« 「カギ閉まっていて腹立った」交番の窓壊した男逮捕(30日) | トップページ | すき家に強盗多発…警察は10回も改善要請(30日) »

2010年12月30日 (木)

ヤード潜伏のロシア人を逮捕 取引ルート解明へ(30日)

外国人窃盗団が盗難車を解体して海外に運び出す拠点になっている「ヤード」の摘発が全国で進められる中、兵庫県警が、同県姫路市内のヤードに潜伏していたロシア人の男2人を窃盗容疑で逮捕していたことが29日、分かった。盗難車の部品がこのヤードからロシアに輸出されていたことも判明。県警は盗難車取引のロシアルートの実態解明を進める。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、姫路市のヤードに不審な自動車解体業者がいたことから、県警は11月11日、古物営業法に基づき市と合同で立ち入り調査。潜伏していたロシア人の男2人が前日に同市内で乗用車を盗んだ疑いが強まったとして窃盗容疑で逮捕した。

 このヤード内では盗難車を解体して取り出したエンジン11個も見つかった。ほとんどはトヨタ製のRV車で、2人はロシアで人気が高い車種を狙って窃盗を重ねていたとみられる。

 2人は在留期間の30日が過ぎるとロシアに帰国する予定だったといい、県警は、ブローカー役の手引きで来日し、短期間で犯行を繰り返して帰国する実行犯として雇われていたとみている。

 同県内では最近、外国人窃盗団による自動車盗が横行。多くがヤードを拠点にしているとみられることから、県警は昨年11月にヤード対策本部を設置。立ち入り調査や家宅捜索を強化した結果、当初85カ所が確認されたヤードは57カ所に減少。アフリカなどで高値で取引されるトヨタハイエースを狙ったナイジェリア人らの窃盗グループもほぼ壊滅に追い込んだという。

 今回、新たにロシア人の窃盗グループが暗躍している実態が明らかになったことから、県警はさらにヤード対策を強化する方針。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 「カギ閉まっていて腹立った」交番の窓壊した男逮捕(30日) | トップページ | すき家に強盗多発…警察は10回も改善要請(30日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50440802

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード潜伏のロシア人を逮捕 取引ルート解明へ(30日):

« 「カギ閉まっていて腹立った」交番の窓壊した男逮捕(30日) | トップページ | すき家に強盗多発…警察は10回も改善要請(30日) »