« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 私物パソコンを内規に反し使用か 警視庁テロ情報流出(28日) »

2010年11月28日 (日)

カード情報数百人分、詐欺事件逮捕の元組員(28日)

暴力団元組員らが偽造クレジットカードを使い、店ぐるみで商品代金をだまし取ったとされる詐欺事件で、北海道警に電子計算機使用詐欺容疑で逮捕、起訴された元暴力団組員石田誠二被告(35)が、数百人分のカード情報の入ったUSBメモリーなどを所持していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 石田被告は調べに対し、「知り合いから購入した。さらに偽造カードを作って資金源にしようと思っていた」と供述しており、道警はカード情報の入手ルートなどを調べている。

 石田被告らが使用していた偽造クレジットカードは、カード情報は入力されているが、表面にカード会社名などが印字されていない「白板」と呼ばれるカードで、本物そっくりの偽造クレジットカードに比べて、安く手に入るとされる。

 石田被告のほかに逮捕されたのは、札幌市中央区南9西4、会社役員相馬幹也(33)、月形町の無職喜多弘明(34)、住居不定、指定暴力団山口組茶谷政一家組員木村博明(36)、札幌市南区中ノ沢、コンビニエンスストア店長大井貴智(34)、岩見沢市日の出町、中古車販売業盛藤佳起(36)、札幌市北区屯田、会社員菅原光生(38)の6容疑者。

 道警の発表では、石田被告らは今年3月24日と30日夜、大井容疑者のコンビニで偽造クレジットカードを使い、計約6万円分の商品を購入したように装い、カード会社から商品代金をだまし取った疑い。同様の手口で同25日には、菅原容疑者が勤める札幌市中央区の古物店で35万円分、26日には、盛藤容疑者の経営する岩見沢市内の中古車販売店で26万円分の商品代金をだまし取ったとされる。

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 私物パソコンを内規に反し使用か 警視庁テロ情報流出(28日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カード情報数百人分、詐欺事件逮捕の元組員(28日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 私物パソコンを内規に反し使用か 警視庁テロ情報流出(28日) »