« 1200万円 振り込まされる(2日) | トップページ | 遺体未発見の殺人事件、懲役14年の実刑判決(3日) »

2010年12月 2日 (木)

景品直接買い取り容疑で書類送検 パチンコ業者ら(2日)

 警視庁保安課は2日までに、パチンコ店が客から景品を直接買い取ったとして、風営法違反(遊技場営業者禁止行為)の疑いで、名古屋市名東区のパチンコ店経営会社「キング観光」と、社長(50)ら5人を書類送検した。

 保安課によると、風営法は、店側が客から景品を買い取って換金することを禁じており、多くの店では、経営が異なる交換所が景品を買い取った上で、回収した問屋が再び店側に卸すようにしている。

 しかし、同社が経営する東京都日野市のパチンコ店は、景品の大半を問屋を通さずに交換所から買い戻しており、同課は「店と交換所が一体化して客から直接買い取った」と判断した。

 送検容疑は、交換所に指示して、6月から9月にかけて客6人から景品を買い取らせた疑い。

 社長らは「経費節約のためだった」と容疑を認めており、7年前から景品問屋に支払う手数料を約8千万円浮かせたとみられる。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120201000781.html

 

« 1200万円 振り込まされる(2日) | トップページ | 遺体未発見の殺人事件、懲役14年の実刑判決(3日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50193755

この記事へのトラックバック一覧です: 景品直接買い取り容疑で書類送検 パチンコ業者ら(2日):

« 1200万円 振り込まされる(2日) | トップページ | 遺体未発見の殺人事件、懲役14年の実刑判決(3日) »