« 2010年12月29日 | トップページ | 2010年12月31日 »

2010年12月30日

2010年12月30日 (木)

バッグに350万円、ひったくられる 静岡・伊東で茨城の女性(30日)

30日午後0時35分ごろ、静岡県伊東市寿町の路上で、茨城県高萩市、病院経営の女性(73)が約350万円が入ったハンドバッグをひったくられたと、一緒にいた知人男性から110番があった。伊東署が窃盗事件として捜査している。

 同署によると、女性は男性と現場近くの親戚宅に法事のため向かう途中で、後ろから自転車で近づいてきた男にバッグを奪われた。女性は普段から多額の現金を持ち歩いているという。

 男は50歳前後で、グレーのウインドブレーカーを着ていたという。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010123001000384.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区一家4人殺害事件 遺留品が神奈川・厚木市内ですべて購入できたことが判明(30日)

東京・世田谷区の一家4人殺害事件発生から30日で10年。事件現場となった被害者の自宅前で30日、警視庁の捜査幹部らが献花し、犯人逮捕をあらためて誓った。
一方、犯人が現場に残したシャツやバッグなどの遺留品が、神奈川県の厚木市内ですべて購入できたことが新たにわかり、警視庁は今回初めて、神奈川県内でも情報提供を呼びかけるチラシを配布した。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00190479.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニの客脅し、レジから8万円奪う 愛知・春日井(30日)

 30日午後3時5分ごろ、愛知県春日井市勝川町6丁目のコンビニエンスストア「ローソン勝川駅前店」で、レジで支払い中の女性(52)に、男がカッターナイフのようなものを突きつけ、男性店員(21)に「金を出せ」と脅した。男はレジの現金約8万円を奪って逃げ、春日井署は強盗事件として調べている。

 同署の発表によると、男は50代ぐらいで身長約170センチ。やせ形で、髪は白髪交じりだった。店内に客は1人だった。現場はJR中央線勝川駅西側の商業施設の一角。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母子殺人現場の住宅全焼…事件当日も放火の跡(30日)

 30日午前6時50分頃、千葉県横芝光町小川台、大工鈴木武さん(67)方物置から出火、物置と隣の木造2階住宅約215平方メートルを全焼した。

出火当時、鈴木さんは敷地内の別の住宅におり、逃げ出して無事だった。山武署が詳しい出火原因を調べている。

 焼けた住宅では今月1日、鈴木さんの長男で建設業の男(34)が、「妻と子どもを殺した」と110番し、妻(34)と長男(6)の遺体が発見される殺人事件があった。現場に灯油をかけて火を放った跡も見つかっており、男は両手両足にやけどを負って入院中。同署は回復を待ち、殺人容疑で事情を聞く方針だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)

良いお年をsign03

【治安解説】
212

今年1年間、ご訪問ありがとうございました。「安全安心を求めて」をコンセプトにスタートしてから2年7ヶ月が過ぎました。たかが「防犯ブログ」でしたが、お陰様で100万件を超えました。皆様のご協力の賜と感謝しております。

 犯罪抑止の一役になればと各新聞、各テレビが報道する「振り込め詐欺」を被害、対策を含めて、1件も漏らすまいと必死に掲載し続けました。しかし、残念ながら激減にまでには至らず、新たな手口の振り込め詐欺が登場するなど、まさに日本列島は〝詐欺(鷺)〟に襲われた1年でした。来年は「鷺」をせめて「カラス」ぐらいに落としたいものですね。

 ところで、今年の10代ニュースですが、新聞之新聞社(東京都千代田区)主催の「社会部長が選んだのは次の通りでした。
 ★1位「小沢一郎民主党元代表の強制起訴決まる」★2位「郵便不正事件で大阪特捜が証拠改竄(かいざん)・隠蔽」★3位「尖閣沖中国漁船衝突、海保ビデオ流出」4位「菅内閣誕生。参院選で民主大敗」★5位「所在不明」高齢者各地で相次ぐ★6位「裁判員裁判で死刑判決、無罪も」★7位「はやぶさ」が小惑星の微粒子持ち帰る★8位「北朝鮮が砲撃、半島情勢緊迫」★9位「チリ鉱山事故で奇跡の救出」★10位「公安情報流出、警視庁が内部調査」でした。

 暮れに来て兵庫県警が大仕事をしました。外国人窃盗団が盗難車を解体して海外に運び出す拠点になっている「ヤード」を摘発。ヤードに潜伏していたロシア人2人を窃盗容疑で逮捕。盗難車の部品がこのヤードからロシアに輸出されていたことも判明。県警は盗難車取引のロシアルートの実態解明を進めるということです=産経新聞電子版

 来年はどんな年になるのでしょうか。犯罪の少ない安心した生活ができるよう祈念いたします。ご訪問、ありがとうございました。
 首都東京体感治安は重大事件もなく平穏につき「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

売上120万円余奪う 男逮捕(30日)

30日朝千葉県船橋市のビルで、飲食店の店長が男にバールで殴られ、売上金120万円あまりが入ったバッグを奪われました。
男は逃走したものの追いかけた店の従業員に取り押さえられ、強盗傷害の疑いで逮捕されました。
30日午前6時すぎ、船橋市のビルの4階にある飲食店を経営している会社の事務所の前で、31歳の男性店長が突然後ろから現れた男にバールで頭を殴られ、売上金、およそ126万円が入っていたバッグ2つを奪われました。
男は走って逃げましたが事務所にいた3人の従業員にビルから100メートルほど離れたところで取り押さえられ、強盗傷害の疑いで逮捕されました。
店長は、頭を打撲して病院で手当てを受けました。
逮捕されたのは千葉市若葉区の無職小林尚史容疑者(21)です。警察によりますと店長は売上金を持って事務所に戻ろうとしたところを襲われたということで、小林容疑者は、警察の調べに対し「以前近くの店で働いていたので店長のことは知っていた。金がなかったので狙った」と供述しているということです。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003140601.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

踏切事故:自転車追突され進入、男性2人死亡 三重(30日)

30日午後1時半ごろ、三重県四日市市羽津中1、近鉄名古屋線阿倉川第8号踏切(警報機、遮断機付き)で、男性2人が2台の自転車に乗って待っていたところ、後方から来た乗用車が追突し、自転車2台と乗用車は踏切内に進入、名古屋発伊勢中川行き急行(6両編成)にはねられ、2人は死亡、乗用車を運転していた男性がけがをした。

 四日市北署によると、亡くなったのは40代の日本人と20代の中国人とみられる。中国人は同僚と一緒に踏切で待っていたという。日本人とは面識がないという。目撃者によると、乗用車は停止する様子もなく、自転車と追突したらしい。同署が追突した原因などを調べている。事故を受けて、近鉄名古屋線は桑名-四日市間で運転を見合わせている。【井上章】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101230k0000e040037000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局に強盗、局員が取り押さえる 名古屋(30日)

 30日午後0時10分ごろ、名古屋市中村区稲葉地町8丁目の名古屋鴨付(かもつき)郵便局(近藤裕久局長)に男が押し入り、現金7万8千円を奪って逃走した。男は近くで局員3人に取り押さえられ、駆けつけた中村署員が強盗と銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。

 中村署の発表によると、逮捕されたのは同区上石川町5丁目、無職川島守雄容疑者(69)。カウンターに灯油の入ったポリタンクを置いて女性局員(61)に包丁を突きつけ、「お金をくれ」と要求した。男性局員(49)が7万8千円をすべて千円札で渡すとポリタンクと包丁を持ったまま逃走。近くで路上に包丁を置いて現金をしまおうとしたところ、追いかけた近藤局長らが取り押さえたという。

 川島容疑者は「生活費をパチンコで使い果たし、郵便局なら現金があると思った」と話しているという。郵便局には女性客2人、局員7人がいたが、けがはなかった。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

すき家に強盗多発…警察は10回も改善要請(30日)

牛丼チェーン最大手の「すき家」を狙った強盗事件が多発し、愛知県警が運営会社の外食大手「ゼンショー」(東京都港区)に対し防犯体制の強化を求める異例の業務改善要請を1月以降、10回以上繰り返していることが29日、分かった。

東海3県の各県警によると、1月からこれまでに発生した牛丼店の強盗事件(未遂を含む)は、愛知14件、岐阜5件、三重1件の計20件。このうち18件がすき家で起こっている。

 事件は、最近でも22日の愛知県津島市、24日の名古屋市名東区とたて続けに発生。24日の名東猪子石店では、未明に入店してきた男がレジ横の仕切り板を持ち上げてカウンター内に侵入、刃物で店員を脅し、現金約60万円を奪って逃走した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤード潜伏のロシア人を逮捕 取引ルート解明へ(30日)

外国人窃盗団が盗難車を解体して海外に運び出す拠点になっている「ヤード」の摘発が全国で進められる中、兵庫県警が、同県姫路市内のヤードに潜伏していたロシア人の男2人を窃盗容疑で逮捕していたことが29日、分かった。盗難車の部品がこのヤードからロシアに輸出されていたことも判明。県警は盗難車取引のロシアルートの実態解明を進める。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、姫路市のヤードに不審な自動車解体業者がいたことから、県警は11月11日、古物営業法に基づき市と合同で立ち入り調査。潜伏していたロシア人の男2人が前日に同市内で乗用車を盗んだ疑いが強まったとして窃盗容疑で逮捕した。

 このヤード内では盗難車を解体して取り出したエンジン11個も見つかった。ほとんどはトヨタ製のRV車で、2人はロシアで人気が高い車種を狙って窃盗を重ねていたとみられる。

 2人は在留期間の30日が過ぎるとロシアに帰国する予定だったといい、県警は、ブローカー役の手引きで来日し、短期間で犯行を繰り返して帰国する実行犯として雇われていたとみている。

 同県内では最近、外国人窃盗団による自動車盗が横行。多くがヤードを拠点にしているとみられることから、県警は昨年11月にヤード対策本部を設置。立ち入り調査や家宅捜索を強化した結果、当初85カ所が確認されたヤードは57カ所に減少。アフリカなどで高値で取引されるトヨタハイエースを狙ったナイジェリア人らの窃盗グループもほぼ壊滅に追い込んだという。

 今回、新たにロシア人の窃盗グループが暗躍している実態が明らかになったことから、県警はさらにヤード対策を強化する方針。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「カギ閉まっていて腹立った」交番の窓壊した男逮捕(30日)

埼玉県警久喜署は30日、交番の窓を壊したとして器物損壊の現行犯で、住居不詳、職業不詳、山田弘樹容疑者(30)を逮捕した。

 久喜署の調べでは、山田容疑者は30日午前0時45分ごろ、白岡町小久喜の同署白岡駅前交番の窓の格子を外し、窓ガラス1枚を壊した疑いが持たれている。通行人が110番し、駆けつけた同署員に取り押さえられた。事件当時、同交番には3人が勤務していたが警ら中のため無人だった。

 久喜署によると、山田容疑者は当時酒を飲んでおり、「交番に用があって行ったらカギが閉まっていて腹が立った」などと供述しているという。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

72歳の夫殺害容疑で妻逮捕 松山市の自宅で(30日)

松山市で、72歳の夫の首をネクタイで絞めて殺害したとして、67歳の女が逮捕されました。

 警察によると、逮捕された田那辺加美江容疑者は29日午後4時ごろ、自宅の1階の部屋で寝ていた夫の悦宏さんの首をネクタイで絞め、殺害した疑いが持たれています。

悦宏さんが呼吸をしていないのを長女が見つけて救急要請をしましたが、悦宏さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。近所の人によると、悦宏さんは10年ほど前に脳梗塞(のうこうそく)をわずらって足が不自由だったということで、加美江容疑者が介護していたということです。警察が動機などを調べています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201230000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区一家4人殺害事件から10年 警視庁の捜査幹部らが被害者の自宅前で献花(30日)

東京・世田谷区で起きた一家4人殺害事件発生から30日で10年。事件現場となった被害者の自宅前で30日、警視庁の捜査幹部らが献花し、犯人逮捕をあらためて誓った。
この事件は2000年、世田谷区上祖師谷の宮沢 みきおさん(当時44)方で、一家4人が殺害されているのが見つかったもの。
凶器の包丁などとともに発見された血のついた指紋や犯人のトレーナー、そしてバッグから検出された蛍光染料など、現場には、犯人につながる物証や遺留品が多く残されていたものの、事件発生から10年、いまだ解決していない。
警視庁は、あらためて情報提供を呼びかけている。

情報提供は、成城署特別捜査本部「03-3482-3829」まで。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00190469.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団情勢の展望 全都道府県で条例制定へ 市民高まる気運(30日)

暴力団の封じ込め対策は、徹底取り締まりに加え、法律を駆使した資金の遮断や使用者責任の強化など多角的な手法がとられるようになった。昨年から制定が相次いでいる暴力団排除を目的にした条例制定も来年には全都道府県に広がる見込みで、一般市民の暴力団排除機運の高まりにも影響を与えている。

関連記事

記事本文の続き 暴力団対策の歴史を振り返ると、昭和39年に抗争事件の頻発などを受けて、徹底摘発により壊滅を目指す「頂上作戦」が展開された。その後も45年と50年にも第2次、第3次の作戦が実施された。

 平成に入ってからは、銃刀法の罰則強化や暴力団対策法と組織犯罪処罰法の施行など、法律面でも着実に整備が進められた。特に平成4年施行の暴対法はすでに4回の改正が繰り返されており、暴力団封じ込めの大きな武器になっている。

 一方、都道府県では、佐賀県が21年3月に事務所の開設を防止するための条例を制定した。以後、全国でも同様の動きが広がり、22年には多数の自治体で制定、23年中には全都道府県で整備される見込みだ。

 内容はそれぞれ特色があり、山口組の総本部を抱える兵庫県では、住宅街や学校など教育施設の周辺で、暴力団事務所だけでなく組長らの別宅を設けることを禁止。大阪では府発注工事などの受注業者だけでなく、下請け、孫請け業者でも暴力団と関係があると判明した場合は業者名を公表すると定めるなど、社会からの孤立化を促している。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東大阪で連続不審火(30日)

30日午前4時20分ごろ、大阪府東大阪市荒本新町のコインパーキングで、乗用車3台が燃えているのを、近くの男性が見つけ110番した。うち2台が全焼した。けが人はなかった。

 布施署によると、周辺のマンションなどで自転車やごみが燃えるなどの不審火が25~29日に3件あり、同署は連続放火の可能性もあるとみて調べている。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗:鉄道の部品1.7トン盗まれる…大阪の工事現場(30日)

鉄道・運輸機構国鉄清算事業西日本支社は29日、吹田信号場(大阪府吹田市)で建設中の「吹田貨物ターミナル駅」(仮称)工事現場で、レールと枕木をつなぐ鉄製の板(最大長さ約50センチ)やボルトなど約1.7トン(約100万円相当)がなくなったと発表した。府警吹田署が窃盗容疑で調べている。

 支社によると、盗まれたのは分岐器用の部品で、くぎ打ちした木箱(高さ1メートル、幅1メートル)七つに入れて地面に置いていた。28日朝、木箱三つのふたがこじ開けられているのに担当者が気付き、同日午後4時半、被害届を出した。27日夕は異常なかったという。

 吹田署によると、この工事現場では27日夕~28日早朝、工具がなくなったりトラックの窓ガラスが割られる被害もあり、同署は同一人物による犯行とみて調べている。【林田七恵】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101230k0000m040072000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

異臭:ビルの「エレベーターで」…東京・台東区(30日)

29日午後8時20分ごろ、東京都台東区台東1の10階建てビル「セントオフィス秋葉原」で、「エレベーターで異臭がする」と119番があった。駆け付けた警視庁上野署員4人を含めた男性7人が目の痛みを訴えて病院に運ばれたが、全員が軽症だった。

 上野署と東京消防庁によると、けがをしたのは20~60代で、3人はビル内の事務所などの関係者だという。東京消防庁の簡易検査で芳香剤などに含まれる化学物質「リモネン」が検出されており、上野署は何者かが故意に散布した可能性があるとみて調べている。

 現場はJR秋葉原駅の北東約600メートルで、一時は立ち入りが制限される騒ぎになった。【長谷川豊】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101230k0000m040098000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「世間はクリスマスで楽しそう」放火容疑で男逮捕(30日)

大阪市のマンションで、ミニバイクなどに火をつけたとして住人の男が逮捕されました。このマンションでは不審火が相次いでいて、警察が関連を調べています。

 国立循環器病研究センター非常勤職員の松下剛司容疑者(31)は今月23日未明、東淀川区の自宅マンションで、ミニバイクと自転車3台に火をつけたとして放火の疑いで逮捕されました。松下容疑者は「世間はクリスマス前で楽しそうなのに自分は一人ですることがなく、むしゃくしゃしてやった」と容疑を認めているということです。このマンションでは、ゴミが燃やされるなどの不審火が今年1年でほかに6件起きています。松下容疑者は「ほかにも数件やった」と話しているということで、警察は関連を調べています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

和田アキ子さん、追突され軽傷 紅白のリハ行く途中(30日)

29日午後3時45分ごろ、東京都渋谷区神南2丁目の交差点で、歌手の和田アキ子さん(60)が乗った乗用車が赤信号で止まっていたところ、30代の男性の運転する乗用車が追突した。和田さんは大みそかの第61回紅白歌合戦のリハーサルのためNHKに向かう途中だった。和田さんは首や腰に痛みを訴えて病院で診察を受けたが軽傷で、本番には予定通り出演するという。

 代々木署によると、和田さんは乗用車の後部座席に乗っていた。同署は、追突した車の男性が前をよく見ていなかったとみている。

 NHKによると、和田さんはリハーサルで歌いながら手を首にあてるなど、首の痛みを気にしている様子だったという。リハーサル後、写真撮影と囲み取材に応じたうえで、スタッフとともに病院に向かった。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

関東で火災相次ぐ、5人死亡…乾燥注意報発令(30日)

気象庁によると、関東ではここ数日、空気が乾燥し、各地に乾燥注意報が出されていた。30日も乾燥が続くところがあり、同庁で注意を呼び掛けている。

 29日午前1時55分頃、前橋市駒形町、会社員田村敏彦さん(45)方から火が出た。1階寝室から田村さんの父・博さん(70)が発見されたが、搬送先の病院で一酸化炭素中毒で死亡した。

 埼玉県熊谷市三本では午前2時頃、無職志村喜一さん(83)方から出火し、木造2階住宅約130平方メートルを全焼、志村さんの遺体が見つかった。熊谷署によると、志村さんは一人暮らしで左足が不自由だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判長、取り調べ巡査部長を「不誠実だ」と批判(30日)

 10月に大阪地裁であった強制わいせつ致傷事件の裁判員裁判で、男性被告(47)(控訴)が捜査段階で容疑を認めたことを自ら書いたとされる「自供書」について、判決が「警察官の示唆があったとみるのが自然」と指摘していたことがわかった。

 自供書は捜査員が作る供述調書より信用性が高いとされ、裁判所が作成過程に疑問を示すのは異例。

 告発状などによると、被告は女性にわいせつな行為をしてけがをさせたとして昨年10月15日、大阪府警東成署に逮捕され、翌日、「服をはぎ取って全裸にした」などとする自供書が作られた。

 しかし、公判で被告は無罪を主張し、弁護側は自供書について「巡査部長が話した内容をそのまま書いた作文」と指摘。取り調べた同署の巡査部長は「被告が記憶に基づいて書いた」と反論した。

 細井正弘裁判長は判決で「自供書の表現は逮捕状に似ている」と誘導の可能性を指摘。否定した巡査部長を「不誠実だ」と批判した。ただ、取り調べの際に作成された自白調書の信用性は認め、求刑通り懲役4年の実刑とした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

財布狙い、トラック運転手の34歳女性殴る 30代の男が逃走 大阪(30日)

29日午後5時35分ごろ、大阪府東大阪市中石切町5丁目のパチンコ店駐車場で、30代くらいの男が同市のトラック運転手の女性(34)から財布を奪おうとしたが抵抗され、何も取らずに近くに止めていた銀色のワンボックス車で逃走した。女性は顔を殴られ軽傷。

関連記事

記事本文の続き 枚岡署が強盗傷害容疑で男の行方を追っている。

 同署によると、男は身長約170センチ、白と紺のトレーニングウエアを着ていた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺に悪用のハローページ 削除依頼が前年の4・3倍増に NTT東日本(30日)

個人名電話帳「ハローページ」が振り込め詐欺に悪用されているとして、NTT東日本が10月上旬からダイレクトメール(DM)などで電話帳からの削除を呼びかけた結果、11月までの2カ月間で前年の約4・3倍の計約32万3千件の削除依頼があったことが29日、同社のまとめで分かった。

関連記事

記事本文の続き 他にも、同社の「お客様相談センター」などの窓口に「自分の名前は掲載されているか」といった問い合わせが相次いだという。

 電話帳掲載者の多くが、認識のないまま名前が掲載されている実態が浮き彫りになっている。

 警察官や銀行協会職員らをかたり、キャッシュカードを受け取りに行く手口の詐欺で、被害者の9割以上が電話帳に掲載されていることが警察当局の調べで判明。お年寄りらに電話帳から名前を削除するよう呼びかけを始めた。

 NTT東はこれを受け、電話帳の印刷締め切りが迫った地区に、名前の掲載意思を確認するDMを140万通送付。このほか、請求書にチラシを同封したり、新聞広告を出したりして呼びかけを行った。この結果、10月は約20万6千件(前年約4万件)、11月は11万7千件(同3万5千件)と、削除依頼が大幅に増加したという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

電話オペレーター、振り込め詐欺寸前阻止が続々 民間委託のコールセンター事業広がる(30日)

各地で警察の委託を受けて振り込め詐欺の注意喚起を行っている民間の電話オペレーターが、だまされかけているお年寄りの被害を寸前で食い止めるケースが相次いでいる。東京では多額の現金を用意して詐欺犯を待っている女性と通話、神奈川では容疑者逮捕につながったケースもあった。振り込め詐欺の被害は8月以降、増加傾向に転じており、警察は「年の瀬を迎え、つらい思いをしないように十分気をつけて」と呼びかけている。

関連記事

記事本文の続き 警察が緊急雇用創出事業を利用して、振り込め詐欺の被害防止電話を民間に委託するコールセンター事業は首都圏を中心に広がっている。従来は警察署員らが注意喚起電話を入れるなどしていたが、負担は大きく、効果も限定的だった。

 警視庁の電話センターは11月にスタート。民間の電話代行会社に委託し、7人のオペレーターが1日計約1400本の電話をかけている。個人名電話帳に掲載されている女性を対象に具体的な詐欺の手口を丁寧に説明している。

 12月3日夕には、オペレーターが江東区の女性宅に電話をかけたところ、「孫から『500万円が必要になった』といわれたので250万円を用意して待っている」と打ち明けられた。オペレーターは絶対にお金を渡さないように指示し、警察署に通報。その場に男は現れなかったが、被害を防ぐことができたという。

 神奈川県警のコールセンターの規模は警視庁の3倍。22人がかける電話は1日3千~3500件に上る。県警によると、10月上旬に横須賀市内の女性がなかなか電話に出ないため警察署に連絡。警察官が駆けつけたところ、女性は犯人の話を信用して通話している最中だったという。

 また、同月中旬にも横浜市内の女性が犯人からの電話を信用して銀行口座を確認していたときにオペレーターが電話。11月中旬には電話がつながらない女性宅を警察官が訪問したところ、銀行員を装った男がキャッシュカードを受け取りにきており、その場で取り押さえることができた。

 もっとも早い5月から事業を始めた埼玉県警のコールセンターでは、これまでに電話をかけた人で被害にあったとの報告はなく、注意喚起電話を受けた後に不審電話を受け、詐欺と気づいたとの報告もあった。

 警察庁によると、茨城県も12月からコールセンター事業を開始。愛知、栃木両県は来年のスタートに向けて準備を進めている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月29日 | トップページ | 2010年12月31日 »