« 山口組:ナンバー2に恐喝容疑で逮捕状 京都府警など(18日) | トップページ | いわき市役所に爆破予告容疑 無職男逮捕(18日) »

2010年11月18日 (木)

動画流出「自分がやった」 投稿直後、妻に告白 (18日)

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の海上保安官(43)が、流出発覚後に妻に対して、「自分がやった」と伝えていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。巡視艇の共用パソコンの解析で、保安官が映像を取り出す以前に共用パソコンから映像が2、3回、取り出されていたことも判明した。警視庁捜査1課は、保安官が流出を告白するまでの経緯や、映像がほかにも外部に出していないかについて調べる。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、保安官は、映像がテレビのニュース番組で一斉に報道された5日ごろ、自宅でテレビを見ながら、家事をしていた妻に流出させたことを告白していた。

 保安官は捜査1課などの聴取に対し、「反響が大きく驚いた。多くの人に知ってもらいたいという目的を達したので、自宅のパソコンから映像を削除した」と説明。その一方で、出先から自宅に電話をかけた際、留守番電話に「仲間に迷惑をかけてしまった」と吹き込んでおり、後悔するような言動もあったという。

 捜査1課の調べによると、9月下旬~10月中旬、巡視艇内の共用パソコンからUSBメモリーなどの外部記憶媒体で2、3回、映像が取り出された形跡があった。保安官は「10月中旬に1回だけ取り出した」と説明。捜査1課は映像が複数の職員によって取り出され、海保内外に出回っていた可能性があるとみて解析を進めている。

 また、保安官は当初、私用のUSBメモリーを差し込み共用パソコンから映像を抜き出そうとしていた。共用パソコンには、情報流出を防ぐため私用USBメモリーを差し込むと警報が鳴る仕組みになっており、保安官はその後、公用USBメモリーで映像を抜き出したとみられている。

 海上保安大学校(広島県呉市)では9月17~21日ごろまでの間、アクセス制限がなく映像が取り出せる状態になっていた。この間共有フォルダーへのアクセスは4、5件で、大半が神戸海保を所管する第5管区海上保安本部からだった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 山口組:ナンバー2に恐喝容疑で逮捕状 京都府警など(18日) | トップページ | いわき市役所に爆破予告容疑 無職男逮捕(18日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動画流出「自分がやった」 投稿直後、妻に告白 (18日):

« 山口組:ナンバー2に恐喝容疑で逮捕状 京都府警など(18日) | トップページ | いわき市役所に爆破予告容疑 無職男逮捕(18日) »