« 警視庁管内体感賃レベル2 | トップページ | 小児科に火炎瓶男、4万円奪うも緊急逮捕(8日) »

2010年12月 8日 (水)

50人が養子縁組260回、生活困窮者の戸籍悪用か(8日)

 横浜市のホームレスや生活保護受給者など約50人が不自然な養子縁組を約260回にわたって繰り返していたことが8日、神奈川県警への取材で分かった。県警は生活困窮者の戸籍が悪用されているとみて、全容解明を急いでいる。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、横浜市を中心に、20~60歳代の男女計約50人が平成17年から今年5月までの間、少なくとも計約260回の養子縁組をしていた。中には1人が同じ日に複数の縁組をしている例もあったという。

 県警によると、中国人の女を偽装結婚させるため虚偽の婚姻届を出したとして逮捕した住所不定の作業員、鳥井則之(50)と横浜市中区の造園業、済田和好(47)の両被告=いずれも電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で起訴=の捜査から判明した。

 捜査幹部によると、鳥井被告は17年から今年4月までに8回、養子縁組して2人の中国籍とみられる女性と結婚し、その後離婚していた。鳥井被告は養子縁組について「携帯電話を契約して売ったり、銀行口座を作って通帳を売却したりするため、名前を変える必要があった」などと供述している。

 鳥井被告の養父になった横浜市中区の60代の男性は、17年以降、計26回の養子縁組を重ねていたという。県警は8日、鳥井被告と済田被告を別の偽装結婚容疑で横浜地検に追送検し、背景などの捜査を進める。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感賃レベル2 | トップページ | 小児科に火炎瓶男、4万円奪うも緊急逮捕(8日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50人が養子縁組260回、生活困窮者の戸籍悪用か(8日):

« 警視庁管内体感賃レベル2 | トップページ | 小児科に火炎瓶男、4万円奪うも緊急逮捕(8日) »