« 40キロ“走破”で尾行まく 連続窃盗の67歳男を逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年12月 2日 (木)

盗むさい銭少なく…腹いせで稲荷大明神放火(2日)

岡山県倉敷市内で神社やお堂が燃えた連続不審火があり、県警捜査1課と倉敷署は1日、倉敷市内の無職少年(19)を非現住建造物等放火などの疑いで再逮捕した。

発表によると、少年は10月3日午後3時頃、同市船倉町の稲荷大明神の本殿に侵入して放火し、木造平屋51・7平方メートルを全焼させた疑い。少年は、さい銭を盗もうとしたが、数円しかなかったことへの腹いせと、侵入した形跡を消すために火を付けたという。

 少年は、10月15日に同市鶴形の北向日切地蔵のお堂が焼けた不審火で、非現住建造物等放火などの疑いで逮捕されていた。

 

« 40キロ“走破”で尾行まく 連続窃盗の67歳男を逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盗むさい銭少なく…腹いせで稲荷大明神放火(2日):

« 40キロ“走破”で尾行まく 連続窃盗の67歳男を逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »