« 2010年12月31日 | トップページ | 2011年1月2日 »

2011年1月1日

2011年1月 1日 (土)

大雪で救急車も足止め…生き埋め女性が心肺停止(1日)

 1日午後4時頃、鳥取県大山町岡で、自宅周辺の雪かきをしていた80歳代の女性が、屋根から落ちてきた雪で生き埋めになったのを近所の住民が目撃し、119番。

住民らが助け出したが、県西部消防局によると、心肺停止の状態という。女性宅は大雪で数百台の車が立ち往生している国道9号沿いで、救急車がたどり着けないため、近くの消防出張所の消防車で搬送しているが、発生から2時間たった午後6時現在も病院に到着できていないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「1cmも動かず」大雪立ち往生、事故追い打ち(1日)

大雪のため、約600台の車が立ち往生した鳥取県琴浦町―大山町間の国道9号は、その後もスリップ事故が相次ぐなどし、発生から24時間以上たった1日夕も数百台が抜け出せない状態が続いている。

 同県などによると、大山町内でスリップして国道をふさぎ、立ち往生の原因となったタンクローリーは1日午前中に移動したが、同11時30分頃には同町内で大型トラックが横滑りして道をふさぎ、午後4時頃にも同町内でトラック同士の衝突事故が発生。渋滞の両端で一部の車がUターンしているが、車列が動かない区間も残っている。

 国土交通省や災害派遣の陸上自衛隊、地元消防団などが除雪を急いでいる。県や地元自治体、自衛隊が燃料や乾パン、水、毛布をドライバーらに配布。大山町では、近くの住民が公民館を開放して避難を呼びかけ、おにぎりを配った。

 米子市内に買い物に出かけ、同県倉吉市の自宅まで帰る途中の大学生吉田奈々子さん(21)は「大山町で31日夕方に立ち往生してから、1センチも動いていない。ガソリンの残りが気になりエンジンを切ったので、とても寒い。携帯電話の電池も切れた」とぐったりした表情。「地元の人からはおにぎりをもらって助かったけれど、いつ抜けられるのか分からないのが一番つらい。2泊目も覚悟しないといけないのか」と話していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻を包丁で刺した疑い 74歳男を逮捕 東京・立川(1日)

 妻を包丁で刺したとして、警視庁立川署は1日、立川市富士見町7丁目、無職広田年亮容疑者(74)を殺人未遂容疑で現行犯容疑で逮捕し、発表した。妻は病院に運ばれたがまもなく死亡した。広田容疑者は「普段から夫婦仲が悪く、ささいなことでカッとなった」と話しているという。

 同署によると、広田容疑者は同日午前10時半ごろ、自宅マンションの寝室で、妻の久恵さん(71)を包丁で刺した疑いがある。広田容疑者は、「人を殺しました」などと110番通報し、同署員がかけつけたところ、久恵さんは寝室のベッドで胸に包丁2本が刺さった状態で倒れていたという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)

深刻な問題ですよ

【治212_2安解説】

99000459mimagenavi1_2

あけましておめでとうございます。本年も、旧年同様、ご愛読をよろしくお願い申し上げます。

 仰けから犯罪の話しで恐縮ですが、平成14年11月11日に全国の警察本部長、所属長に出された「警察庁次長通達」があります。内容は
 街頭犯罪及び侵入等犯罪の発生を抑止するための総合対策を推進すること。

 つまりひったくりや路上強盗など県警によって違うが、その地域の特徴を捉えた街頭犯罪の抑止と、全刑法犯の7、8割を占める窃盗犯のうち侵入等の抑止策を実施せよというものでした。現役時代に「これは防犯の徹底ですね?」と言ったら、佐藤英彦次長(当時)に「防犯ではなく抑止ですよ」ときつく言われたことを思い出す。

 背景にあったのは、平成14年の刑法犯認知件数が285万3739件と戦後最悪を記録。しかも12、13年と数十万件づつ増加し続けていたことだった。

 「このままでは300万件を越すのは時間の問題。全警察官が発生処理に追われ、捜査ができなくなる」
 その危機感から抑止策がスタート。その結果、翌15年には前年より6万件減らし、16年にはさらに20万件減らすなどついに平成21年にはピーク時より127万9000件も減少させたのです。22年は集計中ですが、11月まで140万件台でした。

 この回復力は、さすが「世界に冠たるニッポン警察」の自信を持っても良いでしょう。

 しかし、残念なのは犯罪の内容です。理由なき犯罪や大量無差別犯罪の増加、犯罪者の低年齢化、家族間の犯罪の増加などです。
 かつて一緒に仕事をした警部たちが、警視になり各署の生活安全課長になっています。少年事件について彼たちの回答はみな同じです。 「学校より家庭に問題がある」

Nisho_2

 日本の安寧を祈念してスタートした今年-残念ながら痛ましい事件が次々に発生しました。
 山形県では、24歳の契約社員が帰省し、58歳の父親を殴るなどして重症を負わせ、父親は搬送先の病院で死亡。警察は傷害致死容疑に切り替えました。

 31日未明には、福島市内の会社員、西沢博幸さん(56)方から出火し焼け跡から4人の遺体が発見された。なんと、この火事で次男(21)が現住建造物等放火容疑で逮捕された。さらに同日夕、栃木県足利市鹿島町で、帰省した山口県宇部市の山口大准教授の石川晃教さん(37)が、兄で自称画家、石川貴久容疑者(39)に包丁で首などを刺され、死亡した。

 1日には、妻を包丁で刺したとして、警視庁立川署は立川市富士見町7丁目の74歳の無職男を殺人未遂容疑で現行犯容疑で逮捕した。妻は病院に運ばれたがまもなく死亡。男は「普段から夫婦仲が悪く、ささいなことでカッとなった」と話しているという。なんで、肉親が肉親に殺されなければならないのか。「家庭崩壊」は大きな社会問題になりつつあり危険です。new「家庭に起因する事件簿」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

山陰地方で記録的大雪 鉄道や空路にも影響 鳥取県で6,500軒、島根県で8,200軒が停電化(1日)

山陰地方では記録的な大雪となり、大みそかの12月31日夜から1日午後3時20分現在も、600台もの車が国道で立ち往生している。JR山陰本線でも、31日から特急列車内に乗客が閉じこめられたままで、大荒れ天気の影響は広がるばかりとなっている。
31日午後2時ごろ、鳥取・大山町の国道9号線で、大型タンクローリーがスリップし、道をふさいだのをきっかけに、一時、20kmにわたり、1,000台もの車が立ち往生した。
車に乗っている人は「ゆうべの9時から止まってます。ガソリンが持つかどうか心配で」、「家に帰りたいですけど、帰れない」などと話した。
1日になっても、上下線19kmにわたって、およそ600台の車が、依然残ったままで、解消のめどは立っていないという。
大雪による停電も相次いでいて、鳥取県で6,500軒、島根県では8,200軒にのぼっている。
鉄道や空路にも、記録的な大雪の影響が出た。
JR山陰本線では、特急列車が31日午後4時ごろから倒木のため立ち往生し、乗客およそ130人が、24時間近く車内に閉じ込められたままとなっている。
線路の雪をかき分けるラッセル車が脱線し、1日昼すぎに、車輪を元の路線に戻したが、復旧の見通しは立っていない。
この大雪は、2日朝にかけ、さらに降雪量が増える見込みで、大雪に対する厳重な警戒が必要となる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰省して酒飲み口論、殴るけるの暴行で父親死亡(1日)

父親を殴るなどしてけがを負わせたとして、山形県警鶴岡署は1日、秋田市寺内堂ノ沢、契約社員小田将史容疑者(24)を傷害の疑いで緊急逮捕した。父親は搬送先の病院で死亡し、同署は傷害致死容疑に切り替えることを視野に調べている。

 発表によると、将史容疑者は1日午前0時頃、帰省していた鶴岡市羽黒町手向の実家近くの公園駐車場で、父親で荘内日報社酒田支社長の清志さん(58)の顔などに殴るけるなどの暴行を加えた疑い。清志さんは意識不明の重体となり、搬送先の病院で1日午前11時40分、死亡した。

 将史容疑者は酒を飲んでいて清志さんと口論になり、暴行に及んだという。

 調べに対し、将史容疑者は「生活態度などを注意されて腹が立った」と供述しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK職員、窃盗未遂容疑で現行犯逮捕(1日)

乗用車内を物色したとして、愛媛県警松山南署は1日、NHK首都圏放送センター職員、西山泰史容疑者(27)(東京都渋谷区元代々木町)を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。

 西山容疑者は「物を盗むつもりはなかった」と否認しているという。

 発表では、西山容疑者は1日午前4時10分頃、同県東温市牛渕で、柔道整復師男性(23)が自宅前に止めていた車の無施錠のドアを開け、車内を物色した疑い。自宅にいた男性が物音で気づいたが、西山容疑者が逃げたため、約100メートル追いかけて取り押さえ、110番した。西山容疑者は同市内に実家があり、帰省中だったとみられる。

 NHK広報局によると、西山容疑者は2009年4月入局し、首都圏のニュース番組の企画などを担当。同局は「職員が逮捕されて誠に遺憾。事実関係を調査した上で適切に対処する」とコメントしている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が雪の足跡追跡し“御用” タクシー強盗容疑の男(1日)

石川県津幡町で31日未明、タクシーの運転手が客に殴られ、料金を踏み倒される事件があり、110番で駆け付けた津幡署員が路上の雪に残された容疑者の足跡を追跡。約1キロ離れたアパートにいた男を突き止め、強盗容疑で逮捕した。

 男は東京都東村山市、職業不詳浅田大佑容疑者(22)。逮捕容疑は31日午前1時ごろ、JR金沢駅から本津幡駅前までタクシーに乗った際、料金約4700円を支払わず、運転手の男性(52)の顔を数回殴った疑い。男性は顔に軽傷。

 津幡署によると、浅田容疑者は父親が住むアパートに帰省中で、当時酒に酔っていたという。

 金沢地方気象台によると、津幡町では30日夜から大雪注意報が出ており、路上には雪が積もっていた。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010123101000374.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高峰秀子さん死去(86) 「二十四の瞳」主演女優((1日)

 映画「二十四の瞳」で主演女優を務めたことなどで知られる高峰秀子さん(86)が12月28日に亡くなっていたことが分かりました。

 関係者によると、高峰さんは10月下旬に突然体調を崩し、東京・渋谷区の病院で肺がんと診断されました。その後、入院して治療を続けていましたが、27日になって病状が悪化し、28日の午前5時半前に亡くなりました。86歳でした。高峰さんは、映画「二十四の瞳」や「浮雲」で主演女優を務めるなど、数多くの日本映画に出演しました。葬儀・告別式は、高峰さんの生前の強い希望により、近親者のみですでに執り行われたということです。

Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁流出、内部犯行…捜査員に2日前メール(1日)

国際テロ対策に関する警視庁公安部の内部資料がインターネット上に流出した事件で、流出の2日前、全く同じ文書がネット上の特定のサイトに掲示されたうえ、このサイトの接続先を示す電子メールが同庁の捜査員ら約20人に一斉に送られていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 メールは「秘密資料」などと題され、アドレスには警察庁長官の名前が使われていた。文書そのものが添付された別のメールが埼玉県警幹部に送られていたことも判明。警視庁は、捜査員らのメールアドレスを知っていることから内部犯行とほぼ断定、流出元の特定に全力を挙げている。

 捜査関係者によると、問題の文書が掲示されたのは、「オンラインストレージサービス」と呼ばれるデータ共有サービスのサイト。昨年10月26日早朝、流出したのと同じ114点の文書が貼り付けられた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「何で大みそかに…」住民らに衝撃 福島4人焼死  (1日)

 「何で大みそかにこんな火事が…」。福島市の静かな住宅街で31日未明に発生した4人焼死の火災に、近所の人たちは大きなショックを受けていた。

 現場はJR東北線南福島駅から近く、アパートなども多い。

 近くに住む男性は、出火当時の状況について「『ポン、ポン』とまるでペットボトルが爆発したような激しい音が何度も響いて目を覚ました。慌てて外に出ると周囲は真っ赤だった」と話した。

関連記事

記事本文の続き 別の住民によると、出火した西沢さんの父親は要介護で、妻も足など不自由なようすで、「よくタクシーに乗って病院に出かける姿を目にした」という。「体が動かずに逃げ遅れてしまったとしたら気の毒でならない」と安否を心配する声も聞かれた。

 延焼はなかったが、周囲には停電や多数の窓ガラスが割れるなどの被害を受けた家もあり、親類方に一時身を寄せた住民もいた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

県警、次男の逮捕状請求 福島の4人死亡火災(1日)

31日午前2時45分ごろ、福島市伏(ふし)拝(おがみ)沖、会社員、西沢博幸さん(56)方から出火し焼け跡から4人の遺体が発見された火災で、次男(21)が火を付けたことをほのめかす供述をしたため、県警福島署は同日夜、現住建造物等放火容疑で、次男の逮捕状を請求した。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、出火当時次男は外出中で、その後一時行方が分からなくなっていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:老人福祉施設で男性刺され死亡 入所の男を逮捕(1日)

31日午後7時40分ごろ、東京都立川市富士見町の老人福祉施設「シルバーピア千歳」に入所する男から、「人を殺しました」と110番があった。警視庁立川署員が駆けつけたところ、70代の入所者とみられる男性が胸を刺されて倒れており、搬送された病院で死亡が確認された。同署は、通報してきた無職、黄賀(こが)高明容疑者(77)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べている。

 逮捕容疑は、サバイバルナイフで男性の胸を刺して殺害したとしている。黄賀容疑者は「電磁波を出すので文句を言ってやろうと思った」と容疑を認めているといい、ドアをノックして男性の部屋に入り、もみ合った末に刺したとみて調べている。【袴田貴行】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110101k0000m040077000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪:車1000台立ち往生 鳥取の国道9号 (1日)

大雪に見舞われている鳥取県で31日、琴浦町から大山町にかけての国道9号でタンクローリーが立ち往生したのをきっかけに渋滞が発生。1日午前2時現在、長さ約23キロにわたって約1000台の車が動けなくなっているという。除雪が進まず、復旧のめどはたっていないため、県は大山町の環境改善センターと、琴浦町役場に緊急避難所を開設した。

 鳥取県警八橋署によると、大山町田中の交差点で31日午後3時40分ごろ、事故が発生。その処理をしている間に雪が激しくなって他の車も動けなくなった。パトカーも現場にたどり着けない状況だという。

 県は31日午後11時40分に自衛隊に災害派遣を要請。燃料が減っている車が多いため、1日午前4時ごろをめどに西側から給油を始める予定。防寒用の毛布も配るという。また、知事を本部長とする豪雪対策本部を設置し、1日午前9時半から対策本部会議を開く。

 県防災局の担当者は毎日新聞の電話取材に「復旧の見通しは立っていない。午後9時ぐらいに子供が40度の熱を出しているという人もいるようだ。ただヘリは夜間と積雪で飛べない。1日中には解決のめどは付けたいと思っている」と話した。

 また、奈良県香芝市から鳥取県の大山を家族4人で旅行中の女性(36)は「10時間位同じ場所にいる。警察や国道事務所に電話しても、たらい回しにされるだけ」と不安そうな様子。「雪はひざの高さまである。ガソリンが尽きたらどうしたらいいのか予定では夕方には自宅に帰れるはずだったのに」と話した。

 大山町役場によると、役場は1日午前1時半ごろから停電。非常灯でかろうじて明かりは確保できているが、エアコンは止まっている。町は対策本部を設置し、職員に招集をかけているが、渋滞で車が動かず、15~16人ぐらいしか来ていないという。

 陸上自衛隊米子駐屯地(鳥取県米子市)も1日午前3時前ごろから停電している。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110101k0000m040101000c.html

Logo_mainichi_s1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月31日 | トップページ | 2011年1月2日 »