« 捜査費で交際女性と飲食 詐欺容疑で巡査部長を書類送検(17日) | トップページ | 外登証偽造容疑で逮捕 中国籍の男ら4人 石川県警(17日) »

2010年12月17日 (金)

振り込めグループ競わせる、懲役18年判決(17日)

複数の振り込め詐欺グループを指揮したとして組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などに問われた東京都板橋区、無職田中仁被告(37)の判決が17日、東京地裁であった。

村山浩昭裁判長は「配下のグループを競わせて被害を拡大させており、振り込め詐欺の中でも特に重く処罰されるべきだ」と述べ、懲役18年(求刑・懲役25年)を言い渡した。

 田中被告は一貫して詐欺への関与を否定していたが、判決は共犯者の証言などから、「『社長』と呼ばれていた被告が指揮、管理していたことは明らかだ」として退けた。

 判決によると、田中被告は、詐欺の電話をかける複数のグループを組織。04年7月~05年1月、鹿児島県や札幌市などの計22人から交通事故の示談金名目などで計約1億円を詐取した。

 

« 捜査費で交際女性と飲食 詐欺容疑で巡査部長を書類送検(17日) | トップページ | 外登証偽造容疑で逮捕 中国籍の男ら4人 石川県警(17日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50327758

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込めグループ競わせる、懲役18年判決(17日):

« 捜査費で交際女性と飲食 詐欺容疑で巡査部長を書類送検(17日) | トップページ | 外登証偽造容疑で逮捕 中国籍の男ら4人 石川県警(17日) »