« 捏造:消防本部が調書を 「火災、私の誤りで」奈良・桜井(18日) | トップページ | 気鋭の警察ジャーナリスト 黒木昭雄さんの自殺(18日) »

2010年12月18日 (土)

事件受け都営バスが対応確認(18日)

茨城県取手市でバスに乗り込んだ男に乗客が次々に切りつけられた事件を受けて、東京都は都営の路線バスに、犯罪者が侵入したときの対応を再確認するよう、各営業所に指示しました。
東京都交通局が運行する路線バスは139路線で、1日の利用客は56万人に上ります。
東京都交通局のマニュアルでは、バスジャック犯などが車内に侵入した場合に備えて、犯人を刺激しないよう慎重に対応することや、非常ボタンを押してバスの後部の表示板に「SOS」を表示し、外部に危険を知らせることなどを定めています。
都の交通局は事件を受け、運転手1人1人に対応を再確認させるよう各営業所に指示しました。
東京都交通局の横溝桂係長は、「今回のような事件はどこで起きてもおかしくない。客の安全を第一に万全の態勢で備えたい」と話しています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005913622.html

 

« 捏造:消防本部が調書を 「火災、私の誤りで」奈良・桜井(18日) | トップページ | 気鋭の警察ジャーナリスト 黒木昭雄さんの自殺(18日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事件受け都営バスが対応確認(18日):

« 捏造:消防本部が調書を 「火災、私の誤りで」奈良・桜井(18日) | トップページ | 気鋭の警察ジャーナリスト 黒木昭雄さんの自殺(18日) »