« 失業給付金詐欺容疑で逮捕 51歳男が主導か(10日) | トップページ | 事務所に押し入り副社長刺す 火付けビルから転落 大阪(10日) »

2010年12月10日 (金)

「捜査に疑問」死刑求刑に無罪…鹿児島夫婦殺害(10日)

鹿児島市の高齢夫婦殺害事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を求刑された同市三和町、無職白浜政広被告(71)の裁判員裁判の判決が10日、鹿児島地裁であった。

 平島正道裁判長は「今回の状況証拠によって被告を犯人と認定することは許されない。必要な捜査が行われたのか疑問が残り、検察官の主張を認めることはできない」と述べ、無罪を言い渡した。裁判員裁判ではこれまで5件で死刑が求刑されたが、無罪判決は初めて。

 今回の事件は、5件の中で唯一の否認事件として注目されていた。自白や目撃証言など被告と犯行を直接結びつける証拠がない中、被害者宅に残された指紋やDNAといった犯人性をうかがわせる状況証拠(間接証拠)の評価が最大の争点になった。

 判決は、「荒らされた整理ダンスに容易に発見できる金品が残されていた。犯人は被害者の頭や顔を100回以上殴打しており、強盗目的にそぐわず、むしろ

怨恨

(

えんこん

)

が疑われる」と述べるなどし、強盗殺人を主張した検察側の構図を全面的に否定した。

 荒らされた整理ダンスや、侵入口とされた窓ガラスなど被害者宅に残る指紋・掌紋、細胞片のDNAについては、いずれも被告のものと認めたが、「触ったという事実を認定できるにとどまるもの」と判断した。

 「指紋などは

捏造

(

ねつぞう

)

された」とする被告側の主張は、「到底採用できない」と退けたが、警察の鑑識活動に関して「被告以外の第三者のDNAや指掌紋が存在する可能性があり、真相解明のための捜査が十分に尽くされたのか疑問である」と批判した。

 検察側は公判で、「年金を使い果たすなどして金に困った被告が被害者宅に侵入。屋内を物色した後、夫婦を殺害した」と主張。論告では「被告は責任逃れの弁解に終始しており、年齢からも更生は期待できない」として死刑を求刑した。

 一方、弁護側は「被告は現場に行っていない」と反論。「現場をよく知る顔見知りの犯行」と、別の真犯人像を示した。被告は裁判員らに「ぬれぎぬを晴らしてほしい」と訴えていた。

 地裁は、選任手続きから判決までの日程について、これまでの裁判員裁判で最長となる40日間を確保。裁判員候補者295人に呼び出し状を送ったが、仕事などを理由に辞退者は221人に上った。公判は10日間で、関係者27人に対する証人尋問や現場検証が行われた。結審後の評議のため14日間が確保された。

 判決後、被告は身柄拘束を解かれた。

 

« 失業給付金詐欺容疑で逮捕 51歳男が主導か(10日) | トップページ | 事務所に押し入り副社長刺す 火付けビルから転落 大阪(10日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「捜査に疑問」死刑求刑に無罪…鹿児島夫婦殺害(10日):

« 失業給付金詐欺容疑で逮捕 51歳男が主導か(10日) | トップページ | 事務所に押し入り副社長刺す 火付けビルから転落 大阪(10日) »