« 名古屋駅:ホームで女性乗客の手挟まり、15メートル走行(17日) | トップページ | 警視庁公安部の職員が捜査費着服(17日) »

2010年12月17日 (金)

探偵社:家出した娘の捜索、調査料返還命じる 松山地裁(17日)

家出した娘の捜索を探偵会社「日本データバンク」(本社・広島市)に依頼して見つからず、自力で捜してすぐ見つかった松山市の父親が、同社に調査料の全額返還を求めた訴訟で、松山地裁(加島滋人裁判官)は16日、調査料約300万円のうち280万円の返還を命じた。探偵会社をめぐるトラブルは多いが、弁護士によると返還を命じた判決は極めて異例という。

 判決によると、当時19歳の娘は昨年7月9日に家出。父親らは同19日、同社の担当者に滞在の可能性がある北九州市の男性の住所氏名などを伝え、娘の所在を調査、確認する契約を結んだ。担当者はその後、聞いた家は狭く娘が住めるはずがない▽ファストフード店などに懸賞金を約束して娘の写真を渡し、情報収集している--などと報告した。これに不信感を抱いた母親が男性の住所地を訪ね、同年8月8日に娘を発見。父親も加わり同10日に連れ戻した。

 同社は「必要かつ十分な調査を行った」と主張したが、加島裁判官は「懸賞金の措置を説明し、履行したと報告したのに、実際には措置を何ら講じていなかった。契約不履行に当たる」と認定。男性の住所地に行くなどした調査の必要相当額を約20万円と認定し、残りの返還を命じた。【柳楽未来】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101217k0000e040047000c.html

 

« 名古屋駅:ホームで女性乗客の手挟まり、15メートル走行(17日) | トップページ | 警視庁公安部の職員が捜査費着服(17日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探偵社:家出した娘の捜索、調査料返還命じる 松山地裁(17日):

« 名古屋駅:ホームで女性乗客の手挟まり、15メートル走行(17日) | トップページ | 警視庁公安部の職員が捜査費着服(17日) »