« わいせつ画像メール、容姿の悪口…准教授を懲戒処分(27日) | トップページ | JR取手駅無差別刺傷事件 警察庁の安藤長官が現場視察、全国の警察に初動訓練指示へ(27日) »

2010年12月27日 (月)

街の暗がりにあんどん、東京・町田市で防犯実験(27日)

通りに面した民家の壁や庭に設置したあんどんで、街の暗がりを減らし、防犯性を高めようという社会実験が1月中旬、東京都町田市原町田で行われる。

 同市が音頭をとり、街づくり団体、町内会、商店会でつくる「まちだ夢あかりプロジェクト実行委員会」が実施する。多摩地区では、初の試み。

 防犯灯は、真上から道路を照らすため、暗がりができ、ここに犯罪者が潜む危険性もある。そこで、あんどんは、どこまで歩行者に安心感を与えられるか実験する。協力するのは、白川郷など観光地の街並みライトアップで知られる照明家の角舘政英さん。

 実験は1月18~24日の期間、毎日午後5時から翌朝まで行う。町田市民文学館裏通りの200メートル区間で、防犯灯の一部を消し、代わりにあんどん30個以上を設置する。うっすらした明かりが、通りの建物を浮き上がらせ、街並みの魅力を高める利点もあるという。

 

« わいせつ画像メール、容姿の悪口…准教授を懲戒処分(27日) | トップページ | JR取手駅無差別刺傷事件 警察庁の安藤長官が現場視察、全国の警察に初動訓練指示へ(27日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50413637

この記事へのトラックバック一覧です: 街の暗がりにあんどん、東京・町田市で防犯実験(27日):

« わいせつ画像メール、容姿の悪口…准教授を懲戒処分(27日) | トップページ | JR取手駅無差別刺傷事件 警察庁の安藤長官が現場視察、全国の警察に初動訓練指示へ(27日) »