« 心の病で休職の教職員、過去最多の5458人(25日) | トップページ | 都内の刑法犯、8年連続減少の18万件 振り込め詐欺は増加(25日) »

2010年12月25日 (土)

結論ありきの捜査、“可視化”も~最高検(25日)

厚労省の元局長・村木厚子さんが無罪になった事件について、最高検は24日、「結論ありきの捜査で、組織的なチェックがなかった」とする検証結果を公表した。

 最高検は検証結果の中で「捜査や検討が不十分だった」として、「村木さんを逮捕・起訴した判断は誤りだった」と指摘した。また、その過程で行われたデータの改ざんは、大阪地検特捜部の前部長・大坪弘道被告の指示を受けた元主任検事・前田恒彦被告が、村木さんの検挙にこだわったことが背景にあると指摘した。前田被告は、大坪被告から「何とか村木氏までやりたい」「君に与えられたミッションだからな」などと指示されていたという。さらに、捜査の内容を十分に議論せずに上司が決裁したことも、問題点として挙げた。その上で、再発防止策の一つとして、特捜部の取り調べを試験的に録音・録画する「取り調べの可視化」を挙げた。

 しかし、報告を受けた法相の諮問会議のメンバーからは「問題点を小さくしようとしている」と厳しい意見も出ており、改革の方向性については議論が続く。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/12/25/07173025.html

 

« 心の病で休職の教職員、過去最多の5458人(25日) | トップページ | 都内の刑法犯、8年連続減少の18万件 振り込め詐欺は増加(25日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50391287

この記事へのトラックバック一覧です: 結論ありきの捜査、“可視化”も~最高検(25日):

« 心の病で休職の教職員、過去最多の5458人(25日) | トップページ | 都内の刑法犯、8年連続減少の18万件 振り込め詐欺は増加(25日) »