« 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) | トップページ | 41歳教諭、女子高生脅し下着取ろうとした疑い(11日) »

2010年11月11日 (木)

犬のDNAで特定…「捨て主」全国初の逮捕(11日)

 8月に岡山県吉備中央町の山中で、捨て犬とみられる21匹が相次いで保護された事件で、県警生活環境課と岡山北署は10日、このうち2匹を捨てたとして、同県浅口市鴨方町、犬の繁殖・販売業上村保容疑者(68)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。

 繁殖用の犬の多くはDNA登録されているため、2匹のDNA鑑定を行って親犬を突き止め、販売経路をたどった。

 県警によると、同法違反容疑でDNA鑑定を活用するのは全国初。

 発表によると、上村容疑者は8月中旬、吉備中央町の山中に、ペキニーズとゴールデンレトリバー各1匹を遺棄した疑い。

 調べに対し、「ペキニーズは捨てていないが、ゴールデンレトリバーは捨てた気がする」と話しているという。

 

« 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) | トップページ | 41歳教諭、女子高生脅し下着取ろうとした疑い(11日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49996792

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のDNAで特定…「捨て主」全国初の逮捕(11日):

« 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) | トップページ | 41歳教諭、女子高生脅し下着取ろうとした疑い(11日) »