« 鶴見川女性遺体:遺棄容疑で長男を逮捕 神奈川県警(23日) | トップページ | 70歳女性、振り込め詐欺1150万円被害 福岡(23日) »

2010年11月23日 (火)

偽装結婚仲介事件の初公判、元警部補が無罪主張(23日)

 フィリピン人ホステスの偽装結婚を仲介したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪に問われた元埼玉県警警部補で行政書士の成田隆和被告(58)(埼玉県寄居町)の初公判が22日、さいたま地裁(大谷吉史裁判官)であり、成田被告は起訴事実を全面否認した。

弁護人も「仮に偽装結婚だとしても被告人自身は偽装とは知らなかったので、犯罪の故意も共謀もない」と無罪を主張した。

 起訴状などによると、成田被告は昨年1月、フィリピン人の女(25)と日本人の男(24)(いずれも、さいたま地裁で有罪判決)と共謀し、女の在留資格を不正に得る目的で、男女の虚偽の婚姻届をさいたま市西区役所に提出するなどしたとされる。罪状認否で成田被告は、「(共犯者と)共謀していません」と述べた。

 冒頭陳述で検察側は「被告は男に対し、『2年間、月5万円』の報酬を提示した」と指摘した。

 

« 鶴見川女性遺体:遺棄容疑で長男を逮捕 神奈川県警(23日) | トップページ | 70歳女性、振り込め詐欺1150万円被害 福岡(23日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装結婚仲介事件の初公判、元警部補が無罪主張(23日):

« 鶴見川女性遺体:遺棄容疑で長男を逮捕 神奈川県警(23日) | トップページ | 70歳女性、振り込め詐欺1150万円被害 福岡(23日) »