« 「爆窃団」か 中国人3人逮捕(13日) | トップページ | 「200件くらいやった」発電機盗グループ再逮捕(13日) »

2010年12月13日 (月)

留置施設から覚せい剤、警視庁池袋署 (13日)

警視庁池袋警察署に逮捕された男が「覚せい剤を隠している」と供述し、実際に、留置施設内で覚せい剤が見つかっていたことが警視庁への取材でわかりました。

 今月2日、池袋警察署に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された無職の31歳の男が、「所持品の雑誌の中に覚せい剤を隠している」と供述し、警視庁が留置施設のロッカーを調べたところ、雑誌に挟まった覚せい剤が見つかりました。覚せい剤はおよそ0.4グラムで、袋に入れられ、粘着テープで雑誌の中に貼りつけられていたということです。

 警視庁によりますと、男が逮捕された先月17日に所持品検査を行ったということですが、雑誌については男が「読まない」と話したため、簡単な検査をした後、警察官が、留置場の外にある留置施設内のロッカーに保管していたということです。池袋警察署は「適正な管理・運営に努めていく」としています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4599761.html

 

« 「爆窃団」か 中国人3人逮捕(13日) | トップページ | 「200件くらいやった」発電機盗グループ再逮捕(13日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50290126

この記事へのトラックバック一覧です: 留置施設から覚せい剤、警視庁池袋署 (13日):

« 「爆窃団」か 中国人3人逮捕(13日) | トップページ | 「200件くらいやった」発電機盗グループ再逮捕(13日) »