数と被害額は、架空請求1774件(28・8%減)、17億5千万円(44・9%減)▽融資保証金362件(75・7%減)、3億4千万円(63・8%減)▽還付金等83件(72・2%減)、7千万円(69・8%減)といずれも減少した。

 地域別では、東京、埼玉、千葉、神奈川の関東の4都県に集中しており、昨年下半期は全体の57・1%を占めた。特にオレオレの67・2%がこの4都県だった。振り込め詐欺の被害が少ない関西では、ほかの地域と違ってオレオレの9割以上が警察官をかたる手口だったという。

 警察庁は「警察官をかたる手口の電話の発信元はほとんどが中国で、犯行グループのアジトは関東地方にある」と分析。今後はこの地域を中心に、高齢者宅の戸別訪問や電話作戦など直接的な啓発活動を強化したいとしている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

杉並で交番に代わる相談所(20日)

近くに交番や駐在所がない地域の住民の不安を解消しようと、東京・杉並区はことし4月からこうした地域にある区の施設に、交番に代わって事件・事故などの相談を受けつける場所を設け、相談員として警視庁の退職者を配置することになりました。
杉並区によりますと区内には交番や駐在所があわせて40か所ありますが、幹線道路沿いが中心で、最寄りの交番まで1キロほど離れている住宅街もあります。
こうした地域の住民からは「通報しても警察官がくるのが遅いことがある」といった不安の声が寄せられていたということです。
このため杉並区は、ことし4月からこうした地域の区民集会所に、交番に代わって事件・事故などの相談を受けつける相談所を設け、区内の安全パトロールのために再雇用している警視庁の退職者を相談員として配置することになりました。
具体的には▼下高井戸、▼本天沼、▼和田の3か所に設置することを検討しており新年度の予算案に設置費用としておよそ150万円を盛り込むことにしています。
区では今後、住民と話し合って相談員の人数や配置する時間帯などを決めたいとしていて、好評であれば相談所を増やすことも検討していくということです。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003505181.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市中区で違法パチスロ店摘発 韓国人経営者ら現行犯逮捕(20日)

19日朝、神奈川・横浜市内で違法パチスロ店の摘発が行われ、韓国人経営者らが現行犯逮捕された。
横浜市中区のパチスロ店「ジーサイド」で、韓国人経営者の金昌植(キン・ショウショク)容疑者(50)と従業員の男2人が、常習賭博などの現行犯で逮捕された。
金容疑者らは2010年11月から違法営業を始め、1日100万円から150万円、総額6,000万円ほどを荒稼ぎしていたとみられている。
金容疑者らは、「闇スロットでひと儲けしようと思った」と容疑を認めているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191500.html

課へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致被害者の田口さん「平壌で生存」 政府に情報(20日)

 北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さん(不明当時22)が平壌で生存しているとの情報を、日本政府関係者が昨年暮れ、韓国の拉致被害者問題に取り組む関係者から得ていたことが19日わかった。政府関係者が明らかにした。

 情報によると、田口さんは昨年後半、平壌市内の共同住宅で、韓国人の拉致被害者と一緒にいるところが目撃されたという。ただ、日本政府としては情報の内容を確認できていないという。田口さんは1978年、2人の子供を残して拉致され、大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚の日本語教育を担当したとされる。

 田口さんをめぐっては、昨年7月に中井洽・拉致問題担当相(当時)が「6、7年前までは極めてお元気でいたという情報に接した。いま元気でどこにいる、ということまでは情報分析が出来ているとは聞いていない」などと発言している。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害総額は23億円、先物詐欺容疑8人逮捕(20日)

海外商品先物オプション取引の名目で顧客から集めた資金をだまし取ったとして、岩手県警は19日、東京都品川区の商品先物取引会社「トレイダーズ・エクストリム・カンパニー」(破産手続き中)の元専務で同区東五反田、会社役員大川佳房容疑者(40)ら8人を詐欺の疑いで逮捕した。

県警幹部によると、同社による被害は、岩手県を中心に埼玉や千葉など20都道府県で300人以上、被害総額は23億円に上るとみている。

 発表によると、このほかに逮捕されたのは、同社の元常務や、盛岡市の元支店長ら。大川容疑者らは2007~08年、岩手県北上市や秋田県北秋田市などの顧客4人の自宅で、「投資すれば絶対もうかる」などとうそを言い、預かった投資資金計約5000万円を実際には投資せず、だまし取った疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法薬物容疑逮捕者493人 昨年、西成・あいりん地区(20日)

覚醒(かくせい)剤など違法薬物の密売が横行しているとされる大阪市西成区のあいりん地区で、大阪府警が昨年、覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕した客と密売人は計493人に上ることが19日、府警薬物対策課の調べでわかった。前年より11人増えており、府警が平成20年9月から始めた特別取り締まりにもかかわらず、薬物一掃が困難な状況であることが浮き彫りになった。

関連記事

記事本文の続き 同課と西成署によると、覚せい剤取締法と大麻取締法の違反容疑で逮捕されたのは、密売人44人と客449人。最年少は18歳、最高齢は74歳だった。

 大半が大阪、兵庫など近畿からあいりん地区を訪れていたが、「テレビ番組で見た」などとして、沖縄や福島から足を伸ばした客もいた。

 過去にも薬物事案で検挙されている再犯率は47・5%。生活保護受給者も29・4%(145人)おり、保護費が違法薬物に消えている現状も裏付けられた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー取引疑い スルガ社を強制調査(20日)

都内のビル立ち退き交渉をめぐる不動産会社社長らの弁護士法違反事件で、同社に交渉を依頼した不動産会社「スルガコーポレーション」(横浜市)が社長らの逮捕直前に自社株を売却していたとして、証券取引等監視委員会から金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで強制調査を受けていたことが19日、市場関係者の話で分かった。

関連記事

記事本文の続き 逮捕された社長は警察当局から暴力団との関係が指摘されており、株売却は事件の表面化に伴う損失回避が目的とみられる。監視委は実行行為者の会社関係者についても調べ、検察当局への刑事告発を視野に詰めの調査を急いでいるもようだ。

 警視庁は平成20年3月、都内の大型商業ビルをめぐり、弁護士資格がないのに報酬を得て入居者と立ち退き交渉をしたとして、弁護士法違反(非弁行為)の疑いで大阪市の不動産会社の社長=有罪確定=らを逮捕。社長は指定暴力団山口組と関係が深いと警察当局から指摘されており、警視庁も山口組側への資金の流れを捜査していた。

 市場関係者によると、スルガ社は交渉を依頼した社長が逮捕されることで同社と暴力団との関係が浮上し株価が下落すると懸念。逮捕前に自社株を売却し、逮捕報道後に下落した株価の損失を回避したとされる。不当利得は1千万円相当に上るとみられる。

 スルガ社は同年6月、総額約620億円の負債を抱えて経営破綻し、7月に上場廃止となった。

 インサイダー取引規制では、会社関係者らが重要事実を公表前に知って株を売買したときに適用。金商法では、重要事実について合併や新株発行など個別に明記された項目があるが、それ以外でも投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすものも「バスケット条項」として重要事実としている。監視委は今回、社長の逮捕情報がバスケット条項に当たるとみている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県警:タクシー会社などと連携 事件情報メールで配信(20日)

強盗やひき逃げなどが発生した際、タクシーやバス会社などに事件の概要をメールで送信し、運転手から情報提供を募る「ドライバーズ・メールシステム」の運用を県警が2月1日から始める。全国初の取り組みで、滋賀県警は「早期の情報収集で事件解決に役立てたい」と期待している。

 「強盗事件発生!犯人は20~30歳くらいのやせ形の男。白い車で守山市方向へ逃走」。配信するメールには事件の発生日時や内容、犯人の特徴や逃走手段などを記し、「どんな小さな情報でも構いません」と通報やメール連絡を呼び掛ける。宅配業や警備業、県内全てのタクシーと路線バス、消防本部の計5業種、54事業所が対象。メール配信を受けた事業所は無線や携帯メールなどで勤務中の運転手に知らせる。県警は「発生現場付近の聞き込みはできても、走り去った車両を見つけるのは困難」と意義を強調する。

 対象の事業所が保有する車両は計約3000台。19日に県警本部であった調印式で、栗本峰男刑事部長は「重要犯罪が発生した時、いかに目撃者を確保するかが捜査を大きく左右する。いろいろな情報を結び付け、早期検挙につなげたい」と語った。昨年10月の草津市の発砲・刺殺事件で、容疑者が逃走時に利用した近江タクシー(本社・彦根市)の横幕信一郎社長(61)は「早朝から深夜まで勤務している利点を生かし、犯罪抑止に協力したい」と話していた。【村瀬優子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110120k0000m040128000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月19日 | トップページ | 2011年1月21日 »