« 高級酒窃盗容疑で無職の男逮捕 (1日) | トップページ | 相次ぐ高齢者の万引き 罪の意識低く、再犯(1日)三重県警 »

2010年11月 1日 (月)

テロ情報流出 捜査協力者も掲載 警視庁、職員から事情聴取(1日)

国際テロの捜査を行う警視庁公安部外事3課の内部資料の疑いがある資料がインターネット上に掲載された問題で、資料には国際テロ捜査の協力者とみられるイスラム系外国人の名前が記載されていたことが1日、関係者への取材で分かった。協力者の安全確保に支障がでるうえ、情報が生命線の外事警察で協力者の存在が明るみになると、国際的信用を失いかねない。警視庁は職員らから事情聴取して、流出の実態を調べている。

 関係者によると、掲載された資料は100件以上あり、外事3課員の構成や中東の大使館の銀行口座調査に関するもののほか、イスラムコミュニティーの現状に関するものも含まれていた。中には、捜査の協力者となった外国人の情報や国内イスラム教徒の個人情報、不審外国人の聴取計画などもあった。

 こうした個人情報以外にも、警察庁国際テロリズム対策課からの指示内容や大規模国際テロ事件発生時の初動捜査体制など対テロ捜査の実践手法も存在。今月から横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備実施に影響しかねない内容が流出していた疑いがある。

 警視庁では、掲載された資料が公式な内部文書であるとの確認がとれていないとして、削除要請などは行っていない。だが、すでに複数のサイトに転載されており、サイト上から完全に消去するのは不可能に近いとみられる。

 警視庁警務部は「掲載された資料の内容や量については、当庁で作成されたものとの確認が取れていないためコメントできない。そのため、それらが影響を及ぼす評価も現時点ではできない」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101101/crm1011011033013-n1.htm

 

« 高級酒窃盗容疑で無職の男逮捕 (1日) | トップページ | 相次ぐ高齢者の万引き 罪の意識低く、再犯(1日)三重県警 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49904013

この記事へのトラックバック一覧です: テロ情報流出 捜査協力者も掲載 警視庁、職員から事情聴取(1日):

« 高級酒窃盗容疑で無職の男逮捕 (1日) | トップページ | 相次ぐ高齢者の万引き 罪の意識低く、再犯(1日)三重県警 »