« 2011年1月6日 | トップページ | 2011年1月8日 »

2011年1月7日

2011年1月 7日 (金)

致死量900人分の青酸カリ含む薬品盗難(7日)

約900人分の致死量の青酸カリを含む薬品が、栃木・日光市の工場から盗まれていたことがわかった。

 被害に遭ったのは「古河電工」日光事業所で、警察によると、5日、毒物の青酸カリを含むシアン化金カリウム計1.1キロが、物置からビンごとなくなっているのが見つかった。シアン化金カリウムは金メッキの加工に使われる薬品で、先月28日の時点では保管されていたことが確認されている。

 警察は、年末年始に盗まれたとみて調べている。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/01/07/07173723.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:過払い電気料返金装う 女性医師、650万円被害--名古屋 /愛知(7日)

名古屋市昭和区の女性医師(80)が4~5日、電力会社の社員を名乗る男に「払い過ぎた電気料金を返すので、現金自動受払機(ATM)を言う通りに操作してほしい」と電話で指示され、現金約650万円をだまし取られていたことが分かった。昭和署は新手の振り込め詐欺事件とみて、注意を呼びかけている。

 同署の調べでは、4日午前11時ごろ、女性の自宅に電話があり、男が「電気料金を払いすぎている。返金するので、キャッシュカードと携帯電話を持ってATMに行って」と指示した。男は女性の携帯電話番号を聞き出し、ATMに行く時刻を指定。女性が区内のATMに着くと、男から電話があり、操作方法を指示された。

 女性は4~5日、7回にわたり、計4口座に約650万円を振り込んでしまったという。

 多額の振り込みに気付いた金融機関が女性に確認したため発覚。女性は5日、昭和署に被害を届けた。【秋山信一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110106ddlk23040112000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)

火災が多くなっています注意を

【治安解説】
212_2

 警察庁がまとめた年末年始(12月29日~1月3日)の全国における交通事故死者数は56人で前年同期に比べて30件、34.9㌫減少したことが分かった。

 しかし、事故発生件数は8087件で前年の7875件より212件、2.7㌫増加。負傷者数は10309人で、前年同の9925人より384人3.9㌫と増加した。

 死者数の1位は新潟県で5人、2位が愛知県と鹿児島県のそれぞれ4人、4位は大阪と三重県でそれぞれ3人と続く。

 事故発生件数の1位は東京の689件、2位が埼玉県の599件、3位が愛知県の548件、4位が大阪の545件、5位が兵庫県の445件だった。

 逆に交通事故が最も少なかったのは6日間で発生がわずか10件で死者数もゼロの島根県だった。鳥取県も事故件数は16件で死者ゼロと2位にランクされた。大雪で車両数が少なかったのと慎重な運転が強いられたものとみられる。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿は、7日午前4時45分ごろ、横浜市旭区の市営団地に住む49歳の介護ヘルパーの女性が首を刺され死亡した。刺したのは、27歳の介護ヘルパーの男で、被害者の三女の夫だった。「普段から『バカだ』と言われて腹が立っていた」として刺したことは認めている。こんな事件多いですね。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・我孫子市郵便局強盗事件 51歳の無職の男を再逮捕(7日)

千葉・我孫子市で2010年11月にあった郵便局強盗事件で、51歳の無職の男が再逮捕された。
再逮捕されたのは、我孫子市柴崎台の無職・海老原 彰男容疑者(51)。
海老原容疑者は2010年11月、我孫子市新木野の郵便局に包丁を持って押し入り、現金およそ27万円を奪った疑いが持たれている。
海老原容疑者は、「借金の返済に困ってやった」と容疑を認めているという。
海老原容疑者は2010年12月3日にも、野田市の郵便局に包丁を持って押し入り、現金およそ20万円を奪ったとして、すでに逮捕されていた。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00190810.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都・南丹市でスタッドレスタイヤなど44本盗難 府内では同様の事件相次ぐ(7日)

京都・南丹市で、倉庫に保管されていたスタッドレスタイヤなど44本が盗まれた。
京都府では、2010年12月29日から31日にかけて、ガソリンスタンド4カ所で、スタッドレスタイヤなど200本、170万円相当が盗まれていた。
タイヤを盗まれた人は「こんな時期に許せないですよね、本当に。できれば返していただきたいと」と話した。
警察は、同一グループによる転売目的の犯行とみて、調べを進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「Hey!Say!JUMP」チケット代詐取 容疑の少女逮捕(7日)

 アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のコンサートチケットを販売するように装って掲示板に書き込み、代金を詐取したとして、警視庁少年事件課が詐欺容疑で神奈川県の職業不詳の少女(17)を逮捕していたことが7日、同課への取材で分かった。

 同課によると、少女はインターネットの交流サイト掲示板に「Hey!Say!JUMPのコンサートチケットを販売、譲ります」と書き込んでいた。チケットは昨年8月に実際に開催されたコンサートのもので入手困難な状態だった。

 少女は掲示板を見た女子短大生2人=ともに(19)=とメールでやりとり。6月中に渋谷区内で直接会ってチケット代金を受け取ったが、「チケットは後で自宅に送ります」とうそをつき、送らなかった。

 逮捕容疑は6月下旬、短大生2人から4枚分のチケット代として現金計3万円をだまし取ったとしている。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

騒音トラブルで殺人未遂の疑い (7日)

7日未明、東京・武蔵野市のアパートで67歳の男が騒音をめぐるトラブルから下の部屋に住む男性の顔を切りつけ、警視庁に現行犯逮捕されました。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、武蔵野市のアルバイト、佐藤通孝容疑者(67)です。

 佐藤容疑者は午前2時半ごろ、自宅アパートで下の階に住む男性(68)の部屋に行き、包丁で男性を切りつけるなどした疑いが持たれています。男性は顔に軽いけがをしました。

 取り調べに対し、佐藤容疑者は「男性の部屋から壁をたたく音がしたため、注意しに行ったら、もみあいになった」などと供述しているということです。

 「(男性は)普段からちょっと言動が変わっている方で、怒鳴ったりとか、叫んだりとかちょっと意味不明なことを言う」(近所の人)

 男性の部屋からはたびたび大きな物音が聞こえていたということで、警視庁は佐藤容疑者が男性と騒音をめぐってトラブルになったとみて調べています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4618635.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「普段からバカといわれ…」義母刺す 27歳容疑者逮捕(7日)

7日午前4時45分ごろ、横浜市旭区今宿東町の市営団地近くの公衆電話から、「義母を刺した」と110番通報があった。旭署の署員が駆けつけたところ、市営団地の自宅室内で、介護ヘルパーの壬生(いくるみ)清江さん(49)が首を刺され、倒れていた。同署は、近くの路上にいた、横浜市港北区鳥山町の介護ヘルパー菊地駿平容疑者(27)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。壬生さんは病院に運ばれたが、約1時間半後に失血死した。同署は、今後、殺人容疑に切り替えて調べる。

 同署によると、菊地容疑者は壬生さんの三女(21)の夫。「普段から『バカだ』と言われて腹が立っていた」として刺したことは認めているが、殺意は否認しているという。菊地容疑者が通報したとみられる公衆電話のそばには、血のついたはさみが落ちていた。

 壬生さんは四女(17)と2人暮らし。隣の部屋で寝ていた四女は無事だったという。壬生さんの自宅玄関のガラス窓が割れており、同署は、菊地容疑者がガラス窓を割って玄関の鍵を開けたとみている。

 また、同署によると菊地容疑者の妻は、同容疑者が日頃から睡眠導入剤を飲んでいたと話しているという。7日未明に妻が薬を隠したことで口論になり、港北区の自宅からタクシーで壬生さんの自宅に向かったという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内の不審バッグで中央線が約1時間半ストップ(7日)

7日午前11時ごろ、JR中央線高尾発東京行き特別快速の車内に、持ち主の分からない不審な布製のスポーツバッグがあると、立川駅で降りた乗客が駅員に伝えた。三鷹駅で警視庁などが確認をした影響で、中央線は約1時間半にわたりストップした。

関連記事

記事本文の続き 警視庁によると、バッグは2両目と3両目の連結部分にあり、中身は電子手帳や衣類だったという。

 JR東日本八王子支社などによると、特別快速の乗客約1200人は三鷹駅で降車。中央線は午後0時半ごろ再開した。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

30歳無職男、16歳少女と「愛人契約」結び御用(7日)

18歳未満の少女と知りながら買春したとして、警視庁新宿署は児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都足立区新田、無職、足利豪容疑者(30)を逮捕した。

 同署によると、足利容疑者は公立高校2年の女子生徒(16)が携帯電話のコミュニティーサイトに書き込んだメールアドレスを見つけ、「愛人募集。満足のいく額を支払うので、プロフィルを送って」などと書いたメールを送信した。

 足利容疑者は6月下旬ごろ、豊島区のホテルで生徒と出会い、わいせつ行為に及んだが、対価については「愛人契約なので来月払う」としたまま、支払わなかったという。

 同署には生徒と同じように足利容疑者と「愛人契約」を結んだものの、支払いがないとして別の成人女性から相談があり、捜査していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横峯議員立件見送りへ 恐喝「深い関与」なし 東京地検(7日)

 恐喝事件で不起訴となった会社役員の男性に「起訴相当」の議決をした東京第四検察審査会が、「横峯良郎参院議員(民主)も深く関与した」と指摘した問題で、再捜査を続けていた東京地検が、横峯氏の立件を見送る方向で検討していることが分かった。深い関与は認められないと判断した模様だ。

 会社役員についても、被害がすでに弁済されていることなどから再び不起訴(起訴猶予)にする方針。

 会社役員はプロレスラーらに指示して2009年6月、東京都渋谷区にある飲食店の売上金約30万円を脅し取ったとして他の5人と共に警視庁に逮捕されたが、東京地検は同年12月、いずれも起訴猶予とした。当時、横峯氏については事情聴取せず、起訴・不起訴の判断もしなかった。

 検察審査会は、昨年7月に会社役員について「起訴相当」と議決。その中で、本来は審査対象でない横峯氏について「参謀のような活動をしている。なぜか事情聴取さえ受けていない」と異例の指摘をした。地検は昨年9月以降、横峯氏から数回にわたり任意で聴取したが、横峯氏は関与を否定したという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

留守交番怒り電話線切断…警官の帰り待った教諭(7日)

鳥取県警米子署は6日、米子市冨士見町、県立米子南高教諭藤井裕之容疑者(40)を器物損壊容疑で逮捕した。

 発表では、藤井容疑者は同日午前0時55分頃、自宅近くの米子署角盤交番内で、電話線のコードを引きちぎった疑い。調べに対し「歩道に雪が残っており、警察官に『ちゃんと雪かきをしろ』と注意しようと立ち寄ったのに、誰もいなくて腹が立った」と供述しているという。

 同高などによると、藤井容疑者は職場有志の新年会で飲酒後、歩いて帰宅する途中だった。パトロールで留守にしていた警察官が戻るまで、交番内で待っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

伏見ミイラ遺体は21年以前に死亡と判明 京都(7日)

京都市伏見区向島二ノ丸町の市営住宅の一室で住人の園田盈雄(みつお)さん(92)とみられるミイラ化した遺体が見つかった事件で、府警捜査1課は6日、司法解剖の結果、死亡推定時期は平成21年以前、と発表した。死因は不詳という。同課は死体遺棄や詐欺容疑を視野に入れ、同居していた三男(55)からさらに事情を聴いている。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、遺体が見つかった衣装ケースには、平成13年10月ごろに印刷されたスーパーのチラシが詰め込まれていた。また、三男は遺体を放置したことについて「精神的に余裕がなかった。葬儀を出してやれず、申し訳ないことをした」と話しているという。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

比派遣の警視長らが私的な飲食代を不正精算 JICAが厳重注意(7日)

国際協力機構(JICA)からフィリピン国家警察に派遣されていた警察庁の警視長と京都府警の警部が、活動経費の使途を偽って精算したとして、JICAから昨年12月、厳重注意処分を受けたことが7日、警察庁への取材で分かった。

 警視長は警察庁からJICAへの派遣扱いになっていたが、同庁はすでに警視長を帰国させた。懲戒処分にはしない方針。警部も近く帰国する。

 警察庁によると、2人は昨年7~9月ごろ、同僚らとの私的な飲食代金を、フィリピン国家警察関係者との会合に使ったと偽り、「在外事業強化費」として計約1万ペソ(約2万円)を請求したという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足立区のビル 拠点化の可能性(7日)

オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」の関連会社が去年3月に購入した東京・足立区のビルは、別のアレフの施設から信者が移り住んで、ことし中には教団の拠点施設となる可能性が高いことが分かり、警視庁などは警戒を強めています。

オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」は、幹部が社長を務める不動産会社が去年3月に足立区入谷に購入した4階建てのビルの改修工事を進めていて、先月には、このビルに生活用品などが運び込まれたことが分かっています。警視庁などによりますと、アレフが現在、拠点としている東京・世田谷区の施設は、ことし6月末で貸借契約が切れるうえ、アレフ側が契約を更新しない方針であることが新たに分かりました。このため、警視庁や公安調査庁は、世田谷区の施設に住む信者らの一部が足立区のビルに入居するものとみています。また、足立区のビルには、ほかの施設からも信者が移り住む動きがあり、ことし中には、このビルがアレフで最大の拠点施設となる可能性が高いということです。警視庁などは、施設の移転を機に信者の動向が見えにくくなるおそれがあるとして、警戒を強めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110107/k10013258361000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察犬「きな子」 香川県警でデビュー (7日)

ついに正式デビューです。警察犬の試験に失敗しながらもあきらめない姿が人気を呼んだ見習い警察犬「きな子」が、正式に香川県警に採用されました。

 誇らしげな、きな子。仲間の警察犬とともに堂々と行進です。香川県警察学校で委嘱状とメダルが渡され、晴れて警察犬の仲間入りを果たしました。

 きな子は6年連続で試験に失敗しましたが、あきらめずに挑戦する姿が人気を呼び、映画のモデルにもなりました。そして去年11月、7回目の競技大会挑戦で初めて優勝し、正式に嘱託警察犬として採用されたものです。

 「これでほっとしたという感じですね。あんまり立派なことをするんじゃなくて、今まで通り普通のことで普通にやればいいんじゃないかと思いますけど」(きな子の訓練士・亀山伸二さん)

 きな子はこれからおよそ2年間、事件の捜査や行方不明者の捜索などに当たります。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4618090.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ資料流出、強まる内部犯行説 米などに捜査共助要請(7日)

警視庁公安部外事3課が作成したとされる国際テロ捜査資料がインターネット上に流出した事件で、警視庁など警察当局がルクセンブルクや米国に捜査共助を要請したことが6日、捜査関係者への取材で分かった。1月からEUとの間で刑事共助条約が発効、警察当局はサーバーを経由したルクセンブルクでの捜査を本格化させる。犯人は複数の警察幹部の私用メールアドレスを把握しており、内部犯行との見方が強まっている。

関連記事

記事本文の続き ■執着

 資料はファイル共有ソフト「ウィニー」に公開される2日前の昨年10月26日早朝、「オンラインストレージサービス」と呼ばれるグループ内で文書を保存・閲覧できるサイトに114件が掲載された。メールなどで受信した接続先にアクセスすることで閲覧できる。

 資料の存在を知らせるため、イラク大使館と中国大使館、イスラム関連団体関係者など計18カ所にメールを一斉送信。この中には外事3課の経験があり警察庁に出向中の警部1人も含まれていた。送信元アドレスには安藤隆春警察庁長官の名前が使用された。

 メールの件名はイスラム社会を警察が敵視しているかのような意味で、「秘密資料」と書かれていた。迷惑メールと疑われ接続先にアクセスすることはなく、資料の流出はこの時点では発覚しなかった。

 このため、犯人は「第2弾」の攻撃を仕掛ける。同28日夜にはウィニーに資料を公開。今度は青木五郎警視庁公安部長を指すとみられる「あおき」をファイル名に使用した。

 ウィニー上の資料の存在を広く知らしめるためか、同29日未明までに埼玉県警幹部やイスラム研究の学者ら計3人に資料が添付されたメールを送信。同日夜には「WikileaksJapan日本の現在に関する記事」とのブログが開設され、簡易投稿サイト「ツイッター」でも資料の存在を知らせる記述があった。

 「短時間で確実に流出を知らせようとする強烈な意思は、執念すら感じさせる」と警察幹部は話す。

 ■自信

 捜査が自分に及ばないようにするには、行動は少ないほうがよい。ウィニーに公開するだけにし、資料の存在を知らせる「告知」行為をしないほうが安全ではある。執拗(しつよう)に知らせようとしたのはなぜか。

 「アジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議直前であり国際問題化を狙ったとしか思えない。パソコンに精通し追跡されないという自信もあったのでは」と警察幹部。

 資料流出を示すメールには、2種類の「フリーメール」が使用された。フリーメールは匿名性が高く偽名でも取得できる。さらに、ウィニーやメールの送信、オンラインストレージサービスの利用には、匿名化ソフトが使用された疑いが強いという。

 関係者によると、匿名化ソフトは「Tor(The onion router)」と呼ばれるもので、海外のサーバーを複数経由するため発信元の特定が困難になる。ネット上からも無料でダウンロードでき入手は容易だ。

 ルクセンブルクのレンタルサーバーを経由していることがすでに判明しているが、これ以前には複数の海外サーバーを経由、たどるのは簡単ではない。

 今月からEUとの間で刑事共助条約が発効。外交ルートを経由せずに双方の捜査機関が直接やりとりできるようになり、捜査要請に対する義務も生じる。捜査に“追い風”が吹いているともいえる。「捜査は格段にやりやすくなる。『告知』するため積極的に動いたことでボロがでているはずだ。ほころびをつぶすしかない」と警察幹部は力を込める。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋田の自殺者、13年ぶり400人下回る 予防策実る?(7日)

厚生労働省の統計で15年連続で自殺率が最も高い秋田県の2010年の自殺者数が、前年より70人減って368人になったことが6日、県警の速報値でわかった。秋田県の自殺者数が400人以下になるのは97年以来13年ぶり。民間、行政、大学が連携した「秋田モデル」と呼ばれる予防対策が効果を上げたとみられる。

 全国の自殺者は12年連続で3万人を超え、月内に発表される10年の自殺者数も3万人を上回る見通しだ。その中で秋田県はほとんどの世代で減少、特に30~59歳の働き盛り世代の自殺者は153人と前年から52人も減った。

 秋田県では、自殺率が高いことへの危機感から、行政だけでなく、民間団体、大学が協力して対策に乗り出してきた。県は00年度から自殺対策予算をつけ、これまでに3億円以上を計上した。

 民間の動きが活発なのが大きな特徴で、自殺予防に取り組む団体は全国130のうち、秋田県だけで40あり、悩みの内容ごとに細かく相談できるように対応。秋田市のNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」は、中小企業経営者や弁護士、司法書士が多重債務者を、保健師や精神科医がうつ病などの精神疾患患者を、それぞれ専門的な観点からケアしている。一つの団体にこだわらず、ほかの団体を紹介する仕組みもある。

 秋田大学も協力、こうした団体と定期的に勉強会を開いており、本橋豊・医学部長は民間主導の動きを「対策が、現場の動きの中から出てくる。新しい公共だ」と話す。(矢島大輔)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

46歳女性死亡、首に絞められたような痕(7日)

 6日午後7時20分頃、石川県珠洲市飯田町、飲食店員浜岡千登世さん(46)方の2階寝室で、浜岡さんが死亡しているのを、訪ねてきた兄(48)が発見し、119番した。浜岡さんの首には手で絞められたような痕があった。

 兄が訪ねた時、寝室内には浜岡さんの三男(25)がいたといい、県警珠洲署が事情を聞いている。

 発表によると、浜岡さんは三男と義母の3人暮らし。浜岡さんは、こたつに足を入れてあおむけで倒れており、三男はそばに座っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅:線路火災、2時間後に消火 京浜東北線も再開(7日)

6日午後7時35分ごろ、東京駅(東京都千代田区)のJR京浜東北線北行きの線路付近から煙や火花が出ているのを駅員が見つけ、119番した。

 東京消防庁によると、燃えたのはレールに流れる電流が他の構造物に伝わるのを防ぐため、下に敷かれた樹脂製の絶縁板で、出火から約2時間後に消し止められた。同庁などが出火原因を調べている。けが人はいない。絶縁板は08年6月から使用を始め、週1回程度点検し、今月4日の点検では異常はなかったという。

 JR東日本東京支社によると、出火当時、大船発大宮行き普通電車(10両編成)が近付いていたため、駅員が非常停止装置を押し、緊急停車させた。乗客約2000人は同駅で降りて避難した。この火災により同線は約3時間にわたって北行き、南行きとも一部区間で山手線の線路を使うなどして対応。56本に遅れが出て、12本が運休し、8万2000人に影響した。

 火災発生当時、消防やJR社員ら数十人が線路上で消火剤をまいたり安全確認を行うなどし、大勢の利用客らがホームから規制線越しに作業を見守った。【町田徳丈、松谷譲二】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110107k0000m040102000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛・宇和島市臨時職員を窃盗容疑で逮捕(7日)

 愛媛県警宇和島署は6日、窃盗の疑いで愛媛県宇和島市三間町黒井地、同市臨時職員、田中一樹容疑者(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月18日、宇和島市吉田町法花津にある農機具販売業の男性(56)の倉庫から、ガスボンベなど3点(計4000円相当)を盗んだとしている。

関連記事

記事本文の続き 宇和島市によると、田中容疑者は緊急雇用対策で昨年9月から今年2月までの契約で漁港の清掃をしている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月6日 | トップページ | 2011年1月8日 »