« 2010年12月12日 | トップページ | 2010年12月14日 »

2010年12月13日

2010年12月13日 (月)

壁の落書きは暗号…「ドラッグ温床」裏クラブ(13日)

大阪・ミナミの繁華街アメリカ村で無許可の裏クラブを営業したとして、風営法違反容疑でクラブ2店が大阪府警に摘発された。アメ村には風俗営業許可を得ていない同様のクラブが集中。若者が未明まで騒ぎ、客と住民や客同士のトラブルが絶えないが、地元の事情通は「実態はもっと悪質で、違法薬物売買の温床にもなっている」と指摘する。

 摘発されたのは、大阪市中央区西心斎橋のクラブ「アズール」と「ドンフレックス ラウンジ」。両店を経営する有限会社代表、北村英剛容疑者(30)と、それぞれの店長の計3人が同法違反(無許可営業)容疑で府警に逮捕された。

 DJが大音響で音楽を流し、客が踊れるスペースを設けたクラブのような店は風営法上の許可がいるが、両店は飲食店の届け出で、風営法では認められない未明までの営業を続けていた。

 周辺住民らは「店の防音設備などは不十分で、深夜も重低音の音が響く。客らはごみを散らかし放題だし、客同士のトラブルも多く、体感治安は最低だった」と口々に話す。

 しかし、トラブルのタネはこれだけではなかった。周辺クラブも含めて「ドラッグの温床になっている」(地元関係者)というのだ。

 事実ここ数年、京都大学など、関西の有名大学の学生らがアメ村のクラブなどで薬物を入手し、逮捕される事件が相次いでいる。街には通行人に声をかける黒人の姿も多く、多くはアフリカ人で、ガーナ人らが組織する大麻密売組織が摘発されたこともある。

 府警が今月6日未明、アズールなど2店の家宅捜索に入った際には、ダンスフロアにいた客から「何?」「注射(覚醒剤)?」といった声も漏れたほどだ。

 アメ村では一般店舗の壁などへの落書き被害も多いが、これもただの落書きではない。事情に詳しい地元の飲食店経営者はこう明かす。

 「違法薬物の密売人らがクラブに集まる客を目当てに、大麻や合成麻薬など違法薬物を持ってうろついており、落書きは取引の日時や場所を示すサイン(暗号)にもなっている」

 アメ村はもともと繁華街の外れの倉庫街だったが、1970年代にアメリカ西海岸やハワイなどで仕入れた古着などを売る店ができ、次第に若者が集まる街に発展。一時は「西の原宿、六本木」ともいわれた。

 クラブも現在約20店まで増えており、地元住民らは薬物追放を呼びかけ、トラブルの警戒に努めるが、なかなか効果は上がらない。

Head_logo1_9 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性殺害:交際相手の64歳容疑者を逮捕 徳島(13日)

13日午前10時50分ごろ、徳島市北田宮2のアパート2階の玄関で、女性が血を流して倒れているのを管理人の男性が見つけて110番した。女性は既に死亡していた。徳島県警は、部屋の借り主で無職の三原敏弘容疑者(64)を殺人容疑で逮捕した。「言い争いになり、腹が立って殺した」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、交際相手だった同県上板町、飲食店従業員、吉田浜路さん(45)の首や胸を包丁で刺して殺害したとしている。アパートには三原容疑者が住んでおり、包丁は自宅にあったものだという。吉田さんはここ数日の間に殺害されたとみられる。

 三原容疑者は13日午前11時半過ぎ、徳島市内で車を運転中、緊急配備された捜査員に見つかり逃走。数分後、アパートから南東約2キロの国道11号交差点で信号無視をしたとし、道交法違反容疑で現行犯逮捕されていた。【山本健太、大原一城】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101214k0000m040090000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

事務所突入、直前にトラック乗り換えか (13日)

茨城県議会議員選挙の候補者の事務所にトラックが突っ込み、男性がひかれて死亡した事件です。事件直前、現場近くのスーパーの駐車場で、乗用車から降りて犯行に使用されたとみられるトラックに乗り換えて出ていく不審な人物が目撃されていたことがわかりました。

 「物を壊されるくらいなら直せばいいですけど、人の命が・・・」(戸井田和之さん)

 こう話すのは、12日の茨城県議会議員選挙で選挙区トップ当選を果たした戸井田和之さんです。事件は投票時間の真っ只中に起きました。

 12日午前10時半ごろ、茨城県石岡市の戸井田和之さんの事務所にトラックが突っ込んだのです。トラックはバックで2度突っ込み、止めようとした叔父で広報担当の戸井田利雄さん(62)がひかれて死亡しました。

 「何を、あのおじさんが悪いことをやったんですか?」(戸井田和之さん)

 運転していたのは、やせ型でフード付きの灰色のスウェットを着た男だったといいます。警察は殺人事件として男の行方を追っていますが、その後の取材で、事務所の近くにあるスーパーの駐車場で、事件直前、乗用車から降りてトラックに乗り換えて出ていく不審な人物が店の客に目撃されていたことがわかりました。

 「車が1台入ってきて、車を止めて、奥のトラックに乗りかえて出て行ったと聞いた」(スーパーの店長)

 トラックは犯行に使われたものと極めて特徴が似ていて、前日の朝には、このスーパーの駐車場に停められていたといいます。その一方、乗用車は事件後、駐車場に放置されていて、警察は現在、持ち主の男性から事情を聴いています。

 実は戸井田さんの選挙事務所は、事件が起きる前日に消火剤をまかれたり、事務所に停めていた車がパンクさせられる嫌がらせを受けていました。しかし、この騒ぎの前日・・・。

 (Q.事務所の中で騒ぎがあった)
 「何でケンカするんだろうね」(別陣営の関係者)

 戸井田さんと運動員が事務所の中で言い争いになるなどトラブルがあったといいます。警察もこうした事実を把握していて、今回の事件との関連を調べる方針です。(13日16:59)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4599914.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市川 海老蔵さん殴打事件 暴走族の元リーダー側が16日に会見へ(13日)

歌舞伎俳優・市川 海老蔵さん(33)が暴行を受け重傷を負った事件で、暴走族の元リーダーの弁護士が16日に会見を開くことを明かした。
10日に海老蔵さんへの傷害容疑で逮捕された伊藤 リオン容疑者(26)は、「海老蔵さんを殴ったことについては反省している。ただ一方的に自分が因縁をつけて殴ったわけではない」と供述している。
一方で伊藤容疑者は、当時一緒にいた人物などについては、一切話していないという。
こうした中、現場の状況を知る関係者によると、暴行が行われた東京・西麻布の11階の店には2つの個室があり、海老蔵さんはそのうち1つの個室のL字型のソファに座っていたという。
そして、海老蔵さんの横には、暴走族の元リーダー、その横に伊藤容疑者がいたという。
海老蔵さんは、12日に行われた再々聴取でも、これまでの証言を繰り返した。
伊藤容疑者は「殴ったのは自分1人」と供述していて、両者の主張の溝は依然埋まっていない。
こうした中、元リーダーの弁護士は16日に会見を開くと明言した。
元リーダーの代理・本勝也弁護士は11日、「リーダーの方のね代理だから。水曜日までに方針を決めて、木曜日に説明をするという形です」と語った。
けがをしているという元リーダーの被害届の提出も併せて発表するとみられている。
会見のタイミングについて元東京地検公安部長・若狭 勝弁護士は「(元リーダー側は)示談に向けてのカードをちらつかせている。(しかし海老蔵さんが)暴力暴行は加えていないというのが、真相真実だとしたら、そのカードはそれほど強力ではない」と語った。
事件の行方が海老蔵さん復帰へ向けて大きな鍵を握っている。
歌舞伎研究家・喜熨斗 勝氏は「(早期決着の場合)一番早い(復帰は)2011年5月の園菊祭。ただ、2月中にはすっきりしていないと、5月の公演には間に合わない。もしこれに間に合わないとなると、次のチャンスは2011年末の顔見世。ちょうど1年でここから再スタート」と語った。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189596.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組問題 共犯の組員ら3人逮捕(13日)

 山口組ナンバー3の宅見組組長、入江禎(ただし)容疑者(66)=暴力団対策法違反容疑で逮捕=らが抗争事件で服役した傘下組員に報奨金を与えていた事件で、大阪府警捜査4課は13日、同容疑で指名手配していた宅見組系幹部、重里建一容疑者(36)ら2人を、犯人隠避容疑で服役組員の内妻、林幸枝容疑者(58)を逮捕した。府警によると、いずれも容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 他の逮捕者は重里容疑者の内妻、徳田律子容疑者(39)。同事件に関連した逮捕者は6人となった。

 重里、徳田両容疑者の逮捕容疑は、入江容疑者らと共謀。平成20年10月、府公安委員会から服役中の組員に金品を渡すことを禁じる命令が出されたにもかかわらず、20年11月~今年4月、林容疑者の口座に計390万円を振り込み、供与したとしている。

 府警によると、禁止命令後は、宅見組からの報奨金を徳田容疑者が林容疑者の口座に振り込んでおり、入江容疑者らが報奨金供与の違法性を認識し、摘発を逃れようとしたとみている。

 林容疑者の逮捕容疑は、今年5月、振り込まれた金について府警から任意聴取を受けた際、「重里容疑者に貸していた450万円の返済金」と嘘をつき、入江容疑者らの関与を隠したとしている。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯人隠避容疑:「ヒットマン」内妻を逮捕 大阪府警(13日)

指定暴力団山口組宅見組が「ヒットマン」に報酬を提供したとされる事件で、大阪府警捜査4課は13日、報酬を受け取りながら府警に虚偽の説明をしたとして、ヒットマンの内縁の妻、林幸枝容疑者(58)=同府交野市私部4=を、犯人隠避の疑いで逮捕した。また、新たに暴力団組員の重里建一(36)と内妻の徳田律子(39)の両容疑者を暴力団対策法(称揚等の禁止命令)違反容疑で逮捕した。

 林容疑者の逮捕容疑は、対立組織の幹部を射殺した罪で服役した夫への報酬を、宅見組組長の入江禎(ただし)容疑者(66)=同法違反容疑で逮捕=らから受け取りながら、府警の任意聴取で「貸した金の返済だ」などと説明、入江容疑者らの摘発を妨げた、としている。「入江さんらに迷惑がかかると思った」と認めているという。

 林容疑者ら3人は府警に指名手配されていたが、この日、府警本部に出頭した。毎日新聞

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101214k0000m040031000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

愚連隊を解体せよ

【治安解説】
212

東京・六本木の歌舞伎役者・海老蔵さん暴行・傷害事件だが、出頭した伊藤容疑者の供述と被害者海老蔵さんの供述に食い違いが出たため警視庁捜査1課は、12日に再度、海老蔵さんから事情を聴いた。酔っぱらい同士の喧嘩なら当たり前の話しだ。

 本来なら目撃者も含め関係者を集めて事情を聴いて事実に迫るのだが、伊藤容疑者の関係者と言われる元暴走族のリーダー(29歳)は弁護士に匿われて出て来ない。

 そればかりか、その弁護士は、診断書をちらつかせながら「被害届けを出す」「出さない」などとジーっと成り行きを見ている状態。示談のタイミングを見ているのだろう。

 関係者の少ないなかで捜査1課は苦労しているのだろうが、そもそも、個人間の喧嘩ではあるが、背景に「愚連隊」という〝組織〟があることを忘れてはならない。その組織が、口裏を合わせて示談に持ち込もうとしているのだ。

伊藤容疑者は、元サッカー選手などと言われているが、高校時代には暴走族に入り、現在は用心棒を勤めるなどしているという。切れると怖く、「六本木では最強の男」と言われているとワイドショーは報じている。

 それを取り巻いている元暴走族仲間。警視庁は彼らの血液型まで把握しており、まさに警察庁の定義である「愚連隊」に間違いない。

 愚連隊は最近の犯罪集団名から遠ざかり、忘れられているのでマスコミは使わないが、現在の捜査1課の事件が一段落すれば、警視庁組織犯罪対策部が解明に向けて動き出すことになる。理由は警察庁が激怒したからだ。

 不正に入手した他人のクレジットカード情報を使い、ネット上で商品を購入しようとしたとして、中国残留孤児2世・3世を中心とするグループ「怒羅権」のリーダーの男が警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、埼玉県に住む飲食店従業員で、東京・池袋を拠点とする「王子怒羅権」の総長(37)=TBSテレビ

 これがまさに「愚連隊」ですよ。

 新宿や池袋など地区担当による浄化作戦並の「六本木浄化作戦」が展開される日が近い。

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
  

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性、首から血を流し死亡…男から事情聞く(13日)

13日午前10時50分頃、徳島市北田宮2のアパート「北田宮ハイツ」201号室で、女性が倒れているのを家主の男性が見つけ、110番した。

 徳島県警の捜査員が駆け付けたところ、玄関で女性が首から血を流して死亡していた。徳島西署が殺人事件として捜査、この部屋に住む60歳代の男から事情を聞いている。

 発表によると、女性は40歳代ぐらいで、首に大きな傷があって大量に出血していたという。死後2、3日とみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「200件くらいやった」発電機盗グループ再逮捕(13日)

消防団の倉庫に保管してあった発電機などを狙った連続窃盗事件で、新たに同様の犯行が裏付けられたとして、千葉県警捜査3課などは窃盗容疑で、同県印西市木下、無職、川嶋純容疑者(35)と茨城県筑西市小川、無職、土屋雅之容疑者(34)らグループの男3人を再逮捕した。

 同課によると、土屋容疑者は「昨年10月ごろから千葉や茨城で同様の盗みを200件くらいやった」と話しており、同課は裏付け捜査を進めている。

 逮捕容疑は、9月25日午後6時半ごろから26日午前7時ごろまでの間、千葉県柏市藤ケ谷のガス工事現場敷地内に侵入し、保管してあった発電機4台(計約160万円相当)を盗んだとしている。

 県内では春ごろから消防団倉庫や工事現場などを狙った発電機盗が相次いでおり、県警は11月、県内のリサイクルショップに盗品の発電機を売りに来ていた川嶋容疑者らを逮捕していた。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

留置施設から覚せい剤、警視庁池袋署 (13日)

警視庁池袋警察署に逮捕された男が「覚せい剤を隠している」と供述し、実際に、留置施設内で覚せい剤が見つかっていたことが警視庁への取材でわかりました。

 今月2日、池袋警察署に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された無職の31歳の男が、「所持品の雑誌の中に覚せい剤を隠している」と供述し、警視庁が留置施設のロッカーを調べたところ、雑誌に挟まった覚せい剤が見つかりました。覚せい剤はおよそ0.4グラムで、袋に入れられ、粘着テープで雑誌の中に貼りつけられていたということです。

 警視庁によりますと、男が逮捕された先月17日に所持品検査を行ったということですが、雑誌については男が「読まない」と話したため、簡単な検査をした後、警察官が、留置場の外にある留置施設内のロッカーに保管していたということです。池袋警察署は「適正な管理・運営に努めていく」としています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4599761.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「爆窃団」か 中国人3人逮捕(13日)

ことし7月、東京・池袋の東武百貨店の壁に穴が開けられ、時計売り場から腕時計およそ70点、1600万あまりが盗まれた事件で、中国人の50代の男3人が盗みの疑いで逮捕されました。
警視庁は、香港などを拠点にする窃盗グループ「爆窃団」のメンバーとみて調べています。
逮捕されたのは、中国人で貿易業を名乗る、曾何泳容疑者(53)ら、いずれも香港在住の中国人の50代の男3人です。
この事件は、ことし7月、東京・池袋の東武百貨店の6階の壁に穴が開けられ、時計売り場のショーケースから腕時計およそ70点、1600万円あまりが盗まれたものです。
売り場に近い壁に外側から60センチ四方ほどの穴が開けられ、油圧ジャッキやのこぎりが残されていた手口から、警視庁は香港などを拠点とする窃盗グループ「爆窃団」による犯行とみて捜査してきました。
その結果、店内や非常口の防犯カメラに映っていた3人組の男が曾容疑者らだった疑いが強まったということで、警視庁は成田空港から出国しようとしていた曾容疑者と日本に再入国しようとした仲間2人を盗みなどの疑いで逮捕しました。
調べに対し曾容疑者ら2人は容疑を否認し、ほかの1人は一部認めているということです。
警視庁は香港の捜査当局の情報などから3人は爆窃団のメンバーとみて調べています。

News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005806401.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

今宮戎神社で放火?防犯カメラの男逮捕(13日)

大阪市浪速区の今宮戎神社境内で放火したとして、大阪府警浪速署は12日、住所不定の無職岡田日出男容疑者(66)を建造物等以外放火容疑で逮捕した。容疑を否認しているという。

発表によると、岡田容疑者は12日午前8時5分頃、同神社境内で、古い福笹やお札などを入れた木製の箱(縦1メートル、横1・5メートル、高さ2メートル)を全焼させ、さらに隣接する南門の門扉2枚や鳥居の一部などを焦がした疑い。境内の防犯カメラに出火直前、箱近くにいる岡田容疑者が映っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイトでわいせつDVD販売 容疑の男逮捕(13日)

インターネットの裏求人サイトで販売するために、わいせつDVDを持っていたとして、警視庁保安課はわいせつ図画販売目的所持の現行犯で、東京都豊島区西巣鴨、風俗店店員、福島淳容疑者(41)を逮捕した。

 同課によると、福島容疑者は「悪いことは闇サイトに載せるのがいいと思った」と供述しているという。福島容疑者は「尋ね人掲示板」など4つのサイトに、「趣味で集めたものなので、映りはいいです」「3万枚ほどあります」などと書き込んでいた。顧客とはメールでやりとりし、100枚1万円で交渉していた。同課は福島容疑者の自宅からわいせつDVD約3500枚を押収、入手先を調べている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は11日午前10時45分ごろ、自宅に販売目的でわいせつDVD3470枚を持っていたとしている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

通信販売でゲーム機詐取未遂容疑 中国人を逮捕()13日

 他人名義のクレジットカードを使い通信販売でゲーム機を買おうとしたとして、警視庁組織犯罪対策1課は詐欺未遂の疑いで、埼玉県和光市下新倉、中国籍、雷金山容疑者(37)を逮捕した。

 同課は、雷容疑者が他人名義のカード情報を入手したとみて、入手方法を追及している。雷容疑者は「身に覚えがない」と否認しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、2月22日、インターネットの通信販売サイトから、他人名義のクレジットカードを使って携帯ゲーム機2台(約3万9000円相当)の購入を申し込み、配送させてだまし取ろうとしたとしている。

 同課によると、ゲーム機の届け先として指定された住所が以前、カード詐欺事件で使われた住所だったため、カード会社が不審に思い通信販売サイト運営会社に連絡、被害を未然に防いだ。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「女性会員百人以上」実は数人…婚活に落とし穴(13日)

<婚活>ブームの影響もあってか、結婚相手紹介業を巡るトラブルが全国的に増えている。

島根県内でも今年度は9月末までに16件の相談が寄せられ、なかには業者が逮捕される悪質なケースもあり、県消費者センターなどが注意を呼びかけている。

 「金だけとって紹介してくれない。インチキでは」。匿名の通報を受け、出雲署などは11月、出雲市内の結婚相手紹介業「K・K・S」の社長らを特定商取引法違反容疑で逮捕。女性会員が数人しかいないのに「100人以上いる」などと虚偽を告げ契約させた疑いだ。

 業者は、年間12~30万円の契約料を払えば異性の会員を紹介するとし、インターネット上で入手した約170人分の顔写真に架空のプロフィルを付け、会員として紹介したパンフレットを送って勧誘していた。被害者の男性6人中、女性に出会えたのは1人しかいなかったという。

 県消費者センターによると、県内の年間相談件数はここ数年20~30件で、「中途解約したいが返金してくれない」などの相談も寄せられている。なかには「約300万円かけフィリピンへ見合い旅行に行ったが、相手が来なかった」というケースもあるという。

 国民生活センターによると、結婚相手紹介業のトラブル相談件数は2853件だった2006年度以降、増加。09年度は3235件で、今年度も9月末までに1269件と昨年度を上回るペースだ。

 同センターは「婚活ブームでサービス利用者が増えているのかも」と推測し、「業者の説明不足もあるが、消費者側も広告から受けるイメージだけで過大な期待をせず、契約時には細かく確認してほしい」と呼びかけている。(小野圭二郎)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行現場ビルのガラス割られる、海老蔵さん殴打事件(13日)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)が東京都港区西麻布の飲食店で殴られて重傷を負った事件で、事件後、現場ビル1階の出入り口のガラスが割られていたことが13日、分かった。

 割られていたのは、同ビル1階出入り口の自動ドアのガラスで、穴のような破損が見つかった。警視庁麻布署は何者かが故意に割った可能性もあるとみて、器物損壊容疑で調べている。

 同ビルでは11月25日未明、海老蔵さんが暴行される事件が発生。警視庁捜査1課は、海老蔵さんを殴ったりけったりして顔の骨を折るなどしたとして、傷害容疑で伊藤リオン容疑者(26)を逮捕していた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

事務所に車 前日もパンク被害(13日)

12日に投票が行われた茨城県議会議員選挙の石岡市にある選挙事務所に、保冷車が突っ込み、支援者の男性がはねられて死亡した事件で、この選挙事務所では、投票日の前日に選挙カーのタイヤがパンクさせられるなど、悪質な嫌がらせとみられる被害もあったことが分かり、警察は、事件との関連を調べています。

この事件は、12日に投票が行われた茨城県議会議員選挙の石岡市選挙区で、当選した戸井田和之氏の選挙事務所に保冷車が突っ込み、保冷車を止めようとした戸井田氏のおじで支援者の戸井田利雄さん(62)がはねられて死亡したものです。警察は、殺人事件として捜査するとともに選挙妨害の疑いでも調べています。

警察のこれまでの調べで、この選挙事務所では、投票日前日の11日、駐車場に置いてあった選挙カーや支援者の乗用車などあわせて6台の車のタイヤが鋭い刃物のようなものでパンクさせられていたほか、選挙カーのスピーカーの配線が切断されたり、事務所に備え付けの消火器がまかれたりする被害もあったということです。警察は、保冷車が事務所に突っ込んだくわしい状況を調べるとともに、投票日前日にあった悪質な嫌がらせとみられる被害との関連を調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101213/k10015802251000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知・東浦町切断遺体事件 容疑者の男の供述から女性のものとみられる頭と両脚を発見(13日)

愛知・東浦町の草むらで女性の切断遺体が見つかった事件で、容疑者の男の供述から、女性のものとみられる頭と両脚が見つかった。
頭が見つかったのは、東浦町の胴体発見現場から北へおよそ1.6km離れた大府市大東町のプールの駐車場横の用水路で、12日午後11時半前に水没した状態で見つかった。
また、両脚はさらに北へ3kmほど離れた小学校の隣の雑木林から毛布にくるまれた状態で見つかった。
いずれも12日、死体遺棄などの疑いで逮捕された名古屋市瑞穂区のアルバイト・三森敏彦容疑者(66)の供述から捜査員が発見し、愛知県警は同居していた安立 キリ江さん(72)のものとみて確認を急いでいる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189568.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱線現場付近 ATS作動2件(13日)

107人が死亡したJR福知山線の脱線事故の現場のカーブ付近で、電車が速度を出しすぎてATS=自動列車停止装置が作動し、緊急停車したケースが去年も2件起きていたことが分かりました。

これは、JR西日本が12日、兵庫県伊丹市で開いた脱線事故の被害者への説明会で明らかにしたものです。脱線事故の現場では、ことし10月にカーブにさしかかった上り線の電車が、速度を出しすぎていたためATS=自動列車停止装置が作動したケースがすでに明らかになっています。

JRによりますと、去年も6月と7月の2度にわたって下り線の快速電車がカーブに進入する際、カーブの手前に設置されたATSが作動し、非常ブレーキがかかって緊急停車していました。このATSは、電車が時速およそ70キロを超えて通過すると作動するように設定されており、いずれの運転士も直前に速度を出しすぎていると感じて、手動でブレーキをかけたもののATSが作動したということです。

JR西日本は、これら2件のケースを公表しておらず、宇都宮道夫安全推進部長は「事故が起きた上り線ではなく、ATSよりも先に運転士が気づいて減速したので問題はないと考えたが、公表すべきだったと思う」と釈明しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101213/k10015801841000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

湾岸署に拘置、中国人の男が自殺 (13日)

12日午後1時40分ごろ、東京・港区の警視庁東京湾岸署に拘置されていた中国人の男(41)が自殺を図り、まもなく死亡しました。

 警視庁によりますと、男は留置施設内のトイレで倒れているのが見つかり、自分の着ていたワイシャツを裂いて、ひも状にして首を絞めたとみられるということです。警視庁で、管理に問題がなかったか調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4599138.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤密輸、狙われる地方空港 国際線増加・職員少なめ(13日)

 覚醒剤密輸ルートが地方の空港に及んでいる。昨年から今年にかけ、五つの空港で初の摘発が相次いだ。捜査関係者らは密輸組織が警備が厳重な国際空港を避け、国際線の乗り入れが増えた地方の空港に目をつけたとみて、警戒を強めている。

 4月24日午前、富山空港の税関検査場で、税関職員はある男性乗客の不審な行動にピンと来た。持っているのは小さな荷物だけ。他にないのかと確認すると、ターンテーブルに別の荷物を取りに戻った。職員にパスポートを渡すと、受け取らずに立ち去ろうとした。一刻も早く検査を終えたいように見えた。

 職員が別室へ案内すると、男性は「何も持っていない」とアピールするようにズボンを脱いだ。職員が「上着も」と促すと、二つの白いポリ袋が粘着テープで腹に巻き付けられていた。中身は約490グラムの覚醒剤だった。

 台湾からのツアー客を乗せたチャーター便で到着した無職の台湾人の男(66)。大阪税関伏木税関支署は身柄を拘束し、富山県警が一緒にいた女性とともに覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕した。富山空港での初の覚醒剤密輸事件摘発となった。

 大阪税関によると、男は「団体の中でカップルを装っていれば大丈夫と組織に言われた」と供述したという。男の弁護側は「単なる運び屋で密輸組織の末端に過ぎない」と主張したが、判決は「2度来日して下見するなど、密輸を成功させるため積極的に行動している」と指摘。女性は不起訴処分となったが、男は懲役7年罰金300万円の判決を受け、確定した。

 富山空港には中国や韓国と結ぶ国際線が週20回程度発着している。同税関支署から職員数人が常駐している。

 財務省関税局によると、成田、中部、関西、福岡の4空港をのぞき、国際線が乗り入れている空港での覚醒剤密輸事件は、統計を取り始めた1991年以降、2000年に那覇空港で初摘発された。04、05、07、08年に新千歳空港などで1件ずつだったが、09年は計5件に。このうち小松(石川県)、福島の2空港では初の摘発だった。

 今年は岡山空港で7月、末端価格約2億7千万円相当の約2.9キロの覚醒剤を密輸したとして、米国人の男(32)が逮捕された。起訴状によると、男はガーナの空港から覚醒剤を隠したスーツケースを持ち込み、アラブ首長国連邦のドバイ、韓国・仁川空港経由で入国したとされる。

 

続きを読む "覚醒剤密輸、狙われる地方空港 国際線増加・職員少なめ(13日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木県庁舎で火災、備品など焼く…けが人なし(13日)

12日午後5時20分頃、宇都宮市竹林町、栃木県河内庁舎2階の宇都宮土木事務所の職員から「黒煙が上がっている」と119番通報があった。約2時間後に鎮火したが、同事務所の事務室1室約60平方メートルと、備品のパソコンやコピー機などを焼いた。けが人はなかった。

 宇都宮東署などによると、同庁舎は鉄筋コンクリート5階建て。火災発生時、同事務所には休日出勤していた職員が複数いた。同署で出火原因を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

古札納所への放火容疑で無職男を逮捕(13日)

商売繁盛の神様「えべっさん」の愛称で知られる大阪市浪速区の今宮戎神社で、古札納所に火を付けたとして、浪速署は12日、建造物等以外放火の疑いで、住居不定、無職、岡田日出男容疑者(66)を逮捕した。浪速署によると「金目のものがないか納所をのぞいたが火は付けていない」と否認している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は12日午前8時ごろ、同神社の古札納所で、古くなったお守りなどに放火し、納所約2平方メートルを全焼させたほか、近くの木製門扉なども焼損させた疑い。

 浪速署によると、出火に気がついた神職らが消火にあたり、けが人はなく、本殿への延焼もなかった。境内の防犯カメラに、岡田容疑者とよく似た男が出火の直前に納所に入る様子が写っていたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「断固戦う」戸井田氏トップ当選 犠牲の叔父に誓う(13日)

「トシちゃん、本当にごめんね」

 茨城県議選の投開票日の12日、トラックに選挙事務所を襲撃された候補者の戸井田和之氏(46)=無所属元職=はトップ当選を果たし、死亡した叔父、戸井田利雄さん(62)を思い、言葉を詰まらせながらの勝利宣言となった。

 戸井田氏は午後10時過ぎ、支援者に肩を抱かれるように登壇。「万歳」の発声に、横にいた陣営幹部に手を持たれるようにして小さく手を上げた後、亡くなった利雄さんに黙祷(もくとう)をささげた。

 支援者へのあいさつの中で「トシちゃんは『おれはカズちゃんが好きなんだから、一生懸命歩くんだよ』と応援してくれた。そんなトシちゃんが、ああいうことになってしまった。本当に何も言えない」と言葉を詰まらせた。

 戸井田氏から見た利雄さんは「とにかくまじめで純朴な人」。選挙戦で懸命に戸井田氏を支援していた利雄さんの姿を知る陣営幹部は「寡黙で、気さくな人だった」と振り返った。政治に強い関心を持っていたわけではないが、「親族だからと、熱心に応援していた」(陣営幹部)という。

 あいさつの後、戸井田氏は号泣しながら支援者と握手を交わすと、支援者からは「叔父さんの分まで頑張れ」と声がかけられた。

 悲劇を乗り越えて、4年ぶりに県議会の議席を得た戸井田氏。「叔父さんのため、とにかく全力で取り組んでいく。卑劣で残虐な行為には断固戦っていきたい」。こう言葉に力を込めた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月12日 | トップページ | 2010年12月14日 »