« 2010年12月5日 | トップページ | 2010年12月7日 »

2010年12月6日

2010年12月 6日 (月)

東京・世田谷区で交通機動隊の警察官など約170人と車両80台が参加し「暴走族対策訓練」(6日)

東京・世田谷区で、交通機動隊の警察官など、およそ170人と車両80台が参加して、警視庁の「暴走族対策訓練」が行われた。
訓練では、バットを振り回し蛇行をするなど、危険な運転をしてパトカーを挑発する暴走族に、警察官は着色弾で応戦した。
警視庁では、暴走族の初日の出暴走を抑えるため、12月30日から1月2日まで徹底的な取り締まりを行うという。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189179.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃マニアでDVの巡査部長、家族の前で発砲(6日)

自宅に拳銃と実弾を隠し持っていたとして、大阪府警は6日、府警箕面署地域課巡査部長・池田周史容疑者(48)(茨木市五十鈴町)を銃刀法違反(加重所持)容疑で逮捕した。

 池田容疑者は調べに対し、拳銃10丁の所持を認め、「4丁は本物で父の遺品。6丁はモデルガンを改造した。自分で作った弾を発射していた」と話している。府警は自宅を家宅捜索し、拳銃や実弾の押収を進めている。

 発表によると、池田容疑者は10月30日午後4時頃、自宅の居間で、32口径の回転式拳銃と実弾2発を所持した疑い。

 池田容疑者はこの日は休みで、電話をしていて池田容疑者の呼び掛けに気付かなかった妻に立腹。平手打ちをした後、妻と2人の娘の前で、テレビ台に向けて発砲したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配の山口組直系組長ら逮捕 兵庫県警(6日)

暴力団事務所への強制執行を免れるため、山口組系組長らが虚偽の不動産登記をしたとされる事件で、兵庫県警暴力団対策課は6日、強制執行妨害容疑などで指名手配していた同県尼崎市に拠点を置く山口組直系の古川組組長、古川恵一(50)と同組幹部の山崎博司(54)の両容疑者を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、2人は同日午後に出頭。古川容疑者は「嘘の登記に間違いないが、強制執行を免れる目的ではない」と一部否認、山崎容疑者は否認している。 逮捕容疑は、古川容疑者の債務をめぐり、整理回収機構による組事務所の強制執行を免れるため、平成20年2月、組事務所を担保に知人と約5千万円の貸借契約を偽装し、虚偽の抵当権設定登記などを申請したとしている。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不倫ばれ、夫を自殺に見せかける…妻ら逮捕(6日)

香川県さぬき市の駐車場で11月、乗用車が焼けて車内から同市の会社員城寿人さん(39)の焼死体が見つかる事件があり、県警は6日、妻の可奈子容疑者(27)と交際相手で専門学校生の高橋淳希容疑者(21)(同市)を殺人容疑で逮捕した。

 2人は「約1年前から不倫していたが、夫にばれたため殺し、焼身自殺に見せかけた」などと容疑を認めている。

 県警の発表によると、両容疑者は共謀、10月31日未明、さぬき市小田の大串半島の展望台駐車場で、バットで城さんの頭を殴打し、車の後部座席に押し込み、灯油を浴びせて火を付け、殺害した疑い。

 可奈子容疑者は、城さんを同展望台に連れ出した車内で睡眠薬を飲ませて眠らせ、高橋容疑者は展望台で合流したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)

【ニュース】
 ドクターヘリがまたまた事件で活動。6日午後3時20分ごろ、神奈川県秦野市栄町の路上で、「女性が血だらけで倒れている」と通りがかりの男子中学生から119番。女性は近くに住む酒店経営者(86)で、右耳の下にハサミが刺さっていた。被害者はドクターヘリで病院に運ばれた=朝日新聞電子版

【治安解説】

銃器と薬物対策は?

212

 北海道の室蘭港で覚醒剤およそ5キロ、4億5000万円相当を所持していたとして、日本人と中国人の男ら3人が逮捕された。海上保安庁や警察は、香港から入港した貨物船から持ち込まれたとみて、密輸ルートの解明を進めている=NHK。

 突き上げ捜査で新ルートが解明されることに期待したい。

 警察庁によると今年上半期(1~6月)の覚せい剤の押収量は69.8㌔で前年同期の260.8㌔に比べて極端に少なくなっている。

 今回の摘発は香港。仕出国でみると中国本土が最も多く摘発数は12件。台湾5件、香港が3件となっている。

 覚せい剤の取締が低調なら銃器関係はどうか。上半期の事件数では発砲事件が21件。前年同期と比べて7件増えている。一方、銃器使用事件の検挙件数は上半期で95件あり、前年同期より6件の増。

 けん銃の押収状況を見ると206丁で前年比21丁増えている。問題は武器庫(3丁以上押収)の摘発が極端に少なく、たったの1件。密輸入事件の摘発も1件という寂しさだ。

 全刑法犯の認知件数が抑止され数字治安は回復の兆しにあるようだが、薬物や銃器は刑法犯に直結するだけに怖いですね。オールニッポン警察の奮起に期待したい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁持ってゴミの出し方注意、62歳を逮捕(6日)

千葉県警印西署は4日、白井市白井、無職小川和喜容疑者(62)を銃刀法違反(刃物携帯)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、小川容疑者は同日午後8時40分頃、自宅そばのゴミの集積場で、正当な理由なく包丁(刃渡り約17センチ)を持ち歩いた疑い。包丁を持ったまま、近所の人にゴミの出し方を注意していたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒店経営者が刺される レジから現金なくなる 神奈川(6日)

6日午後3時20分ごろ、神奈川県秦野市栄町の路上で、「女性が血だらけで倒れている」と通りがかりの男子中学生から119番通報があった。女性は近くに住む酒店経営岩田千賀子さん(86)で、右耳の下にハサミが刺さっていたという。岩田さんはドクターヘリで病院に運ばれ、容体は不明。

 県警秦野署によると、岩田さんは自宅から約30メートル離れた自身が経営する酒店の前で倒れていた。酒店のレジからは現金がなくなり、直前に「助けて」という女性の声を聞いた通行人もいるという。同署は強盗傷害事件とみて捜査している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪トラック突っ込み盗、宝飾店以外に3件 関連捜査(6日)

 6日午前5時15分ごろ、大阪府寝屋川市香里南之町の宝飾店「高山宝飾」で、「トラックが(バックで)店内に突っ込み、男2人がいる」と通行人から110番があった。寝屋川署員がかけつけたところ、トラックや男たちはすでにおらず、店のシャッターが壊され、ショーウインドー内の商品がなくなっていた。同署は窃盗事件として捜査している。

 約3時間前の同日午前2時半から同3時ごろにも、寝屋川市の現場から南西に約15キロ離れた大阪市生野区や同市東淀川区で計3件の窃盗や窃盗未遂事件が発生。いずれもトラックなどの車が使われており、大阪府警が関連を調べている。

 生野署によると、午前2時半ごろ、2人組の男が生野区桃谷の家具店のガラスを割って侵入。金庫から現金2万円などを奪いトラックで逃走した。

 約30分後には同区中川西の質店のシャッターに車を後ろ向きに衝突させたが、破壊できず逃走した。同市東淀川区菅原でも午前4時半ごろ、リサイクル店にトラックが突っ込む窃盗事件があった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101206/crm1012061412015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺者、今年も3万人超確実に 警察庁まとめ、11月末で2万9105人(6日)

警察庁は6日、11月の自殺者数(速報値)を公表した。前年同月比9・6%増の2765人で、1~11月の合計は2万9105人に上った。1カ月間の自殺者は2400~2900人台で推移しており、平成10年以降13年連続で年3万人超がほぼ確実になった。

 政府は昨年、自殺対策緊急戦略チームを発足。今年2月には相談態勢の充実などを盛り込んだ「いのちを守る自殺対策緊急プラン」を策定するなど、自殺防止策を強化し、今年上半期は前年同期比7・4%減の1万5906人と、下半期次第で3万人を下回る可能性も出ていた。

 しかし、7、8月は一転して前年同月を上回り、11月は今年最高の上昇率を記録。前年1~11月の3万357人を下回っているものの、3万人突破は避けられない情勢になっている。

 都道府県別では東京が2693人で最多。次いで大阪が1898人、神奈川が1682人となっている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101206/crm1012061709017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「生活費に」資材置き場から鉄柱盗んだ男逮捕(6日)

 5日午後8時20分ごろ、千葉県東金市家徳の資材置き場で、「鉄くずを物色している不審な男がいる」と近くを通りかかった人から110番通報があった。駆けつけた県警東金署員が窃盗の現行犯で男を逮捕した。

 同署によると、男は同市上武射田の無職、鈴木勝容疑者(39)。鈴木容疑者は「生活費がなくなり、鉄柱を売って生活費の足しにしようと思った」と容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、軽トラックで同資材置き場に乗り付け、それぞれ直径が7~9センチ、長さ約60センチの鉄柱4本を盗んだとしている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地裁の看板に“赤いペンキ”? (6日)

 6日午前、東京・千代田区の東京地方裁判所の看板に赤いペンキのようなものがかけられているのが見つかりました。

 6日午前11時ごろ、千代田区霞ヶ関にある、東京地裁の正門前の看板に赤いペンキのようなものがかけられているのを女性職員が見つけました。警察官が駆けつけたところ、看板の下にははり紙もはってあり、「実験します」などと書かれていたということです。

 警視庁は、近くにいた70代の女性の身柄を確保し、事情を聴いています。

 東京地裁では今年5月にも看板に赤いペンキがかけられる事件があり、警視庁は関連を調べています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4593658.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・豊島区65歳男性ひき逃げ死亡事件 21歳の大学生の男を逮捕(6日)

東京・豊島区で4日、65歳の男性がひき逃げされ死亡した事件で、警視庁は、21歳の大学生の男を逮捕した。
自動車運転過失致死などの疑いで逮捕された私立大学3年・秋敏植(チュウ・ミンシク)容疑者(21)は、4日未明、豊島区巣鴨の路上で、道路を横断していた藤澤 喜代司さん(65)を軽トラックではねたうえ、200メートル引きずり、そのまま逃走した疑いが持たれている。
藤澤さんは、まもなく死亡した。
秋容疑者は、数時間前まで酒を飲んで、仮眠したあと、ひき逃げ事件を起こしていたということで、調べに対し、「パニックになってしまった」と供述しているという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189158.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

速度超過見つかり停止→車内に籠城→窓たたき割られお縄(6日)

 最高速度を数十キロ超過したとして、山口県警高速隊は5日、新潟県上越市の男性会社員(28)を道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕した。高速隊によると、会社員は車に閉じこもったまま出て来ず、運転席の窓をハンマーで割って逮捕した。「閉じこもれば違反が許されると聞いたことがある」と話したという。

 発表によると、会社員は5日午後4時20分ごろ、山口県山陽小野田市厚狭(あさ)の中国自動車道で、最高速度(80キロ)を超える速度で乗用車を走らせた疑いがある。警察官の呼びかけに応じて車を登坂車線に止めたが、ドアの鍵を閉めたまま閉じこもり、免許証を提示しなかった。高速隊は窓の破壊について「再三の説得にも応じず、高速道路の本線上でもあるので、危険回避のため、やむを得ない措置だった」と説明している。高速隊は約3時間40分後に釈放した。会社員は、結婚式があった熊本県から1人で帰る途中だった。(青山直篤)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「朝までいくぜ!!」裏クラブは犯罪の温床 私服警官20人の摘発に客は「クスリ?」(6日)

「朝までいくぜ!」。DJの声が響き、ダンスフロアでは重低音の音楽に合わせて客の男女が密着しながら踊る。大阪・アメリカ村中心部のビルの地下1階にある「アズール」は、風営法違反で摘発された6日も直前まで約200人の客でにぎわっていた。

関連記事

記事本文の続き 「お酒を飲んで踊れば嫌なことも忘れられる」。常連の女性客(27)は笑う。この日の入場料はワンドリンク込み2千円。週末の未明には店内を歩くことも困難になる人気店だ。店内にはバーカウンターやテーブル席もあるが、メーンは頭上でライトが動き回る10メートル四方ほどのダンスフロア。終電の時間になると客数は一気に増える。

 午前2時、私服の捜査員約20人がなだれ込んだが、大音響のフロアで踊る客は気付かない。事態を知ったDJが「今日はトラブルがあったので」と音楽を止めると、客は「何?」「注射(覚醒剤)?」と口にしながら出口へ向かった。

 関係者によると、アメリカ村では10年ほど前から「クラブ」が増加。DJが若者に人気の音楽を大音量で流し、ほとんどがダンススペースを設けている。

 若者らに支持される一方、防音が不十分で住民が騒音被害を訴える。さらには、大麻をはじめとする麻薬所持などの容疑で逮捕された若者が「アメリカ村のクラブで客から入手した」と供述する事件も頻発。これまでは、同店のように無許可で営業する店も後を絶たなかった。今年1月にはクラブ店内で男とトラブルになった男子大学生が殴られ、死亡する事件も発生している。

 地元自治会の男性役員は「治安が悪いという印象がはびこるだけで迷惑。節度を持ってほしい」と訴えている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

業務妨害容疑:ゲームサイト退会させられ中3が脅迫メール(6日)

携帯電話ゲームサイト「モバゲータウン」を退会させられたことに腹を立て、サイト運営会社「ディー・エヌ・エー」(東京都渋谷区)に脅迫メールを送りつけたとして、警視庁代々木署は6日、和歌山県有田市立中学3年の男子生徒(14)を威力業務妨害容疑で書類送検した。

 送検容疑は、5月下旬~6月下旬、「入りたいわ、もし入れやんかったら5人殺す、明後日までには絶対」などと約20回にわたって自分の携帯電話から同社にメールを送信し、業務を妨害したとしている。

 生徒は1月、同サイトのオンラインゲームで対戦した見知らぬ相手を中傷する書き込みをしたとして、退会させられていた。「再びゲームをするため、何としても入会させてほしかった」などと供述しているという。【内橋寿明】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101206k0000e040025000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

通学途中の小4男児がトラックにひき逃げされ重体 埼玉・行田(6日)

6日午前7時半ごろ、埼玉県行田市南河原の県道で、登校中の市立南河原小学校4年、野中康平君(10)がトラックにはねられ、頭などを強く打って重体。トラックはそのまま逃走し、行田署がひき逃げ事件として調べている。

 行田署の調べでは、現場はセンターラインや歩道と車道の区別がない直線道路。康平君は2年の男児(8)と1年の女児(7)と一緒に登校する途中で、道路脇を一列で歩いていたところ、対向してきたトラックが先頭の康平君をはね、そのまま走り去ったという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車61歳はねられ死亡、車の山口組系組長を逮捕 尼崎の2号線(6日)

 6日午前0時半ごろ、兵庫県尼崎市崇徳院の国道2号交差点で、自転車で横断中の同市水堂町の溶接工、角政行さん(61)が乗用車にはねられた。角さんは、全身を強く打ってまもなく死亡した。尼崎南署は自動車運転過失傷害容疑で、乗用車を運転していた指定暴力団山口組系3次団体組長、上原彰彦容疑者(38)=同市東難波町=を現行犯逮捕、容疑を同致死に切りかえ調べている。

 同署によると、現場は横断歩道のない片側2車線の直線道路。角さんは帰宅中だったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101206/dst1012061106005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

職場でのいじめが急増(6日)

「他の人の前で上司から侮辱された」などといった、職場でのいじめや嫌がらせに関する相談が千葉労働局では3年前の2倍に増えているということで、労働局は困った場合はすぐに相談してほしいと呼びかけています。
千葉労働局によりますと、ことし4月からの半年間に労働者や事業主から寄せられた職場でのトラブルに関する相談は3162件で、このうちの587件が職場で上司や同僚などからいじめや嫌がらせを受けたという内容でした。
いじめや嫌がらせに関する相談は3年前の同じ時期は292件で、2倍に急増していることがわかりました。
相談の内容は、他の人の前で上司から侮辱された、達成するのが不可能な高いノルマを設定された、それに頭を叩くなど暴力をふるわれたなどと、さまざまです。
千葉県内では10月の有効求人倍率が0.47倍で、派遣や請負などの非正規労働者の雇い止めも続いているということで、千葉労働局は、相談が急増している背景には長引く景気の低迷があるとみています。
千葉労働局は「企業自体が厳しい現状におかれて余裕がなくなっている。職場でのトラブルで困った場合は専門家が相談を受けるので、すぐに連絡してほしい」と呼びかけています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003634233.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新宿区の雑居ビルで20代男性が男に刃物のようなもので背中を刺され軽傷(6日)

東京・新宿区の雑居ビルで、20代の男性が男に刃物のようなもので背中を刺され、軽傷を負った。
5日午後6時半ごろ、新宿区歌舞伎町の雑居ビル4階で、この階にあるインターネットカフェの男性店員(26)が男に声をかけられ、後ろから刃物のようなもので背中を刺されて軽傷を負った。
男は身長180㎝で黒のニット帽をかぶっていたということで、警視庁は傷害事件として行方を追っている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189141.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤5キロ所持容疑 3人逮捕(6日)

北海道の室蘭港で覚醒剤およそ5キロ、4億5000万円相当を所持していたとして、日本人と中国人の男ら3人が逮捕されました。海上保安庁や警察は、香港から入港した貨物船から持ち込まれたとみて、密輸ルートの解明を進めています。

逮捕されたのは、千葉県船橋市の無職、武田仁容疑者(38)と、香港から室蘭港に入港したシンガポール船籍の貨物船「サンオナー」の船員で(1920トン)中国人の男2人です。海上保安庁と警察、税関などの調べによりますと、3人は先月30日、室蘭港の岸壁で覚醒剤およそ5キロ、4億5000万円相当を所持していたとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

 捜査当局は、貨物船で麻薬が密輸されるという情報をつかみ、室蘭港に入港後、船員の動きなどを監視していました。その結果、船を降りた中国人の船員2人が港の公衆トイレに入り、当初持っていたかばんを持たずに出てきたあと、すぐに武田容疑者がトイレに入り、かばんを持って出てきたということです。

 税関の職員がトイレから出てきた武田容疑者を職務質問して、かばんの中の覚醒剤を見つけました。調べに対し、武田容疑者は容疑を認めているということです。捜査当局は、背後に何らかの組織が関わり、覚醒剤が貨物船から持ち込まれたとみていて、密輸ルートの解明を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101206/k10015658161000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男がネットカフェ店員刺す、歌舞伎町 (6日)

5日夜、東京・新宿歌舞伎町のビルで、インターネットカフェの店員が「店に入れろ」と声をかけてきた男に刃物で肩を刺され、全治2週間のけがをしました。

 5日午後6時半ごろ、新宿区歌舞伎町のビル4階で、インターネットカフェの男性店員(26)が店に入ろうとしたところ、男が「店に入れろ」と言いながら刃物をちらつかせました。

 男性が「おもちゃかよ」と言って男を無視したところ、男は突然、刃物で男性の左肩を刺し逃走したということです。男性は全治2週間のけがをしました。

 男は年齢40歳くらい、身長およそ180センチで黒縁メガネにニット帽、緑色のジャンパー姿で、刃物は黄色っぽいセラミックナイフのようなものだったということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4593425.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・川越市で69歳女性が数台の車に相次いでひかれ死亡 2人逮捕(6日)

埼玉・川越市で、69歳の女性が数台の車に相次いでひかれて死亡した。
4日夜、川越市福田で、69歳のパート従業員とみられる女性が、道路を横断中に車にはねられ、その後、後続のトラックなど数台にひかれて死亡した。
警察は、事故後、現場から立ち去った会社員の男ら2人をひき逃げなどの疑いで逮捕し、別の運転手らからも事情を聴いている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189131.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両親殺害容疑で38歳長男を逮捕 北海道・室蘭(6日)

北海道警室蘭署は5日、両親を殴って殺害したとして、殺人の疑いで、室蘭市の無職の長男(38)を逮捕した。長男は「覚えてない」と供述しており、同署が刑事責任能力の有無を調べている。

 逮捕容疑は、昨年12月20日、室蘭市の自宅で同居していた父親=当時(68)と母親=当時(70)=の頭を鈍器のようなもので殴って殺害した疑い。

関連記事

記事本文の続き 室蘭署によると、同日未明に自宅から出火し、消防隊員が居間や玄関で倒れていた3人を見つけた。死亡した両親の頭に外傷があり、同署が事件の可能性もあるとみて調べていた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押収資料改竄・犯人隠避事件後に劣勢目立つ大阪地検(6日)

 大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)・犯人隠避事件の余波で、大阪地検の劣勢が続いている。改竄が行われた郵便不正事件では、無罪判決が確定した厚生労働省元局長の元部下の公判が弁護側から改竄をやり玉に挙げられ中断したまま。別の放火事件で起訴した男を初公判前に「公訴取り消し」として釈放する苦渋の判断も強いられた。特捜部の存廃問題も浮上する中、反転攻勢の兆しが見いだせない。

関連記事

記事本文の続き ■期日外の攻防

 中断しているのは、厚労省発行の証明書を偽造したとされる元係長、上村勉被告(41)に対する大阪地裁の公判。特捜部が押収したフロッピーディスクに保存された偽造証明書の最終更新日時が、検察の構図に合うように改竄された。

 このため、弁護側は「検察側が改竄の可能性を秘匿して公判を続けてきたのは不正義にあたる」と公判手続きの打ち切りを要求。検察側は「被告の捜査と公判に改竄の影響は皆無。打ち切りには法令の根拠がない」と反論しているが、弁護側は「超法規的な措置で正義を回復すべきだ」と主張している。

 公判は当初、11月に結審する予定だったが、期日外で攻防が繰り広げられており、再開の見通しは立たない。

 ■検事総長の意向?

 「判決前に白旗を揚げるなんて前代未聞。大阪地検からこれ以上無罪を出させたくない、という上層部の意向が働いたのだろう」

 地検関係者がこう話すのは、知的障害のある大阪府内の男性に対し11月26日に公訴を取り消した放火事件。男性は捜査段階で自白、起訴後に否認に転じていた。

 地検は「補充捜査で男性の表現能力に疑問が生じ、有罪立証が困難との結論に至った」と発表したが、公訴取り消しには検事総長の決裁が必要という。

 事件では、直接証拠は自白だけで、検察は起訴前に簡易な精神鑑定を行わなかった。「誘導に乗りやすい被告を犯人に仕立てた冤罪(えんざい)事件だ」。弁護人は検察批判のボルテージを上げた。

 ■可視化へ攻勢

 今こそ取り調べの全過程を録音・録画する全面可視化のチャンス-。改竄事件以降、大阪の弁護士たちはこう話しているという。

 全面可視化を提唱してきた小坂井久弁護士(大阪弁護士会)は「これまでの歩みは遅々としてきた。今は可視化への熱が急速に高まっている」と指摘する。

 上村被告や公訴取り消しとなった男性の弁護人は、いずれも検察と戦ってきた同弁護士会刑事弁護委員会の中心メンバーだ。

 さらに、改竄事件を受けて設置された法相の諮問機関「検察の在り方検討会議」の委員が7、8日に大阪地検を視察する。今年度内にまとめる提言では、特捜事件の可視化や捜査手法の見直しに加え、特捜事件の可視化や捜査手法の見直しに加え特捜部の存廃も対象となる。

 地検関係者は「後ろ向きの話ばかりが続いている。改竄事件のショックから立ち直るのは相当時間がかかる」と自嘲気味に話した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月5日 | トップページ | 2010年12月7日 »