« 大垣署員が強盗被害 帰宅途中、男に暴行受け負傷(24日) | トップページ | ★【公安資料流出】警視庁、公安データの内部流出認める 「極めて遺憾」と謝罪(24日) »

2010年12月24日 (金)

テロ資料流出:警察職員取り扱った蓋然性高い 警視庁(24日)

警視庁などの国際テロに関する内部資料とみられる文書がインターネットに流出した事件で、警視庁は24日、「データには警察職員が取り扱った蓋然(がいぜん)性が高い情報が含まれている」とする見解を初めて表明した。

 国際テロ捜査を担当する公安部外事3課内では管理が不十分なパソコンが一部存在することなど、情報管理に不備があったことも明らかにした。問題発覚から2カ月を経て事実上内部文書と認めることになった。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101224k0000e040011000c.html

 

« 大垣署員が強盗被害 帰宅途中、男に暴行受け負傷(24日) | トップページ | ★【公安資料流出】警視庁、公安データの内部流出認める 「極めて遺憾」と謝罪(24日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50384309

この記事へのトラックバック一覧です: テロ資料流出:警察職員取り扱った蓋然性高い 警視庁(24日):

« 大垣署員が強盗被害 帰宅途中、男に暴行受け負傷(24日) | トップページ | ★【公安資料流出】警視庁、公安データの内部流出認める 「極めて遺憾」と謝罪(24日) »