« 2010年12月19日 | トップページ | 2010年12月21日 »

2010年12月20日

2010年12月20日 (月)

足立区で年末・年始に向け防犯イベント (20日)

東京都内での刑法犯罪の発生件数が4年連続ワースト1の足立区で、警視庁や地元の防犯協会の関係者などおよそ350人が集まり、年末・年始に向けての防犯イベントが行われました。

 足立区の刑法犯発生件数は今年は先月末の時点でおよそ9600件と、去年の同じ時期よりも500件ほど減少しているものの、新宿区に次いで2番目に多いのが現状で、警視庁や足立区は防犯意識の向上を強く訴えました

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4605556.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

階下から騒音と立腹、床に穴開けてガス送り込む(20日)

 マンションの階下から騒音がすると腹を立て、床に穴を開けてガスを送り込んだとして、警視庁亀有署は20日、東京都葛飾区白鳥4、タクシー運転手川田実容疑者(61)をガス等漏出の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕は19日。

 発表によると、川田容疑者は19日午前、自宅マンションの居間の床に開けた直径約1・5センチの穴に、ガスコンロのビニールホースを通し、下の階の男性(74)宅に向けて都市ガスを送り込んだ疑い。

 ガスは床下に充満し、天井のすき間などから男性宅や隣室に漏れ出したが、健康被害はなかった。マンションの床は厚さ約13センチのコンクリート製で、川田容疑者は約1年かけて電動ドリルで穴を開けたという。11月中旬以降、住民からガス会社に「ガス臭い」との苦情が寄せられ、同署で捜査していた。

 川田容疑者は容疑を認め、「普段から騒音や振動がし、下の階のせいだと思った」と供述しているが、同署によると、下の階からの騒音は確認されていないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車の窓ガラスに首挟まれ、女児重体 静岡・富士(20日)

20日午前9時40分ごろ、静岡県富士市八代町のハンバーガーチェーン店前の駐車場に止まっていた乗用車内で、同市西船津、会社員中西祐介さん(30)の次女花歩ちゃん(1歳11カ月)が後部パワーウインドーに首を挟まれてぐったりしているのを通行人が見つけた。花歩ちゃんは病院に運ばれたが、意識不明の重体。

 静岡県警富士署によると、花歩ちゃんは同日朝から、もう1人の女児(1歳10カ月)と一緒に、同市の「保育ママ事業」で保育を委託された女性(41)に預けられていた。女性は駐車後、花歩ちゃんに靴を履かせるため、助手席からもう1人の女児がいた後部座席に移した。いったんドアを閉め、かかってきた電話に車外で応対していたところ、通行人から事故を知らされたという。

 女性は「窓ガラスは閉めていた」「シートベルトはしていなかった」などと説明しているという。

Logo2_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位)

治安安定期

【治安解説】
212

 年末ですので、日本の治安問題を一筆…

 治安は 数値と体感の バランスなり

 茨城県取手市の無差別襲撃事件のような通り魔事件は、地域住民を震撼させるだけでなく、「何時、我が身に…」と、多くの国民に不安を与えるほど衝撃が大きい。「理由なき無差別殺傷事件」は、多くの事件の中でも体感治安を悪化させる事件だ。

 その日本の治安の現状を見ると、まだ1ヶ月を残している暫定値ではあるが、刑法犯の認知件数が146万5223件だという(警察庁)。このままで行くと、22年の認知件数は160万件台に落ち着くものと見られる。

 過去を振り返ると昭和20年の認知件数は約71万件。昭和23、24年になると160万件近くに一気に増加。このころは国民生活の窮乏から強盗事件が多発し、年間1万件から9000件になるなど犯罪は凶悪化した。

 昭和50年代に入ると54年の128万9000件から徐々に増えはじめ昭和62年には157万8000件になった。

 さらにグリコ森永事件など重大事件の発生に伴い、平成に入り、日本警察は力点を重要事件にシフトした。この結果、街の外周から交番が消え、徐々に犯罪は増加傾向に転じ、平成3年には170万件を突破した。14年にはついに、日本犯罪史上最悪の認知件数285万3000件を記録した。

 日本警察は16年に佐藤英彦・長官のもと犯罪抑止策をとった結果、年々数字は改善され、昭和60年代に戻りつつある。

 しかし、10年前に発生した世田谷一家殺害事件や平成6年の名古屋市西区の資産家殺害事件など重要事件が解決をみていない。こうした重要事件を解決してこそ、治安は安定期に入ったといえるのだが…
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪情報メールをスピード配信 名古屋・千種署、2000人が登録(20日)

 ひったくりなど事件の発生を事前登録した住民の携帯メールに素早く配信し、防犯に役立てる取り組みを名古屋・千種署が始めた。警察による犯罪情報の配信は数時間から1日遅れとなるケースが多いが、同署の目標は覚知から5分以内。担当者は「実現すれば東海3県で例がなく、全国でも珍しい」と意気込む。

 「午後7時前、千種区の隣接でひったくり事件が発生。犯人は高校生風の男2人で自転車に乗車」-。今月半ばに送られたメール配信は、発生から二十数分後だった。具体的な学区名を挙げ注意を呼び掛けた。

 配信は、署が管轄する千種区の住民を対象に11月から開始。同区や隣接区で起きたひったくり、オレオレ詐欺事件や不審者情報などを伝え、住民2千人が登録している。

 速報性を最優先するのは、住民への注意喚起に加え、目撃情報など捜査に役立つ効果が期待されるため。従来の正確性第一から、まず一報を流して警戒を促し、誤りがあれば訂正すればいいという考え方だ。配信時間をさらに短縮するには、署員の意識改革が課題という。

 鈴木和夫署長は「地域の防犯力が低下する中、住民の意識を高め、犯罪の減少につながるようメール配信を活用していきたい」と話している。

(中日新聞)

47newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010122090095751.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩行者天国再開へ 警備を確認(20日)

東京・秋葉原で、おととしの通り魔事件以降中止されている歩行者天国が、来月から再開されると決まったことを受けて、20日、地元の自治体や警察、住民らが集まり、再開後の警備体制などを確認しました。

東京・秋葉原の歩行者天国は、おととし6月に17人が殺傷された通り魔事件を受けて中止されたままになっていますが、千代田区や住民などが街の安全対策を進めた結果、来年1月23日に、およそ2年7か月ぶりに再開されることが、東京都公安委員会で決まりました。これを受けて、20日、千代田区役所に住民や電気店の関係者などおよそ40人が集まり、まず、警察と区から、歩行者天国が来年の6月までは「試験的」という位置づけで再開され、安全面での問題がないか検証することなどが説明されました。

そして、歩行者天国を実施する日曜日には現場に警備本部を設置し、警察や区、電気街、それに町内会が協力して警戒に当たることや、見回りをする巡視員のほかに、電気店の店員が店頭で不審者に目を光らせることなど、新たな警備体制について確認しました。参加した町会長の男性は「多くの人が待ち望んでいたので、歩行者天国の再開はとてもよかったと思う。ただ、最近も茨城で通り魔事件が起きており、再開後、どのように安全を確保していくか、町を挙げて取り組んでいきたい」と話していました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101220/k10015961821000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵さん事件、元リーダー弁護士辞任 (20日)

歌舞伎役者の市川海老蔵さんが暴行を受け、重傷を負った事件で、海老蔵さんとトラブルになった暴走族の元リーダーの弁護士が、元リーダーの代理人を辞任することを発表しました。

 弁護士は元リーダーと方針の不一致があったことなどを辞任の理由に挙げていて、「後任の弁護士が正式に委任された場合にはその方に判断をゆだねたい」などとしています。弁護士は今後、今回の事件についてコメントは一切しないということです。(20日11:07)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4605413.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新宿歌舞伎町で入店を断った会社員を殴るなどしたとして客引きの男逮捕(20日)

東京・新宿区歌舞伎町で、客引きの男が、入店を断った会社員の顔面を殴るなどした疑いで、警視庁に逮捕された。
傷害などの疑いで逮捕された神志那 浩文(こうじな・ひろふみ)容疑者(28)は11月6日、新宿区歌舞伎町の路上で、声をかけた会社員2人に入店を断られたことに腹を立て、顔面などを殴り、全治1週間のけがをさせた疑いが持たれている。
現場近くの防犯カメラには、神志那容疑者の姿が映っており、調べに対して、「会社員を数回殴ったことは間違いない」と供述しているという。
警視庁は、歳末に向けて、歌舞伎町などの繁華街対策を強化している。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189982.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀・守山の女性殺害事件 知人の30代男を指名手配(20日)

滋賀県守山市のアパートで家事手伝い奥村尚代(なおよ)さん(24)=同県草津市=が殺害された事件で、県警が奥村さんの知人で京都府に住む30代の男について、殺人容疑で逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は20日、指名手配して男の行方を捜している。

 捜査関係者によると、男は17日、奥村さんのいるアパートを訪問し、奥村さんを刺殺した疑いが持たれている。

 奥村さんは同日夜、玄関に入ってすぐの台所で血を流して倒れているのを帰宅した部屋の住人の男性が発見。首の周辺に十数カ所、刃物のようなもので集中的に刺された傷があり、出血性ショックで死亡していた。

 捜査関係者によると、室内は物色された形跡がなく、遺体にも暴力に抵抗する際に手などが傷つく「防御創」がなかった。奥村さんは犯人にほとんど抵抗しなかったとみられ、県警は奥村さんの顔見知りの者の犯行の可能性があるとみて捜査している。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟・十日町市で帰宅途中の39歳女性が行方不明 捜索再開も女性の手がかりなし(20日)

新潟・十日町市で、帰宅途中の39歳の女性の行方がわからなくなっている。捜索は20日朝早くから再開されたが、女性の手がかりはない。
行方不明になっているのは、新潟・十日町市上野の県信用組合職員・青木 美保子さん(39)。
警察の調べによると、青木さんは19日午前0時ごろ、忘年会で飲食したあと、同僚とタクシーに乗って帰る途中、自宅からおよそ200メートル離れた郵便局で降りたあと、行方がわからなくなっている。
青木さんが行方不明になり、20日も朝から捜索活動が行われている。
20日は、午前8時半から地元の消防団やボランティア、そして警察が集まり、捜索を始めている。
関係者によると、青木さんは酒に酔い、飲食店に携帯電話や財布などが入ったかばんを残したままタクシーに乗り、現在連絡が取れない。
捜索に参加した地域の人は「(早く見つかってほしいですね?)うん、まあまあ、それだけだよね」と話した。
警察は、事件に巻き込まれたおそれもあるとみて、青木さんを捜している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警戒の中、生徒ら登校「恐ろしい」 取手駅前襲撃事件(20日)

取手市のJR取手駅前で17日朝に起きた路線バス襲撃事件から3日たった20日。平日の朝を迎えた西口ロータリーのバス停留所では、警察官に見守られ、通学の生徒や通勤客らが次々とバスに乗り込んだ。

 事件が起きた時間と同じ午前7時40分。ロータリーにはパトカーが巡回。取手署員も警戒に立つなど物々しい雰囲気が漂っていた。

 文化包丁で切りつけられるなどして12人の生徒がけがをした江戸川学園取手中学・高校は、事件翌日の18日から「三者面談」が始まったため授業はなく、バスを利用したのは部活動や面談に向かう生徒ら。

 改札口から足早にバス停に急ぐ同高校2年の男子生徒は「とても恐ろしい事件」と話した。

 殺人未遂容疑で現行犯逮捕された斎藤勇太容疑者(27)が県警の調べに対し「人生を終わりにしたかった」と供述していることについて、「あまりにも身勝手」と顔をしかめた。

 学校側は18日に保護者を対象に緊急説明会を開催。駅に毎朝配置している教員を通常の授業や学習会がある22日以降、従来の1人から2~4人に増員することや、学校にカウンセラーを常勤させ、被害にあった生徒のケアを図るなどの対策を決めている。(佐藤彰)

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「駅に爆弾をしかけた」とうその110番通報 男を逮捕(20日)

「駅のトイレに爆弾をしかけた」とうその電話をかけたとして、警視庁駒込署は威力業務妨害の疑いで、住所不定、無職、矢野義隆容疑者(54)を逮捕した。同署によると、矢野容疑者は「仕事をやめてむしゃくしゃしていた」と容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は17日午前、東京都台東区や文京区の公衆電話から「駅のトイレに爆弾を仕掛けた」などとうその110番通報をし、駅の職員の業務を妨害したとしている。

 同署によると矢野容疑者は17日夕方、「駅に爆弾をしかけたと電話した矢野です」と交番に出頭した。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

また大田区の工場焼ける 同一人物による連続不審火か(20日)

 20日午前1時35分ごろ、東京都大田区大森西の板金工場から出火、内壁や床など約65平方メートルを焼いた。当時は無人でけが人はいなかった。

 警視庁大森署によると、工場では4月と先週にも同様の火災があり、連続不審火とみて調べている。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、工場は鉄筋コンクリート造りで、4月20日と今月13日の未明、駐車場の車や壁などを焼く火災があった。

 いずれも工場に人がいない時間帯で、建物や敷地内から出火していることなどから、同一人物が火を付けた疑いもあるとみている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級車の盗難が増加 車種別トップはハイエース(20日)

今年1~11月の自動車の盗難被害は2万1934件で前年同期に比べ8・5%減少したものの、300万円以上の高級車は8・6%増加していることが20日、警察庁のまとめでわかった。型の古い盗難防止システムが装着された乗用車が狙われているとみられ、警察庁は業界とも連携して新型の普及を進める。

 まとめでは、被害額が300万円以上は2493件で全体の11・4%を占めた。200万円台も前年同期比4・5%増加したが、200万円未満は12・2%減の1万6912件になっている。

 車種別では、高級車のほかに海外で使い勝手がいいとされるワンボックスカーや四輪駆動車が相変わらず上位を占めている。上位4台はトヨタが占めており、トップはトヨタのハイエース(レジアス含む)。2、3位が高級車のセルシオとクラウンで、特にセルシオの増加率が目立つ。

 警察庁によると、高級車などには、キーに埋め込まれた電子チップのIDコードにより真性キー以外でエンジンをかけられなくする「イモビライザー」が装着されており、今年10月現在で159車種にも拡大している。しかし、旧式のものは「イモビカッター」と呼ばれる装置で解除できることが判明しているという。

 セルシオはすでに販売が中止されており、旧型のイモビライザーが装着されていることから、高級車専門の窃盗グループに狙われている可能性が高い。一方、軽ワゴン車のスズキ・ワゴンRはイモビライザーの搭載を進めていることから盗難が減少したとみられる。

 また、発生場所別では、駐車場が55・2%、一般住宅13・0%、道路上7・2%。駐車場と道路上は前年同期に比べ減少したが、一般住宅は6・2%増加しているという。

 自動車盗難の防止に関する官民合同プロジェクトチーム会議が20日開かれた。今後の対策として、イモビライザーの普及促進や新たな盗難防止装置の開発、各省庁間の連携による不正輸出防止対策の強化などに取り組んでいくことを申し合わせた。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

mixi書き込み、顔見知りが偽装工作か 滋賀女性殺害(20日)

滋賀県守山市のアパートで、同県草津市の家事手伝い、奥村尚代さん(24)が殺害されているのが見つかった事件で、奥村さんの死亡推定時刻後に公開された奥村さんの名前による会員制交流サイトへの書き込みは、犯人の偽装工作の可能性が高いことが20日、県警捜査本部への取材でわかった。奥村さんの体に抵抗した際にできる「防御創」もなく、捜査本部では顔見知りの犯行との見方をさらに強め、交友関係の洗い出しを急いでいる。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部によると、奥村さんの死亡推定時刻は17日正午ごろ。鋭利なもので刺されたことによる出血性ショック死だった。刺し傷は首付近に数カ所あったが腕などに防御創はなかった。手足を縛られていたようなこともないという。一方、会員制交流サイト「mixiミクシィ)」には、奥村さんの名前で「非公開にすれば、人に言えなぃひとりごと言いたい放題ぃー」などと書かれた日記が、17日午後3時52分に公開されている。

 捜査本部は、死亡時刻は多少前後する可能性があり、同時刻まで奥村さんが生きていた可能性は否定できないとしながらも、日記の内容を精査した上で「自分で公開したにしては変」として、別人が公開したとの見方を強めている。

 これまでの調べでは、奥村さんの携帯電話は室内から見つかっていない。捜査本部は、室内から持ち出した犯人がこの携帯電話を使ってミクシィに公開した可能性もあるとみて調べている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

保、映像流出で大量処分へ 保安官の辞職届受理せず(20日)

尖閣諸島付近の中国漁船衝突の映像流出事件で、海上保安庁が、映像を動画サイトに投稿したと告白した神戸海上保安部の海上保安官(43)を含め、関係した職員や監督責任で、少なくとも50人以上の処分を検討していることが19日、海保関係者への取材で分かった。

 また、保安官が既に辞職届を提出したものの、海上保安庁は受理していないことも判明した。保安官について国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで捜査している警視庁は、今週にも書類送検する方針で、海上保安庁は近く懲戒委員会で処分を決定。停職以上の厳しい処分となる見通し。

 東京地検は海保の処分を受け、年明けにも刑事処分を最終決定する見込みで、起訴猶予の公算が大きいとみられる。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121901000505.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【世田谷一家殺害】遺留品から短い毛髪 年賀状は捜査員が保管…混乱ぶり浮き彫り(20日)

 東京都世田谷区で平成12年12月、会社員、宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で、遺留品のヒップバッグの中から、短い毛髪が見つかっていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。毛髪のDNA型を鑑定したところ、現場に残された犯人のものと一致した。

 捜査関係者によると、毛髪は長さ数センチで色は黒く、2階の居間に残されたヒップバッグから見つかった。現場には犯人が宮沢さん方を訪れるまで着用していたとみられるクラッシャーハットが残されており、逃走時には頭に何もかぶっていなかった可能性が高い。

 犯人は宮沢さんらを殺害した際に手を負傷したとみられ、捜査本部は4人と異なるA型の血液を採取、DNA型が分かっている。血液などを鑑定した結果、薬物を使用した痕跡はなく、アルコールやニコチンの成分は検出されなかった。

 一方、現場から行方が分からなくなっていた12年正月に届いた宮沢さん一家宛ての年賀状は、捜査員が聞き込み捜査のために持ち出していたことが判明。捜査本部はこれまで、犯人が宮沢さん一家との接点を隠すために処分したとみていたが、初期段階での捜査が混乱していたことを浮き彫りにした。

 捜査関係者によると、事件発生直後に宮沢さん一家の交友関係を調べるため、聞き込みを担当した捜査員が「翌日までに返す」との約束で年賀状を持ち出したが、そのまま返却されなかったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101220/crm1012200131002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“卒業後10回以上転職”(20日)

茨城県取手市のJRの駅前で、バスで通学途中の高校生らが包丁で切りつけられるなどしてけがをした事件で、警察のその後の調べで逮捕された男は、8年前に高校を卒業した後、10回以上の転職を繰り返していたと供述していることがわかりました。男は、「これまでの過去に不満があった」とも供述していて、警察はくわしい動機の解明を進めています。
この事件は17日の朝、茨城県のJR取手駅のバスターミナルで、停車中のバス2台に包丁を持った男が乗り込み、通学途中の高校生ら14人にけがをさせたものです。殺人未遂の疑いで逮捕された、茨城県守谷市の無職齋藤勇太容疑者(27)は、警察のその後の調べで8年前に高校を卒業した後、少なくとも10回以上の転職を繰り返していたと供述していることがわかりました。
仕事は、派遣やアルバイトの短期間のものが多く、長いものでも3年ほどだったということです。
1年ほど前に仕事を辞めてからは自宅に閉じこもりがちで警察の調べに対し、「これまでの過去に不満があった。人生が嫌になった」と供述しているということです。警察は事件にいたるいきさつや、くわしい動機の解明を進めています。
また19日午後齋藤容疑者と接見した弁護士によりますと、齋藤容疑者は、事件について「自分がやったことに間違いありません」と認めたうえで「誰かを殺すつもりはなかった」とあらためて殺意について否認したということです。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005942011.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・茨城町で66歳女性が血を流して死亡しているのが見つかる 殺人の疑いで捜査(20日)

茨城・茨城町で、66歳の女性が血を流して死亡しているのが見つかった。
19日午後4時ごろ、茨城町の住宅で無職・市毛久子さん(66)が血を流して死亡しているのを夫が発見した。
市毛さんの顔や背中には、刃物で切られたような傷があり、警察は殺人の疑いで捜査している。
市毛さんは夫と長女の3人暮らしで、夫が朝出かける際に変わった様子はなかったという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189962.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島夫婦強殺:地検が控訴へ 1審の裁判員裁判無罪で(20日)

鹿児島市の高齢夫婦殺害事件で、強盗殺人罪などに問われた白浜政広さん(71)に対し、裁判員裁判で無罪を言い渡した鹿児島地裁判決について、鹿児島地検は、判決を不服として控訴する方針を固めた。上級庁と協議のうえ控訴期限の24日までに最終決定する。最高検によると、控訴すれば裁判員裁判の全面無罪判決に対する検察側の控訴は2例目になる。

 無罪判決を受け、同地検と鹿児島県警は、殺害現場で補充捜査を実施。16日に地検幹部が上級庁に出向き、地検の意向を伝えたという。

 10日の地裁判決は、現場から検出された指紋などを「犯行時に付着したものであると認定するには合理的な疑いが残る」と判断した。このため検察側は控訴審で、指紋などが事件時に付いたことなどを改めて主張していくとみられる。一方、白浜さんは控訴について「想定していたこと。事件現場に行っていないことを改めて主張していくだけ」と話した。

 裁判員裁判の控訴審について、最高裁司法研修所は09年3月「極めて重要な事実を見落とすなどの事情がない限り、1審の判断を尊重すべきだ」との考え方を示す一方、死刑求刑事案の控訴審に関しては「なお検討を要する」と含みを残している。

 白浜さんは09年6月18日夕から翌19日朝までの間、鹿児島市下福元町の蔵ノ下忠さん(当時91歳)方に侵入し、金品を奪う目的で蔵ノ下さん夫妻を殴り殺害したとして起訴された。白浜さんは一貫して起訴内容を否認している。【黒澤敬太郎、川島紘一】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101220k0000m040052000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店事務所で強盗事件 男2人が現金など奪う 名古屋(20日)

19日午前4時10分ごろ、名古屋市東区筒井2丁目の派遣型風俗店事務所に男2人が押し入り、ナイフで従業員の男女2人を脅し、金庫内の現金8万5千円と、現金約10万円などが入ったバッグを奪って逃げた。東署が強盗事件とみて調べている。

 同署の発表によると、2人組はビルの3階にある風俗店の施錠していない玄関ドアから入って従業員をナイフで脅し、男性(28)を粘着テープで後ろ手に縛った上で、女性(37)に金庫を開けさせたという。男の1人は30歳ぐらいの丸刈り頭、もう1人は20代くらいで黒い帽子をかぶっていたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

怪しい養子縁組、窓口で阻止…市区町村が通報(20日)

政府は19日、不審な養子縁組の届け出が市区町村の戸籍窓口にあった場合、市区町村が最寄りの法務局へ報告し、法務局が実態調査にあたる仕組みを導入する方針を固めた。

年内に法務省民事局長名で具体的な運用基準を盛り込んだ通達を関係方面に出す予定だ。
法務省、年内に通達 養子縁組の制度を巡っては、縁組を繰り返して姓を変え、別人を装うなどして、不正融資、詐欺、パスポートの不正取得などにかかわる事例が多発している。しかし、市区町村は書類に不備などがない限り受理せざるを得ないうえ、申請内容を確認する人手も足りない。このため、市区町村から不審な申請に関する情報提供を受け、法務局が個別調査することとした。

 当面、短期間に何度も養子縁組が届けられた事例について、法務局の職員らが申請者の縁組の履歴などを調べ、縁組の対象者から事情を聞く方向だ。本籍地が変更されている場合は、旧本籍地の自治体にも情報提供を求める。養父母らから縁組の意思が確認されない事例などは、法務局が市区町村に不受理とするよう求めることも想定している。

 戸籍法では、法務局が戸籍事務について市町村長に「報告を求め、助言もしくは勧告」でき、「特に必要があると認めるときは、指示」できると定めている。新たな仕組みはこの規定を活用し、法改正は伴わない。情報提供や調査の基準などは最終調整中だ。同省では法務局の関与により、養子縁組制度悪用を抑止する効果があると期待している。

 2008年5月施行の改正戸籍法では、届け出時の本人確認を義務づけ、不正防止に一定の効果をあげたが、自治体からはさらなる対応を求める声が多く、法務省は対策を検討していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅近くでタクシー降車の女性 行方不明に(20日)

19日午後1時45分ごろ、新潟県十日町市の団体職員の女性(39)が「帰宅しない」と両親が十日町署に届けた。同署などの約20人が、帰宅途中にタクシーを降りた自宅周辺などを捜したが見つからず、同日夜、いったん捜索を打ち切った。

関連記事

記事本文の続き 十日町署は何らかの事故の可能性もあるとみて、20日も捜索を続ける。

 同署によると、女性は19日午前0時ごろ、市内の居酒屋であった忘年会の後に同僚とタクシーに乗り、自宅から約200メートルの場所で降車。その後の行方が分からず、家族に連絡もないという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷一家殺害 怨恨か金目当てか絞り込めぬ動機(20日)

事件は30日で発生から10年を迎える。長く続く捜査でも、怨(えん)恨(こん)か金目当てか、動機は絞り込めていない。警察の威信を懸けた捜査は迷走を続けている。

 捜査本部がここ数年着目しているのは、犯人の遺留品から見つかった3種類の染料だ。捜査本部は犯人が染料を専門的に扱う工業関係者だった可能性を視野に、これらの染料の製造でトップシェアを占めるドイツの化学メーカーにも捜査員を派遣するなどして、流通ルートをたどっている。

関連記事

記事本文の続き 染料は、犯人が現場に残したヒップバッグの中から3種類、トレーナーの胸付近から、2種類を検出。宮沢さん方の車庫にある木製の収納家具からも3種類の染料が見つかっているが、犯行時はシャッターが閉まったままで犯人が出入りした形跡はなかった。犯人は、事件前に宮沢さん方に出入りしていた顔見知りの可能性もある。

 ただ、これまでの関係者への聞き込みで、一家をめぐるトラブルは確認されておらず、捜査関係者は犯行動機について、「子供2人まで殺害する残虐さは『怨恨』を感じさせるが、『金目当て』の線も捨てきれない」と話す。

 現場からは宮沢さんの財布から現金がなくなるなど、約15万円が奪われたとみられている。さらに、2階居間のソファにキャッシュカードと免許証が並べられ、暗証番号を探っていた可能性もあるという。

 一方、捜査本部は犯人が取った犯行後の行動の意味を図りかねている。犯行時間帯とみられる12年12月30日午後11時半ごろから翌31日朝まで宮沢さんのパソコンを操作し、冷蔵庫のアイスクリームを食べるなどしていた。

 また、海外との関わりも浮かび上がっている。遺留品のヒップバッグからは米ロサンゼルスとラスベガスの間にある砂漠のものと酷似する砂が見つかった。

 日本で通していない外国製洗剤や、日本に存在しない放射性物質「モナザイト」も検出されたが、ヒップバッグを他人から譲り受けていたり、盗んでいたりしていれば、犯人と直結しない可能性も出てくる。

 捜査本部は現場から検出された犯人の血液のDNA型から人類学的解析を進め、父系が日本を含むアジア系で、母系は南欧系民族だったことが明らかになっている。

 宮沢さんの母、節子さん(79)は「10年たっても悲しさや寂しさは変わらない。犯人には罪の大きさを知ってほしい。私自身、犯人がなぜ、あんなことをしたのかを知りたい」とくちびるをかみ締めた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月19日 | トップページ | 2010年12月21日 »