« 換金目的で書籍やDVDを万引するケースの増加受け、本人確認を義務づけへ(16日) | トップページ | 牛丼店「すき家」に強盗、現金奪い逃走(16日) »

2010年12月16日 (木)

警察庁 情報管理の実態調査へ(16日)

警視庁のものとみられる国際テロに関する内部文書がインターネット上に流出した問題で、警察庁は、新たなプロジェクトチームを設置して全国の警察で情報管理の実態を調査し、対策を検討することになりました。

警視庁のものとみられる国際テロに関する内部文書がファイル交換ソフトを通じてインターネット上に流出した問題では、警視庁が偽計業務妨害の疑いで流出の経緯を調べています。しかし、依然として「調査中だ」として、警察の文書とは認めていません。一方、この問題で警察庁は16日、新たなプロジェクトチームを設置し、全国の警察の警備・公安部門の情報管理が十分かどうか調査することになりました。国家公安委員会が先週、情報管理の徹底を指示したことを受けたもので、業務用のパソコンの使用状況とともに資料の保管や持ち出しについての実態を調べるということです。警察庁は、来月中に調査結果をまとめ、問題があれば、より厳重な管理の方法など具体的な対策を検討することにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101216/k10015887731000.html

 

« 換金目的で書籍やDVDを万引するケースの増加受け、本人確認を義務づけへ(16日) | トップページ | 牛丼店「すき家」に強盗、現金奪い逃走(16日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50315727

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁 情報管理の実態調査へ(16日):

« 換金目的で書籍やDVDを万引するケースの増加受け、本人確認を義務づけへ(16日) | トップページ | 牛丼店「すき家」に強盗、現金奪い逃走(16日) »