« 2010年12月9日 | トップページ | 2010年12月11日 »

2010年12月10日

2010年12月10日 (金)

尖閣諸島:石垣市議2人が南小島に一時上陸(10日)

沖縄県・尖閣諸島の南小島に10日午前、同県石垣市の市議2人が上陸した。第11管区海上保安本部(那覇市)や県警は、石垣島の港に同日夜、船で戻った2人から事情を聴く方針。

 関係者によると、2人は仲間均、箕底用一両市議とみられる。

 石垣市議会は中国漁船衝突事件を受けて10月20日、中山義隆市長と市議らで現地視察を行うとする決議を全会一致で可決。市長らは上陸を許可するよう、政府に求めていた。

 尖閣諸島は石垣市の行政区域で、南小島は同諸島最大の魚釣島から東南東に位置する。尖閣諸島は国が一部の土地を所有者から借り上げ、上陸を禁止している。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101211k0000m040066000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

布にくるまれた女性?遺体、川べりの草むらに(10日)

10日午後4時頃、愛知県東浦町森岡の五ヶ村川西側で、通りかかった男性(40)が、のり面の草むらにシーツのような布をかぶせられた遺体があるのを見つけ、県警半田署に通報した。

現場の状況などから同署は死体遺棄事件と断定し、捜査を始めた。

 発表によると、遺体は全身が布にくるまれ、体格などから女性とみられるという。年齢などは不明で、同署が身元の特定を急いでいる。

 現場は、JR武豊線の尾張森岡駅の東約1キロ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵さんへの傷害容疑 男を逮捕(10日)

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが東京・港区の飲食店で殴られて大けがをした事件で、警視庁は26歳の男を傷害の疑いで逮捕しました。調べに対して、男は「殴ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

逮捕されたのは東京・杉並区の伊藤リオン容疑者(26)です。警視庁の調べによりますと、伊藤容疑者は、先月25日、東京・港区西麻布のビルの中で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの顔や頭などを殴ったり蹴ったりして全治6週間の大けがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれています。調べに対して容疑を認め、「殴ったことは間違いありません。細かいことは気持ちを整理してから話します」と供述しているということです。

これまでの調べによりますと、伊藤容疑者は、西麻布のビルの飲食店で、暴走族の元リーダーと飲んでいた海老蔵さんと同席してトラブルになり、11階の会員制の店や外階段で海老蔵さんに暴行したということです。警視庁は、先月29日、伊藤容疑者の逮捕状を取って行方を捜査していましたが、10日になって関係者から出頭させたいという連絡があり、午後8時前、捜査員が都内の路上で同行を求め、警視庁の本部で逮捕したということです。伊藤容疑者の身柄は、午後9時すぎ、捜査車両で、捜査を担当している目黒警察署に移されました。警視庁は、海老蔵さんを殴ったいきさつや動機について調べを進めることにしています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101210/k10015782471000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)

愚連隊の取締り徹底を

【治安解説】
212_2

歌舞伎俳優の海老蔵さんが東京都港区の飲食店で殴られ、重傷を負った事件で、傷害の疑いで逮捕状が出ていたハーフの男(26)が10日、警視庁に出頭した。男は事件後、所在不明になっており、捜査1課は関係者に出頭を促すよう要請していた。

 男は11月25日未明、港区西麻布のビル11階にある会員制カラオケバーや外階段で、海老蔵さんとトラブルになり、暴行を加え、6週間の重傷を負わせた疑いが持たれている=産経新聞電子版

 今回の事件で「元暴走族仲間関係者」と報道されていたが、ようするに、この男とその仲間は警察用語でいう「愚連隊」。このため警察庁は、警視庁に対して愚連隊の実態の把握を指示していた。

 その愚連隊とは、警察白書によると、終戦直後から繁華街等を中心に当てもなくうろつき、ゆすり・たかり、窃盗等の違法行為を行っていた不良青少年の集団を言う。

 これらの集団の中核は戦地から復員してきた若者たちであり、警察の実務用語では「青少年不良団」と呼ばれていた。金になるものなら何にでも手を出すという現在の暴力団の風潮の源は、昭和30年代に発生した愚連隊の活動等に求められるであるとされている。

 その年代ごろには博徒、的屋及び愚連隊の間の対立抗争やこれらの団体の離合集散の過程において、愚連隊は、博徒、的屋の団体に吸収されたり、博徒、的屋の習慣を模倣したりするようになっていった。

 警視庁で第一線を経験した仲間は言う。「愚連隊は下町を中心に不良外国人2世が日本人の仲間を集めて存在している。今回は某国の血筋を引く人物が関与している」。さらに別のOBは「今回事件のあった店は有名らしいな。店内にある血痕は、二人以外のものだというではないか…」つまり、現在も六本木でその存在感があった。逮捕されたのは元サッカー選手だったと言うが今後、実態が解明されると同時に、厳しい取締が開始される。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

元JR東労組会長、松崎明氏が死去(10日)

 1960年から70年にかけて、先鋭的な労働運動で「鬼の動労」の異名をとった、国鉄動力車労働組合を率いてJR発足後はJR東労組の会長などを務めた松崎明氏が9日夜、死去しました。

 関係者によりますと、松崎明氏(74)は9日午後11時過ぎ、入院先の栃木県下野市の自治医科大学病院で肺炎のため死去したということです。

 松崎氏は1955年に国鉄職員となり、1961年に国鉄動力車労働組合(動労)の青年支部を結成。その後、委員長に就任しました。

 ストライキ戦術を中心とする労働運動を主導して、動労は「鬼の動労」の異名をとりました。その後、松崎氏は国鉄の分割民営化に協力。1987年のJR発足後、JR東労組の委員長、会長などを歴任しました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4597168.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故死者:愛知、汚名返上へ 東京が最多の可能性(10日)

首都・東京の今年の交通事故死者数が9日現在で193人となり、最多の北海道に8人差に迫っている。東京が全国の都道府県のワーストワンになれば43年ぶり。不名誉な記録を回避しようと、警視庁は飲酒運転の撲滅キャンペーンなどを通して安全運転を呼び掛けるが、順位は他道府県の動向の影響も受けるため、関係者らは気をもみ続けている。【伊澤拓也】

 警視庁によると、9日現在の東京の死者数は前年同期比3人減と、戦後最少だった昨年(205人)よりも少ないペースで推移している。「チャレンジアンダー205」をスローガンに、昨年の事故死者が全体の52%を占めた交差点対策として、「歩車分離方式」への変更による車側の信号待ち時間の短縮などの取り組みが奏功したとみられる。

 しかし、事故の犠牲者が減っているのは東京だけではない。昨年まで5年連続ワーストワンの愛知が同28人減の178人となっているのをはじめ、全国でも同61人減の計4464人と減少傾向にある。減少幅の小さい東京が相対的に浮上してきたという構図だ。

 東京の1年間の順位の浮沈を振り返ると、上半期は上位を行ったり来たりだったが、6月9日にワーストワンになるとそのまま定着。約5カ月後の11月4日、北海道が同数に並び、その後東京は順位を下げた。

 一方、05~09年にワーストワンだった愛知は、今年はワースト4位。歩車分離信号の増設や、高齢者宅を戸別訪問しての啓発活動などで大幅に犠牲者を減らしている。

 警視庁交通部の幹部は「一件でも死亡事故を減らして、結果的にワーストを回避できれば」と話している。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101210k0000e040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

事務所に押し入り副社長刺す 火付けビルから転落 大阪(10日)

10日午前11時10分ごろ、大阪市中央区内久宝寺町3丁目の6階建てビルの3階が燃えている、と119番通報があった。ほぼ同時に同じビル内で男性が男に刺されたとの110番通報があった。大阪府警や大阪市消防局によると、同ビル3階にある運送会社の事務所で、押し入った男(55)が同社の副社長(66)を刺した後、火を付けた疑いがあるという。府警は殺人未遂と現住建造物等放火容疑で捜査している。

 市消防局によると、3階のエレベーターホール約15平方メートルが焼け、雑品などが燃えた。東署などによると、副社長を刺した男はビルから落ちたとみられ、病院に運ばれたが、全身打撲と全身やけどで意識不明の重体。副社長は左肩や左脇腹にけがを負ったが、意識はあるという。このほか女性4人が煙を吸うなどして軽症。さらに複数人が病院に運ばれたという。

 捜査関係者によると、転落した男は運送会社の元従業員。今年2月、業績不振のため解雇されたという。この日午前、同社社員らが会議中、男は「(副社長を)出せ」と事務所に押し入った。その後男と副社長がもみ合いとなった。府警は、職場のトラブルによる恨みから、男が副社長を刺し、その後自ら油をかぶって火をつけ、ビルから飛び降りて自殺を図ったとみている。油や刃物は自宅から持参したとみられるという。

 ビルに入居する建設会社の男性社員によると、ビルの関係者から「刃物を持った人が3階にいる。危ないから事務所の中にいるように」と言われた。ビル内に灯油のにおいが立ちこめ、ビル裏手の駐輪場を見ると、転落したとみられる男の人が屋根の上に仰向けで倒れていた。その直後、ビル関係者から「火を付けられたので避難して」と言われたという。

 近くのビルで働く男性会社員(33)によると、事件のあったビルからガシャーンという音が聞こえ、消防車や救急車が来たという。しばらくしてビルの1階入り口から制服を着た女性社員が出てきて、そのうち1人が地面にへたり込んだ。その後、ビルからスーツ姿の男性が出てきた。左側の脇腹付近のシャツに血がにじんでいたという。

 現場は大阪市営地下鉄中央線谷町四丁目駅から南西約300メートルで、ビルやマンション、駐車場が並ぶ一角。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「捜査に疑問」死刑求刑に無罪…鹿児島夫婦殺害(10日)

鹿児島市の高齢夫婦殺害事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を求刑された同市三和町、無職白浜政広被告(71)の裁判員裁判の判決が10日、鹿児島地裁であった。

 平島正道裁判長は「今回の状況証拠によって被告を犯人と認定することは許されない。必要な捜査が行われたのか疑問が残り、検察官の主張を認めることはできない」と述べ、無罪を言い渡した。裁判員裁判ではこれまで5件で死刑が求刑されたが、無罪判決は初めて。

 今回の事件は、5件の中で唯一の否認事件として注目されていた。自白や目撃証言など被告と犯行を直接結びつける証拠がない中、被害者宅に残された指紋やDNAといった犯人性をうかがわせる状況証拠(間接証拠)の評価が最大の争点になった。

 判決は、「荒らされた整理ダンスに容易に発見できる金品が残されていた。犯人は被害者の頭や顔を100回以上殴打しており、強盗目的にそぐわず、むしろ

怨恨

(

えんこん

)

が疑われる」と述べるなどし、強盗殺人を主張した検察側の構図を全面的に否定した。

 荒らされた整理ダンスや、侵入口とされた窓ガラスなど被害者宅に残る指紋・掌紋、細胞片のDNAについては、いずれも被告のものと認めたが、「触ったという事実を認定できるにとどまるもの」と判断した。

 「指紋などは

捏造

(

ねつぞう

)

された」とする被告側の主張は、「到底採用できない」と退けたが、警察の鑑識活動に関して「被告以外の第三者のDNAや指掌紋が存在する可能性があり、真相解明のための捜査が十分に尽くされたのか疑問である」と批判した。

 検察側は公判で、「年金を使い果たすなどして金に困った被告が被害者宅に侵入。屋内を物色した後、夫婦を殺害した」と主張。論告では「被告は責任逃れの弁解に終始しており、年齢からも更生は期待できない」として死刑を求刑した。

 一方、弁護側は「被告は現場に行っていない」と反論。「現場をよく知る顔見知りの犯行」と、別の真犯人像を示した。被告は裁判員らに「ぬれぎぬを晴らしてほしい」と訴えていた。

 地裁は、選任手続きから判決までの日程について、これまでの裁判員裁判で最長となる40日間を確保。裁判員候補者295人に呼び出し状を送ったが、仕事などを理由に辞退者は221人に上った。公判は10日間で、関係者27人に対する証人尋問や現場検証が行われた。結審後の評議のため14日間が確保された。

 判決後、被告は身柄拘束を解かれた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

失業給付金詐欺容疑で逮捕 51歳男が主導か(10日)

神奈川県警捜査2課は10日、実体のない会社の事業主と社員を装って失業給付金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで千葉県成田市桜田1053の7、会社員大蔵孝容疑者(51)を逮捕した。

 捜査2課によると「間違いない」と容疑を認めている。給付金を申請した詐欺容疑で7日に逮捕した実行役の男2人が「大倉容疑者に教えてもらってやった」と供述。同課は大倉容疑者が主導したとみて調べる。

 逮捕容疑は、2人と共謀し、横浜市の公共職業安定所(ハローワーク)に会社設立を届けた上で、2004年3月ごろ、廃業で1人が失業したとの虚偽の申告書を川崎市のハローワークに提出。同4~10月にかけ、給付金計約130万円をだまし取った疑い。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番に届いた5千円横領 19歳巡査を書類送検(10日)

埼玉県警は10日、交番に拾得物として届けられた現金5千円を着服したとして、業務上横領と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、県警草加署地域課の男性巡査(19)を書類送検し、同日付で懲戒免職とした。

 県警によると、拾った20代女性と落とし主の30代女性が知り合いで、経緯を聞いた30代女性が交番に受け取りに行くと、該当する拾得物の記録がなかったため発覚した。

 書類送検容疑は11月5日午後3時半ごろ、草加署草加駅前交番で、女性が届けた千円札10枚入りの封筒から5枚を抜き取り、拾得物を5千円としたうその内容を書類に記載した疑い。

 巡査は「同僚との飲食代で生活費が不足しそうだった」と容疑を認めている。県警は「関係者や県民に深くおわびする。今後一層、職務倫理の指導に努める」としている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金融取引益2億7500万円を無申告 名古屋地検が無職女を逮捕(10日)

 金融取引などで得た2007年分の所得2億7500万円を申告しなかったとして、名古屋地検特捜部は9日、所得税法違反(単純無申告)容疑で名古屋市千種区の無職谷口恵子容疑者(64)を逮捕した。特捜部によると、谷口容疑者は申告義務の認識について「何が何だか分からない」などと、あいまいな供述をしている。

 逮捕容疑では、分離課税による株価オプション取引などで得た所得やこれに伴う所得税4100万円を期限の08年3月17日までに申告しなかったとされる。名古屋国税局が強制調査(査察)に乗りだし、11月下旬に同地検に告発していた。

 特捜部によると、谷口容疑者は07年以前から金融取引を20~30年続けていたとみられ、取引の実態や所得額は認めている。

47newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010120990221949.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

凶器は全長30センチのナイフか 大量の血痕、強い殺意?(10日)

兵庫県加西市の警備員内藤公丈さん(55)が殺害された事件で、内藤さん宅の玄関に落ちていた凶器とみられる刃物は全長約30センチの大型ナイフだったことが10日、加西署捜査本部への取材で分かった。

 さらに、内藤さんの傷痕は首から上に集中しており、捜査本部は何者かが強い殺意を持って切りつけたとみて、トラブルがなかったかどうか調べている。

 捜査本部によると、ナイフはサバイバルナイフのような形状で、さやに入っており、刃や柄の部分に血痕が付着していた。内藤さんの傷は顔や首、頭部に集中。

 自宅1階の台所や寝室に敷かれた布団、廊下など室内の広範囲に大量の血痕があった。引き戸のガラスが割れるなど争った跡はあったが、現金入りの財布はかばんに入ったまま寝室で見つかった。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121001000029.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム事故増で注意呼びかけ(10日)

駅のホームで乗客がけがをしたり、死亡したりする事故が増えていることから、国土交通省と鉄道各社は、忘年会シーズンを迎えた10日からキャンペーンを行って注意を呼びかけています。

国土交通省のまとめによりますと、駅のホームで起きた転落や電車との接触で乗客がけがをしたり、死亡したりした事故は、ことし4月から9月までの半年間に全国で117件起きました。これは、半年の事故件数としては、これまでで最も多く、統計を取り始めた平成14年の同じ期間の2倍を超えています。全体の60%は、酒を飲んだ乗客の事故で、特に週末の午後9時以降に多くなっています。都心の駅では、転落事故を防ぐ「ホームドア」の設置も進められていますが、事故は、首都圏の4都県で増えていて全体の65%を占めています。

 こうしたことから国土交通省は首都圏の鉄道各社と協力して忘年会シーズンを迎えた10日から1か月間、「プラットホーム事故0運動」を行うことを決めました。期間中、鉄道各社は、注意を促すポスターを駅の構内に張ったり、金曜日の夜を中心に警備員の巡回を強化したりして、事故防止に努めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101210/k10015759341000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

英皇太子夫妻、襲われる 学費値上げ反対の学生が暴徒化(10日)

ロンドンで9日、大学の学費値上げに反対する大規模なデモがあり、デモ隊の一部が暴徒化。チャールズ皇太子夫妻が乗った車の窓ガラスが割られるなどした。夫妻にけがはなかった。英BBC放送などが報じた。

 夫妻はロンドンの中心部で行われる行事に向かう途中だった。ペンキ状の液体もかけられた。夫妻は車ごとすぐに現場を立ち去ったため、無事だったという。

関連記事

記事本文の続き ロンドンには2万人規模の学生が全国から集結。学費値上げが決まった議会前には、学生の侵入を防ぐため鉄製のバリケードが築かれ、デモ隊が警察隊と激しいもみ合いとなった。一部学生がプラカードや石を警察官に投げたり、ごみに火を付けたりして現場が騒然となる場面もあった。複数の警察官がけがをしたほか、学生が相次ぎ身柄を拘束された。

(共同)

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査協力隠し、うその供述調書 神奈川県警の捜査員証言(10日)

神奈川県警が今年2月、同県厚木市でキャバクラの客引き行為を風俗営業法違反容疑で取り締まった際、民間人の捜査協力者に現金を払って客引きに遭うよう指示したうえ、協力者であることを隠して虚偽の内容の供述調書を作成していたことがわかった。

 同法違反罪に問われたキャバクラ従業員の被告の男(29)の公判が9日、横浜地裁小田原支部であり、当時県警生活安全部に所属し、捜査を指揮した捜査員が証人として出廷。事実関係を認めた。

 証言によると、この捜査員は事前に電話で連絡した協力者2人に、繁華街の街頭に立つ被告を特定して、客引きに遭うよう指示。捜査車両内から、被告と協力者が立ち話する場面をビデオ撮影した。協力者の1人は被告が案内したキャバクラで飲食。その後、客引きの様子を厚木署員が供述調書にまとめたという。2人にはそれぞれ2万~3万円の謝礼を払ったとも証言した。

 ところが調書では、県警の協力者であることは明かさず、「友人と居酒屋で飲食し帰宅する途中だった」と、うその内容を書いていた。

 捜査員はこの日の証言で「キャバクラ経営の背後には暴力団が介在する場合もあり、協力者とわかると危険が及ぶ可能性があった。被告を陥れるために捏造(ねつぞう)したものではない」と説明。「協力者を使うことは組織で決めた。捜査費として認められている」と述べ、県警内部で認められた手法との認識を示した。

 被告は3月に逮捕され、容疑を認めて罰金30万円の略式命令を受けたが、その後に不服を申し立て、6月から同支部で正式裁判が行われていた。 県警生活保安課と横浜地検小田原支部は「公判中でありコメントできない」としている。被告の弁護人は「謝礼を受けた捜査協力者による証言であり、証言自体に信用性が無い」と主張している。(太田泉生)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不法滞在に「隠し部屋」計30人一斉摘発(10日)

潜伏用の隠し部屋がある工場で不法滞在のまま働いたなどとして、警視庁と東京入国管理局は9日、東京都足立区のかばん工場など7か所で、20~40歳代の中国人と韓国人の男女計30人を入管難民法違反(不法残留など)の疑いで一斉摘発し、身柄を入管に引き渡した。

 同庁などは今年、計約40か所の工場で計約200人の不法滞在者を摘発し、このうち十数か所で隠し部屋が発見されている。同庁は、安価な労働力を求める工場側が不法滞在者を雇い、摘発を免れるために潜伏場所まで用意するケースが増えているとみている。

 足立区のかばん工場には9日昼前、警視庁の捜査員ら約20人が同容疑で捜索に入った。押し入れの床下に板でふさがれたスペースが見つかり、中には不法滞在の中国人ら男女6人がうずくまるような格好で隠れていた。

 捜査関係者によると、こうした隠し部屋が見つかっているのは、都内や千葉県、茨城県などの金属加工工場など。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原の歩行者天国、1月から再開へ(10日)

2008年6月に起きた無差別殺傷事件を受け、中止されていた東京・秋葉原の歩行者天国が、来年1月から再開される見通しになったことが、警視庁幹部への取材でわかった。

 10日に開かれる東京都公安委員会で正式決定される予定で、秋葉原のシンボルだった歩行者天国は事件以来約2年7か月ぶりに復活することになる。

 同庁幹部らによると、歩行者天国は来年1月23日から、「中央通り」の千代田区外神田から万世橋交差点までの約570メートルの区間で再開。事件前までは毎週日曜と祝日に行われていたが、再開後は日曜のみとする。6月下旬までは「仮実施期間」として安全性などを検討し、問題がなければその後、正式に実施する。

 秋葉原の歩行者天国は、事件直後に中止となったが、電器店などでつくる秋葉原電気街振興会や地元商店街が集客のため、早期再開を求めていた。これに対し、地元住民は「安全への不安が残る」と慎重姿勢を崩さず、同区が地元意見を集約する場として、08年8月に検討会を設置していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

古書店で万引き?金髪男の車、店長を引きずり逃走(10日)

9日午後7時35分ごろ、大阪府枚方市船橋本町の古書店「古本市場くずは店」で、出入口の防犯センサーが作動したため、男性店長(35)が出入口付近にいた男を呼び止めた。男は駐車場に止めてあった白い車に乗り込んで発進し、ワイパーをつかんだ店長を約10メートル引きずったうえ、振り落として逃走した。店長は腰を打って軽傷。枚方署は強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、男は20代後半とみられ、金髪。同店では古書のほか、ゲームソフトやDVDなどを販売しており、千円以上の商品について防犯センサーが反応するという。同署は、男が商品を万引し、逃走したものとみている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵さんから再度聴取 携帯や自宅の鍵なども返却(10日)

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)が東京都港区の飲食店で殴られ、重傷を負った事件で、警視庁捜査1課は9日、海老蔵さんから改めて任意で事情聴取した。海老蔵さんは、7日の会見で「複数の男から殴られた可能性がある」と話しており、同課は暴行の詳しい経緯について、再度確認したとみられる。

関連記事

記事本文の続き 同課は、海老蔵さんに暴行し重傷を負わせたとして、傷害容疑で逮捕状を取った杉並区のハーフの男(26)の行方を追っている。海老蔵さんは会見から一夜明けた8日、目黒区青葉台の自宅に戻っており、捜査員は9日午後から数時間にわたり、自宅で事情を聴いたとみられる。

 捜査関係者によると、海老蔵さんが逃走する際に紛失したとされた携帯電話や自宅の鍵、靴などは、トラブルの現場となったビル11階の会員制カラオケバーの関係者が忘れ物として保管していた。同課は店関係者から受け取った携帯電話なども聴取時に返却した。

 カラオケバーの店内から見つかった複数の血痕は、海老蔵さんや一緒に酒を飲んでいた元暴走族のリーダー(28)のものではなく、同課は店関係者らから当時の状況について事情を聴き、調べを進めている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

失業保険金詐欺:主導の男に逮捕状…神奈川県警(10日)

神奈川県内の公共職業安定所(ハローワーク)を舞台にした失業保険金の詐欺事件で、県警は、別の詐欺事件で警視庁に逮捕されている千葉県の男(51)が主導し、会社が倒産したように見せかけて保険金をだまし取った疑いが強まったとして、詐欺容疑で逮捕状を取った。10日にも逮捕する方針。

 捜査関係者によると男は04年、東京都墨田区の会社員(61)と川崎市中原区の契約社員(54)=共に詐欺容疑で逮捕=と共謀。会社員が経営者を装いハローワーク横浜南で架空の倒産を申請、契約社員は従業員を装いハローワーク川崎北に虚偽申告書を提出し失業保険金計約130万円をだまし取った疑いが持たれている。【松倉佑輔】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101210k0000m040128000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月9日 | トップページ | 2010年12月11日 »