« 17歳女性変死、姉と交際相手逮捕…大阪(17日) | トップページ | 振り込め詐欺:和光で相次ぐ 75歳、900万円被害 /埼玉(17日) »

2010年11月17日 (水)

尖閣映像、流出前に10人超閲覧 5管、本庁に報告せず(17日)

沖縄・尖閣諸島沖の衝突映像流出事件で、流出を名乗り出た男性海上保安官(43)が所属する第5管区海上保安本部(神戸市)が今月6~8日、動画投稿サイトのユーチューブに4日に流出する以前に映像を見たかどうか全職員にアンケートし、複数の職員が見たと答えていたことがわかった。

 見ていたのは10人を超える規模だったが、5管は調査したことや、その結果を海上保安庁本庁に報告していなかった。保安官は回答していなかった。5管幹部が取材に対し明らかにした。

 本庁は当時、映像を撮影した石垣海上保安部(沖縄県石垣市)や第11管区海上保安本部(那覇市)を調査していたが、5管は対象に含まれていなかったため流出元は特定できず、「内部調査では限界がある」(鈴木久泰長官)として8日午前に警視庁と東京地検に刑事告発していた。

 6日に5管の梶谷勝弘総務部長名で「ユーチューブへの投稿前に映像を見たことがあるか」と尋ねるメールを全職員に送り、8日正午までに回答を求めたところ、複数の部署の職員から見たとの回答があったという。ビデオは海上保安大学校(広島県呉市)の共有フォルダーからダウンロードできる状態にあり、こうした海保内のシステムを使って閲覧したとみられる。

 総務部長は5管ナンバー2の次長と相談し「すでに刑事告発された事案なのでこれ以上の調査はやめよう」として、本庁へは報告しなかった。10日午前に保安官が流出への関与を告白した後になって、大島啓太郎本部長にも報告したが、本庁へ報告するようにとの指示はなかったという。

 梶谷総務部長は「本庁が石垣海保に調査に入ったのを受けて、できることはやっておこうと私の判断でメールを送った。全員が回答したわけでもなく、結果は正確でないと判断し、本庁への報告は必要ないと考えた」と話した。海保は流出を受け、5日以降、石垣海保と11管に調査担当者計8人を派遣。パソコンの接続記録を調べたり職員から聞き取りしたりした。5管など他管区や本庁、海保大は調査対象になっていなかった。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 17歳女性変死、姉と交際相手逮捕…大阪(17日) | トップページ | 振り込め詐欺:和光で相次ぐ 75歳、900万円被害 /埼玉(17日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣映像、流出前に10人超閲覧 5管、本庁に報告せず(17日):

« 17歳女性変死、姉と交際相手逮捕…大阪(17日) | トップページ | 振り込め詐欺:和光で相次ぐ 75歳、900万円被害 /埼玉(17日) »