« 2011年1月7日 | トップページ | 2011年1月9日 »

2011年1月8日

2011年1月 8日 (土)

500mの範囲で4件 北九州市で6件の連続不審火(8日)

 北九州市で7日夜、マンションの室外機などが燃える不審火が6件相次ぎました。警察では、連続放火の疑いが強いとみて調べています。

 警察と消防によると、午後10時過ぎ、北九州市小倉北区で、マンション1階に置かれているエアコンの室外機が燃えているのを通行人が見つけて通報しました。その直後に同じ通行人が、隣の飲食店の出入り口ののれんが燃えているのを発見。いずれも、消防が到着する前に鎮火しました。さらに約1時間の間に、空き店舗のシャッターやゴミ置き場のゴミなどが燃える不審火が約500メートルの範囲内で4件相次ぎました。けが人はいません。現場はJR南小倉駅周辺の繁華街で、いずれも火の気がないことから、警察は、同一犯による連続放火の疑いが強いとみて調べています。

Annlogo1_3 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210108011.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

いちご100キロ盗まれる(8日)

8日午前、栃木県高根沢町のいちご農家のハウスで、とちおとめ100キロぶんが摘み取られているのが見つかり、警察は盗まれたものと見て調べています。
8日午前9時半ごろ、栃木県高根沢町伏久のハウスで、とちおとめおよそ100キロ、出荷の際の価格にすると10万円相当が摘み取られているのを、ハウスの所有者で収穫にきた男性が見つけ、警察に届けました。
現場にはあわせて8棟のハウスがあり、警察や被害にあった男性によりますと、このうちの4棟が荒らされていたということです。
ハウスは男性の自宅から500メートルほど離れていて、7日は夕方まで収穫したあと、出入り口を閉めて帰ったということですが、かぎはかけていませんでした。
摘み取られていたのは、8日収穫する予定だったいちごで、警察は、7日夕方から8日朝にかけて何者かがハウスに立ち入り、盗んだものとみて調べています。
被害に遭った男性は「いまが収穫の最盛期で正月も返上して育ててきたので大変悔しい」と話しています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003288421.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑:当たりの客を連れ出し出玉盗む 男2人を逮捕(8日)

業界の調査を装ってパチンコ店で当たりが出ている客を外に連れ出し、その間に客が獲得した出玉を盗んだとして宮城県警は8日、東京都北区豊島2、自称自営業、上遠野皇(かどの・こう)(41)と同所、無職、美勢航(みせ・わたる)(32)の2容疑者を窃盗容疑で逮捕したと発表した。逮捕は7日。

 容疑は昨年11月5日午後8時40~50分すぎ、仙台市青葉区のパチンコ店で、背広姿の上遠野容疑者が市内の男性会社員(28)に「最近、ゴト行為が多いので確認させてほしい」などと話しかけて外に連れ出し、その間に美勢容疑者が男性が獲得したパチスロメダル約5400枚(約10万8000円相当)を盗んだとしている。

 「ゴト行為」とはパチンコ台に細工などをして出玉を獲得する不正。県警によると、上遠野容疑者は「男性に声はかけたが、盗みは知らない」と容疑を否認しているが、美勢容疑者は「盗んだことは間違いない」と容疑を認めているという。

 県警が事件当時に現場周辺で目撃された不審車両のナンバーなどを割り出し、2人が浮上した。昨年7月以降、東北や関東、中部などで同様の手口の被害が少なくとも25件(被害総額約300万円相当)あり、関連を調べる。【高橋宗男】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110109k0000m040018000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬の羽織盗まれた…記念撮影用だけど 鹿児島・霧島(8日)

 坂本龍馬が新婚旅行で訪れた鹿児島県霧島市の塩浸(しおひたし)温泉にある龍馬資料館に展示されていた記念撮影用の羽織(黒色、紋付き)1着が8日未明に盗まれた。

 羽織は大人用で、企画展を担当したNHKエンタープライズが展示した資料の一部。実際に着て記念撮影できる。子ども用の羽織は残されていた。

 午前4時26分、警報が鳴り不法侵入が発覚。窓を壊して侵入したらしい。前田終止市長は「命をかけて日本を変えた龍馬の志を理解し一刻も早く自首を」と呼び掛けた。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)

無職者に多い自殺

【治安解説】
212_2

 警察庁がまとめた平成22年の自殺者数は3万1560人で前年より1265人減少。平成10年に3万人台になってから13年連続で3万人台を推移している。内訳では男が2万2178人で女が9882人だった。

 過去の統計を見ると最初の数字は昭和53年だが、この時は2万788人で統計上最小の数字だった。以後2万人台で平成9年まで続く。この9年の数字が一気に上がったのが平成10年。9年の2万4391人から一気に7割も増え3万2863人に。

 男女別では、昭和53年以来、平成21年まで女性は1万人以下で推移しているが、男性の自殺者数の増減が全体の数字に影響している。全体の数字が上がれば男性の数字が上がっている。

 さらに、職業別でみると最も多いのが無職者。一気に上昇した平成10年は総数3万2863人の46㌫にあたる1万5266人を占めている。

 このように自殺者の数字は男性で、しかも無職者が全体の数字をコントロールしているようだ。自殺者対策は男性の無職者が鍵を握っていると言えよう。

東京・武蔵野市のアパートで7日未明、67歳の男が騒音をめぐるトラブルから下の部屋に住む男性の顔を切りつける殺人未遂事件があり武蔵野署に逮捕された。 また、女性を投げ飛ばしてけがをさせ、バッグを奪ったとして、警視庁町田署は強盗致傷容疑で、ブラジル国籍の東京都町田市の建設作業員(23歳)と日本人の男を逮捕した。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族が起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

騒音トラブルで殺人未遂の疑い (8日)

7日未明、東京・武蔵野市のアパートで67歳の男が騒音をめぐるトラブルから下の部屋に住む男性の顔を切りつけ、警視庁に現行犯逮捕されました。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、武蔵野市のアルバイト、佐藤通孝容疑者(67)です。

 佐藤容疑者は午前2時半ごろ、自宅アパートで下の階に住む男性(68)の部屋に行き、包丁で男性を切りつけるなどした疑いが持たれています。男性は顔に軽いけがをしました。

 取り調べに対し、佐藤容疑者は「男性の部屋から壁をたたく音がしたため、注意しに行ったら、もみあいになった」などと供述しているということです。

 「(男性は)普段からちょっと言動が変わっている方で、怒鳴ったりとか、叫んだりとかちょっと意味不明なことを言う」(近所の人)

 男性の部屋からはたびたび大きな物音が聞こえていたということで、警視庁は佐藤容疑者が男性と騒音をめぐってトラブルになったとみて調べています

http://news.t

Logo1

bs.co.jp/20110107/newseye/tbs_newseye4618635.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・港区で口論となった同僚を刃物で切りつけ重傷を負わせた57歳男を逮捕(8日)

東京・港区で8日朝早く、口論となった同僚を刃物で切りつけ重傷を負わせた男が、警視庁に逮捕された。
殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、職業不詳・後藤芳男容疑者(57)。
後藤容疑者は8日午前3時50分ごろ、港区港南で、同じ宿舎に住む52歳の男性と酒を飲んだ帰りに口論になった際、いったん自宅に戻り、包丁を持ち出して、男性の顔や首を切りつけた疑いが持たれている。
男性は重傷を負ったが、命に別条はないという。
調べに対し、後藤容疑者は「包丁を持ち出して男性を傷つけたことに間違いありません」と、容疑を認めているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00190859.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ごみ袋になぜ免許証が…通報で車上狙いにアシ(8日)

車上荒らしで財布や現金などを盗んだとして、高知県警南国署は6日夜、同県南国市岡豊町定林寺、会社員安藤

文栄

(

ふみたか

)

容疑者(37)を窃盗容疑で逮捕した。

 自宅のごみと一緒に現金以外を捨てたが、分別が不十分だったために回収されず、ごみ袋に免許証が捨てられているのを不審に思った近所の人が同署に通報し、逮捕につながった。

 発表によると、安藤容疑者は昨年11月2日午前2時頃、同県香美市香北町の駐車場で、男性(56)の軽乗用車から約2万1500円や免許証などが入った財布、小銭入れなどを盗んだ疑い。

 安藤容疑者は同月8日のごみ収集日に、盗んだ免許証などを捨てたとみられるが、11日になっても回収されず、近所の男性が不審に思ってごみ袋の中身を確認。通報を受けた同署が袋から安藤容疑者宛てのはがきを見つけ、捜査していた。安藤容疑者は「お金がほしかった」と容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

OL投げ飛ばしバッグ強奪、ブラジル人ら逮捕(8日)

 女性を投げ飛ばしてけがをさせ、バッグを奪ったとして、警視庁町田署は強盗致傷容疑で、ブラジル国籍の東京都町田市本町田、建設作業員、原田しんじことハラダ・エルトン・カルロス・シンディ・ビデイラ被告(23)=強盗致傷罪で起訴=と住所不定、建設作業員、安西光洋容疑者(23)を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、2人は容疑を認め、「カネがほしくて強盗をした」と供述しているという。2人は同じ職場に勤める知人だった。同署は余罪があるとみて調べている。

 逮捕容疑は昨年8月18日午後11時50分ごろ、町田市内の路上で、徒歩で帰宅途中の女性会社員(24)を後ろから襲い、投げ飛ばすなどの暴行を加えて両肘などに軽傷を負わせた上、財布などが入ったショルダーバッグ(11万7千円相当)を奪ったとしている。

 ハラダ容疑者は今回の事件とは別に、町田市内2件、神奈川県内1件の計3件の強盗事件で起訴されている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋田弁護士殺害:業過致死容疑で警官2人を秋田地検に告発(8日)

秋田市の津谷裕貴弁護士が自宅で殺害された事件で、現場に駆けつけた秋田県警機動捜査隊の警察官2人について、県外の弁護士2人が、業務上過失致死容疑で秋田地検に告発したことが同地検への取材でわかった。

 事件では同市の無職、菅原勝男被告(66)が殺人罪などで起訴された。

 県警の発表では、110番を受けて駆けつけた2人の警察官は、菅原被告から拳銃を取り上げた津谷さんの手を取り押さえた。菅原被告はこの間に別室に置いてあった刃物を取りに行き、津谷さんを刺した。

 当時現場にいた津谷さんの妻良子さん(53)は「警察官はどちらが犯人かを尋ねず、2人で夫の両腕を押さえてなかなか放さなかった」と主張。一方、県警は「押さえたのは片手で、指摘を受けてすぐに放した。拳銃を押さえるのは暴発などを防ぐやむを得ない行為。犯人を誤認したわけではない」と説明し対応に問題がなかったとの見解を示している。【小林洋子】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108k0000e040031000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁:カメラ付き携帯「ピーフォン」 素早い逮捕に威力(8日)

交番やパトカー勤務など警視庁地域部の警察官約3000人に貸与されているカメラ付き携帯電話「ピーフォン」が、犯人逮捕や迷子の発見などに効果を上げている。昨年9月に発生した連続コンビニ強盗事件では、現場に駆けつけた警察官が防犯カメラの犯人画像を撮影、通信指令本部経由で画像の手配をかけることで、素早い逮捕に結びつけた。新年度には2000台が追加され、当番勤務の全員に行き渡る予定で、首都の治安向上に威力を発揮しそうだ。【山本太一、内橋寿明、小泉大士】

 「3万円を出せ」。昨年9月20日午前10時17分。東京都中央区日本橋箱崎町のコンビニに入ってきた男が果物ナイフをちらつかせながら店員を脅した。店員が断ると男は何も取らずに逃走した。<20~30歳、170センチ。髪は黒色、短め。黒色の半袖シャツ、黒色ズボン>。警察無線に手配情報が流れた。

 20分後、近くの同区日本橋茅場町のコンビニで、男が果物ナイフを手に2万円を要求する事件が発生。そして同日午後3時半、こんどは江東区東陽町のコンビニでアルバイト女性(54)に、アジアの外国人風の男が文化包丁(刃渡り約15センチ)で脅しながら5000円を要求する事件が起きた。紫色のリュックという新情報を除けば、三つの事件の犯人の特徴はよく似ていた。

 「連続コンビニ強盗とみられる。包丁を所持しているので警戒するように」。本庁4階の通信指令本部から間もなく出された指示の決め手は、ピーフォンだった。日本橋と茅場町の現場にそれぞれ急行した久松、中央署の警察官が、店内の防犯カメラに映っていた男の画像を撮影し、送信してきていた。

 三つの事件がつながった。約3000人のピーフォンに、手配写真として防犯カメラ画像が一斉送信された。深川署のパトカーが、江東区南砂2の路上で男を見つけ現行犯逮捕したのは、その直後のことだ。留学生として来日し、東北地方の大学に籍を置いていた25歳の中国人だった。

 警視庁幹部は「現場の状況や犯人の特徴を口頭で説明するのは難しい。ピーフォンの画像ならひと目で分かる」と話す。警視庁によると、迷子の捜索や台風・地震など災害現場の報告の際も画像が役立っているといい、将来的には交番の鍵としての機能や、別途携帯させているボイスメモ(ICレコーダー)の機能も付けたい意向だ。

 ◇ピーフォン

 POLICE PHONEの略。位置情報が分かるGPS(全地球測位システム)やカメラ機能が付いた携帯電話で、警視庁管内の110番をメール受信でき、最大5人が同時に通話可能。撮影した画像は通信指令本部のスクリーンに表示される。08年6月の東京・秋葉原17人殺傷事件の現場で無線が混線し、交信手段として携帯電話が威力を発揮したことをきっかけに、警視庁地域部が09年から導入を始めた。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108k0000e040048000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野・安曇野市で住宅2棟を焼く火事 焼け跡からこの家の老夫婦とみられる2人の遺体(8日)

長野・安曇野市で8日、住宅2棟を焼く火事があり、2人の遺体が見つかった。警察は、この家の老夫婦とみて、身元の確認を進めている。
8日午前0時すぎ、安曇野市の斉藤兼美さん(57)の住宅から火が出ていると、消防に通報が入った。
住宅2棟が全焼し、隣の家の倉庫も焼いて、火は4時間後に消えたが、焼け跡から2人の遺体が見つかった。
斉藤さんの両親の義金さん(85)と、妻の登美子さん(78)の行方がわからなくなっていて、警察が、遺体は2人ではないかとみて身元の確認を進めている。
斉藤さんの家は6人家族で、義金さん夫婦を除く4人は、逃げる際に煙を吸うなどして、病院で手当てを受けた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじの当せん券偽造、当せん金だまし取ろうとした女逮捕 (8日)

昨年発売された年末ジャンボ宝くじの2等1億円の当せん券を偽造、銀行から現金をだまし取ろうとしたとして、長野中央署は7日、長野市西町の無職宮腰恵美子容疑者(67)を詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前9時すぎ、同市問御所町のみずほ銀行長野支店で、偽造した当せん券を差し出し、行員をだまそうとした疑い。逮捕容疑を否認しているという。

 同署や県警捜査2課によると、券の一部の模様がずれていて見た目にも偽造と分かる状態だったという。行員が不審に思い、当せん券を判別する機器も異常を示したため、同署に通報。駆け付けた署員が現行犯逮捕した。

 同市内では昨年6月末にも、男=当時(68)=が「当せん番号と2カ所だけ違っていて悔しかった」と年末ジャンボ宝くじの1億円の当せん券を偽造し、同支店に持ち込み詐欺未遂容疑で逮捕された。

http://www.shinmai.co.jp/news/20110108/KT110107FTI090007000022.htm

47newslogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京消防庁 システムの不具合は人為的ミス(8日)

 東京都内で5日に119番通報が一時、つながりにくくなった問題で、東京消防庁は「職員がケーブルをつなぎ間違えたため、システムに不具合が出た」と発表しました。

 東京消防庁で、消防隊や救急隊の出動を決める災害救急システムが動かなくなり、この対応に119番通報の受付係が追われたため、4時間半にわたって都内からの通報がつながりにくくなりました。この問題で東京消防庁は、システムをつなぐケーブルを職員が誤った場所に接続したため不具合が出たと発表しました。万一の場合用の予備システムも一連の回線につながれていて、同時に機能しなくなったということです。いつ、どの職員が誤って接続したかは分かっていないということです。東京消防庁は今後、誤って接続してもシステムは問題なく運用できるよう改善するとしています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210107046.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「いじめが重要な要因」中2自殺で調査結果(8日)

千葉県市川市立中学校2年の男子生徒が昨年11月に自殺した問題で、市教委は7日、「いじめが重要な要因と思われる」とする調査結果を明らかにした。

 ただ、遺書がないことなどから「自殺の直接的な原因は特定できない」としている。

 男子生徒は11月14日に自宅で首をつって自殺。同月1日に同校が行ったアンケート調査に「いじめられたことがある」と回答していたため、市教委が自殺後、周囲の生徒から話を聞くなどの調査をしていた。

 その結果、複数の生徒が男子生徒に、「暴言や悪口を言う」「物を隠す」「訳もなくたたく」といった行為をとっていたことを認めたという。一方、学業や部活の悩みも自殺の原因に考えられるとし、「いじめを含む複合的な原因による自殺」との見解に至った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

西武線の電車のガラス割れる 投石の疑いも(8日)

 東京・東村山市で、走行中の西武新宿線の電車のフロントガラスが突然、割れました。警視庁は、何者かが石を投げつけた疑いもあるとして調べています。

 7日午後4時前、西武新宿線の所沢駅から東村山駅へ走っていた準急電車のフロントガラスが突然、割れました。警視庁の調べによると、当時、電車は時速90キロくらいで走行中で、フロントガラスには手の平大のクモの巣状のひび割れができていたということです。電車には乗客約430人がいましたが、けがはなく、次の東村山駅で代わりの電車に乗り換えたということです。警視庁は、何者かが電車に石を投げつけた疑いもあるとして調べています。

Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

みずほ元行員2億円超所得隠しか 詐取事件、特捜部捜査(8日)

融資先の売上高を水増ししてみずほ銀行に計5億円を不正に融資させ、だまし取ったとされる事件で、同行築地支店の元課長代理・武田広人被告(35)=詐欺などの罪で起訴=が詐取した2億数千万円を所得として申告していなかった疑いがあることが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、武田被告を近く所得税法違反(脱税)の疑いで立件する方針を固めた模様だ。

 調べや関係者によると、武田被告は2008年7月と10月、宮田誠被告(66)=詐欺などの罪で起訴=が経営するコンサルタント会社「プロシード」への融資金として同行から計5億円を詐取。このうち4億5千万円を宮田被告と山分けしたとされる。

 武田被告は取り分として得た2億数千万円を、6千万円以上の新築マンション購入費や遊興費に充てていた。特捜部は、私的に使っていることなどから2億数千万円は武田被告の所得との見方を強めており、税務申告せずに数千万円に上る所得税を免れた疑いで詰めの捜査をしている。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元妻経営パブに2000万出資…建築会社元会長(8日)

埼玉県川口市の注文住宅建築会社「アーバンエステート」(破産手続き中)が建築請負代金を詐取したとされる事件で、同社側が、詐欺容疑で逮捕された元会長の永井昭四郎容疑者(61)の元妻が経営する中国人パブ(さいたま市大宮区)に対し、破産申請前の2008年7~8月、4回に分け計2000万円を出資していたことが7日、わかった。

同社は当時、施主からの前払い金を運転資金に充てるなど多額の負債を抱えていた。

 被害対策弁護団などによると、出資に対する報酬がパブ側から同年9月から数か月間支払われ、永井容疑者は月100万円、ともに詐欺容疑で逮捕された元社長の大山伸吾(47)、元取締役営業部長の三井晴子(57)両容疑者も月20万円を受け取っていたという。

 永井容疑者は同社が破産申請する直前の09年3月中旬、パブ側から出資金を回収し、自分の口座に2000万円を移したとされる。永井容疑者は「(2000万円を)誤って捨てた可能性が高い」と話したという。

 同社には、08年8月に開店した中国人パブに出資したとする文書が残っているが、永井容疑者は破産管財人に「アーバン社から借りて、個人として出資した」と説明しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

原付きナンバー廃止打診 ひったくり増加も懸念(8日)

 ミニバイクなどの原動機付き自転車のナンバープレートについて、総務省が昨年、軽自動車税の課税と合わせて廃止する可能性があることを警察庁に伝えていたことが7日、分かった。徴税コストが高く、赤字になっている自治体が多いことが理由だ。警察庁は「治安に重大な影響を及ぼす」と反発。今年度の政府税制調査会への改正要望には盛り込まれなかったが、赤字事業の行方をめぐって、今後も議論が続きそうだ。

関連記事

記事本文の続き 総務省によると、125cc以下の原動機付き自転車は、国土交通省への届け出制度がないため、市町村と東京23区がナンバープレート(課税標識)を交付し、徴税事務を行っている。年間税額は50cc以下が1千円、51~90ccは1200円、91~125ccは1600円と安く、ナンバー代は自治体が負担している。

 総務省が平成20年度の決算ベースで、全国の157自治体を抽出して調査した結果、約3分の1の52自治体で赤字になっていることが判明。自治体別では政令市の45%、町村の56・5%がコスト割れしていた。

 課税台数が全国最多規模の20万台近くに上る大阪市では、50cc以下で税額1千円のミニバイク1台につき徴税コストは1073円。人件費や請求書の印刷費、滞納者への督促通信費、1台100円程度のナンバー代などがかかり、赤字額は年間約1400万円にのぼる。

 総務省は昨年2月、二酸化炭素の排出抑制対策の一環として、環境への負荷に応じた自動車課税を検討するため、有識者による「自動車関係税制に関する研究会」を設置。この中で原動機付き自転車への課税についても議論された。

 9月にまとめられた最終報告書では「かなりの地方自治体で徴税費が税収を上回っている」とした上で、「課税のあり方についても検討すべき」と指摘。さらに「税率の引き上げもしくは課税からの除外が考えられる」と言及した。

 関係者によると、総務省はこうした結果を踏まえ、警察庁にナンバープレートの廃止を含めて検討中であることを非公式に打診。反発する警察庁に、ナンバー交付業務の警察への移管も提案した。しかし、総務省で検討した結果、今年度の政府税調に対する改正要望には盛り込まないことにしたという。

 ■計り知れない治安への影響

 もしミニバイクのナンバーがなくなったら-。警察庁幹部は「犯罪を起こしやすい環境をあえて作り出すことになる。治安に与える影響は計り知れないほど大きい」と強い懸念を示す。

 街頭犯罪の筆頭格、ひったくりに使われるのは圧倒的にミニバイクが多い。仮にナンバーがなくなれば、逃走が容易になる上、ひき逃げなどの増加も予想される。

 さらに、バイク盗難の増加が見込まれる一方、発見される確率は低くなる。バイク盗はいわば「犯罪の入り口」の一つで、社会全体の規範意識の低下につながるほか、盗難バイクがあらゆる犯罪に利用される恐れが強い。

 ドライバーの立場になれば、税金が安くなるため多くの人が賛成すると予想される。しかし、盗難対策として自転車と同じ「防犯登録」になった場合、警察官による職務質問が頻繁に行われる可能性が高い。警察庁幹部は「結局、善良な市民に不便をかけることになる」と指摘する。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子:5日午後から不明 千葉・銚子(8日)

千葉県警銚子署は7日、銚子市柴崎町1、会社員、大胡(おおご)晃さん(41)の長男朋也君(14)=市立第五中2年=が5日午後から行方不明になっていると発表した。事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとして捜索している。

 同署によると、朋也君は5日午後2時55分ごろ、「お菓子を買いに行く」と祖母(74)に告げ、自転車で自宅を出た。夜になっても帰宅しないため、家族が午後8時過ぎに通報した。近所のコンビニエンスストアなどの防犯カメラに姿は映っておらず、足取りはつかめていないという。

 朋也君は身長約172センチでやせ形、髪は黒い短髪のくせ毛。自転車は灰色で、後輪の泥よけに学校の青色ステッカーがはってあるという。【西浦久雄】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108k0000m040084000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺:受刑者が立川拘置所で(8日)

立川拘置所(東京都立川市泉町)は7日、単独室の60代の男性受刑者が下着で自分の首を絞めて死亡したと発表した。机の上に遺書らしき便箋1枚が残されており、自殺とみられるという。

 同拘置所によると、6日午前7時10分ごろ、布団に入った意識の無い受刑者を職員が発見、間もなく死亡が確認された。5日午後7時半ごろに職員が見た際には異変はなかったという。同拘置所では昨年6月にも20代の男性被告が自殺しており、同拘置所は「またこのような事案が発生し誠に遺憾。再発防止に努めたい」としている。【池田知広】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108k0000m040110000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月7日 | トップページ | 2011年1月9日 »