« 年末年始の渋滞予想、ピークは1月2・3日(3日) | トップページ | 非番巡査、原付と衝突事故 高3男子重傷 茨城(3日) »

2010年12月 3日 (金)

「公安情報」流出、通信記録を押収 警視庁が強制捜査(3日)

警視庁公安部外事3課などの内部資料とみられる国際テロ関係の情報がインターネット上に流出した問題で、警視庁は3日、国内のプロバイダー(接続業者)2社から、関係の通信記録を差し押さえたと発表した。文書がネット上に出たことで警視庁の業務が妨げられたとして、容疑者不詳の偽計業務妨害容疑での令状に基づき押収した。

 発覚から1カ月超が経過し、初めて強制捜査に着手した。今後、記録を解析し、流出経路の特定を進める。

 人事1課によると、令状の容疑は10月下旬ごろ、ファイル交換ソフト・ウィニーのネットワーク上に文書を出して不特定多数が閲覧できる状態にし、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を控えてテロ情報の収集などにあたっていた外事3課員らの業務を妨害したという内容。

 捜査関係者などによると、流出文書はルクセンブルクのサーバー経由でウィニー上に公開され、拡散した。

 警視庁は、このうち早い段階でウィニー上に公開したパソコンのIPアドレスを割り出し、プロバイダー数十社に、契約者に関する情報や通信記録の任意提出を求めてきた。しかし、個人情報保護の面から応じない業者もあり、強制捜査に切り替えたという。今後必要があれば2社以外からも令状で押収する。

 ルクセンブルクのサーバーをはじめ海外のプロバイダーなどについては直接の捜査ができないため、国際捜査共助の形をとったり日本支社に協力を求めたりしているという。

 警視庁はこの日の説明で、流出文書について「内部文書か調査中で、結論に至っていない」との立場を崩さなかった。しかし、文書で名前や顔写真、住所などが明らかにされた人への対応については「不安を感じているなどと相談を寄せてきている人には個別に対応をとっている」と説明した。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 年末年始の渋滞予想、ピークは1月2・3日(3日) | トップページ | 非番巡査、原付と衝突事故 高3男子重傷 茨城(3日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50201801

この記事へのトラックバック一覧です: 「公安情報」流出、通信記録を押収 警視庁が強制捜査(3日):

« 年末年始の渋滞予想、ピークは1月2・3日(3日) | トップページ | 非番巡査、原付と衝突事故 高3男子重傷 茨城(3日) »