« 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月17日 »

2011年1月16日

2011年1月16日 (日)

大阪市西成区で男性変死、事件・事故で捜査(16日)

 大阪市西成区の路上で15日、男性の変死体が発見され、大阪府警西成署は16日、司法解剖の結果、死因は胸や顔の打撲による外傷性ショックだったと発表した。同署は、男性の身元確認を急ぐとともに、事件と事故の両面で調べる。

 同署によると、男性は80代くらい。15日午前5時10分ごろ、西成区松の路上に倒れているのを通行人に発見され、病院に搬送されたが、約3時間後に死亡が確認された。男性の左ほおに傷はあったが、所持金などが奪われた形跡はなかったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/110116/crm1101162208018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・選挙事務所保冷車突入男性死亡事件 戸井田県議、逮捕の男について「顔見知り(16日)

茨城・石岡市で県議選に立候補していた議員の事務所にトラックが突っ込み、男性がはねられ死亡した事件で、この議員は記者会見で、逮捕された男について、「あいさつをする程度の顔見知りだった」などと述べた。
この事件は2010年12月、戸井田 和之県議の事務所に保冷車が突っ込み、戸井田議員のおじ・利雄さんがはねられて死亡したもので、16日、事務所のフェンスを壊すなどした疑いで、元暴力団幹部・設楽啓一(したら・けいいち)容疑者(43)が逮捕された。
戸井田議員は16日夕方、記者会見を開き、設楽容疑者と顔見知りだったことを明らかにした。
戸井田議員は「(設楽容疑者と)こんにちは、おはようぐらいはしますから。(最後に会ったのは)お祭りか何かの時だったと思いますね。『知っていた』くらいですね。(知り合ったのは)高校のころじゃないですかね、わたしが」と話した。
調べに対して設楽容疑者は、「知らない」などと容疑を否認しているが、警察は、何らかのトラブルがあったとみて、動機などを追及している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191326.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

見えぬ動機、夫狙い冷静に犯行…目黒の老夫妻殺傷1週間(16日)

 東京都目黒区上目黒3丁目の無職大原道夫さん(87)方の玄関先で夫妻が殺傷された事件は、16日で発生から1週間が経つ。殺害された大原さんに狙いを定めた、しつこい攻撃から、恨みによる犯行がうかがえる。ところが、被害者の周囲でトラブルはなく、動機は見えない。犯人の奇妙なほどの落ち着きぶりも浮かび、事件の不可解さが深まっている。

 事件は10日午後4時40分ごろ発生。大手百貨店からの来訪を装った男が、玄関に応対に出た大原さんを襲い、刃物で胸や腹、背中を刺した。

 捜査関係者によると、右脇腹から腹に向かって刺された傷が肝臓まで達し、致命傷となった。倒れた大原さんが、逃れようと身をよじって半身になったところで、ほぼ真上から刺された可能性が高いという。血は比較的低い位置を中心に飛び散り、倒れた状態で刺された疑いを裏付ける。

 男は攻撃の対象を大原さんに絞っていた。

 「110番しろ」と繰り返す大原さんの声を聞き、妻の瑠璃子さん(81)が玄関に行くと、男が刃物を持って大原さんに馬乗りになり、「死ね」と言ったという。大原さんは鎌を持っており、応戦していたとみられる。止めようとした瑠璃子さんを男は手で払いのけ、それ以上は手をかけなかった。

 現場にいた近所に住む人たちにも男は攻撃しなかった。「助けて。人殺し」との悲鳴を聞いて駆けつけた男性2人が男を大原さんから引き離そうとした。男は大原さんに「殺すぞ」と言い、いったん離れたが、再び馬乗りになったという。この後男は男性に刃物を向けたが切りかからなかった。

 こうした状況から目黒署捜査本部は、大原さんへの恨みが動機につながっている可能性があるとみる。

 しかし、意識があった大原さんも瑠璃子さんも犯人は「知らない男」と話しているとされ、家族も含めて事件につながるトラブルは浮かんでいないという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)

新国家公安委員長に期待

【治安解説】
212

 政権が交代してから警察庁に続いていた悲劇が、なんとか、解消されそうだ。3代目にして、ようやくまともな国家公安委員長が就任したからだ。

 前回のトミ子とかいう女性の委員長。予算委員会は、来年度の要求予算で訳の分からない説明をしていた。「観光地に外国人が多くなるのでパトカーを増やしたい」とか言っていた。なんの予算なのかまったく不明だった。

 お隣の韓国に行って慰安婦問題で反日デモに参加した人物が国家公安委員長になるのだろうか? 大臣ってそんなに軽いのか?

 もっとある。その前の委員長のナカイハマグリとかいう人だった。バーかキャバレーのホステスと道の真ん中でキスしたり、議員宿舎に泊まり込ませたり…。挙げ句の果ては銀座から宿舎に帰るのに白タクを利用したという。国の治安機関を管理するトップですぞ。

 国家公安委員会では、賛成反対の同数の場合の投票権があるだけで、たいした権限はないから良いが…

 勿論 「権限がある」と思って口を出せば(出した委員長もいたが某紙の社会面トップだった)、「捜査介入」として批判を受ける。それにしても、日本の治安を預かる政府の責任者が、このように私生活が乱れては、26万警察職員の指揮に影響するの当たり前だ。

 で、今回就任したのが、中野寛成氏という70歳の衆院副議長経験者。経歴を見ても民社党の幹事長を務めるなど、それなりの〝お方〟とお見受けできる。

 関西大学在学中に政党に入党していたというから、よほど「政治好き」なんだろう。問題は、日本の治安をどう見ているかだ。今後の報道を見ることにするが、気になるのがひとつある。

 「大阪の某大から金をもらってた」という情報だ。同大学は北朝鮮工作員の巣窟という裏情報もある…(ネットサーフィンすれば出てきます)。勿論、デマ情報であってほしいものである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本の小学校講師を逮捕 路上でひったくりの容疑(16日)

熊本北署などは16日、路上で女性のバッグをひったくったとして窃盗の疑いで、熊本市立西原小学校臨時講師大野浩孝容疑者(28)=熊本市龍田=を逮捕した。

 逮捕容疑は16日午前1時半ごろ、熊本市大江の路上で、自転車に乗っていた女性(21)に後ろから走って近づき、ハンドルに下げていたバッグをひったくった疑い。女性にけがはなかった。

 同署によると、大野容疑者は「酔った勢いでやってしまった」と容疑を認めている。

 熊本市教委によると、大野容疑者は昨年8月に臨時講師として採用され、5年生の担任をしていた。勤務態度は真面目だったという。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011601000259.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・大田区のアパートで3歳とみられる女児が心肺停止状態で発見 まもなく死亡確認(16日)

東京・大田区のアパートで、3歳とみられる女の子が心肺停止の状態で見つかり、まもなく死亡が確認された。女の子の額などには、あざのようなものがあり、警視庁が死因を調べている。
近所の人は「消防車がまず先に来て、救急車があとに、ゆっくりと裏に回ってきた」と話した。
16日午前10時ごろ、大田区東馬込のアパートで、「知り合いの子どもに熱があって、呼吸をしていない」と、男性から119番通報があった。
救急隊員が駆けつけたところ、3歳とみられる女の子が心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。
女の子の額などには、あざのようなものがあったということで、警視庁は、通報した男性らから事情を聴いている。

Logo_mainichi_s1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速で車奪い事故2件 もう1台奪い事故2件 男を聴取(16日)

 福岡都市高速道路の呉服町ランプ(福岡市博多区)付近の下り線で15日午後11時45分ごろ、福岡北九州高速道路公社の巡回車が男に奪われたと公社から福岡県警高速隊に通報があった。県警によると、巡回車は数分後に一般道に出て市内で2件の追突事故を起こした上、乗っていた男は路上に停車中のタクシーを奪って逃走。市内で16日午前0時すぎまでにさらに2件の追突・接触事故を起こした。一連の事故で5人が軽いけがを負った。

 タクシーは同日午前1時ごろ、佐賀県唐津市内で見つかり、警察の求めに応じ停車。県警は男から道交法違反(ひき逃げ)や窃盗の疑いで事情を聴いているという。

 中央署などによると、巡回車は高速道路の走行車線に軽乗用車が停車しているのを見つけ、後ろに停車。職員が車から降りてコーンを置くなど交通規制の準備をしている間に、車を奪われたという。巡回車はそのまま200メートルほど逆走して一般道に降りていったという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターヘリ、奈良県には負担増? 広域連合不参加で(16日)

和歌山県や大阪府から派遣してもらっている「ドクターヘリ」について、奈良県の費用負担が増える可能性が出てきた。関西広域連合への参加を見送った奈良県に対し、橋下徹府知事が相応の負担を求め、荒井正吾知事はそれに応じる姿勢を示したためだ。

 ドクターヘリは医師や看護師が同乗し、応急処置をしながら救急患者を運ぶ。関西では大阪府と和歌山県に1機ずつ、兵庫・京都・鳥取の3府県共同で1機を導入。県は2002年に和歌山県と、08年に大阪府とそれぞれ運航協定を結んだ。県は派遣1回あたり30万円前後を両府県に支払い、今年度は約600万円の負担となる見込み。

 一方、広域連合の母体となった関西広域機構の試算では、機構に加盟する奈良を含む9府県が8機のヘリを運航した場合、奈良県の年間負担は約7300万円にのぼった。荒井知事は昨年1月、広域連合不参加の理由について「経費の増加」を指摘し、その一例としてヘリの負担増を挙げていた。

 関西広域連合は3機を共同運航する方針で、橋下知事は12日の会見で「奈良県との共同運航をすぐさまストップはできない」としながら、「今までは格安の負担で利用を認めてきたが、それはおかしいので改める方向で考えて欲しい」と述べた。

 これに対し、荒井知事は13日の会見で「引き続きヘリを派遣していただくことはありがたい。負担すべきはする」と協議に応じる考えを示した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母に食事与えず死後も放置、次男に懲役2年(16日)

 高齢の母親に食事を与えず、死後も放置し、年金などをだまし取ったとして、保護責任者遺棄、死体遺棄、詐欺罪などに問われた次男の三重県熊野市木本町、無職桐本行宏被告(57)の判決が13日、津地裁であった。

村田健二裁判長は「介護せず、遺体を放置したのは卑劣で身勝手な犯行。だまし取った年金などの金額も高額」として、懲役2年(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 判決によると、桐本被告は2008年11月下旬~09年1月上旬、母親の千代さん(当時80歳)が心臓病と認知症だったのに介護をせず、病院にも連れて行かなかった。千代さんが死亡した同年2月中旬以降、遺体にビニール袋などをかぶせて自宅に放置。さらに同年4月~10年6月、千代さんの年金や定額給付金など約106万円を国や市から詐取した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

精華大生殺害から4年 「逃げ回らず自首を」遺族訴え 京都(16日)

京都精華大学の男子学生が路上で刺殺された事件から丸4年を迎えた15日、男子学生の遺族や下鴨署員らが、京都市左京区の事件現場と叡山電鉄出町柳駅周辺で、事件の概要を伝える冊子などを配り、情報提供を呼びかけた。

関連記事

記事本文の続き 事件は平成19年1月15日に発生。帰宅途中の京都精華大学マンガ学部1年の千葉大作さん=当時(20)=が路上で男と口論になり、刃物で刺されて間もなく死亡したとされる。男は逃走し、今も有力な手がかりはないという。

 この日の活動には、千葉さんの母親の淳子さん(51)ら遺族や、同大学の関係者、同署員らが参加。通行人らに事件の概要を漫画で紹介した冊子などを配り、「犯人逮捕にご協力ください」と呼びかけた。

 淳子さんは「大作は恐ろしい体験をして命を絶ちきられてしまった。事件から4年がたち、心優しい大作の生き方をまねしようと残された日々を生きています」と話した。

 また、昨年4月に改正刑事訴訟法が施行され、殺人罪などの時効が撤廃されたことに触れ、「ある時期が来たら罪がなくなるということがなくなってよかった。犯人は逃げ回る生き方をやめ、自首してほしい」と話していた。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団事務所の捜索始まる…選挙事務所突入(16日)

 茨城県議選の投開票が行われた昨年12月、石岡市選挙区から立候補し、当選した戸井田和之さん(46)の選挙事務所に保冷車が突っ込み、叔父の利雄さん(62)がひかれて殺害された事件で、県警捜査本部は16日朝、器物損壊、窃盗容疑で逮捕状を取った40歳代の暴力団関係者の男が所属していた石岡市内の暴力団事務所などに同容疑で家宅捜索に入った

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教諭に暴行、容疑の中3逮捕 (16日)

静岡県の伊東署は15日、傷害の疑いで伊東市内の中学3年の男子生徒(15)を逮捕した。調べによると、男子生徒は14日午後1時45分ごろ、同市内の中学校校舎内で、38歳と25歳の男性教諭2人を殴ったり蹴るなどした疑い。2教諭はともに顔などに全治5日程度の軽傷。

関連記事

記事本文の続き 男子生徒は昼休み中、無断で校内放送をかけて注意され、その後に照明のスイッチを蹴るなどして再度注意を受けたところ、教諭2人ともみ合いになったという。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年犯罪の立ち直りに支援を(16日)

過去に罪を犯し少年院に入ったことのある若者たちが、同じような少年の立ち直りを支援しようとNPOを設立し、15日に東京で初めてシンポジウムを開きました。

シンポジウムを開いたのは、少年院に入ったことのある20代から30代の若者たちが中心となってつくるNPO「セカンドチャンス!」です。少年院を出た人どうしがつきあうことは、再犯につながるおそれがあるとして、原則として禁じられていますが、悩みに共感できる経験者が支援することで少年たちの立ち直りを促そうと、活動を始めました。東京・豊島区の会場には、およそ300人が訪れ、傷害事件で1年間、少年院に入っていたことのある会社員の才門辰史さんは「さみしさのあまり、少年院を出たその日に元の仲間を訪ねてしまった。相談できる人がほかに誰もいなかった」と当時の心境を明かしました。また、18歳のときに傷害事件を起こした、会社員の大山一誠さんは「居場所がなくて暴力団に加わってしまう人も少なくない。再犯を防ぐには、少年たちの受け皿が必要だ」と訴えました。法務省の調べによりますと、少年院を出て5年以内に再び罪を犯し少年院や刑務所に入る人は、4人に1人に上っています。少年院の元教官で、NPOの代表を務める津富宏さんは「関係者が協力し合うことで、立ち直ることができずにいる少年たちに手をさしのべたい」と話していて、今後、少年院での講演や子どもたちの居場所作りを進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110116/k10013428241000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親の遺体放置した疑い、会社員逮捕(16日)

1人暮らしの母親が死んでいるのを見つけたのに放置していたとして、広島県の会社員が逮捕されました。死亡後の年金をだまし取っていた疑いもあるということです。

 逮捕されたのは五反田龍男容疑者(46)です。警察によりますと、五反田容疑者は2009年春ごろ、同じ市内のアパートで1人暮らしをしていた当時77歳の母親が死んでいたのを見つけましたが、放置した疑いがもたれています。

 取り調べに対し、「葬儀費用が出せなかった」と供述し、容疑を認めているということです。高齢者の所在がつかめないという市役所からの連絡がきっかけで、14日に遺体が見つかっていました。

 捜査関係者によりますと、五反田容疑者は「年金が入るから放っておいた」と話したということで、警察では死後、母親の年金をだまし取っていたとみて詐欺の疑いでも捜査する方針です。

Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4625723.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

性的暴力 ホットライン設置へ(16日)

性犯罪や夫婦間の暴力など性的な暴力について、24時間、電話で相談を受け付けるホットラインを、内閣府が初めて設置することになりました。ホットラインの番号は0120ー941ー826で、来月8日から3月27日まで設置されます。

内閣府が3年前に行った調査では、性犯罪の被害を受けたと答えた女性の63%が「誰にも相談しなかった」と回答していて、心の傷など被害から早期に回復するためにも、相談しやすい体制を作ることが課題になっています。このため、内閣府は、24時間体制のホットラインを設置して、性犯罪や夫婦間の暴力など、性的な暴力の被害者からの悩みや相談を幅広く受け付けることになりました。相談には、日頃から被害者支援に当たっているNPOのスタッフなどが当たり、被害を受けた直後など緊急性の高いケースは、看護師など専門家が直接、相談に応じるということです。相談は日本語のほか、英語や中国語、韓国語など6か国語でも受け付けることにしています。ホットラインの番号は0120ー941ー826で、来月8日から3月27日まで設置されます。国が性犯罪について電話相談を行うのは初めてで、新年度の4月以降は自治体と連携して相談体制を整えることにしています。

Head_logo1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110116/k10013427831000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

巫女名乗り架空投資募る 夢大陸社長らを詐欺容疑で逮捕(16日)

福岡市早良区の投資コンサルタント会社「夢大陸(ゆめたいりく)」が、架空の投資話で顧客から金をだまし取っていたとして、福岡県警は15日、同市中央区大濠2丁目、同社社長原千春容疑者(55)と元副社長ら計4人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。

 ほかに逮捕されたのは、同区大濠2丁目、元副社長岩田賢二(57)、いずれも元社員で、同市西区内浜2丁目、諸麦健次(53)、佐賀市水ケ江5丁目、龍都(55)の3容疑者。諸麦容疑者だけが「だましたつもりはない」と容疑を否認。原容疑者は「お金をだまし取ったのは間違いない」と話しているという。

 県警生活経済課によると、4人は共謀し、2008年1月~09年12月、福岡市や同県の八女市、大野城市の40~68歳の男女3人に外国債の販売のあっせんを持ちかけるなどして、計約6800万円を同社の口座に入金させ、だまし取った疑いが持たれている。

 原容疑者は自らを「六本木ヒルズと福岡を行き来する巫女(みこ)」などと名乗り、顧客に外国債などの販売仲介を持ちかけ、これまでに福岡や東京を中心に1都1道2府26県の約400人から67億円を集めていたという。県警は、同社が集めた資金を、事業資金や別の顧客への返済などに充てていたとみて、運用実態の解明を進める。

 原容疑者は、同社が運営する福岡市内のコミュニティーFM「スタイルFM」=昨年10月に放送終了=の番組で「六本木の巫女」と称してパーソナリティーを務めたり、福岡や東京などで「お金の木」と題した金融セミナーを開いたりしていた。

 県警は昨年4月、同社や関連会社を金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで家宅捜索。社長や社員らから任意で事情を聴いた。同社が実際には金融商品を購入していなかったと判断し、同5~8月には詐欺容疑でも家宅捜索していた。

 原容疑者は昨年5月末以降、病気を理由にラジオ番組を休止。放送局は10月に閉鎖され、夢大陸も本社が入居していたビルを退去した。原容疑者は一切の説明をしないまま、入退院を繰り返すなど、顧客の前から姿を消した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新成人実行委がアダルトグッズ、出席者に配る(16日)

 愛知県豊田市で9日に行われた成人式で、新成人らで作る実行委員会が、市の補助金でアダルトグッズやわいせつなDVDを計約1万3000円分購入、一部の出席者に配っていたことがわかった。

同市の成人式は26会場で開催。アダルトグッズなどは、このうち155人が出席した豊田産業文化センターで、式典後のビンゴゲームの景品として配られた。市は、同センターの実行委員会に56万円を開催費用として補助。景品代には約20万円が充てられ、新成人の委員らがディスカウントストアなどで購入した。市がレシートを確認したところ、アダルトグッズやわいせつなDVD計十数点が含まれていたという。各会場の運営には市職員も携わっているが、景品については「自主性を重んじてチェックしていなかった」(豊田市)という。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親の遺体を2年放置容疑 長男逮捕、年金引き出す(16日)

 広島県警三次署は15日、死亡した母親の遺体を2年近く放置したとして、死体遺棄容疑で同県三次市畠敷町、長男の会社員、五反田龍男容疑者(46)を逮捕した。

 死亡後に国民年金などを複数回引き出しており、三次署は不正受給による詐欺容疑での立件も視野に捜査をする。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、平成21年春ごろ、同市十日市南のアパートで母親の和子さん=当時(77)=が死亡しているのを発見し、そのまま放置した疑い。「葬式代がなかった」と供述している。

 三次署によると、和子さんは一人暮らし。昨年末、市から「高齢者の行方が分からない」と通報があり、アパートを訪れた同署員が今月14日午後1時ごろ、布団の中であおむけの状態の遺体を発見した。遺体は全身が白骨化し、着衣に大きな乱れはなかった。同署は司法解剖して死因を調べる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団組員に逮捕状、器物損壊などの疑い 茨城の選挙事務所襲撃(16日)

茨城県石岡市で昨年12月、県議選投開票日に候補者の選挙事務所に保冷車が突入、親族がひかれ死亡した事件で石岡署捜査本部は15日、器物損壊などの疑いで暴力団組員の逮捕状を取った。捜査関係者が明らかにした。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部は、保冷車を運転していた男が故意にひいた可能性があるとみて殺人事件として捜査。県議選に絡むトラブルがなかったかどうか調べていた。

 捜査関係者によると、組員は昨年12月12日午前10時35分ごろ、県議選石岡市選挙区(定数2)に立候補した戸井田和之さん(46)の事務所に4トンの保冷車で突っ込み、プレハブの事務所を壊した疑いが持たれている。

 逃げる保冷車を止めようとした戸井田さんの叔父利雄さん(62)がひかれ死亡。保冷車は約800メートル北の駐車場に乗り捨てられていた。

 前日には選挙カーなど車7台のタイヤがパンクさせられたり、事務所に消火剤をまかれる嫌がらせがあった。県議選は12日が投開票日で、戸井田さんはトップ当選した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月17日 »